FC2ブログ

ひたむきなファイトで魅せる! 凶悪ヒール役もこなせる葉月もえ選手のMIXプロレス

エクストリームトーナメントも順調に進み、残すは決勝戦

そんな状況にあるのに、まだご紹介をしていない女優さんがおりまして、大変失礼しました


その女優さん(女子レスラー)とは・・・・

ジャケットには、「見た目は可愛いベビーフェイス。しかし! 実は今もっとも勢いにのる凶悪ヒール!
男も女も凶器反則やりたい放題の過激なMIXファイト!」とキャプションが


前段はよくわかる、すんごい納得

だけど、凶悪ヒールか... 確かに凶器攻撃もしてるけど。 ベビーフェイスでも全然いけるんじゃないかなぁ~
むしろ、ベビーフェイスとしての彼女も観てみたいなぁ~


なんて、監督さんや制作スタッフさん達に怒られてしまいそうなことを、思わずコメントしちゃうくらい・・・ヤバ
そのくらい気になっている作品なのだから、ちゃんと紹介しましょう



「スーパースターMIXファイト8  葉月もえ」(バトル様)




ハイ、お名前より先に作品名が出てしまいました
今回は葉月もえ選手であります

冒頭からなんかすみません。決して批判したり、ディスってる訳ではないことをご理解ください

涼海みさ選手と対抗できるキャラがそろそろ必要。 顔も確かに似ている葉月選手が登場してくるのはある意味必然かも。
ただ、同じヒールでも、タイプが違うのでは そして可愛いことをもっとアピールできるのではというようなことを言いたいだけでした(汗)


涼海みさ選手は演技派女優。 ‘プロレス’ そして残忍な「ヒール」の振る舞いをよく理解している天才肌のレスラーだと(勝手に)思っています。


かたや葉月もえ選手。

hazumoe1

彼女は努力派ヒールではないかと。 ひたむきに‘プロレス’に取り組み、「ヒール役」をひたむきに頑張って演じている感じ。

そのひたむきさが自分は好きです

hazumoe4

イカン、これ以上書くと、異論反論コメントで炎上しちゃうかも


今作を観ながら、葉月選手の可愛さ、そしてけなげさにスポットを当てて、記事を書きそうなので予めご容赦を。



いつものように、イメージシーンの後に、インタビュー。

緊張気味に下を見ながら、
「こんにちは、葉月もえです。久しぶりのバトルでソワソワ、ドキドキしています。」

「最近噂で聞いたんですけど、私にすごく似ている人がいるとか? はっきり言ってちょっと迷惑ですね。いいですか、私の名前は葉月もえです。」

(と言いながら笑顔を見せる彼女は、長〇まさみさんにも少し似ている気がしてしまうのは自分だけ?

「今日は男の人とのプロレス? まあ、女も男もあんまり変わらないと思うし、パッパッと片づけてボコボコにしてやろうと思ってます。」

hazumoe12

その後に、すぐにフフッと照れ笑いをしながら、「ちょっと、正直久しぶりだから緊張しています」と本音を出してくれちゃうところに、グッ ときちゃうんですね、オジさんは(笑)

もちろん応援しちゃいます



さあ、ゴングが鳴って、正対するとさっそく・・・(以前はゴングが鳴る前に、コーナーでやり合うのが定番でしたが、現在はリング中央に進んでからの舌戦が主流ですね)


「お前、どっかで見たことあるな~」
「私、あなたと闘ったことないですけど、誰と勘違いしてるんですか?」

尚もしつこく呟く男子レスラーに、腕組みしながら「やめてもらえないですか?」と軽くキレ気味の演技から、笑顔で手四つで組む葉月選手。

すると、、、
「あ、一万円だ、天井?」と、相手の注意をそらした隙に、いきなり股間キック

hazumoe24

なるほど、そう来ましたか(笑)
バナナで足を滑らせてコケるような、古典的な演出でありながら、「可愛さヒール」全開の葉月選手です







スポンサーサイト

一味違ったMIX戦の闘い方~高梨りの選手のMIXプロレス~7

さあ、視聴者からすると嬉しい恥ずかし固めも受けてしまい、高梨選手はピンチ!

ここで、男子レスラーが勢いよくロープに飛んだっ
‘やはり’の大振りラリアットをかわした高梨選手。

カウンターでラリアット いやいや高難度なこの技が来た~

rinomix317

フランケンシュタイナーを披露してくれます、お見事

中盤でのコルバタといい、前作からの成長ぶりをみせるべく、マニアックな絶妙関節技以外に華やかな技を持ってきてくれました

rinomix319

今度は豪快なスープレックスも成功させる高梨選手。 いよいよ仕上げに入るか

rinomix330

おおっと、ここでこの試合、2度目の足4の字固めを決めた高梨選手。
「ギブアップしたら?」 「しねえよ」  だが苦しむ男子レスラー 「ひっくり返せねえ

rinomix340

「折れちゃうわよ、どうするギブアップする?」
(あ~、これはガッチリと絡みついちゃってて、無理そう。。 前作と同じ決着となるのか

rinomix342

 「足折れてもいいの? 折れちゃうけどいいの?」 

高梨選手が声を大きく張って迫ると、とうとうギブアップ
「いいのかな~ ギブアップ? 何、聞こえない?」  屈辱のギブアップを再度言わせて試合はいったん(?)終了。 

立ち上がって、相手の腹の足を乗せて勝利を味わいますが、これでは終わらない。
ローゼン監督のお約束があるはずです。



これまでの作品ですと、「まだ負けてねえ」 「じゃあもっと痛めつけてやるわ」からのローブローというのが定番。
しかし、何か今度は違う雰囲気が

高梨選手、男子レスラーを覗き込み、
「次からもっと大きい声で‘ギブアップ’っていうの。 言ってごらん、せ~の」と挑発。
「ギ・ブ・ア・ッ・プ  はい、よく言えました

「あ、そうだ」とまたがり、「負けたら覆面はぐって約束だったわよね」
(確かによく気づきましたが、それはちょっと、その・・

rinomix352

ここで男子レスラーが覚醒。 (よしよし
「よくもマスクに手をかけてくれたな」と必死の形相(マスク越しでは?)で首絞め。

rinomix358

不意打ちを受けた形の高梨選手、徐々に意識が遠のいていく演技が秀逸です。
(それにしても、身体を入れ替えて、抱き着きからのチョーク攻撃が羨まし過ぎます

やはり覆面レスラーにとってマスクは命。
それに手をかけた罰は恐ろしいのであります。 (←真面目か

エキサイトした男子レスラーにロープを首に巻かれてしまう高梨選手。

rinomix376

ロープで絞められ、そのまま涎を垂らして失神してしまうラスト。

rinomix380


これまでのMIXプロレスと、「決着後の虐め」のシーンが変わっていて、とても新鮮でした

また、マスクマンについて、今まで触れてこない‘収録上の大人の事情’をイジッた事で、面白いラストになりました。
アイデアが素晴らしいですし、高梨選手だからこそ出来たシーンなのではと感じた作品でした


こういう斬新な結末を見てしまうと、さらに欲張った発想が。。

高梨選手の首を絞め、ロープを持ち出す前に、ネックハンギングでさらに締め上げて、彼女のイイ喘ぎ声が聴けたら、それはもう極上過ぎる作品になるのかも。
(イメージは雨宮留菜選手愛葉なお選手(男女が逆バージョン))


良作を見てしまうと、さらにリクエストが出てきてしまうのが自分の悪い癖

とても満足過ぎる作品でした 






一味違ったMIX戦の闘い方~高梨りの選手のMIXプロレス~6

グラウンド卍固めから、右足を抱えられてのコブラ状態で苦しい展開の高梨選手。

アゴを抑えられてギブアップを迫られ、ピンチでしたがニコッと笑顔をみせて、、、

rinomix250

「馬鹿にしてんじゃないわよ 馬鹿にした罰よ」
(罰というよりも、ご褒美のような気がしてなりません。 羨ましい~

rinomix252

楽しそうに関節技を極めていく高梨選手に、もう翻弄されっ放し(?)の男子レスラー。

rinomix262

「ギブアップって言ってみなさいよ」 
男子レスラーのマスクをイジリながら、すごく楽しそう。
何よりマスクに興味津々の様子であります高梨りの選手 

rinomix269

「フガフガ・・」 「馬鹿にしてんの
「マスクの下、どうなってるんだろ~。 負けたらみせてくれるのかな~

「お前なんかに負けねえ」 「うるさいわねぇ」と返しながらも笑顔。

※覆面マスクはいろんな種類がありますが、この試合での男子レスラーのマスクは口元が殆ど空いていない(鼻も)ので、激しく動くと呼吸が厳しくなりそうな・・・ まあそれも含めて高梨選手は興味をもったのでしょうか?
ちなみに高梨選手がマスクを被ると、ご本人はご満悦かもしれませんが、視聴者的には可愛い顔が見れないので


「負けたらマスクの下みせてよね いいかしら
逆エビ固めで絞りながら、お尻を少しふりふりさせて楽しそう

rinomix274

前作でも男子相手に逆エビ固めを決めていますが、あの当時に比べて、スムーズにしっかりと腰を落として掛けられている印象です。
スキルアップ


ギブアップは流石にしたくない男子レスラーに、今度はキャメルクラッチ。
「私の方が技術は上なんじゃない? 力(パワー)は下かもしれないけど」 ←単なる強がりセリフに聞こえなくなってきているところが凄いです

rinomix280

「何かいいかけた?」 「首が、、もげる・・」  

ここでギブアップしたら、そのままマスクを剥ぎ取られて、素顔を晒されてしまうところでしたのでアブナイ、危ない。。

トドメにスープレックスで投げようとしますが、必死の男子レスラーに腹パンチで逆転されて、逆に投げられてしまう
そして羨ましいチョーク攻撃が。(変わって欲しいな~、へいレフェリー! タッチ


身体の体勢が入れ替わって、、、ゴクリ

rinomix293

さあ、どうなる
おっと、何の技なのか  うつ伏せ状態で股を広げられ、苦しい高梨選手

rinomix298

なんだか難易度の高そうな股裂き(技名不明)ではないでしょうか
やるなぁ~、男子レスラーも少しは(笑)

あられのない攻撃に、エロい喘ぎ声とちゃんと股間をおさえてくれる演技が素晴らしい。
リアクション、そして視聴者の求めている事を分かっていらっしゃる

rinomix304







一味違ったMIX戦の闘い方~高梨りの選手のMIXプロレス~5

グラウンド股裂きで苦しむ姿を堪能させてくれた高梨選手。

ロープに詰められていよいよというところで、「これで終わりだ~
少し早めかなと一瞬思った、お約束のカウンターキック

ココで魅せてくれます高梨選手

rinomix186

見事なコルバタだぁ~ 

rinomix187

高梨選手の運動能力からして、いつか出るのではないかと思ってはいましたが、期待を裏切りませんね
(こうなると、いずれはクリストも極められそう

勢いに乗って、今度は得意の倒立ボディプレス
(綺麗に跳ねるように決まったのを、お尻アングルでお伝えしてみました

rinomix193

倒立ボディプレスからのロンダートも鮮やかに決まります

このムーブは、完全にモノにしている高梨選手。 中盤の見せどころに
(逆にロンダートを捕まえられると形勢逆転されるので、リスクと隣り合わせ ←真面目か

この時に走って、反対側のコーナーに行くのもイイですね



ここまでは、今までの高梨選手パターンという感じもしましたが、今回はヒール的な攻めも魅せてくれちゃうのです

コーナーに釘付けにして、顔を踏みつけ、「どう?ほら いい気味

rinomix202

凶器攻撃や反則攻撃をしないのを信条としている(たぶん)高梨選手の新境地とでも言えるかもしれません。
エクストリーム王座を狙うのであれば、こういうテクニックも必要になってきますが、彼女はその辺りも意識しているのでありましょうか


そのうち、「あ、そうだ! イイ事思いついた」 

rinomix207

両腕でロープにつかまって、股間を押し付けてくる超悩殺攻撃

(全くイイ事を思いついてくれました  スティンクフェイスの逆バージョンというか・・・
確か澁谷果歩選手も同じような素晴らしい攻撃を仕掛けていたかと思います)

rinomix218

「窒息攻撃よ、ホラ」 
「もっと違うことしてほしいの 窒息しちゃう? やったぁ負けかな、ギブアップかな
※さすがにこんな反則攻撃、ファンミーティングではNGでしょうが、願望は・・え~と正直あります(笑)


このままでは失神KO負けになってしまう男子レスラー、必死に腹パンチで逆襲。
シュミット流バックブリーカーで挽回を図ります。

瞳がウルっとくる、抜群の受けタイムに突入の高梨選手

rinomix232

余裕をみせていたエグイ攻撃から、受けに回るとエロい喘ぎ声のスイッチングが早くて
この作品も何回も観かえしていますが、飽きませんね~

rinomix238






一味違ったMIX戦の闘い方~高梨りの選手のMIXプロレス~4

抜群の受けで魅了してくれる高梨選手。
今度はコブラツイスト。。 しかしこれはお約束の??

rinomix108

いったんはコブラツイストを掛けにいきますが、スペースコブラに移行。
「届かないのよ、(身体が)硬いのよ やりづらいわね試合が


男子レスラーの肩を持つわけではないですが、一応男子代表的には、「私は小柄なんだから合わせなさいよ」で許してください  (ムム、、、何のこっちゃ

BWP NEXT興行でも、相手に飛び乗ってのスペース・コブラは披露していますが、効き目がありそうです。
(腰にダメージ


続いてパロ・スペシャルにいきますが、余裕が出てきた高梨選手、「大丈夫? もう歳なんじゃない?」
(ドキッッ 確かに自分は・・、って対戦相手じゃないんだから

rinomix128

サーフボード・ストレッチで、さらに攻めながら笑顔をみせる高梨選手。

rinomix132

「ハッ!」と気合を入れてスープレックスで投げ飛ばした後は、ギロチンドロップ
バク転して起き上がりながら連発で 「あ~楽しい、最高」 

※ファンミーティングの時にもやって頂いたので、(こんな感じなんだなぁ~と・・)
映像だけで観るのと、実際に選手にやって頂くのとでは印象(肌感覚)がだいぶ違うと思いますので、是非皆さんもイベントに参加してみては如何でしょうか?  
もちろん、年齢に応じて加減をしてくれます(笑)


今度は何気ない感じで攻めていますが

「なに、苦しくて声も出ないの? どう、、フフ 痛いの?」 
エビ固め状態にしてチョーク攻撃という、なんとも羨ましい体勢ではないですか

rinomix148

前作では馬乗りになって悩殺的なチョーク攻撃を仕掛けていましたが、今回はアレンジを加えてきた高梨選手、アッパレであります

このままでは、いろんな意味でノックアウトしてしまいそうな男子レスラー、キックを入れてからボストンクラブで逆転
腰は苦手と仰っていた記憶がありますが、いい喘ぎ声で堪える高梨選手


キャメルクラッチでさらに腰攻めをされると、、、

rinomix155

ここからスリーパーホールドで仰向けにされて、ピンチ
だがまだまだ  

※定番の体勢なのは理解しているんですが、・・高梨選手の右足を両足で挟みこむのは反則にしたいくらい 
(↑他人には厳しい自分

rinomix165

ロメロ・スペシャルを受ける高梨選手ですが、掛けられる寸前の「アッアッ、イヤっ」という声、そして息遣いが極上

rinomix168

今にも泣きそうな顔がタマラナイ高梨選手。 
攻めの時の余裕の笑顔とのギャップがなんとも良いんですね~

rinomix170

グラウンド股裂きでは、思わず「あ、イヤ! 何すんのよ

rinomix180


高梨選手のキャットファイト(プロレスと呼んだ方が相応しいですね)は、恰好良さが魅力 とずっと思っているのですが、やられ姿も最高に萌えますね。


いや改めてなんですけどね...






プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486
メールでの情報交換・コメントしにくい話はコチラで↓
shuuji486@yahoo.co.jp
(毎日チェックしていないので、返信来ない場合はコメントで「メール見て!」と書いて頂けると助かります)

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR