Team Wizardのプロスタイル完結編(でも早くも続編祈願)3

パワーで圧倒しようというミンソ選手。

さすがにルミ選手に勝つ自信をもっているだけの事はありますね。
ピンクのリンコスもよく似合っているし、背が高く、スタイル抜群の美人です 

しかしユンジ選手は、体郭では劣っていても、ルミ選手譲りの関節技を披露します

全女時代に見られた、王道的な技の応酬が続きますが、反則攻撃もカウント4まで。
(う~ん、なんか懐かしくてイイぞ

wizardf115

反撃に移りたいユンジ選手。 
「おっと、ローブローで形勢逆転か」という場面でもありましたが、ユンジ選手はベビーフェイスなので、そんな事はしません。
(この試合では、ユンジ選手びいきでした

wizardf116

スープレックスで投げられ、カウント2。
さらにコーナーの飛ばされたユンジ選手でしたが、ここで切り返しのボディプレス

ここは惜しくも返されてしまいますが・・

wizardf125

一瞬のスキをついて、チキンウイングアームロックに捉えたユンジ選手。
ルミ選手もこの技を得意としていたので、ルミ選手直伝なのでしょうか

wizardf131

(脱線しますが、この技は、女子が男子に掛ける方のが好きですね 
身動きを取れずに腕を極められて、ぐったりしてしまうとカウントを入れられ、上体を起こしていると程よい痛み?でしそう。

自分は、この技を‘女子レスラー’に覚えてもらおうと、掛けたり掛けてもらったりしましたが、掛けている時は、力加減と女子の表情を伺うのに気を使ったので、掛けてもらう方がただただ快感で、グッドでした)



ユンジ選手はこの後も腕ひしぎ弱十字固めで攻めていきますが、ミンソ選手がこれを凌ぐと、再びパワーで圧倒。
バックドロップからキャメルクラッチ

wizardf148

このままミンソ選手が押し切るかと思いきや、ユンジ選手の回転エビ固め

wizardf158

もっと丸め込んでくれたら、逆転勝利というところでしたが、惜しかった!
でもよくここまで技を習得してるな~と感心してしまいます。(メイキングも観たので尚更ですが)

さらには膝十字も極めて、健闘したユンジ選手でしたが、やはりミンソ選手は強い
お見事なツームストン・パイルドライバー

wizardf170

そして特筆すべきは、フィニッシュとなった、ミンソ選手のこの複合技
サソリ固めでいくかと思いきや・・・

wizardf178

早めに身体を反転させて、耐える姿勢に入ったユンジ選手の両手を掴んで、カンパーナ
これはスゴイ

wizardf186

自分は日本の女子プロレスでも、この技を観たことがありません。
(詳しい方がいらしたら、ぜひ技名をお教えください

限られたトレーニング期間で、これだけの技を出せるのは素晴しいとしか言いようが・・・
ユンジ選手もギブアップするしかありませんでした。



第一試合から、十分な試合内容でした


そして、ミンソ選手は正式にルミ選手の団体を出ていってしまいます。

wizardf201


ルミ選手が段々と追い詰められていくわけですが、このまま終わるはずがありません。
まだ全エピソードの1/3が終わっただけですから

本当に見応えのあるファイナルシーズンです





スポンサーサイト

Team Wizardのプロスタイル完結編(でも早くも続編祈願)2

この完結編では、冒頭にこれまでの(懐かしい、ウレシイ)回想シーンが・・・

そして、Team Wizardの団体(Wind)を率いているはずの団長が、団体を解散させようとするところからストーリーは始まります

強引な団長に、イェリ選手が「こういうやり方は気に入らない」と、イェリ選手の団体Wind(ルミ選手の団体)との対抗戦が行われるという展開に。

wizardf33

ルミ選手と反目し合っていても、骨のあるイェリ選手は好きですね。 
(前回出演していた女優さんとは同じ方なのでしょうか ヘアスタイルが違うとイメージも・・・。 今更ですが、イェリ選手とルミ選手との対戦は見たかった


解散濃厚なルミ選手の団体から、抜けることを明らかにしたミンソ選手と、それなら「私を倒してから行け」と立ちふさがったユンジ選手とが、まず闘うことに

wizardf49


Team Wizard作品全体をとおして感じるのは、昔の全女のイイところ(前座試合に見られたような、華麗な技で仕留めるというのでなく、泥臭くフォールを狙う、テクニックよりも執念の勝負)をしっかりと踏襲してくれているところなんです。


おそらくKohプロデューサーは、相当、昔の日本の女子プロレスを研究し、リスペクトしてくれているのだと思います。
相手の首を抱えて、引っくり返し合う攻防も、当時よくあったかと。

wizardf54

ボディスラムからフォール。これもそうですね

wizardf64

相手の体力を確実に消耗させる為に、積極的にフォールいくのは地味でもきわめて有効。
(だんだんはね返す力が弱まり、最後には3カウントで返せず、悔しがるシーンなどは、ものすんごいストライク

wizardf66

まだここは返していきますユンジ選手。

逆片エビ固めのシーンも、ジワジワくるものがあります
(とにかく、今作品は映像がとてもキレイなのが嬉しいですね

wizardf73

wizardf75


あ、、、イカン
こんなペースで書いていると、何か月もかかってしまう
少し巻きで・・・


とっても素敵な形のサーフボードなど、ミンソ選手が先手を取りますが、、

wizardf79

ユンジ選手も負けていません。
関節技が巧い印象のユンジ選手の足4の字固め。

wizardf102

一進一退の展開、今度はミンソ選手がカウンターのキックからコブラツイスト。

wizardf108

この技も、ファイナルシーズンになって、完成度が上がってきた感があります。 

日本のキャットファイトの試合と違う点は、コブラ返しで切り返すのではなく、ロープエスケープで逃れる部分でしょうか
(どちらも甲乙付け難い





Team Wizardのプロスタイル完結編(でも早くも続編祈願)

いや~、ホントにホントに、、、待ちに待ち焦がれておりました

Team Wizardの新作 (でもファイナル・・ ううっ



日本のキャットメーカー様では、どんどん撮影技術、女優さんへの技術指導のレベルが上がってますよね
また最近のプロレス人気もあり、女優さんもプロレス作品に出演することに抵抗感がほぼなく、我々キャットファイトファンからすれば、非常に良い環境にあるなと実感してます。


それに比べ、お隣・韓国では、残念なことにプロレス人気もさほどなく、また(AV)女優さんも質量共に不足気味らしいです。
(TMさんのブログで取り上げられた、Team Wizardプロデューサー・Kohさんのコメントから)


そんな環境の中、Kohプロデューサーの情熱で、これまで「Kprean Irongirl Match」シリーズを世に出して頂き、自分にとってとても至福の瞬間を楽しませて頂きました。



まさかと思った、日本とのコラボでの「史上最初の日韓戦」。
国を超えて、こんな企画が実現するなんて、まさに奇跡! マーベラスでした

この時は次の展開が予告(ルミ選手の来日)され、大変ワクワクしていましたが、推測するに資金不足の為、「ルミ金城愛菜」のみで打ち切り。
とっても残念な気持ちでいっぱいでした。。



諦めかけたところに、今度は「日韓キャットファイトリーグ」が
「リーグ」ということは・・・、当然今度こそ続編も、、 しかしこれも残念ながら1作で打ち切り。



いかに作品制作というのが、大変なのか

一ファンに過ぎない自分にとって、詳細は分かり得ませんが、少なくも、プロレス人気の低い国での女優さんの確保、知識がない女優さんゆえの事前のトレーニング、過激な性的表現はNG等、いろいろなハードルが立ちはだかっている事は容易に想像できます。

逆に、日本のバトルさんなどでは、一日のスケジュールで制作をしていると思いますが、どうして1日で出来てしまうのだろうと、驚きと、改めて凄さを感じてしまいます。


(もう、この段階で既に十分に熱く語り始めている自分に気づきました また記事を書き始めると、熱くなってしまう事間違いないので、少しトーンダウンして




今回の待望の「Kprean Irongirl Match」シリーズ・ファイナルは3部作
過去の作品の回想シーンや、最後に懐かしい、もう観れないと思った選手まで登場するという、非常に満足な作品になっています。



主な出演選手は主に4選手で、まずは、スターのルミ選手。

wizardf1

いつか来日して、店頭イベントやってくれないかな
FGI(ファイティングガールズ・インターナショナル)という団体もできた事だし、「インターナショナル」だし、参戦してくれないかな、、なんて未練タラタラ

wizardf327


そしてルミ選手を慕うベビーフェイスのユンジ選手。

wizardf4

小柄で体格的に劣っていたので大変だったでしょうが、すごく頑張ってました。 
ショートヘアもよく似合ってるし

wizardf345


イェリ選手側についているヒール役のユミ選手。 

wizardf3

ロープ越しの「619」は、難度の高い技でしたが、練習を積んで本番には成功 努力家さんですね。

tewif286


ルミ選手から寝返った形で、一番のヒール的存在を務めたミンソ選手。

wizardf2

第一試合でのフィニッシュ技は、圧巻でした。 ピンクのリンコスも似合ってたな~

wizardf335


どの選手もとても魅力的ですが、強いて挙げるならば、ルミ選手は別格として、自分的には、ユンジ選手が‘お気に入り’でした

皆さんも、それぞれお気に入りの選手を応援しながら、この作品(シリーズ)を楽しんでもらえたらと思いつつ、感想記事を書いてみることにします






祝・「Team Wizard」再始動!! ~日韓キャットファイトリーグ 第1戦~5

さあどちらが先に立ち上がるのか、、、というところでしたが若月選手が踏ん張る
この時点で勝利を確信しました。

まだ闘志を燃やすチャリン選手でしたが・・・

wakatukik255

最後は複合関節技で勝負アリ

wakatukik270

今回は1-1で、3本目があると思っていたので、ちょっと意外といえば意外でしたが、お互いに持ち味を出した試合になったかと思います。
(エクストリームトーナメント優勝者ということで、リスペクトされたのかも




しかしこの作品は、ここからサプライズ
試合後の虐めを仕掛けている若月選手に、リング外から「やめなさい。 勝ったら大人しく返ればいいでしょう」と。

ここでルミ選手が登場であります

wakatukik295

DVDのジャケットにも、ルミ選手の画像はなかったので、まさにサプライズ!
こういう嬉しい演出は、とても素晴しいです


突然の乱入劇でしたが、若月選手は落ち着き払った様子で、「アナタのことは聞いたことあるわ。 日本に来るとか言ってたけど、ビビって来なかったじゃない」

wakatukik298

おお、、もしかしてこのシーンで、前回のルミ選手が来日しなかった理由が分かるのか

しかし、さすがに大人の事情だったり、単純な話ではないでしょうね。
いなされてしまい、すぐに退場なのかと思いきや、若月選手の余計なひと言のおかげで、ルミ選手の久しぶりの技の披露が

ボディスラムに・・・

wakaatukik306

金城愛菜選手との試合でフィニッシャーにもなったツームストンパイルドライバーも出してくれて、若月選手をKO。



テープチェンジ(若月選手が気絶していたという感じに)後、ルミ選手が若月選手に語りかけます。


相変わらずお上手な日本語で、「アナタたちに負けるのが怖いんじゃない。名分無き戦いが怖いだけ。」
そして、「もうすぐ会えるよ。とりあえず今日の勝利おめでとう」と握手を求め、若月選手もそれに応じます。

wakatukik325


おお~~っ
ルミ選手の試合がまた観れる  これは素直に嬉しいぞ
(金城選手との試合の時と比べて、ヒップや太ももがよりレスラーらしくなってきた感もさらに


また、ルミ選手を前にしても、堂々とした表情を見せていた若月まりあ選手もイイ

wakatukik328


リーグ戦でもあり、順当にいけば、この両者の試合も組まれるハズ。

いきなり大技を喰らい、圧倒された形の若月選手でしたが、3本勝負となれば、あの内村りな選手を破った実力者。
きっと素晴しいファイトを魅せてくれるでしょう。




気がかりな点は唯一つ
この作品の売り上げが採算とれず、続編断念にならないことだけを祈るのみ

自分の貢献だけでは限界がありますが、なんとか実現して欲しいものです



最後、ルミ選手の登場で、うっかり霞んでしまいそうでしたが、初出場のチャリン選手も非常に魅力的な良い選手でした。
また2人目の日本人選手との絡みが観れるかと思うと、コチラも今から楽しみです





祝・「Team Wizard」再始動!! ~日韓キャットファイトリーグ 第1戦~4

この対決では、2本目はチャリン選手が取って、3本目に突入か
実に効いてそうな逆エビ固めが決まった

wakatukik175

さすがに若月選手ギブアップでしょう、、、と思いましたが、粘って再びロープブレイク。

さらにキャメルクラッチで絞られ、ピンチ
細身ながら痛みへの耐性が意外にありそう。  
すぐに降参しないので、若月選手のやられシーンが好きな方は、堪らない時間帯かも・・・

wakatukik186


このままいくかと思われましたが、若月選手がここから逆襲に転じます
背中への連続攻撃、フォール、そしてこの拷問的な股裂きで、優位に立ちます。

wakatukik197

(ルミ選手と同様、復帰をリクエストしたいハナ選手が悶絶していた技として記憶に残っています。)

これは苦しい、、、 

wakatukik200
 
自分も、たとえ若月選手のような女子レスラーに掛けてもらえたとしても、嬉しいよりもリアルに辛そう
観ている方は、これでギブアップし、大の字に伸びてしまうフィニッシュも捨てがたい



さらに足4の字固めも決めて、やはりストレート勝負になるのかというところで、チャリン選手が本領発揮
ヌンチャクを持ち出してヒール全開 (若月選手やられシーンがまだありました

wakatukik222

チェーンを右手に巻いてのパ~ンチ

wakatukik228

これで弱ってしまった若月選手。 さすがにこれで2本目は決着か

wakatukik236

しかしまだ屈しない若月選手は、さらに逆転
膝十字固めで攻めますが、チャリン選手も髪を掴んで、両者ともグロッキーに。

wakatukik244





プロフィール

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR