キャンディ麻由美選手とのプロレス記録【シーズン2.5!】7

旅行兼プロレスを満喫したshuujiでしたが、この後も麻由美選手とは月イチペースで会っていました。

おおむね、普通のデート  プロレス付きデート、を繰り返すローテーションで

一度、東京に会議で出張してきて、都内で食事をした事がありましたが、その時は時間的にも慌ただしくて、純粋?に食事のみ。




そして、その年の秋口には、第5戦を開催

この時は、、、shuuji頑張ってしまいました 
(このブログ見て下さっている方にとってはブーイングかもしれませんが、勝ちました


さすがに3連敗(0勝)では、面白くない。盛り上がっていかないし、ライバル関係という(勝手な)設定は続けたいし~

あとは、なんといっても麻由美選手から、「プロレスは(勝敗が分かっちゃうから)もう終わりにしよっか」 と言われちゃったら嫌だった、というのが本音かも。。



反則攻撃をしたりされたり、大技を自爆して盛り上がる場面は作りながらも、比較的手堅いプロレスを展開。

「shuuji勝利」ですし、この試合は少し書きどころ(もつれ合った展開)が少なかった感があるのと、いつまで経ってもシーズン2が(2.5になっても)終わらない体たらくなので、ここでは対戦メモ帳より試合結果とコメントを一部抜粋。




(第5戦: 60分 本数無制限勝負!)

〇shuuji (3-1)キャンディ麻由美●


1本目:shuujiがドラゴンスリーパーでギブアップ勝ち(第4戦の心残りから、この技で!)

2本目:shuujiがグラウンドコブラを自爆したところに、麻由美選手のクロスフェイス(ナガタロック)で、麻由美選手のギブアップ勝ち

3本目:shuujiが足4の字固めでギブアップ勝ち
(何度もフォールに行くがカウント3を取れず。 根負けして関節技に切り替えて)

4本目:サソリ固めでshuujiのギブアップ勝ち
(サソリ固めを習得したがっていた麻由美選手と互いに掛け合い。 最後は経験の差で)




※この試合の前後で、麻由美選手はサソリ固めや卍固めをだいぶ練習
以後、ちょくちょく使うようになり、フィニッシュホールドで使えるようにもなりました

あと広い和室を使っていた事もあり、豊田真奈美選手の得意技である、「ローリング・クレイドル」を動画で何度も再生しながら試技。(キラキラした目で、何度もチャレンジしてたのが印象的


※shuujiの方は、ロメロ・スペシャルかアルゼンチン・バックブリーカーの練習を少しだけしたのですが、「アルゼンチン~」は体勢が不十分で、何度も掛けると怪我のリスクが大きいと判断して、すぐに中止

「ロメロ~」については、「ハーフ・ロメロ」が過去に別の女子レスラー相手に掛けて成功していたので、完全版もイケるかな・・でしたが、あの技は自分のテクニックと、相手の十分な協力も必要で、なんとか形にはなったものの、まだ本番で使うにはビミョーでした

(「ハーフ」は成功率も安定して、精度も高かったのですが、彼女がやや不安がる表情を見せていたので、試合では暫く封印


※「リバース・ロメロ」となると、難易度がグンと上がって、ホントに難しいですね~

昔のブログを見て、よくコメントを下さっていた某さんから、画像付きでコツを教えて頂いたりもしたのですが。。
(現在までで、SMカルマのKR選手(他1名)相手に極める事ができたのですが、相手にうまく協力してもらう形でやっと、 という感じでした




しまった
またしても、ダラダラ書いてしまった


麻由美選手の赴任期間中に、実はあと1試合やっておりまして・・・
(この時の舞台は首都圏。 彼女が少し長めの年末年始休暇を取っていて、年始回りも一段落したところでデートついでに、というノリでした)


shuujiとしては、麻由美選手の地方赴任期間中のプロレス記録までを「シーズン2」としたい。
(でないと、未掲載の残りシーズン3、4と、既にアップ済みのシーズン5が、たぶん上手くつながらない

シーズン2のトリを飾る試合は1試合。 そんなに時間が掛からず書けるはず

でも、キャット(MIX)ファイト作品で続々と良作が発売されているので、視聴して記事も書きたい



ということで、、、、いったん休憩
次は「シーズン2.9」として、仕切り直しでアップしていきたいと思います。

「プロレスはカウント2.9が醍醐味なんですよ~。 2.5ではまだまだ
と言い訳しようと思います。 すみません、ノークレームで(笑) 


必ずシーズン2、コンプリートしますので





【御礼】

このブログを開設して、おかげさまで4年が経過しました。
若干心配していた「ブログ炎上」もなく、マナーの良い訪問者の方々に本当に感謝です

訪問者の皆様のアクセスも、有難いことに順調に増え、最近は外国人の方にも見て頂いているみたいです

そのせいか 今シリーズのような、活字だらけの記事になると、アクセス数が急にガタッと落ちるという(笑)

でも、「自分の書きたい記事を書きたい時に書く」、というのは今後も継続したいと思います。
どうか暖かい目でお付き合い頂けたらと思います。





スポンサーサイト

キャンディ麻由美選手とのプロレス記録【シーズン2.5!】6

「アレ どこいったっけ? ああ、あった、、、ホラ

マクラを見つけると、こちらを振り向き、ニンマリ笑顔の麻由美選手。

「ノー~、、、マクラ投げだけは・・」  
「やっぱりやって欲しいんでしょ マクラの方は全然キレイだからイイでしょ



しかし、麻由美選手がマクラを拾って、こちらに注意を反らしたスキを見逃さなかったshuuji
「都合よくやられると思うか~」  「あ、ちょっと


麻由美選手の背後に回って、逆にマクラでモフモフ
尻もちをつかせ、スピーディな動きでドラゴンスリーパーを決めにいく

「ズル~い」  
「反則してるのはそっち  これを喰らえ! いくぞ、うりゃああ~っ




しかし、なんという事か

完全に極まる前に!(ガーン)
麻由美選手の口から「ギブアップ!」という声を聞く前に、(shuujiには非情にも)試合終了を告げる携帯のアラーム音~~っ


(う~む、あと10秒、20秒もあれば・・  
でも、こういう結果の方が、結果論としては後々興奮して、むしろ良いと思える



和風旅館での試合ということで、珍しく(過去を振り返っても)マクラや座布団を駆使した反則技の攻防が目立った(互いにやりたがっていたのが本音)一戦でしたが、キャンディ麻由美選手が見事に勝利
shuujiを返り討ちにすることに成功しました



(40分 本数無制限勝負! 結果)

〇キャンディ麻由美(2-1) shuuji●





試合後は、いつもであれば健闘を称えて、感想を言い合いながらマッタリするところでしたが、この日はすぐに夕食会場に行かねばなりません


そそくさと水着から浴衣に着替え、互いに掴み合ってグシャグシャになってしまった髪を、クシでとかすのを忘れて部屋を出て、麻由美選手に指摘されて戻ったりと、慌てたりしましたが、最後の食事時間にはなんとかセーフ

(我々の後に遅刻されていたお客さんもいましたが、従業員さんは笑顔を絶やさずお出迎え。 おそらく時間の余裕を見てくれているんですね



食事会場で、感想戦をできるかと思いきや、我々の他には熟年夫妻と思われるお客が数組しかおらず、とても静かに召し上がっていらしたので、こちらも大人しく



部屋に戻って、再び場外乱闘を仕掛けようという企みも微かにありましたが(ビール飲んじゃいましたが1~2杯程度)、
部屋に入ると(予想どおり)布団を敷いて頂いており、今回のプロレスはこれにて終了でした。

格闘で部屋が散らかっていたのを、多少は直して出てきたハズですが、それでも異変を感じられたらどうしよう
でも、従業員さんたちの整然とした仕事ぶりに感謝




翌朝は麻由美選手の‘勝者の権利’を行使して、早起き。日の出を見ながらの散歩でしたが、寝不足と筋肉痛でツラかったこと、辛かったこと。。





キャンディ麻由美選手とのプロレス記録【シーズン2.5!】5

だいぶ時間も経過して、あと1本ぐらいという感じになっていました。

前回負けてしまっているので、せめて引き分けには持ち込みたいところ・・
(次を秒殺で制して、逆転勝利も狙う手もありますが、それでは‘プロレス’として成立しないんで


「食事の時のビールをおいしくするために
あえて給水休憩を取らず、4本目に突入



ロックアップで組み合って、しばらくもみ合ってから、
1試合に一度はやらないと収まらない‘ジャイアント馬場’劇場が一瞬だけ開演


今回はまず、麻由美選手がヘッドロックからの、ココナッツ・クラッシュを披露すると、負けじとshuujiも同じく脳天&逆水平チョップで応戦。
(独特の「間」が、shuujiの大のお気に入りで、麻由美選手にも付き合ってもらってます


その後は、ノーマルな技の攻防に戻りましたが、互いになかなかダウンを奪えず。。。
ローキックを(軽く)当てて、中に踏み込んでボディスラムにいきたいが、ブロックされてしまう


徐々にじれてきたshuujiが、流れを変えようと柱(鉄柱)攻撃を再び敢行 
「おりゃ~! どうだぁっ」

ですが、今度は麻由美選手も負けていない
3、4発喰らったところで、「さっきもやられたもん、お返しだからね」 逆にshuujiの髪を掴んで逆襲!  

「ぬおおお~」   「まだ止めてあげな~い もう一発ね

倍返しでもらったところで、shuujiは仰向けにダウン



「よ~し、じゃあ決めちゃうよ


麻由美選手、shuujiの両足を抱え込んで、ターンオーバーしてのボストンクラブ狙いでしたが、やや疲れがみえてきたか

ひっくり返るのに協力していたつもりでしたが、足を落としてしまい、残念、失敗


(さあ、どうするのかな・・)と寝たまま、麻由美選手の様子を伺っていたshuujiでしたが、
だいぶプロレスの経験値が上がったのか



「逆エビ固めと見せかけて・・・ボディプレスだよん


スローモーションのような勢いで、覆いかぶさってきた麻由美選手に、「もしかして作戦? ホントに(笑)?」
「モー、うるさい どうよギブ?」

「う~、これはヤバい。 カウントが入ってしまう
「あ、そっか  ワンッ! ツー~


カウント2.5で返したところで、麻由美選手が起き上がり、周りをキョロキョロする仕草を。
「んん


どうやら、どこかに投げ捨てたマクラを探している麻由美選手
オオッ、ノォ~っ




キャンディ麻由美選手とのプロレス記録【シーズン2.5!】4

序盤は風呂上りで汗が出ていた両者でしたが、今度はプロレスで汗ばんできて、ちょうどイイ感じのコンディションに

少しドリンク休憩していたのですが、そのうちにムラムラとイタズラ心が・・・


「さあ、じゃあぼちぼち・・」と戦闘準備に入った麻由美選手に、マクラを掴んだshuujiが急襲してゴング


「座布団がアリなら、これもだろ~」 
マクラで、麻由美選手の頭やお腹を(軽く)叩きつけ攻撃

「さっき高校生みたいだ、って言ってたくせにぃ~
応戦の構えの麻由美選手は、さっき使った座布団を再び掴んで、一触即発の睨みあい




「まあまあ、フェアにやろうよ」 
急にマクラを置いて、握手を求めるshuujiに対して、
「ふん、そんなの甘~いっ」と、またしても座布団で頭に一発~っ


ヘナヘナと仰向けにダウンしたshuujiの腹に、丁寧に座布団を置いてからのフットスタンプも敢行してきた麻由美選手

「うううっ、、やめろ~(ややオーバー気味)」
「じゃあギブアップ?」
「いや、その、、、この座布団、ホコリが・・・」  「あ、そういうことね、確かに」


劣勢を座布団のせいにして、仕切り直しに成功のshuuji(頭脳プレイ




その後は、麻由美選手は腕ひしぎ逆十字固めとスリーパー、shuujiは首4の字固め・インディアンデスロック(リバース)等を掛け合いながら、一進一退の攻防。



終盤、shuujiが強引にフォールにいったのをキックアウトした麻由美選手。
先に立ち上がり、左足をshuujiの頭にのせて、(これでちょっと起き上がってみて)と囁きが
(よし、オッケー


倒れ込まないように慎重に、、、shuujiは麻由美選手の左足を右手で掴みながら、ゆっくりと起きて中腰に。
麻由美選手が右足でしっかりと踏ん張って、卍固めが完成目前


「これで、決まったかな
「う~ん、、、 あと俺の右手を抱え込んでくれれば完璧。 左手で・・」
(ホントは右足も絡み付けるのが大正解でしょうけど、そこは
  
「あ、そっか

ところが左腕で、shuujiの右腕を抱え込むのに苦戦してしまった麻由美選手、バランスを崩してしまい、両者ともマットに尻もち




「あともう一息だったね」  「掛ける順番、違ってたっけ? しがみ付いてないと、ゆっくり掛けられないわ、今度また教えてね



(いいね、しがみ付いてもらって大いに結構
shuujiが少しまったりしてしまったスキに、麻由美選手がススッと背後に回ってきて・・・

「えっ、アレっ
「まだ終わってないわよ! こっちならなんとか覚えたもんね」  「う、しまった

麻由美選手の電光石火のコブラツイストが決まった



「まだまだっ! ノーギブ、ノーギブ・・」

最初は緩く掛かっていたので、右手で麻由美選手の右肩を抱いて、余裕で耐えていたshuuji。 
少し待ってから、首投げで強引に投げて、外してみようかと企んだのですが、これが裏目
逆に、絡みついていた互いの左足が、よりガッチリ極まってしまう自爆行為


「ううっ、つう~」 思わず声を出してしまい、
「あ、ゴメン、、痛すぎ? 」  「ノー、ノー

本当に痛がると解いてくれちゃうので、技が成立しなかったら申し訳ないというシーンでしたが、なんとか続行。
(危ない、良かった


密着度が高くなってウレシイ思いは一瞬。 じきに脇腹にジワジワ痛みが、、
右手で麻由美選手の右肩を抱いて耐えていたshuujiでしたが、これ以上のムリは禁物。



「これは効いた、クア~、ギブアップ」  

すぐに外してくれた麻由美選手に、「ホントに大丈夫? いつもと違う声が出てたよ、もしかして攣っちゃった?」と心配されてしまったshuuji。


卍固めの失敗で凹まず、一瞬のスキを突いた麻由美選手が3本目を取りました。



※バトル作品などですと、コブラツイストを掛けられた男子レスラーは、右手をピンと伸ばして、女子レスラーの肩を抱く(掴む)事はしてないですね。
アレは女子レスラーへの配慮なのでしょうか
(だとしたら、偉いとしかいいようがないです。 自分にはとってもマネできません





キャンディ麻由美選手とのプロレス記録【シーズン2.5!】3

1本目の途中まで、さかんに噴き出していた汗も収まり、さっそく2本目

今度は手四つで組んで、力の入った力比べから


高い位置で組んだ両手を徐々に下ろして、互いの胸を追っ付けてのガマン比べは、遠慮したshuujiが距離を取ってしまい、麻由美選手すかさず腹にキックを入れる


思わずマットに片膝をついてついてしまったshuujiに、麻由美選手の16文キック
「ぐわっ」  ダウンしたshuujiに、 「まだまだ、ほら起きて


上半身だけ身体を起こすと、その薄い胸板にまたしても麻由美選手の右足が。
ゴロンと後転しそうになりながら、振り子のように再び同じ状態に戻ったところへ、さらにもう一発
(今なら、「ビックブーツ」みたいに勢いよくやってもらうのも手だったかも・・



だらしなくダウンしたshuujiに、足4の字固めで攻めてきた麻由美選手。
頭を抱えたり、手でマットを叩きながら苦しんでみせてから、なんとかロープ(壁)にタッチして、「ロープ、ロープ



仕切り直しで、技の選択に迷っていた麻由美選手のスキを逃さず、コブラツイスト

解いてから、両腕を麻由美選手の腰に回して、軽く持ち上げようとすると、
(これ、バックドロップだっけ?)と小声で囁くので、(じゃあジャーマンにしよっか?)、(もっとイヤ~っ)と、懸命に堪える麻由美選手。

アトミックドロップで収めようとしましたが、足を踏んづけられてうまくエスケープされてしまい、
ゆったりとしたフォームから、ローリングソバットを喰らってしまう

「うおお~



その後、ボストンクラブ等で反撃したshuujiでしたが、トドメにいく前に、キラー・カーン直伝のモンゴリアンチョップを1発入れて、、、
(分からない方も多い? 今、女子プロだと米山香織選手が‘シュッ、シュッ’とやってるヤツです  もっと分からなくなった方は、ググってみてください(笑))


「さあもう1発いくよ~ ちゃんと立ってね

(試合会場を煽る感覚で)予告してから、おもむろに振り下ろすと、なんと、、、 座布団を拾い上げてナイスブロック、麻由美選手


そのまま、座布団で頭を叩きつける反則攻撃で、フラフラになってダウンしたshuujiに、
「このあいだ(前回の第3戦のフィニッシュで)、やらなかった必殺の・・・」 
「あっ、ここでくるか

うつ伏せになっていたshuujiに、麻由美選手の必殺技・STFが決まり、ほとんど粘れずギブアップ


これで1-1のイーブンに。



「麻由美さんも凶器(座布団)攻撃やってくるね~
「あるものは使わないと  あとはマクラがあるから、マクラ投げ攻撃・・もできるかな(笑)」
「修学旅行か


ここで小休憩を挟んで3本目へ。
それにしても、あの攻撃を受けた座布団が、結構埃っぽかったのが記憶に残っています(小声)





プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR