嬉しい選手のW復帰~‘AV女優界のキューティ鈴木’羽月希選手~5

アキレス腱固め&膝十字固めで、伊東選手の左足を痛めつけた羽月選手。

DDTを挟んで、2本目のお返しで足4の字固め

hazuma304

巧く決まるか、ちょっと緊張感を感じてしまいましたが、御見事
(このアングルでの足4の字固めも新鮮でした


しかし、これでギブアップする訳にいかない伊東選手、やはりというべきか引っくり返し、今度は羽月選手がピンチ。
泣きそうな表情で、痛みを表現する演技が秀逸

hazuma312


ここから伊東選手の怒涛の攻撃を受けてしまいます
エルボー&ミドルキック、そしてストンピング  もうまともに立っていられない状況の羽月選手。

そしてハイキックが一閃
ついに完全にKOされてしまいました・・・


できれば、ローリングソバットを披露してもらいたかったところでしたが、ともかく伊東選手としては、フォールして3カウントも奪えますし、他の大技を出しても大丈夫な局面。
しかし、トップレスの大先輩である羽月選手にそんな事はしません


そうでした
羽月選手は‘ラウンド毎にコスチュームを変える’とジャケットにはありましたが、大事な事を忘れておりました

彼女のリンコスは水着だけでない、、、トップレスは羽月選手の立派なリンコスなのでした

hazuma337

やっぱり羽月選手のトップレスは皆が観たいんですね。 もちろん自分もです
ちゃんと下も準備してありますね  やる気マンマン、さすがです


こうして4着目のリンコスも披露してくれ満足、羽月選手の被虐ぶりを再び堪能できて

hazuma344


乳揉みコブラツイストで感じさせてから、パワーボム
シュミット流バックブリーカーで再び揉まれてから、またしてもパワーボム

男の立場からすれば、試合終了後にフ〇ラしてくれながら、途中でパワーボムを喰らうようなもので、なんともヒドイ攻撃と感じますが、男と一緒にするなというところでしょう(笑)


勝利を確信した伊東選手、万全の体勢で逆エビ固めへ。

hazuma364

ウ~、がっちり決まりました。 もう返す力は残っていません。

hazuma366

1本目と同様に、次第に喘ぎ声のボリュームが
観念して、ギブアップするしかありません

hazuma382


久しぶりに羽月希選手をバトルリングで観れて、美乳もリンコス姿も拝めて、正直嬉しかったですね~

欲をいえば、得意技としていた「シューティング・スターロック」で2本目を取ってもらいたかったり、3本目のどこかで「コードブレイカー」も観たかったですが、相当のブランクもあった事を考えると、戻ってきてくれただけでも有難い


伊東真緒選手とは、ファイティングスタイルが違う気がしたので、果たしてスイングするのかなという懸念が少しありましたが、さすがは羽月選手


今回のスペシャル企画のみの参戦で終わりと見る向きもあるでしょうが、「またしてもトップレス・レスラーとして完全復活するのかも」という期待を胸に抱いていようと思います。



今度は、同時に復帰してくれた伊東真緒選手について、触れてみたいと思います





スポンサーサイト

嬉しい選手のW復帰~‘AV女優界のキューティ鈴木’羽月希選手~4

さらには顔騎アンクルロックを決めて、伊東選手がストレート勝ちかという展開に。

こうなれば、羽月選手の「コードブレイカー待ち」でした。

1本目に続けて、伊東選手のパワーボムが炸裂
(でも、大丈夫  キューティ鈴木選手並みの受けの強さを信じて見守る自分。)

hazuma198

思い切りマットに背中を叩きつけられ、改めて女優さんは「体が資本」と感服しましたが、ホントに素晴しいと思います

しかし、ここで伊東選手が最後の最後で、詰めの甘さ(‘お約束’)を見せてしまいます
片手で胸を押さえてスリーを狙うとは・・(なんと遠慮深い

hazuma203

自分ならば、新垣ひとみ選手がフォールされそうになったシーンの感じで馬乗りになって、両手で両乳房を揉みながらカウントを要求するかも。というか、、願望としてやりたい
(さらに贅沢を言えれば、カウント2ぐらいで、覚醒されて跳ね返して欲しい)

はたして、羽月選手は一瞬のスキを突いて、三角締めに。 (なるほど、こうきたか

ここで完全に息を吹き返した羽月選手、胴締めスリーパー。

hazuma217

さらにキャメルクラッチで締め上げた後は、(ちょっと分かりにくいですが)足を見事に開脚させたフェイスバスター
(伊東選手はしたたかにマットに顔を打ち付けてしまったので、大股を広げてくれた羽月選手の股間を拝めず?)

hazuma224

トドメは、ヘッドシザース股裂きの複合技を極めて、粘りに粘った伊東選手もついにギブアップ

これで1-1のイーブン。



3本目は両者ともブルーを基調にしたワンピトップレス

序盤は、共に足首を攻めていこうという攻防ですが、ここは伊東選手が一枚上でしょうか。
苦しい、いや本領発揮し始めてきた羽月選手

hazuma248

グラウンドでのコブラツイスト⇒足を入れ替えての卍固めに耐える羽月選手。
顔をぐいっと押されてながら、そうはさせじと頑張る。このあたりは意地の張り合い
(かつての全女であれば、「このヤロー~」 「反則だろぉ~、レフェリー」という言葉が飛び交うところなのかも)

最近、この連続技よく観られるようになってきましたが、いい傾向ですね

hazuma267

卍固めも凌いだところで、またしてもパワーボムにいこうとする伊東選手を今度は崩して、左足を狙う
アキレス腱固め、そして膝十字固めで挽回

hazuma283

伊東選手がアキレス腱固めを掛けられると、美咲結衣選手戦を思い出し、ハッとしてしまうのですが、クリーンファイトを繰り広げている羽月選手なので、今回は問題なし


再びDDTを披露した羽月選手が、足4の字固めで勝負に出ます





嬉しい選手のW復帰~‘AV女優界のキューティ鈴木’羽月希選手~3

1本目は伊東選手のサソリ固めで落としてしまった羽月選手。

まだダメージが残っている腰を押さえながら、キューティ鈴木を彷彿とさせる黄色のリンコスに着替えて2本目

手四つでしっかりと組み合いますが、おおっと、伊東選手にバックを奪われピンチ・・
両者の必死な表情に

hazuma121

さらに男子であれば、ウレシイに違いないヘッドロック&袈裟固めで攻められてしまいます。

hazuma129

(どうよ、くわえてみたら)と言わんばかりの袈裟固めでしたが、羽月選手は目もくれず、切り返してヘッドシザースに逆転。
伊東選手の髪を押さえながら、しっかりカメラにも目線をくれます、さすがプロ

hazuma136

(今年のエクストリーム準決勝でも、「あやね遥菜vs西口あられ」で西口選手が動ぜず返していましたが、これは女子同士ならではの切り返しムーブ

さらに股裂きで優位に立ち、フロントネックロックで搾り上げて、強さをアピールする羽月選手。
これまでのイメージにないような責めのシーンでしたが、伊東選手がまたしても形勢逆転


豪快なフェイスバスターから、ストンピング
伊東選手のミドルキックは、加減してもなかなかの破壊力と思いますが、あえて受けて立つ健気さが

hazuma154

キャメルクラッチを受けてピンチ
トップレスの伊東選手が受けている時は、とにかくハリのある乳房に目がしまいますが、ここではマットに接着している股間の方に・・

hazuma156

伊東選手の美乳も素晴しいし、これで両選手に汗が吹き出し、マットに滴り落ち始めたら、さらにエロさが倍増間違いなし。


非常に苦しい展開になってきましたが、どこで逆転するのか、、、
羽月選手の股間を掴んで、スープレックスかというところで、おっと 乳首に手が伸びそう?
いざとなった時のレズ攻撃、反則か

hazuma165

(もしこのまま、乳首を弄りまくられた伊東選手が、「レフェリー、反則よ」アピールしたとして、自分がレフェリーならどうしたらいいのでしょうか・・
伊東選手の右手も股間にしっかりと手が入っちゃってるけど。。 でもハイレグな羽月選手の水着の端を掴むのは難しい以上、これは必要だし

とりあえず水入りにして、互いの手がどこにどう触っているかを検証してジャッジしたい(笑)



そんな変態な妄想をしているうちに、股間に手を入れられる感触もなんのその、羽月選手が見事に切り返してワキ固めに
これはお見事

hazuma168

正直、これで決まってしまっても良かったと思う技でした。
(しかし、総合格闘ならばでも、キャットファイト的にはというか、視聴者目線では説得力がないんですね、たぶん。 ドラゴン恭子選手の時も惜しかったんですが

これで主導権を握った羽月選手が、腕ひしぎ逆十字、DDTを決めたのですが、再び腹パンチから逆転を許し、足4の字固め。
ア~、ここまできたのに

hazuma185

エロい喘ぎ声を上げ、いよいよフィニッシュ技が気になり始めました
羽月選手には、必勝パターンとしてコードブレイカーからのシューティング・スターロックがあるのですが、果たして披露されるのかな~と。。






嬉しい選手のW復帰~‘AV女優界のキューティ鈴木’羽月希選手~2

最初に、紫のアリーナ水着を着用した羽月選手へのインタービュー。


「お久しぶりです。ひさびさにバトルに帰ってきました」 オオ~っ

(なぜトップレスではないのか) 「もうトップレスは卒業しましたから。」 オオ~っ

(反バトル連盟について) 「私、しばらく休んでいたんで、なんだかよく分からないんですけど、私は私の闘い方をするだけです。」

(伊東選手はかなりの強敵ですが) 「私も強いんで大丈夫です。あと噂で聞いたんですけど、レズ攻撃に弱いとか。。
いざとなったら、レズ攻撃で攻めていきたいと思っています」

オオ~っ


なんか、、プロ野球のヒーローインタビューの時に、選手のコメントに拍手を送るファンの心境になってきましたが、クドクなってくるのでこの辺で。
それにしても、受け答えがとってもオトナですね



強敵の伊東真緒選手相手にいざ


選手コールの際、トップレス姿でずっと腕を組んだまま、「戦闘サイボーグ」キャラがブレない伊東選手に対し、ストレッチをしながら秘める闘志をみせる羽月選手。 
(伊東選手の側にいて、見つめられたらタマらない。 下半身が準備万端になってしまいそう

hazuma33

相手の良いところを引き出すのが良いプロレスラーの条件。

その意味で、とってもな羽月選手、トップレスの伊東選手へフルネルソン&コブラツイスト
いったん、首4の字固めで逆転されますが引っくり返し、キャメルクラッチも繰り出してくれます。

hazuma50

こちらはスリーパーホールド。 
さりげなく伊東選手の頭に左手を置いていますが、掛け方をよく分かってますね

hazuma52

ここで羽月選手、早くもレズ攻撃発動か
もう少し体勢がずれてくれると、膝枕にもなりそうな・・・
男子相手になら、膝枕状態で、乳首や〇〇〇を攻めてくれると、かなり有効な技となりそうです

hazuma68

しかし、ここから伊東選手の反撃

コブラツイスト返しから、キャメルクラッチ。
(トップレスの選手へのコブラツイストもアレですが、競泳水着の選手へのこの技も、このアングルからだと

hazuma80

そして、(加減していますが)ミドルキックも炸裂  さらには豪快なボディスラム
再びキックが背中に

これは効いたでしょう~  すごくイイ表情を魅せてくれます羽月選手。
(キューティ鈴木選手も同じような苦痛の表情で、ファンの心を鷲掴みにしていましたね

hazuma94

ダメージを負った羽月選手に、この試合(3本とも)一貫して使われた大技・パワーボムの連投
(しかもリプレイも連続して流れます)

3本勝負なので、本当はパワーボムだけでなく、股間鷲掴みのスープレックスや、今であればジャーマン・スープレックスなど、バリエーションを変えて欲しい(リンコスがそうであったように)ところでした。

しかし、久しぶりのリング復帰の両者に、そこまで注文をつけるのは非常に酷なリクエストといえそうです

※特にジャーマンは、見栄えは十分ですが、もともと互いに心得がないと成立しない技。
怪我防止・安全な撮影の為にも、安易な乱発は避けて欲しいと思っているので、大いに納得



トドメは伊東選手のサソリ固め。
伊東真緒選手が自信を持っているフィニッシャー。 これでエクストリーム・トーナメントを勝ち進んだのを改めて思い出しました。

hazuma104

スタンディングで掛けた方がもっと強烈だと思いますが、羽月選手の耐える演技を引き出すには、この角度がベストなのかも。

おそらく、撮影監督さんからカンペが出ていたのかもしれませんが、(まだ1本目だし、このあたりで・・)というタイミングで、いい声で鳴いてくれながら、「ア~~ ギブアップ、ギブアップっ


まずは試合勘に勝る伊東選手が先取しました。





嬉しい選手のW復帰~‘AV女優界のキューティ鈴木’羽月希選手~

年またぎの澁谷果歩選手のレビュー(というか感想記事といった方がいいか?)が終わり、自分のブログ的には、ようやく年明けといった感覚です。

ブログを訪問してくださる方への感謝、コメントやメール、拍手にも励まされながら、今年も趣味にまい進しつつ、お付き合いいただけたら有難いと思います。



自分は、MIXプロレスをメインに書かせて頂いているのですが、MIXプロレスにチャレンジしてくれた選手(女優さん)は、ほぼ例外なくファンになり、その後も女子女子の作品も予算の限り購入し、ときおり記事を書いております。

最近のMIXプロレス作品ということになれば、‘はままお’こと浜崎真緒選手、そして‘ミス・パーフェクト’二宮和香選手を真っ先に取り上げたいところなのですが、もう少々お待ちください

昨年、自分のお気に入りの両選手が、久しぶりにバトルリングに登場してくれた作品があったんです


なるべく脱線しないようにしたいのですが、バトル様の店頭イベントは毎回楽しみにしているのですが、行けるチャンスが限られているのが玉にキズ

それでも数分間であっても、DVDでしか見れない選手と会話したり、技を掛けてもらえるのは至福の時間。
さらに撮影会よりもずっと気楽に、かつ安価に参加できる貴重な体験だと思うのです


これまでの個人的な感想を言えば、明海こう選手やYUE選手、通野未帆選手、あと雨下いのり選手の神対応がヨカッタ
(もし、これらの選手とマンツーマンで接することができたら、さらに?かもしれません)



有難いことに、定期的に秋葉原にいけばイベントに参加できる環境にある中で、昨年7月に登場してくれたのが羽月希選手。

武藤つぐみ選手がエクストリーム・トーナメントで優勝した年に、同トーナメントに参戦・活躍してくれた「被虐の女王」ともいえる抜群のやられ姿を披露してくれた大女優さんです。

羽月選手を始めてバトル作品で観たのは、「羽月希のトップレスMIXプロレス」



この時にもブログで書いていましたが、プロレスのリンコスは断然‘競泳水着派’の自分にとって、トップレスマッチは興味の対象外。
にも関わらず、ググッと引き込まれてしまった選手でした。

その後、トーナメントで勝利し、いったんはトップレス卒業を果たしますが、脱がせたい勢力に何度も邪魔をされ復帰

その気持ち、とってもよく分かります。 だって羽月選手の美乳は美しい
(かのC.W.二コル氏は「森は美しい」と言っていました・・ ←すみません 全く関係ない話です



でも競泳水着(ワンピ水着)姿でプロレスする彼女を観たい

そんな想いを2年以上越しでかなえてくれるだけでなく、昨年、バトルリングで活躍した伊東真緒選手も復帰してくれたW復帰試合となれば、購入しない選択肢はありませんでした

(7月のイベント、これまで以上に参戦したかったのですが、行けずにとっても無念 それだけに尚更の想いで)



「エクストリーム エクストラマッチ vol.2 羽月希 vs 伊東真緒」(バトル様)




ラウンドごとにコスチュームが変わる3ラウンド(3本)勝負
嬉し過ぎる・・・

羽月選手のリンコス姿が3パターンも拝めます

フツーの競泳水着、アリーナの紫。 普通だけになおさら新鮮

hazuma13

お次は黄色。
実はこのリンコスを観た時に、アッ
乳首が透けてみえるコスにドキッとしながらも、かつてアイドルレスラーとして一世を風靡した、キューティ鈴木選手を思い出してしまいました。

hazuma111

キューティ鈴木選手は、非常に受けが巧く、デビューから引退までほとんど怪我らしい怪我をしなかったほどの名選手でしたが、そのやられっぷりが人気を博し、JWPの前のジャパン女子プロレス時代、よく漫画や写真週刊誌の表紙を飾り、その健康的な肉体美と笑顔の虜になったものです。

その時期に、イメージカラーの黄色と黒の競泳水着姿を披露してくれていましたが、羽月選手に同じ雰囲気を感じたんです。
う~ん、AV女優界のキューティ鈴木、と呼ばせて欲しい


そして青。
夏らしくて、プライベートではこんな水着を着るのかなという印象。

hazuma322


いかん、水着だけでなく、作品の感想も書かないと





プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR