レスラーとしての魅力が確実に増した金城真央選手!~バトル生誕祭記念マッチ~5

バックドロップに効果的な足4の字固めを決めて、普通ならばそろそろフィニッシュ、というところですが、今回の相手は、不屈のファイター・南選手。

金城選手としても、南選手のジャーマンを受け切って勝利してこそ価値が出るところですが、まだ出てこない

得意のキックで戦意喪失を狙おうとした金城選手でしたが、ことごとくキックを止められ、ついにジャーマン・スープレックスを受ける時がキタ~

maosena280

だが最初の南選手のチャレンジに対し、エルボーで抵抗してこれをブロック
結果的には、これが裏目に出たような気がします。 

おそらく南選手は、逆にスイッチが入り、「何が何でもこれで決めてやる」と闘志に火をつけてしまった可能性が大。。


いったんジャーマンを諦めた南選手に、グラウンドコブラで締め上げられる

maosena285

逆転を狙った必殺技・腕ひしぎ逆十字固めも、逆に丸め込まれてしまう
キックもそうですが、金城選手の必殺技を研究され尽くしてしまったのかもしれません

そして豪快なパワーボムを喰らってしまった

maosena294

連発されてフォールされるも、必死に返す


一気に南選手が畳み掛けるかと思われましたが、仕切り直して手四つでの力比べ。
(おっと、金城選手が息を吹き返すチャンス到来

しかし、勝利への執念は南選手の方が上回っていました。

maosena309

ニーパットを決めて、コーナーに登ろうとしたところを捕まってしまい、アルゼンチン・バックブリーカー。
これでグロッキーにしてから、ジャーマン・スープレックスでトドメを刺すというのが、南選手の勝利の方程式


やはり案の定・・・

maosena326

巧く受け身を取った金城選手ですが、ここでは3カウントを許さず。
このあたりで、たぶん「意識が飛んでいた」であろう南選手は、すぐに2発目。  ここも必死に返す金城選手

maosena339

すごい、すご~い
本職の女子レスラー並みの、見事な‘受け’を魅せてくれます。


こうなると、南選手はFG16での横山夏希戦のように、切り替えて違う技(あの時は弓矢固め)で仕留める手もあるかと思われましたが、ココは意地が上回ったのでしょう。 ついに3発目

maosena348

完璧なジャーマン3連発では、さすがの金城選手も返せない。ついにカウント3



試合後は、新垣ひとみ選手と同様に甚振られ、自分の口から負けを認めさせられる状況に。
こんな金城選手を観るのは(もちろん)初めてでした

maosena360



う~む
新垣選手の時も感じたのですが、「何もそこまで・・・」と、演出であることを承知しつつも、感情移入してしまいそうになってしまいました。

この甚振られ方が、引退を予感させるモノを感じてしまったんですよね、大丈夫か~(と思わず)


しかし、後日、金城真央選手はファンミーティングに、そして12月のBWP参戦も決まり、一安心



これまで彼女の得意技であったキック(ハイキック)、腕ひしぎ等の関節技を封じられてしまったのが敗因でしょうが、
反面、バックドロップなどの投げ技、そして見栄え抜群のドロップキックや卍固めなど、「プロレス」力がレベルアップしているのは間違いなし。

(少なくとも男子レスラーの特訓の成果ではありませんが)格闘家から「プロレスラー」へと成長を遂げている金城真央選手の、次なる挑戦を期待したいと思います





スポンサーサイト

レスラーとしての魅力が確実に増した金城真央選手!~バトル生誕祭記念マッチ~4

さあ決勝の3本目

南瀬奈選手を倒して、再びバトルのベルト争いに参戦して欲しい
それを大いに期待したいところでしたが、一度タイトルを手放すと、それはなかなか難しいものなのでしょうか
(その為の、「BATTLEの日記念MIXマッチ」出演ではなかったの? 弱点を克服したのでは
やはり‘なんちゃって’コーチの指導ではダメということか~(笑))


新垣ひとみ選手同様、南選手の執念の前に苦しめられてしまいます

キックにいくも跳ね返され・・・

maosena215

相手の攻めを凌いで、逆転に転じようとしても封じられ・・・
ここから、自分の得意技でもあるはずの三角締めに苦しむ。

maosena224

男子レスラーには効果的だった鎌固め(MIX THE BEST)で優位に立ちたいところでしたが、ここも強引にひっくり返されてしまいます

maosena231

自分の知っている金城選手は、ある意味「憎くなりそうなほど強い」選手だったのですが、1年経つと勢力図がこれだけ変わってしまうかぁ~ (だからこそ面白いともいえますが

(でもヒップは、‘レスラーとして’南選手に全然負けてません

maosena238


しかしここは2代目FG王者! このまま負けるわけにはいかない
意地を見せたバックドロップ

maosena246

もう一発ぅ

maosena249

キャットファイトの世界を変えたともいえる、あの「南瀬奈選手の戦慄のジャーマン」から、様々な選手がジャーマンやバックドロップを敢行するようになりました。


監督さんやトレーナー役のレスラーさんからレクチャーを受けるのでしょうが、やはり両者に能力がないと成立しない技です。
グラドル・AV女優さんで、この攻防はやはり素晴しいの一言

金城選手も、白いん子戦ではジャーマン・スープレックス(編集つき)を披露してくれていますが、ここではバックドロップを連発


さらに、威力満点のドロップキックを見舞ってから、足4の字固めへ。
ここで金城選手のプロレススキルが発揮されるシーンが

maosena262

4の字固めを掛けながら、ダメージを倍増させるために、、、
倒れ込みながら両手でマットを叩くっ

アクション自体は簡単ですが、プロレスを理解しているからこそではないかと

(この動作は、新垣ひとみ選手などが、よくインディアン・デスロックなどで見せていましたが、彼女は(元)リアルレスラー


他の選手では、さすがになかなか見られないな~(当たり前か)と思っていましたが、この試合では南選手も同様にやってくれています。


さりげないシーンかもしれないのですが、なんか嬉しい





レスラーとしての魅力が確実に増した金城真央選手!~バトル生誕祭記念マッチ~3

そして金城真央選手の最近の魅力の一つが、リングに出ての攻防

本当は、完全にリングから降りて、エプロン部分に相手の頭をぶつけてみたり、やり合って欲しいのですが、このリングではどうもスペース的に無理なようですが、できる範囲での最高のパフォーマンス

maosena92

(ちなみに、ピンクカフェオレ・リングでは、なかなかの場外乱闘が観られます 他にも、遥めぐみvs新垣ひとみの「三冠戦」で使用したリングも良かったですね~。)


そしてこの卍固め。 
右ひじを相手の背中に当てていると、より効果テキメンに見えるんですよね~。
これでギブアップを奪ってもおかしくないかも。

maosena106

一本目は、最後にパワーボムでカウント3を奪った金城選手でした。
(この展開・フィニッシュは、新垣ひとみ戦と全く同じでしたね)



2本目は、南選手が踏ん張って勝利するのですが、ここでは金城選手の受け。
そして、フィニッシャーにジャーマンを持ってきたら、受け切れるのかが注目ポイントでした。


だがまずは、1本目の流れから、ロープに振ってのローリング・ソバット
白いん子戦での終盤に魅せてくれたフライング・ニールキックも圧巻でしたが、序盤ではやはりソバットの方がイイ。 ←さすが分かっています、金城選手


さらに、コーナーに駆け上がって、エルボードロップ

maosena134

今回は「クラシックな技のオマージュ」もテーマの一つなのでしょうか。
エルボードロップといえば、自分の世代ではアブドラー・ザ・ブッチャー。(今だと、コーナートップからの素晴しい跳躍を見せる宝城カイリ選手では?)


さてここから、スイッチが入ったか スロースターターの南選手にひたすら受けの時間帯になります。

お返しのドロップキックを受けて、ピンチ
(思わず声援を送りたくなってしまいます

maosena146

コブラツイストは、もはや‘お約束’となっているコブラ返しで意地を見せる金城選手でしたが、再び返されて、ドラゴンスリーパー。
(お互いにロングヘアーなので、髪が絡み合っているのも苦痛を表現するのにはイイ感じ 個人的にはストレートな金城派です))

maosena157

こちらは、内村りな選手の初お披露目から、江上しほ選手もタイトル戦で使用した、ロープの反動を使ったボディプレスを受け止める

maosena170

さらには、若月まりあ選手が得意とする、ロープ目つぶし攻撃を南選手が出してきます。
(まだ2本目ですが、、なんとエキサイトな
でもここは、両者の引き締まったレスラーらしいヒップ(褒め言葉です)を、と。

maosena175

さらには、ロープ際でのロメロスペシャル。
両手を掴まれているのにエスケープできず、、これでギブアップするのは相当悔しいはず。。

(頭を上下させてブレイクしたら、それはなんか違う

白いん子戦では、ロメロを披露した金城選手でしたが、自分が掛けられた事はないハズ。
心理的なダメージがあってもおかしくないですが、しかし、しっかりと受け切った金城選手!

maosena198

最後はカベルナリアで、ギブアップしましたが、受けが格段に巧くなっていると感じます

maosena206





レスラーとしての魅力が確実に増した金城真央選手!~バトル生誕祭記念マッチ~2

最近のバトル作品のトレンド、自撮り着替えシーン。

さすがに‘グラドル’金城真央選手なので、肝心の部分はカット
しかし、サービス精神旺盛なのが分かります。 FGでも多くのファンがいましたが、納得

maosena21

そしてインタビューシーンでは、豊かな顔の表情が見られます。
だいぶ場馴れしている事もあるのでしょうが、このインタビューで好感をもつ方も多いのではないでしょうか。

maosena37

これまでとインタビュー方法が少し違っていて、「あまり知らない」という南瀬奈選手のキャリアや、FGで顔を合わせているはずなのに、よく知らないとコメントしたことに対して、南選手が闘志を燃やしていることを紹介しながら進行。

共に戦ったことのあるガッキー(新垣ひとみ選手)が両者の共通点だったな~、と改めて。

金城選手は、試合前なのに、意外なほど戦々恐々としちゃてます

maosena38

最後は「優しくしてください」    今回はまた違ったキャラで挑むようです  


今回の試合の為に、、「BATTLEの日記念特別試合 金城真央 MIXファイト」(バトル様)で、男子レスラーと特訓したんじゃなかったっけ
と思いつつ・・・



南瀬奈選手との試合は、3本勝負

南選手のフィニッシャーは、あまりにも有名になったジャーマン・スープレックスなので、これを受け切ることができるか
そして、金城選手がバトルのリングに本格復帰できるような、試合展開になるのか

この辺りを注目しておりました。



インタビューでは戦々恐々としていた金城選手でしたが、やはりリングで対峙するとスイッチが入るのか
「オラ~っ」と気合を入れた首投げ   う~ん全女チックで好きですね

maosena53

腕ひしぎ逆十字、そして首4の字でロープに逃れてばかりいる南選手に、「ロープばっかり、逃げてるんじゃないわよ」と凄味をきかせます

仮に、自分が金城選手と互角に渡り合える実力があって対戦していたら、「なかなかやるじゃないか」と言い返しながら、下半身は素直に反応し始めていくのかもしれません



得意のキックを何発か放った後に、すぐに南選手のドラゴンスクリュー。

「私にキックでトドメを刺そうとしてもムダ」という警告でもあったのでしょうが、自分の中では、「キックに頼っていた金城選手の新境地を観れる」と期待感が膨らみました。

maosena62

さっそく、期待に応えてもらったのが、コレ
金城選手のMIX作品の中で、自分が最も気に入っている「MIX THE BEST」でも披露してくれたミサイルキック

maosena78

違う角度からも!
MIX戦の時より、高さもあり、両足も揃っていて、ナイスキック
(ウデを確実に上げています

maosena82

そして逆エビ固めで締め上げて、早くもギブアップを狙うか?
(逆エビ固めは、金城選手のフィニッシャーであります)

maosena84

ここまで、だいぶ割愛しているシーンも多いのですが、首投げ・ドロップキック、そして逆エビ固めと、古き良き時代の全女の前座試合を彷彿とさせる、クラシックな技の数々。(1本目・序盤ならではでしょうが


またしても自分が、金城選手のデビュー戦の対戦相手だと妄想してしまうと、、
この後、ボディスラムとリバース・スープレックスも喰らって、タウンしたところを懸命に抑え込まれたら・・・、
う~ん、3カウント入れられて負けちゃいそう

「優しくしてください」と言われた女子レスラーに負けてしまうと、悔しさもひとしお?それとも半減?
人それぞれですかね?





レスラーとしての魅力が確実に増した金城真央選手!~バトル生誕祭記念マッチ~

まだ自分の頭の中では、8月のバトル生誕祭中ということで
(いや、待てよ 両選手ともに、めでたく12月のBWP興行に出場決定したから、その前フリということにしよう

8月の生誕祭記念として、怒涛の作品リリース・ラッシュがありましたが、一番のお気に入り作品について触れてみようかと・・
「金城真央南瀬奈」戦です。


まずは金城真央選手について。

第2代ファイティングガールズ王者・金城真央選手に対して、初期に感じていたことはコチラでも触れていたので、なるべく省略しようと思いますが、「格闘」美女から、「美女レスラー」へと、確実に進化を遂げていっていると感じる金城選手

当然、歳月が経てば・・・、という部分はあるでしょうが、経験を積み、「プロレス」が巧くなっている事で、自分の中では魅力がどんどん増しているんです



見た目ではっきり変わったかなと思ったのは、FG16ファイナルと、記念マッチでの、共に白いん子戦。

リンコスも昔の全女風(?)でしたが、レガースを装着しなくなっていて、「アレっ」と。。
(理想のレスラーらしくなってくれたぁ~)と嬉しくなったのを覚えています。


試合運びでいうと、無敗のチャンピオンという立場を守っていかなくてはならなかったプレッシャーから解放された?からか、売りであったキック・ハイキックを控えめにして、定番のプロレス技のレパートリーが増えていたり、逆に相手の技を巧く引き出せるようになっていたり。

maosp10



今回でいえば、負け役を巧くこなせるようになったのも魅力アップの一因かと。
(いきなりネタバレ  ま、もう殆どの方が結果を知っているのでイイですよね


やはりプロレスは「受けの美学」ですし、特にキャットファイトだと、人気者にむしろ負け役を、というぐらいですから(たぶん)。




さらに言うと、今回の試合でのリンコスが、赤黒なのですが、これがよく似合っていて、素晴らしい

maosena24



対戦相手の南瀬奈選手については次回触れさせて頂くとして、まずは金城真央選手について感じた部分を中心に



「BATTLE生誕祭 スペシャル2DAYS開催記念スペシャルマッチ 金城真央vs南瀬奈」(バトル様)より





プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR