「あの」浜崎真緒選手のMIXプロレス!5

意外にもフィニッシュは、足4の字固め。 見事な勝利、浜崎選手

(欲をいえば、正対して相手を睨み付けながら、「ギブしなさいよ」なんて言って欲しかったかな~。 自分だったらになる事間違いなし

でもこれで終わらないのがバトルの掟。
(いつか真逆のパターンがあってもいいかな、と思う事もありますが)


カメラに向かってコメントしていると、、ほらほら、後ろ、後ろ(笑)

hamamao250

おおうっ、やはり捕まってしまったではないですか

hamamao254

カメラ(レフェリー)に止めてくれるように懇願しますが、それは無理というもの、お約束

話が違う展開(シナリオ的には予定どおり)にアピールを懸命にする演技も、浜崎選手は巧いと感じました

hamamao262

そして、これは嬉しいツインテール。 という事はアレが出るのか、おそらく来る
浜崎選手、いい表情をしています。

hamamao274

やはり出た~っ、エロ式カンパーナ(相変わらず勝手に命名中)
始め驚愕から、グッタリしていく顔に変化していくところも、個人的にはツボです。

hamamao292

あとは両選手同士の「接地」ですね、う~ん。。
かつての雨下いのり選手の時や、蓮美かな選手のようにはいかないにしても、もう少し
(憶測ですが、撮影現場ではある程度、関係者などから制約を受けるのかも こればっかりは、ちと不明です・・たぶんNGではないと思うのですが


グッタリしてしまった浜崎選手に、容赦なくブレンバスター
さらにはパワーボム!

hamamao300

なおも、アルゼンチン・バックブリーカーで締め上げる男子レスラーに「ギブアップ」するも、関係なし

hamamao312

高々とリフトされてしまい・・

hamamao314

最後はツームストン・パイルドライバーで失神させられるという、いつもの連続技で終了。

hamamao328


やはり人気セクシー女優さんだけあって、演技が巧いという印象でした。
声が擦れていて(おそらく風邪?)、ホントはもっとエロい声を出してくれるのかもしれませんが、それを除いても、細く長い足を活かして、しなやかなレスリングを展開

「受け」、「攻め」の演技も共に巧い


タイプ的には、いきなりタイトル戦に挑戦するというよりは、トーナメントに出て、仮に負けても復活してきたりしながら優勝を狙うというポジション(今年のエクストリームではあやね遥菜選手が演じていました)の方が良いかも、、、。

(スミマセン、自分の勝手な妄想です


次回のエクストリーム・トーナメントには是非出場してもらって優勝、そして涼海みさ選手とファイトして欲しいものです。
どんな展開になるのかも非常に楽しみ






スポンサーサイト

「あの」浜崎真緒選手のMIXプロレス!4

おそらくこの試合で最大のピンチを迎えてしまった浜崎選手

コーナーに叩きつけられると、足で肩を押し付けられてしまう

ここから「受け」の最大の魅せ場と感じた、ネックハンギング~~っ

hamamao182


本当に窒息してしまうのではないかと思うぐらい、迫真の演技です
涎を垂らしたり、泣きながら懇願する演技もあるかと思いますが、個人的には抜群の受けでした


hamamao189

コーナーに登らせての技なので、長く撮ることが可能でしょうが、リング中央ならばギブアップ必至でしょう。
(だいぶ前になりますが、雨宮留菜選手の受けも良かったな~

しかし、ここで浜崎選手が逆襲に出た
スイングDDTで一気に逆転  コーナー際だからこその見事な切り返し!

hamamao191

その勢いのまま、スリーパーを極めて、男子レスラーは腕を垂らして、ここでゴング
ですが、浜崎選手はそんな決着は求めず、アキレス腱固めでさらに痛めつけにいきます。

アキレス腱の痛みで、男子レスラーを覚醒させてしまったのが裏目に出なければ・・
なんて心配は全くご無用。 自信満々の表情で、相手を睨み付ける浜崎選手。

hamamao208

最近のトレンド技にもなっている、膝十字もガッチリ

hamamao214

ストンピングをかましてから、スープレックス

hamamao222

そして、これでトドメか、顔騎アンクルホールド

hamamao231

この技だと、フォールのカウントを入れるべきか、ギブアップするのを確認すべきか、レフェリーならば迷いどころですね

受けている男子レスラーからすれば、すぐにカウント入れられるのは不本意でしょうし。
さりとて両肩はしっかりついてるし。
(ちなみに、以前、雨下いのり選手のMIX戦では、これがフィニッシュでギブアップを奪っています)


※自分(shuuji)の体験から言うと、顔騎技で下半身が刺激されてしまうかどうかは、ビミョーな感じなんですよね~。。

スティンクフェイスもそうですが、女子レスラーのヒップの当たり具合(‘ドンッ’と圧し掛かられるのと、遠慮がちに‘プニッ’と押し付けられるのとの違い? 
男子レスラー側でヒップをコントロールできるのと、完全に乗っかられてホントに息が苦しくなる感じとの違い?)次第で、だいぶ違うのかも。


かつて大阪カルマの某嬢とプロレスプレイした時に、「顔騎フォールで決着したところを写真撮ってブログに載せよう」と盛り上がった事があるんですが、アレは気持ちヨカッタ

ブログ用に撮影するとなると、タイマーで撮るので、
①カメラの置く位置と、顔騎する場所のチェック(実際に軽く跨ってもらう)、②タイマーを作動してから、5~10秒以内に、跨ってもらいポーズ ③1回ではナカナカ成功しないので、大抵は2~3回撮影

てな感じだと、何度も顔騎してもらうだけでなく、呼吸ができないくらい乗っかられる事はないので、程よい感触が得られます



い、いかん また大詰めのイイところで脱線


この顔騎アンクルロックではギブアップしないとみた浜崎選手、今度は・・・

hamamao237

足4の字固めで攻めていく。 
最近のプロレスではボストンクラブ(逆エビ固め)で決まることはあっても足4の字では、、、
でも男子に逆エビは厳しいだろうしな~・・と、「フィニッシュはまだ先かな?」と思っていたのですが、

hamamao240

意外にも男子レスラー、「やめてくれ~っ」とタップし、そのままギブアップ

ちょっと意外に感じた、足4の字固めのフィニッシュで、浜崎真緒選手が勝利であります



ですが、これで終わらないのが、バトル作品のお約束
やっぱり、この後、浜崎選手が報復にあってしまうんですね。。






「あの」浜崎真緒選手のMIXプロレス!3

ナイスアングルでのサーフボードから、ストンピング

強いダメージを与えるというよりは、攻撃のリズムを作る感じで、軽めを数発。
(撮影をしていると、こういう時に、「次、何の技を掛ければいいんだっけ」と度忘れしてしまう事はよくあると思います。 そんな時にストンピングで繋ぎが出来ると良いですね


「ストンピングはプロレスの基本」というのは、そういう意味でも正しいのかも。。

さらにキャメルクラッチで絞ってから、鎌固め

hamamao121

だが、このままブリッジして完成させるのは難しいので、まずSTFから攻めていくようです。
(男子レスラーもナイスフォロー)
非常に良い表情を魅せながらの攻め、そして今度は鎌固め

浜崎選手、素晴しい形のブリッジであります

hamamao126

少し前までは、両手で相手のアゴを抱えて極める、本流の鎌固めが多かったですが、最近は片手抱え型が増えてきたような気がします。
アピール度を考えると確かにいいですし、もう片手でブリッジを支える事もできて、技のキープにも一役買っているのかも。

男子レスラーの苦しむ声から、ギブアップしそうな雰囲気もありましたし、カメラさんにも時間的余裕ができると・・・

hamamao130

さあ勢いに乗って、主導権を完全に握りたい浜崎選手

hamamao139

エルボー&キックを浴びせますが、トドメを狙ってもかわされるのは‘お約束’
ベアハッグで捕まってしまう (上体を反らしてくれたらもっと、、でしたが男子レスラーは大満足でしょう(笑))
リンコスもかなりズレているのでは、とソチラも気になってしまいます。。

hamamao144

足4の字固めで悶絶してしまう浜崎選手。 痛みが伝わってくるのを耐える好演技

hamamao154

ロメロスペシャルに、(まさか、そんな、、)←そんなセリフはありませんが
ここで戦意喪失してしまうのではないかと思わせるようなシーン。 さすが女優さん、でもまだまだ
 
hamamao160

スリーパー攻撃に、思わず舌が出てしまっている浜崎選手。

(昔の新日本プロレスでハルク・ホーガンにアックスボンバーを喰らって、舌を出して失神?したアントニオ猪木をふと思い出してしまいました。 浜崎選手にも‘猪木’イズムが入っていたとしたら、もうアッパレ。「ポスト・仁美まどか」に決定というところですが

hamamao166

さあピンチ!
どうなる浜崎選手

hamamao169






「あの」浜崎真緒選手のMIXプロレス!2

序盤からエグイ攻撃に防戦一方の浜崎選手

チンロックも強烈に魅せてくれます

hamamao32

「ENDLESS」のリンコスで、自分が知っているのは3つ(1つは、江上しほ選手の防衛戦や、澁谷果歩選手のマスターズ挑戦の時に来ていた黒オレンジ。横山夏希選手の紺×白。 そしてこの赤白)

浜崎選手がこのリンコスを着用してファイトしていると、何というか・・生々しい
下がオレンジの方でも、アンダーヘアが透けたり、「自然に」はみ出すのがエロく感じてしまうのですが、白だとそれが倍増


グラウンドコブラを掛けられ、早くも絶叫してしまう浜崎選手ですが、観ているこちらとしましても

なんとか堪えたところに、スリーパーで失神寸前
この表情にもグッとくるものがありますねぇ~

hamamao43

しかしそろそろ形勢逆転といきましょう
スリーパーを肘打ちで脱出すると浜崎選手、豪快な首投げから、ヘッドシザースで反撃開始

「どうだ、どうだぁ?」  攻めに回ると、Sのスイッチが入るのか? ドキッとするような表情とセリフで迫ります。
メリハリが効いていて

hamamao53

続いて腕ひしぎ逆十字固め。
技を掛ける時には、相手と一緒に息を止めているような感じ。 (関節技掛けている時は休んだ方が良いのでは、、もちろん自分は大丈夫なんですけども

お次は顔騎アームロックで、「もっともっと欲しいか」 (ハイ 頂きたいであります(笑))

hamamao62

さらには首4の字固め。
足4の字固めにもいえることですが、身体を反らして掛けてくれるのはイイですね
(これは素晴しい、「はままお」さんの視聴者サービス

hamamao64

ですが当然、首4の字はひっくり返されちゃうわけですね。
その時の 「ダメよ、ダメ。 イヤァ! ア~っ」という、浜崎選手の喘ぎ声には、ホントに悩殺されちゃいそうになりました。

もうギブ寸前
なんとも実にエロいんでありまして

hamamao70

返した男子レスラーに、ナガタロックⅢ、ボストンクラブ、キャメルクラッチでしっかり仕返しを喰らってしまう浜崎選手。
コブラツイストに耐える姿は・・・ああ快感(ゴクリ)

hamamao92

ここは定番・肘打ちでのコブラ返し。ギリギリまで耐えきるところが素晴しい。
指1本でかろうじて手を繋げたコブラツイストで、「どうよ、気持ちイイでしょ?」

普通ならば、「痛いんじゃないの?」とか、「舐めないでよね」と言葉攻めするシーンかと思いきや、なかなかセリフ回しもテクニシャンな浜崎選手


続いて、過去の作品では、ほとんど観ていない(と思う)アングルでのサーフボードストレッチを決める浜崎選手。
細く長い足、そしてヒップ・股間をアピールしながら、グイグイと。

hamamao105

(カメラさん、グッジョブ

中学や高校の時に、同級生の女の子とプロレス対決をして、こんなサーフボードを受けたら、もうギブアップしちゃっていそう・・






「あの」浜崎真緒選手のMIXプロレス!

自分は、セクシー(AV)女優さんに関する知識は非常に疎く、バトル作品に登場してくれると、
「初めまして」という感じで覚え、徐々にファンになっていくパターン。
(普通は逆ですよね・・)


なので、今回の「‘あの’浜崎真緒がバトルに参戦」や、「あの大物が・・」というキャプションが目立つのですが、肝心の自分はというとという・・
(浜崎さんファンの方、すみません 至らない中年なもんで


ようやく浜崎真緒さんを「女子レスラー」として、拝むことができました
なるほど、、視聴を終えて、確かに大人気女優さんであるのが理解できました。 澁谷果歩さんもそうですが、視聴者へのアピールが非常に巧い!




「バトル フレッシュファイターFiLES.17 浜崎真緒」(バトル様)




イメージシーンから始まるこの作品ですが、監督さんの指示で動いているというよりは、アドリブなのでは?
と思うほど、ポージングが非常に慣れていて、スムーズに様々な表情を魅せてくれます
さすが

「ENDLESS」のリンコスもよく似合っています
(最近は、リングシューズは短めなのがトレンドなのでしょうか。あまりロングタイプは観なくなったような気がします)

hamamao4


「今回、バトルからデビューすることになりました~」 やや緊張気味?に話す浜崎真緒選手。
「プロレスをやった事がなくて、少し不安ですが、皆さん、はままおの事、応援お願いします

hamamao13


リングに上がると、今度は男子レスラーが 「お前が‘あの’浜崎真緒か」 (男子レスラーさんも浜崎ファンだったりして。だったら役得ですな~

「舐めないでくださいよ、私はあなたを倒すためにきているの」 (オオ~っ)


それではゴング

手四つの力比べから、ややハスキーな声(風邪気味だったのかも)で喘ぎ声を出して、自分の下半身に、早くも的確に刺激を与えてこようとします

hamamao20

バックを奪われ、フルネルソン。  おっと早くもピンチか  ハア~ン、ハア、ハア、、、
(これでは男子レスラーも力が入らないでしょう

hamamao24

これまでのMIX戦ですと、最初は女子レスラーが仕掛け、その後攻守交代という攻防が多い印象があるのですが、浜崎選手の場合は、序盤から試合後のお仕置きなのではと思わせる展開になっています。

これもまた新鮮なり





プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR