古条彩華選手のMIXレスリング!

今回は、ピンクカフェオレ様の新シリーズ&お久しぶりの古条彩華選手の紹介です。

ピンクカフェオレ様は、バトル様とキャットファイト界では双璧の関係で、これまで‘レッスルビューティースターズ’、‘レッスルセクシースターズ’、など、コンセプトを変えた作品を発売していましたが、新しいコンセプトでリリースされた‘レスリングスターズ’。

コレはいいですね~


プロレスではなく 「レスリング」
アマレスではない「レスリング」。
強いて言えば、昔の全女の新人同士の試合で、ドロップキックと逆エビ固めを封印されたような感じでしょうか。



自分がMIXプロレスの好きな理由は、「男女が競泳水着という薄い布地を隔てて、密着して絡み合う」ところにあります。
その要望に、まさにストライクな作品なワケなんです


以前、渡部アキ選手が高辻選手と組んだMIXタッグマッチで、限定版のまさに「特典」として、お二人のMIXレスリングが収録され、楽しませて頂いたのですが、その後に収録されたのでしょうか?
(でも森崎愛選手も出演しているので、撮り溜めしていた企画で、それを渡部アキ選手達にも挑戦してもらったのかもしれません  そのあたりは全く不明です



いろいろ言きましたが、とにかくイイものはイイ



「レスリングスターズMIXED」(ピンクカフェオレ様)




このシリーズが続くことを祈りながら(ピンクカフェ様のブログによれば、第三弾までとの事)、記念すべき第一弾・第一試合に登場した古条彩華選手のファイトを。



古条彩華選手といえば、「竹内綾香」時代のMIXタッグマッチでのデビュー(?)がなんといっても衝撃的でした

プロレスがしっかりとできて、ピチピチの美人がキャットファイトに参戦してくれるなんてと、当時はため息が出た(下半身は大興奮)のを覚えています。


現在は、美人のキャットファイターが次々とデビューしてきていますが、彼女はその先駆け。
今でも新作が出ると、その都度気になる選手です




そんな古条選手の相手は、あの‘おやっさん’。 

とにかく「リングは俺達(私達)のものだ、出ていけ」と、抗争?因縁?の常連選手。
(渡辺アキ選手との対戦時には猫師匠というリングネームだったと思います。他にも‘千のリングネームを持つ男’とでもいいますか・・)


ですが、今回はレスリングということで、フェアプレイ精神で臨みます
インタビュー等がなく、いきなり握手から始まるので、最初に観たときは、一瞬戸惑ってしまったほど
(でも、新鮮で、たまにはこういうの、、イイな~と思います

kojyouw3


そして試合開始はゴングではなく、ホイッスル

プロレスルールであれば、古条選手が得意のキックなどを繰り出すこともできますが、このルールだと、軽量の女子選手にとっては、通常ならばかなりハンデ。

ですが、古条選手ならではのテクニックで、勝ちにもっていけるか

kojyouw20

バックを取られてしまったが、踏ん張るか

kojyouw23

リングで試合しているので、ピンチやニア・フォールになった時に、ロープブレイクは有りなのかな?
そーしたら、パーテルポジションもアリ


そのあたりは、あえて深く考えないで、自然と元気になってくる下半身を押さえ込みつつ、ワクワクドキドキ





スポンサーサイト

待ってました! 古条彩華選手再登場

いやいや待っていました、、かれこれ1年以上
(レビュー書くのも数か月遅れですが


2014年夏のFGで、バトルクイーン・新垣ひとみ選手の試合後に、乱入。 
新たなる遺恨が生まれ、キャットファイトファンであれば、おそらく相当の方が復活を期待したであろうと思います。
その古条彩華選手のミックスファイトDVD(タッグマッチ)が発売

(まさかあの試合での乱入劇のために、アメリカから帰国したはずはあるまい
きっと試合を収録しているハズ。 ピンクカフェオレ様はリリースまでに時間が掛かるのが珍しくないので、「そのうち」だよね  いや~信じていて、ヨカッタ、良かった



最初に彼女を観たのは、「スタープロレス MIX TAG MATCH」の時。
プロレスセンスにあふれ、小柄ながら太もも・お尻としっかりと筋肉がついた理想的なレスラー体型に、興奮しました。
当時の試合はこちらから


当時はまだ新人という位置づけだったのでしょう。パートナー・若林美保選手とのシングル戦では敗戦を喫してしまいますが、その後改名し、ピンクカフェオレの看板スターとなってからは不敗街道を突っ走る存在に。

しばらくMIX戦とはご無沙汰だった彼女でしたが、ついにMIXシングル戦が実現
その流れで、森崎愛選手と組んでのMIXタッグ戦




古条選手はとにかく強く、そして負けないレスラーとして有名だといってもいいでしょう
(一時不敗の女王と観られていた金城真央選手も、YUE(当時:夏目雅子)選手にFG王座を譲りました。
また、エクストリーム王者で、同じく不敗の武藤つぐみ選手も、男子レスラーに勝利しつつも、その後の甚振りで「ギブアップ」を口にしてしまった事があります。)



‘プロレス’は、「勝ち負けではなく、よりファンを楽しませた方が勝者」という見方があり、その意味で、古条選手の敗戦を観たいファンにそれを魅せるという手段もあると思いますが、とにかく負けません(笑)
しかし、それ自体は自分にとって、不満ではありません。
逆に明らかに力の劣るレスラーに、わざと負けてあげる試合ほど、退屈なものはないと思うからです。


正直彼女のレスリングの巧さを観ていると、ガチで相手が務まるのは新垣ひとみ選手ぐらいなのでは
(だからこそ、あの日の乱入劇で心が沸き立ったのですが・・・。
いつかマッチメイク叶いますように  実現すれば、これは凄いドリームマッチ


 メーカーさん側としても、彼女自身がフォールやギブアップをしない代わりに、「スタープロレス~」の場合には、試合に勝利した直後にKOさせられたり、パートナーが負けて、タッグマッチとしては敗北、というシーンを作って、そのフォローをしているのかもしれません。

彼女がいつどのようなシーンで敗北するのか、果たしてその時はくるのでしょうか




これ以上書いていると、今後のネタバレになってしまうので、ココまでに



前置きがまた長くなりましたが、今回まずは渡部アキ選手と組んでのタッグマッチ


「レッスルビューティスターズvsレッスルストロングスターズ MIXED」(ピンクカフェオレ様)
 
kojyouatag2

古条選手ばかり取り上げてしまっていますが、パートナーの渡部選手もなかなかの逸材レスラー。
このコンビならば、圧勝?






復帰を望むファンが多い・古条彩華選手2(バトルクイーン候補を探せ!ラスト)

今度は古条選手の攻めのシーンから

「スタープロレス」の時はそうでもなかったのですが、ピンクカフェオレの作品に出るようになってからは、威力あるローキックなどを、かなり多用するようになったと記憶しています。

ですが、素晴しい身のこなしからの空中殺法が、やはり魅力的ですね~


まずはコルバタ
(今では、他の女子レスラーが使うのも珍しくありませんが、当時はビックリでした

kojyouss1

そしてコーナーからのボディプレス
タッグマッチでは、連係プレイで! 
(すごく表情がイイですね プロレスを楽しんでいる感じが伝わってきます)

kojyouss3

こちらはシングルマッチで。 男子レスラーにコーナーに振られたところを、すばやく登って切り返し・・・
運動神経の良さが光ります

kojyouss5

お次はスイングDDT

kojyouss6

さらには身体の大きい相手も、丸め込む回転エビ固め
(最近見なくなった技だけに、貴重ともいえるのでは 
男子レスラーのリンコスが、ピッチリしたタイツだったら、また違う見方もできますね?

kojyouss7

そして、自分の知っている古条選手の最新のフィニッシュ技はこれでしょうか
フランケン・シュタイナー
(男子レスラーがウラヤマシイ、、と思ってしまうのは自分だけでしょうか

kojyouss9

「スタープロレス」の時のフィニッシュは、元気よくロープの反動を使っての、ボディプレス!
とにかく高さが 高さがスゴイ (これが決まったら返せな~い

kojyouss12


関節技も、「ピンクカフェオレ」作品以降はハイレベルに。

kojyouss15

昔は、逆エビ固めを苦手にしていたように見えますが、今観るととても新鮮
お尻をしっかりと降ろしているのが

kojyouss16


以前のFGで、メインイベント終了後に乱入し、新垣ひとみ選手との対戦ムードを期待させたシーンが思い起こされます。

あのままで終わってしまうのは、ないよな。。。
白のリンコスで闘う古条選手も観たいなあ。。。





復帰を望むファンが多い・古条彩華選手(バトルクイーン候補を探せ!ラスト)

思えば昨年末から、「チャンピオン・カーニバル(途中から「バトルクイーン候補を探せ!」に改称」という夢(妄想)をしてから、もう半年が経とうとしています

つまるところ、「金城真央選手とライバルになり得る選手は誰なのか?」、「バトルクイーンになれる可能性があるのは誰なのか?」というシリーズでした。。

半年も経つと、次々と王者の交代、ニュースターが生まれているのですが、ひとまず(ようやく)このシリーズのラストを飾るのは・・・!


そう、古条彩華選手

kayaka

kayaka2

今では子育て奮闘中のようですが、現在のプロレス界では決して珍しくはありません。

金城真央選手の不敗神話は、先日のFG13でストップしてしまいましたが、この古条選手はいまだ「不敗」。
(厳密にいうと、‘竹内綾香’選手時代に、若林美保選手に負けていますが、改名後は不敗


キャットファイト・ファンの皆様の中でも、金城真央古条彩華戦を観たい
という方がかなり多いと思います。(何を隠そう、自分もそうです


キックなど打撃系を得意とする部分は、金城選手に近いものがありますが、それよりも抜群の運動神経を活かした空中殺法にも魅せられます

(「金城選手に引けをとらない打撃」「新垣ひとみ選手ばりの空中殺法」を合わせもった、レスラーとして極めてバランスに優れた選手といえるのではないでしょうか


という訳で、古条選手の魅力を紹介していきたいと思います

既にご紹介した「スタープロレス MIX TAG MATCH vol.1」と、「レッスルビューティスターズ MIXED Ⅲ」から、自分のお気に入りシーンを。



まずは、序盤の腕の魅せどころ 腕の極め合いの攻防
(何度かこのブログに書いていますが、本当に実力・テクニックがないと、様にならないんですよね

kojyous1

kojyous2

続いて、まずは「受け」のシーンで印象的なものをいくつか。。
まずはコブラツイスト

kojyous3

個人的には、↓の方が好き

kojyous4


そして、初めて観たとき、生唾ゴックンだった、ロメロスペシャル

kojyous10

アングルの問題はもちろんあるのですが、コレは圧倒的に↑

kojyous12

そして、「レッスルビューティスターズ」では、ベアハッグまで

kokyous20


さあ、次は素晴しい攻めのシーンの中からいくつかご紹介してみたいと思います





古条彩華選手のMIXプロレス! 6

ロメロスペシャルが決まってしまってピンチの古条選手

身体の柔軟性を活かしてなんとか凌ぐものの、その後キックも浴びてしまい意識朦朧状態

kojyou154

しかしこのまま終わらないのが古条選手  出るか

kojyou156

出たぁ~  起死回生の・・ボディアタ~ック

kojyou160

さらには、ロープに飛んでの回転エビ固め  

kojyou166

そしてとどめは

kojyou173

これまた見事なフランケン・シュタイナーを決めて、とうとうカウント3を奪って勝利



しか~し
カウント3の判定に納得のいかない男子レスラー「おやっさん」が暴走。
どこに隠れていたのか相棒の男子レスラー「チェリオスカイ」も乱入して、古条選手危うし・・

kojyou184

ああ、ツープラトンでのレッグスプレッド!! 

 
kojyou200


バトル様のミックスファイト作品の場合、勝った女子レスラーがここからボコボコにされて失神させられてしまう、というケースはよくあります(定番といっても良いくらい)

レーベルは違っても、「若林美保選手とのMIXタッグマッチ」で、古条彩華(竹内綾香)選手は勝利の後、同じような展開でパワーボムを喰らって3カウントを取られる、という結末がありました。


男子の卑劣なツープラトン攻撃とはいえ、ピンクカフェオレ様の作品に登場以来、「不敗」の古条選手はどうなる!?


というところで、救世主・森崎愛選手が登場

kojyou210

フランケンシュタイナーも繰り出すなど、キレのある動きで、男子コンビをリングに上げない闘志をみせ、古条選手を救った森崎選手

kojyou221

古条選手を仕留めきれなかった男子レスラーコンビ。

「今度はタッグマッチで勝負だ!」と引上げていき、この続きが「レッスルビューティスターズ MIXED Ⅳ」(ピンクカフェオレ様)に繋がっていく、というストーリーになっています。

kojyou223


古条選手のキレのある動きに、改めて素晴しい というのと、ここまで追い込まれた古条選手を観るのは初めてで、その点も良かったです。

さらにネット限定盤では、古条&森崎コンビが来る男子コンビとの対戦を控え、トレーニングを行っている映像もあり、それも含め、とてもおススメな作品だと思います



プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR