澁谷果歩選手のスーパー・MIXプロレス!(リターンマッ乳?)4

ナガタロックⅡを極めながら、囁き攻撃をみせる澁谷選手。

女子プロレスですと、試合中に相手に掛ける言葉と言えば、「こんの野郎~」が定番。
(最近は、互いに相手選手の名前を叫ぶようになりましたね、これも時代の流れでしょうか?)

でも、男女のプロレスでの囁きというのは、なんかドキドキするものがありますね。

kahomix174

江上しほ選手の囁きも自分の下半身を刺激しましたが、澁谷選手も負けていません

しかし、またしても強引にはね返されてしまい、ヘッドシザース&グラウンドコブラでしっかりと乳房・乳首を揉まれてしまう

kahomix192

それでも、必死にコスチュームを直すところに、前回との違いをハッキリさせようとしているようにみえます
揉まれている時のアへ顔と、顔をしかめて「今日はそんなファイトなんかしない」という意気込みのギャップもまた良いです

kahomix196

髪も掴まれながらのキャメルクラッチをお返しされ、今度は弓矢固め
綺麗に受けてくれています

kahomix206

ボストンクラブを受けても、ダメージが浅いうちに、すぐにロープブレイクに逃れる巧さあり
(やはり男子レスラーの高角度のボストンクラブは、かなり耐えるのが厳しいようで、金城真央選手も苦戦していました。 そりゃそうですよねぇ

kahomix215

ロープに逃れ、ようやく解放されたものの、今度は電気アンマ
シューズ越しですし、そもそも女子には感じるのか(shuujiの経験上含め)という部分もありますが、顔を覆うリアクションもあって、感じている演技は秀逸です

kahomix227

畳み掛けるように男子レスラーの反則攻撃。
最初はスタンダードなフルネルソンでしたが、純粋に掛けているだけではモチロン済まないわけで・・
またしても、たわわな乳房が

kahomix238

これ以上は阻止とばかり、肘打ち&豪快な投げ技でエスケープする澁谷選手

相手の首を抱え込んで反撃といきたいところでしたが、まずはコスチュームにおっぱいを収めるのが先決。
ですが、そのスキを突かれてしまい、あ~っと、しまったぁ (やった

kahomix254

男女プロレスの醍醐味ともいえるベアハッグ
細身の女子レスラーが、身体を反らして喘ぎ声と共に耐えるシーンも、自分の下半身を大いに刺激してくれますが、澁谷選手が受けてくれるのは、特別な官能シーンであります


ジ~ットと鑑賞していながら考えていたのは、ここで澁谷選手のアドリブ発動で、両腕を相手の首に回して、胸を押し付けてしまったらどうなんだろうと・・

両者ギブアップという珍しい決着も 
イヤ~、自分なら掛けていながら先にギブアップしちゃうかも。。。


男子レスラーも、‘このままじゃ自爆する’と思ったかは定かでありませんが、そのままコーナーに澁谷選手を連れて行き、タックル攻撃で気を紛らわせながら(?)、澁谷選手にダメージを与えていきます。

この場面での受けの演技も絶妙






スポンサーサイト

澁谷果歩選手のスーパー・MIXプロレス!(リターンマッ乳?)3

体格差のハンデもなんのその。 素早い身のこなし・関節技で対処している澁谷選手。

強烈な顔騎エビ固めで優勢になったところで、お次はクラシカル&ナイスなトーホールド

kahomix100

右膝をつき気味に、相手と正対して掛けているのも素晴しい
本家・プロレスの序盤の足攻めでは、定番中の定番ともいえる技で誠にイイですね~

男子レスラーとしては、しばらく苦しんでから、豊満な胸をキックしてエスケープするのがベストなのですが、この形ではちょっと厳しいか 


ここは強引に、澁谷選手の左足を抱きかかえてダウンを奪う男子レスラー。
ムム、、

kahomix111

澁谷選手は、ただ技に耐え続けるだけでなく、「ロープブレイク」という、プロレスをよく理解されているのが、観ている自分からすると堪らなく良い。
(ワキがお好きな方も

kahomix114

三角締めを堪える澁谷選手。 逆の構図はあっても、なかなか・・
(それにしても近い、近い え~とその、、、まあ三角締めという技はそうなんですが)

kahomix119


このピンチを脱した澁谷選手、
男子レスラーを恥ずかしい大股開きにさせると、乳首攻撃&さらに至近距離に
(ああ、完全に巨乳股間。 これは男子レスラーにとってはウレシイと思うのですが

そんな事には全く気にせず?、力技・ボストンクラブにトライする澁谷選手

kahomix124

重そうで、さすがにキツそうな表情もみせますが、これが澁谷選手の抜群のプロレススキル
もっと軽量な相手であれば、両足をガッチリと決められたのでしょう。 でも、実際にはなかなか難しい。。

女子選手相手であれば、一気に決着シーンになってしまうかもしれないくらいの、素晴しい技の入り。

kahomix132

今度はコブラツイスト
前回と比べて、プロレス技を積極的に披露してくれて堪らないところでしたが、これは定番の返し技で切り返されてしまう。
(このアングルでのコブラツイスト、あまり記憶にないのですが、非常にグッド

kahomix142

当然の如く、胸にちょっかいを出されてしまう澁谷選手でしたが、豪快な投げでエスケープに成功

覆いかぶさってアームロックからの、すんごいスリーパー
3本勝負の1本目であれば、失神KOで勝負アリというところでしょう。

kahomix156


まだ時間帯が早すぎるので、この場面は凌ぎますが、今度はアゴを両手で、後頭部からは胸で挟みつけるキャメルクラッチ

kahomix166

両足もマットにつけて踏ん張るのではなく、膝をついて下腹部を押し当ててくるような部分も含めて、ハイテクニカルな悩殺キャメルクラッチ

(勝手に命名、「果歩クラッチ」。  これは受けてみたい
店頭イベントに澁谷果歩選手参戦⇒作品買いまくりで参加券を大量ゲット⇒「果歩クラッチ」をリクエスト  なんとか実現しないかなぁ~ )


前回、「‘おっぱいに参りました’と言いなさい」という名セリフ(他にも多数)を残した澁谷選手でしたが、この技には「全身に参っちゃいそう」です(笑)






澁谷果歩選手のスーパー・MIXプロレス!(リターンマッ乳?)2

もはや恒例となった、男子レスラーとの試合前の舌戦。

互いに負けん気を露わにする両者
しかし、身長差だけは如何ともしがたい澁谷選手ですが、そこは頭脳プレイ?
コーナーに登って、「高さでも負けてないわよ」アピール

kahomix16

すると、男子レスラーまでもが、コーナーに登って意地を張る、ちょっとしたショートコント(笑)
前回と違って、‘プロレス’の良き演出の序章に早くもなっています

これは、いろいろと面白いシーンが観れそうだな~、という雰囲気がプンプン


今回は手四つの力比べでスタート(ロックアップもありかも)と思いましたが、互いにけん制しあい、バックの奪い合い。
ここは冷静に対応する澁谷選手。

kahomix26

いきなり、男子レスラーを組み伏せて、おっぱいフォールか

kahomix31

いきなり、タッチして代わって欲しいシーンに
トップレスの時には、「ダイレクト乳房」でしたが、リンコスの生地を隔ててですと、適度にというか、何というか、程よい弾力感が堪らないと思うんですね

自分も、女子レスラーと対戦している時に、試合中(フィニッシュの‘エロレス’の前の真剣勝負の意味)は競泳水着越しに胸の感触を楽しみ、試合決着後のエロレスでは、肌と肌との触れ合いの中でやわらかい乳房に癒されるわけですが・・・
(←お前のそんな話は聞きたくないんだよ、、ですよね、スミマセン

自分のフェチ感から言うと、リンコス越しの胸攻撃の方が、想像力も相まって好きですね、何とも



早くも脱線、これはイカン


腕を掴んで、両足の力で強引に腕ひしぎ逆十字にいこうとする澁谷選手ですが、男子レスラーも前回の教訓を生かしているのか、かなり警戒しています。

ならばと、首をしっかりと抑え込んで、優勢を保つ澁谷選手。

kahomix41

アンクルホールドに捕らえる澁谷選手。 前の試合でも魅せてくれましたが、表情がとってもイイんですよね

kahomix46

だが、これを右足の反動で強引に振り切った男子レスラーが形勢逆転
澁谷選手のお株を奪おうと、アームロックを掛けに行きますが、懸命にブロック
(男子レスラーも、本気モード?)

kahomix54

苦しい展開になりかけますが、我らが澁谷選手(勝手にすみません)、見事に身体を入れ替えますが、やはり体格差でこの攻防は厳しい。
再び押し倒されてしまい、お返しのアンクルロック

kahomix78

澁谷選手のウリは、間違いなく「美巨乳」なのでしょうが、同様によく発達したヒップも自分にはストライク
食い込むヒップもなかなか (ヒップアタックを一度受けてみたい

胸板にキックをかまして、エスケープを計っても良い場面かもしれませんが、ここも凌いだ澁谷選手が腕ひしぎ逆十字で逆転。


そして、これは嬉しいのか、苦しいのか
豪快な顔騎エビ固め (前回も魅せてくれましたが、アンコールありがとうございます

kahomix92

さらに抱え込んでいく澁谷選手。 もうヒップの圧で男子レスラーがギブアップしてもおかしくない状況に。
カウントが入ってもおかしくなかったですが、有難いことにカウントは入らず、試合続行。
(レフェリーが放置プレイしてくれていて良かった
 



う~む、まだ序盤の序盤なのですが・・・
この記事を書きながら、DVDを再生して再視聴していると、いつになったら書き終わる事になるのか?
超不安な予感が

自分が楽しむのが優先(訪問して頂いている皆様、ゴメンナサイ)なのですが、それなりにまとめないと・・

何だか自分が、別の意味でギブアップしてしまいそうです。
(作品のクオリティが高すぎて困ってしまいます)






澁谷果歩選手のスーパー・MIXプロレス!(リターンマッ乳?)

白桃心奈選手の引退マッチで、衝撃的なデビューを飾った澁谷果歩選手。

男子選手とのMIX戦は実現するのかな...(MIXプロレス大好きな自分としては、なにとぞ


なんて思っていたら、さっそく夢が叶い、トップレスMIX戦

いわゆる‘プロレス’というより‘グラップリング’要素の強い試合だった事もあり、彼女の俊敏な動き、一瞬のスキを見逃さない卓越したセンスに息をのみ、澁谷選手のナイスバディ・超美巨乳に心を奪われる時間が少なかった印象でした。
(初めての視聴ではそうでしたが、2回目以降は十分に堪能させて頂きました



そして、今回は、ENDLESSの「黒オレンジ」のリンコスで、再び男子との対決

日高結愛選手の持つ、マスターズ選手権王座に挑戦した、同じ日に収録されたようですが、前回のトップレス戦から、さほど時間が経っていないことや、相手も同じ男子レスラーという事もあり、
「どのように差別化をしてくれるのだろう」、「澁谷選手のパフォーマンスがどう変わるのだろう」というところに注目して鑑賞していました。



結論から先にサラッと書いてしまうと、「澁谷果歩選手はキャットファイト界の至宝
自分的には確信しています。


プロレスは、間が大事であったり、相手の隙だらけの技でも敢えて受けて立ち、視聴者をハラハラさせたり、唸らせる演技力が求められると思いますが、澁谷選手はそれが十分すぎるほど出来ているのに感服

幼いころからアメリカンプロレス(確かWWF)に親しんでいたり、という下地がある事も大きいのでしょうが、非常に「プロレス脳」が抜群と感じます。

よくこれまで‘秘密兵器’としてバトル様で温存されていたな~(笑)という想いと、彼女のプロレスを再び観れる喜びとともに。



「スーパースターMIXファイト5 澁谷果歩」(バトル様)





イメージシーンでは、見事な肉体美もそうですが、愛嬌たっぷり・サービス精神旺盛な一面も披露

kahomix1

「ENDLESS」のリンコスがとてもよく映えますね

kahomix8

そして、‘リング淫’した後は、恒例の男子レスラーとの舌戦です。
(全体の構成は、「バトル フレッシュスターFILES」とほぼ同様ですね。 可能であれば少し違う演出も欲しいところですが、過ぎた贅沢はいけません


さあ、今回はリンコスを纏った澁谷選手のパフォーマンスに注目です

kahomix12






明海こう選手の(ひとまず)お別れMIXプロレス!2

ラストマッチの相手を務める、男子レスラーは、BWPのちょっとエライ人・「ピエロ仮面」。

(FG,BWP興行や、店頭イベントでもよくお見かけする、親切なスタッフさん(たぶん現場指導のレスラーさん)ですね、たぶん 
小泉まり選手時代から遡っても、この‘ピエロ仮面’とは対戦した事、果たしてあったかな・・)


MIXプロレスをラストマッチにすること自体、非常に珍しいと思われますし、そういう意味でも、自分からすれば有難い明海こう選手。

最後に対戦する男子レスラーとしては、やはりこの選手しかいないでしょう

fikou28

もしかしたら、試合前から感極まってしまうかも? という明海選手を、軽口叩いて普通のドミネーションマッチにされてしまいます。

コブラツイストから、、、

fikou34

おおっと
そう持ち上げるか~

fikou38

お姫様抱っこ的な形からの、シュミット流バックブリーカー

fikou44

再び大股開きで、ヘッドシザースに耐える姿を観たいですぞ(笑)

fikou68

いつものMIX戦ならば、試合後に負けた男子レスラーが、腹いせにトドメを刺すツームストン・パイルドライバー
今回は早めに持ってきたということは、フィニッシュは何でくるのか

fikou79

足4の字固めで苦しめられた後は、ベアハッグ

fikou94

そのままロープ際に連れて行き、髪を掴みながらの腹パンチ
ラストマッチで、あえて容赦されないところに、いかに明海選手が愛されていたかが分かるような気がします。

(しんみりではなく、盛大にボコボコにして笑顔でサヨナラ的な・・・、ちょっと違うかな

fikou108

フィニッシュはなんと
筋肉バスターからの・・・

fikou124

ブリッジホールド~
最後の最後に、高難度の技を持ってきた男子レスラー、これでカウントスリー

これも受けが十分に巧い、明海選手だからこそ使える技なのでしょうし、相手との信頼関係があるからこそ、引退試合であるにも関わらず、危険を伴う大技を受け入れたのではないでしょうか。

fikou131

プロレスは、両者の信頼関係がないと成り立たないエンターテインメント

バトルのスタッフさんから愛され、そして明海選手も信頼を寄せていたから、最後にこの試合が出来た(収録してもらえた)のだろうなぁ~と、感慨深くなってしまいました。。
(自分も、もうオジサンなので涙腺脆くなってきちゃうのですよ


この作品では、明海選手の引退試合というだけでなく、‘ヤラレ’が素晴しい葵千恵選手も観れるという豪華版だったので、とってもお得な作品なのですが、
葵選手の試合の後、明海選手の引退コメントと花束贈呈シーンが

fikou235

ここにはあえて書きませんが、最後のコメント、良かったですよ
お疲れ様でした (あくまで‘ひとまず’ですよね、明海こう選手?)



さて、ここまでで今作品を、リアルに鑑賞していた時の感想は終了
もうバトルのリングでの明海選手は見納めと思っていただけに、復帰作を鑑賞するのが大変楽しみになってきました。


※ 正直、復帰時期や設定も難しいでしょうから、そう簡単にはいかないだろうな~。。
でも、時間をしばらく置いて、8月の「バトルの日記念・スペシャルマッチ」ぐらいのタイミングであれば最高かも、、、なんて勝手に妄想に走っておりましたが、監督さんの辣腕にかかれば全く問題なしですね







プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR