「スターレスラー」 横山夏希選手 復活記念!5

関節技に苦しむ横山選手ですが、クレイモア選手は最後はチェーン攻撃などではなく、イカセてやろう作戦のようです。

しかしこれは強烈!!

rnatuki198

たまらず横山選手、クレイモア選手の背中をタップして、ギブか
不謹慎でしょうが、昔のK-1とかならば、こんな体勢の関節技で勝負アリなのかもしれません。

でも、FG(今後はBWP)の会場で、このような光景を目の当たりにしたら、下半身が反応する事間違いなしです。


グロッキーになってしまった横山選手に、さらに膝十字固めで冷徹な追い討ちが。

rnatuki205

そして、1本目のお返しとばかり、足4の字固めで勝負にきたクレイモア選手。

横山選手の悶絶する演技に、十分満足してしまった自分は、
「もうギブアップしていいから。 ベビーフェイスなんだから負けてもいいんじゃない?」なんて事を、初めて視聴した時、心の中でつぶやいていた記憶が。(タイトルマッチでもないし)

rnatuki212

だが、ここで執念をみせて、引っくり返した横山選手。

2種類のナガタロックを掛けていきますが、クレイモア選手の魔?の手が伸びて、苦痛と快楽の根比べ

rnatuki216

ピクピクと痙攣したような動きを魅せる横山選手、演技が巧い

rnatuki223

この攻防を乗り切った横山選手、最後はハイキック、そしてバックドロップを連発

rnatuki229

2発目は、そのままブリッジして丸め込み、バックドロップホールドで、見事なカウント3

rnatuki237



視聴直後の感想でいうと、なかなか意表を突かれた一戦でした。

イメージ的には、もっと‘ライトニング’横山選手が甚振られ、最後の最後に回転エビ固め等で「劇的」大逆転勝ちか
(ミミ萩原的試合展開

そんでもって、クレイモア選手が「カウント3? そんなの認めない」と暴走し、ドミネーションされちゃうパターンかなと思ってました。


ところが、横山選手が最後に強さを見せつけ、完璧なバックドロップホールドですよ
「弱々しさを見せながら実は・・」ではなく、根性を見せて、しっかりとした技で勝ちを奪う。

ベビーフェイスヒール、という固定概念だけで観てはいけないと実感。
(恐れ入りました キャットファイトって奥が深い



プロレススキルの高い、強くて、スタイル抜群・美人レスラー 「スターレスラー」誕生

スター選手としてのポテンシャルの高さを魅せつけてくれた、横山夏希選手でした

rnatuki249


横山夏希選手は、今回のB-1トーナメントに参戦してくれているので、そちらの作品紹介なども、いずれしたいと思っています。
(そうはいっても更新が例の如く遅いもんで、決勝までに間に合うか心配





スポンサーサイト

「スターレスラー」 横山夏希選手 復活記念!4

さあ3本目! 疲労困憊状態の横山夏希選手から始まるかと思いきや、休憩をしっかり取ったのでしょうか
両者ともリセットした状態で試合開始


序盤は、懐かしき女子プロレスの基本技の応酬で始まるのですが、これがまた良かったです。
(予想では、さらにクレイモア選手のエスカレートした反則攻撃を喰らうのかなと思っていたので・・

手四つでの力比べ

rnatuki162

じっくりと締め上げられるヘッドロックに耐える。

rnatuki165

隙をついてフルネルソン。(お~、3本目でこんな展開は逆に斬新かも?

rnatuki168

ここからコブラツイストを決めた横山選手。

決着を早くもつけようと、「決めるぞ!」と気合を入れてコーナーからダイブしますが、お約束どおり自爆
一本目はクレイモア選手が自爆していましたが、それぞれ巧いですね

rnatuki173

通野未帆戦では、コーナーに登ってから、通野選手に逆転の投げ技を喰らい、「あわや」というシーンがありましたが、このシーンもみると、ある程度このような動きは得意なのかもしれません。
それにしても、運動神経が良くないと難しいと思います。 素晴しい


1本目の逆で、ここからはピンチの連続に。
まずは、ドラゴンスリーパー。

rnatuki184

横山選手も得意としているグラウンド卍固めで攻められてしまう

rnatuki188

これは苦しい。
だが、負けられない試合と戦前意気込みを語っていただけに、堪える横山選手

rnatuki192





「スターレスラー」 横山夏希選手 復活記念!3

2本目は、まだダメージの残っているヒール・クレイモア選手に突っかかっていく横山選手(結構珍しい光景かもしれません)でしたが、やはりローブローを喰らってしまい、ここから一進一退の展開。

そして、エロいな~というシーンも徐々に出てきます
(「B-1トーナメント 5th」もエロ要素が多いので、そういう意味でも横山選手は、早くもトレーニングを積む機会になったのかも

う~む、クレイモア選手と代わりたい

rnatuki89

チキンウイング・アームロックなのか、とにかく押さえ込んで反撃意欲を削いでしまう狙いか?
どちらにしても、ジワジワと下半身が反応し始めてきます

rnatuki100

ア~、ついにクレイモア選手の本領発揮か(ウレシイ反則攻撃)

rnatuki104

ここから電気アンマに悶絶する横山選手が

rnatuki110

↓この画像だと、電気アンマか足4の字固めか分かりにくいですが、いやぁ~イイ

rnatuki112

イってしまった感じの横山選手に、ようやくヒールらしくチェーンを持ち出し、王道の反則攻撃で甚振るクレイモア選手。

rnatuki126

コーナーに登りながら、さながら絞首刑的な締め上げですが、両者とも演技はグッド

rnatuki132

失神寸前の虚ろな目をみせる横山選手。 
通野未帆戦でも失神KOしていたシーンがありましたが、この顔はピ~ンチ

rnatuki134

失神KOでも、負け方としてはおかしくないところ。
しかし、なんとか凌ぐものの、この逆エビでたまらずギブアップです

rnatuki147



三本目は、さらにエスカレートした相手の反則攻撃を凌いでからの、逆転勝利となるのでしょうか。

正直なところ、横山選手が勝つであろうことは予想がついていたのですが、勝ち方に興味がありました。

rnatuki151




「スターレスラー」 横山夏希選手 復活記念!2

「スターレスラー誕生!1」での試合前のインタビュー。
プロレスは初めてでも、業界では様々なキャリアを積んでいるせいでしょうか? 意外に堂々としているイメージです。

「ようやくきちゃいましたね、この日が。 相手は強そうですが、今日の試合は本当に負けられない試合なので、頑張りたいと思います」と語ります。

rnatuki2


今回は、ベビーフェイスヒールという典型的な試合のように思えるので、負けてしまっても問題はなさそうですが、闘志を内に秘めている姿にワクワクします


また、「得意技はあったりしますか?」というインタビュアーの質問に、
「ナガタロック、、、いや卍固めかな?」と、クイズミリオネア(知らない方はすみません)のように答えを探るように答え、
最後には、「正々堂々と闘うことを誓います」と模範的ベビーフェイスであることをアピール。


八頭身の小顔という、モデルさんとしては申し分のない横山夏希選手、この試合では「ライトニング桜」というリングネームで、タオル生地的なリンコスで闘ってくれます

rnatuki9


あ、ここから試合が始まってますデス

rnatuki23

はじめて横山選手を観た時の、自分の勝手な第一印象は、ミミ萩原。
ヒールレスラーのクレイモア美里(向田ななみ)選手の攻めに苦しむ表情もグッド

rnatuki33

相手の自爆からチャンスを掴んだ‘ライトニング’夏希選手が、攻めに転じます。
(必死な表情と思いつつ、わずかにSっ気が覗いているように感じたのは、自分だけ?)

rnatuki47

ちなみに、リストバンドと膝サポーターの色が、交差しているのも気になっていたのですが、これは意図的にしていたのでしょうか。。(スター候補の印だったりして


そして早くも、得意技の卍固め。
(FG15では、範田紗々選手相手にグラウンド卍固めで勝利。 通野未帆戦では極めきれませんでしたが、得意技というのは納得

rnatuki56

仕上げは足4の字固めで、1本目を勝利

腰を上げて、もっとアピールしてくれると、さらに‘ミミ萩原’に近づいてくれるのですが、さすがにこの時点では無理でしょう。
でも、この4の字はしっかりと決まっています

rnatuki63

紹介をほとんどしていませんでしたが(失礼)、クレイモア美里選手の受けもナカナカいいんですよね。
ヒールらしく、横山選手を「小娘」呼ばわりしていますが、なんか性格も良さげで、演技が巧いなと感じます。


ベビーフェイスである‘ライトニング’横山夏希選手が、意外にも1本目を取って先制しました。
しかし、2本目からはいろいろな意味で楽しめるシーンがたくさん出てきます

rnatuki71





「スターレスラー」 横山夏希選手 復活記念!

これまでナゼ、きちんと書く機会がなかったんだろう
今更後悔してもしょうがないのですが、改めまして横山夏希選手。大変お待たせ?でした。
ようやくです

通野未帆戦はレビュー記事を書いていましたが、それ以外は・・・。
なんでだろうと考えてましたが、おそらくMIXプロレスでも、ドミネーション要素が多い作品を、自分がほとんどスルーしていたからかも


今回復帰作の、B-1トーナメントの他、「ドミネーション空間」&「女子勝利~」と、互角な展開のMIX戦に出演してくれていないのは、今一つ残念なのですが、それでも横山選手を紹介しないのはオカシイという気持ちが、大いに勝りました


横山夏希選手は、「スターレスラー誕生!1」(バトル様)で、華麗なバトルデビューを果たし(でいいと思います・・)、その後FG15で範田紗々選手に勝利した時に、「あ、バトルさんは彼女をYUE選手の後のFGチャンピオンに育てていくんだな」と、当時は思ったものでした。

natukisp3

「YUE選手横山夏希選手」という、豪華なタイトルマッチにも期待したり。。



ところが、その後はなかなか飛躍の機会を与えられない時期が続いてしまいます

まず通野未帆選手の「店頭イベント記念マッチ」に抜擢

この2人の対戦は素晴しいもので、2016年キャットファイト上半期MVP作品と勝手に認定してしまうほどの好試合でしたが、予想どおりイベント参加の通野選手に敗北。

人気の出るキャットファイターは、負け試合を巧く魅せることも大事なので、結果自体は問題なかったのですが、この試合で背中を強打し、痛めてしまいます


当然、このアクシデントは予想外で辛かったでしょうが、その後も健気に闘ってくれ、明るく対応してくれてます

mihonatu389


負傷で恐怖心が芽生えて、キャットファイトから引退してもおかしくない状況の中、彼女は「FG16ファイナル」に参戦してくれたんです
でも、マッチメイクが


最後のFG興行だったので、いい選手が目白押しだったので仕方ないとしても、‘ジャーマンスープレックス女子’として話題沸騰中だった南瀬奈選手とのブッキングとは
(対戦カード発表の時に、①1回戦であったこと、②負けブックに違いないこと、に対し、運営さんに一瞬悪意を感じてしまったほどでした。←スミマセン)


それでも見せ場を作ってくれつつ、ナイスファイトを繰り広げてくれた横山選手。

ynatukifg161


負け役を演じることは人気上昇の為に必要なとはいえ、最後のFGの舞台で、通野選手戦からの連敗。
しかも痛めた背中・腰を攻められ・・、という結果に、嫌な予感(まさか‘引退’)がしたのも事実でした。



それだけに、再びバトルリングに戻ってきてくれて感謝です


まだ、新作の3部作は観ていないので、そちらは後日ということにして、
まずは、注目を集めた「スターレスラー誕生!1」(バトル様)から、彼女の魅力をご紹介できればと思います。





プロフィール

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。

カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR