FC2ブログ

男女がグレコローマンレスリングで闘う!

久しぶりにアマレスの動画を。

皆様ご存知でしょうが、アマレスには「フリースタイル」と「グレコローマンスタイル」というのがあります。
殆どはフリースタイルを観ているような気がしますが、グレコローマンスタイルは上半身だけを使って相手を攻める、というある意味非常に地味なルール。
オリンピックなどで観たことがありますが、実力が拮抗していると動きがない分、何とも面白くないと感じてしまいます。

ですが、男女がこのルールで試合すると、ナカナカなんですよね~






スポンサーサイト

ついに!! 横山夏希選手のMIXプロレス 6

最近は、女子レスラーが男子レスラーに掛けるのも珍しくなくなってきた、グラウンド卍固め。

しかし男子レスラーも意地をみせて反撃

横山選手がMIX戦で、ここまでの攻防を魅せてくれたのは、自分の記憶の上では初めてなので、とっても興奮してきました。

natuyom312

なんとか凌いだ横山選手でしたが、今度は馬乗りになられてチョーク攻撃

natuyom318

カウントが入らないのは幸いですがピンチ・・
でも執念でやり返す

natuyom320

切り返してから首4の字固め。 これで主導権を握ったか

natuyom326

フェイスバスターを連発させてから、ストンピング。

(接写戦ならではの画
ストンピングは、この目線で観ると迫力が伝わってきますが、同時に横山選手の場合は、足のシーアーソイホー(細くて長い)ぶりも強調されますね

natuyom333

そして電気アンマ
これで男子レスラーも、とうとう戦意喪失っぽい

natuyom338

こんな腰を落とした逆エビ固めでは、もうギブだなぁ~、少なくとも自分は

natuyom344

2本目が逆片エビ固めだったので、最後のフィニッシュ技は何でくるのか興味深々でした
ナガタロックⅡを再び掛けにいきますが、まだそんな気配はなし。。

となると、再び卍固めか足4の字固め、フォール決着なら顔騎フォール


なんて予想をしているところで、相手をコーナーにつけてから、股間鷲掴みの見事なスープレックス炸裂
そしてトドメは、、、足4の字固めでした~

natuyom374

ロープに手を伸ばそうとあがく男子レスラーに、引導を渡してギブアップを奪った横山選手。


これで、顔面踏みつけなどのパフォーマンスで終了かと思いきや・・


男子レスラーに乗っかって、軽くチョークしながら押さえ込んでいると、レフェリーがサプライズ!
両肩がマットについているのを確認すると、スリーカウントを入れてしまう

「あれ~、スリーカウント。そんなつもりなかったんだけどねぇ

natuyom398


これは前代未聞
3本勝負だったのに、3-1。 レフェリー大丈夫か(笑)

熱中症真っ盛りの時期の撮影で、頭がボーッとしていたのか、ファンサービスか
おそらく後者でしょう、ありがとうございます


「ギブアップして、スリーカウントまで取られて、ブ・ザ・マ!
「どうだった、私の強さを思い知った?   
情けない、、もうちょっと強くなってから出直してきてね」 

最後は顔騎で、横山選手らしい言葉責めが出て終了

natuyom414


横山夏希選手の互角展開のMIプロレスが観れて
また、いろいろな複合関節技も観れて、最後は足4の字固めでの決着。 
さらには顔騎サービスまでついて

非常に満足度が高い作品でした


横山夏希選手は、キャラ的にはチャンピオンタイプではないかもしれませんが、これだけ安定・計算できるファイトを出来る選手は少ないと思います。
さらにはヒール役もはまり、貴重なポジションに君臨していると思うので、今後の活躍を大いに期待しています







ついに!! 横山夏希選手のMIXプロレス 5

2本目の終盤は、横山選手らしさが出てイーブンに持ち込みました。

決勝の3本目も、一進一退の攻防を期待
そしてそれに応えてもらえちゃう


三たび、手四つからのスタートですが、立ち直った男子レスラーがキックで、横山選手倒され、まず右足。
そして喉を狙われてしまいます

natuyom260

そしてこれは何でしょう? 変則メキシカンストレッチ
右足をロックされて、背中に効きそうだ。。 
(相手に、さりげなく腕を差し出すところは、さすが‘プロレス’巧者の横山選手

natuyom262

う~ん、さすがにダメージを受けてしまったか、ロープブレイクにいきたい横山選手でしたが、
男子レスラーはそれをブロックして、足攻め。
喉と足を重点的に攻めている印象の男子レスラー。 徐々にピンチになってしまいます

受けの表情は、相変わらず期待を裏切らない横山選手

natuyom270

グラウンドでのドラゴンスリーパーを喰らい、劣勢
(3本目も引き続き、これまであまり見なかった複合関節技をふんだんに披露しあう両者

そこへきて、右足を掴まれ、ま、股が・・・

natuyom280


しかしここで踏ん張る横山選手、お返しにノドを掴みながら反撃開始
(選手目線で見ると、おっと ドキッ

natuyom284

ちょっと分かりづらいですが、得意のナガタロックⅡを掛けながら、「ふんんっ」と横山節炸裂

natuyom290

(やっぱり羨ましい  つくづく、ファンミーティング出て頂きたいなぁ~
足4の字固め、ナガタロック、卍固め。あと、腰をしっかり落としての軽めの逆エビ(笑) 
それぞれ言葉責めをセットで是非


変形の弓矢固めからサーフボードストレッチ、技名不明の関節技を披露してくれてから、FGでも披露してくれたグラウンド卍固め
これでトドメを刺しにくるのでしょうか

natuyom303







ついに!! 横山夏希選手のMIXプロレス 4

力比べの後、いきなりロープに振られた横山選手でしたが、ちゃんと‘お約束’で戻ってきてラリアットを喰らってくれます。

そこへ電気アンマを掛けられてしまいますが、やられたらやり返す
今度はお尻をマットにつけながらグイグイ・・(何とも嬉しそうな表情にみえます

natuyom176

得意のナガタロックⅡからⅢも披露。 そして喉がぁ・・・  ちょっとしたラフプレイも

natuyom184

さらにキャメルクラッチから、これは何だ
インディアンデスロックとドラゴンスリーパーの複合関節技か

natuyom195

この辺りの技は、もしかしたら恐らく同日に収録したYUE選手との試合でも披露されているのかもしれません。
電気アンマ、ナガタロック、キャメルクラッチでの言葉責め、どれが男子レスラーに効いているのかは分かりにくいのですが、とてもエレクトしているようです(笑)
(ナガタロックⅢも、掛ける人によっては、下半身がになってしまう by自分の経験値)


ストンピングも巧く打ち込んだ横山選手、一気に2本目は奪うかと思いましたが、完全ワンサイドにならないのが、この試合の良いところ

右足を攻められ、相手の足をパンチしてなんとか逃れる横山選手。

natuyom204

しかし、この後は完全に主導権を握りました。

しっかり腰を入れた片膝立ちのアキレス腱固めから、得意技の卍固め
これが決まる時の横山選手は強いです

natuyom213

(デビュー作の「スターレスラー誕生」では卍固めが得意と話し、初FG興行でもグラウンド卍固めを披露して勝利した彼女。順調にスターダムにのし上がっていた時は、この卍固めがフィニッシュとなっていました。
その後、通野美帆選手やB-1決勝の仁美まどか選手戦では、この必殺技がすっぽ抜けてしまい、結果的に勝利を逃し、伸び悩みの原因の一つにもなったといえるのかもしれません。 

その分、足4の字固めが巧くなってくれたのは、大変喜ばしいことですが  ←んんっ、マジメに書くところか


卍固めでギブアップを奪えなくても、今回は危なげない横山選手。


再び相手のアキレス腱を攻めると、今度はキャメルクラッチの体勢から上半身をコブラツイストのように固めて攻める。
本当にこの試合では、器用に関節技も極めて、間違いなくスキルアップしています 
しばらくのブランクを全く感じさせません
 
我が意を得たり、とニンマリ笑顔

natuyom222

ヘッドシザースから首4の字固めで、もうスイッチ全開

natuyom234

もう完全にグロッキーになってしまった男子レスラー、苦し紛れにラリアットを振り回しても、余裕で横山選手にかわされる。

最後は逆エビ固め

natuyom240

いや、複合関節技が続いたフィニッシュは、もうひと手間加えて、、
B-1決勝戦で仁美まどか(現・星川凛々花)選手に責められていた技ですね。

natuyom246

鈴屋選手のミサイルキックを会得したように、受けた技の習得が早いのも横山選手の魅力
(もっとも男子レスラーの身体の硬さでは、これ以上身体が反らないでしょう

男子レスラー限界で、ギブアップ!


これで1-1となり、最後の3本目に突入です







ついに!! 横山夏希選手のMIXプロレス 3

ドラゴンスリーパーから胴締めスリーパーで、やや劣勢になった横山選手でしたが、再び反撃

相手の右足を攻めてから、コブラツイスト。

natuyom105

しかしこれは‘お約束’
肘打ちからコブラ返しをもらってしまいます。 

横山選手の胸を意識してか、今回のリンコスでは目立ちませんが、形の良い乳房をリスペクトしているような掛け方ですね

natuyom114

かと思えば、えげつないアトミックドロップ

そして、最近定番になりつつあるような、グラウンド股裂き(膝十字固めの要素もアリ?)
イイ顔でなんとか堪えてくれる横山選手。

natuyom122

まだまだ攻めてくる男子レスラー。
お次は横山選手の左足を絡めてから、首も同時に これはピンチ

natuyom126

しかし闘志の衰えていない横山選手、首投げで応戦してスリーパーホールド。
そこから右腕をロックして、右足も相手の右足に乗せて、、、これはグラウンドのワキ固めか いや、変形のコブラツイストなのかも

natuyom134


※ここで脱線しますが、昔はコブラツイストの事を「アバラ折り」と呼んでいたそうで。

伝説の美人女子レスラーとされている、全女の「京愛子選手」が、WWWA選手権を連続22回防衛 していた時の切り抜き記事のデータを、とある同好の氏から頂いて気づいたのですが、確かにコブラツイストはあばら骨にキマすからね~

(コブラ先生のYUE選手なら、昔の京愛子選手よろしく、この技で防衛記録を伸ばしていってもおかしくない)



現実に戻りましょう

なかなかマニアックな技の応酬もあって 
とてもいいファイトになっています両者。

腕ひしぎ逆十字固めにいったところを強引に剥がされ、再びボストンクラブに捕まってしまった

「横山、ギブアップ?」 「ノー!」

natuyom145

しかし、この後のアルゼンチン・バックブリーカーには耐えることができず、ギブアップ

natuyom152


1本目は落としてしまった横山選手。

だが、まだまだこれから

natuyom160







プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR