記憶に残る天才レスラー・内村りな選手 4

今回は、自分(shuuji)が受けの場面で、どんな技を掛けてほしいか
内村りな選手に負けてしまうシーンの妄想

彼女の得意技の一つにキック(ハイキック、ローリングソバット、相手に椅子を持たせてからのヴァンダミネイター)がありますが、アレは痛そうなので今回はパス



まずは必殺技として多用された、倒立式のボディプレス
ロープに向かって倒立し、両足をロープに預けてタメを作って、全身を相手に叩きつける。

rinasp22

これは以前、コメントした事があるような気がしますが、以前、女子プロレス団体・スターダムにも参戦していたサンタナ・ギャレットがフィニッシャーにしていた「シャイニング・スタープレス」に似ている感じ。
最後にバク転しないところが違いですが、本物のレスラーとは違うのですから、これだけのパフォーマンスで大満足

自分が勝手に命名できるのであれば、「シャイニング・りなプレス」

rinasp25

威力抜群なのですが、男子レスラーしかり他の女子レスラーからも、何故かカウント3を取れない。 とっても不思議
(なぜだ!無理に返さなくても  ←誰かに文句をいいたくなってしまう自分

ちなみに、通野未帆選手は、なんと片手でロープを掴んでロープブレイクに
(これはナイスでした  できれば足をロープに伸ばしてくれたらエクセレントでしたね)

せめて自分が喰らったら、しっかりと身体を押し付けてもらって、カウント3取られちゃおう



お次は視聴者にアピール度満点な、素晴し過ぎるギロチンドロップ&バク転
受け側としては戦意喪失してしまいそうな動きです。
(江上しほ選手も取り入れているみたいで、後継者ができて良かった

rinasp27

ギロチンだけでなく、鎌固めで痛めつけてからのバク転戻りというパフォーマンスもありました。
FGのようなライブ会場では、拍手喝采が起きたこと間違いなしでしょう。

rinasp28

ここから腕ひしぎ逆十字固めにいくのが流れになっていますが、これですと中盤の見せ場で終わってしまいます。
せっかくなので、この「ギロチンバク転」からの、「シャイニング・りなプレス」でフィニッシュならばどうよと今更ながら提案したくなってしまいます。



そして定番技の足4の字&首4の字固め。
足4の字固めは、相手のダメージを軽くしてあげるように、少し傾けて極めているようにみえます。
(男子レスラーから教わったのでしょうか   それでも、こちらを軽く睨み付けて、「ギブアップ?」と迫ってくれたら、思わず〇〇〇が起立しちゃいそうです

rinasp36

いずれも、全身汗ダクの終盤に掛けられたら、耐える自信なし・・・

rinasp40



逆に首4の字固めを掛けられて、引っくり返して逆襲にいきたいものの、粘られてしまう場面もどうでしょう。
それなりの締め付けで、悶絶してしまい、なんとか頭を抜きますが、一気に反撃ムードにもっていけないという。。

rinasp31


内村選手は、実に器用な選手で、魅せる技を豊富にもっているので、どれで仕留めて欲しいかは本当に迷ってしまいます。


積極的にフォールを狙ってきてくれるので、是非ともフォールはされたい
3本勝負ならば、残りは関節技でギブアップが理想なので、それであれば、あえて難易度の「リバース・ロメロスペシャル」を披露してくれたら、もう言うことなし

この技は難しいので、他の女子レスラー(キャットファイター)はほとんど使っていないのではないかと思いますが、絵的にはこんな感じ
(「広く。」様の「プ女子百景」ブログから。 イラスト本も購入させて頂きました。 愛読書の一つです)

技をかけられながら、下からじっと見つめられて、「どう、ギブ?」と言われてみたい 



未練がましいのですが、もうリング上でお目にかかれないのが非常に残念でなりません。
でも彼女が決めた道ですから。 今後の人生でも成功してほしいと願っております。

お世話になりました





スポンサーサイト

記憶に残る天才レスラー・内村りな選手 3

多くのファンの皆さんは、内村りな選手の「やられ姿」に興奮すると思うのですが(自分も勿論その1人)、一方で、強い内村選手、チャンピオンベルトを巻いた内村選手も観たかったという想いも強かったんです。

というわけで

今回は「攻めの場面で掛けたい技・攻防」を。
次回は、逆に「受けの場面で掛けてもらいたい技・攻防」、両方を取り上げてみたいと思います



まずは、(勝手にレスラー・shuujiが)攻めの場面ならば、コレ!というのを

これまでの作品で、一番興奮したのが、この「ベアハッグ」

rinasp1

パワーのある篠原ゆきの選手に抱え上げられ、かなり長い時間、悲鳴を上げながら耐える内村選手。
この表情を至近距離で観れたら、もう最高

左手をお尻に回しながら、右腕一本でこの状態をキープする篠原選手にアッパレ
(男子レスラーとの対戦でも、ベアハッグを受けるシーンがありましたが、やはり女性同士だとここまで開放的?になるのでしょうか

rinasp9

双方の股間もしっかりと密着していて、自分ならば〇〇〇のをガマンすることは無理でしょう。  
う~ん、ギブアップ (アレ、負けちゃうの



お次はナガタロックⅢでいってみましょうか。
コブラツイストでも良いのですが、内村選手はやや立ち技が苦手なような印象がしたので

rinasp4

逆に掛けられるのもイイですが、優位に立った状態で、ギブアップを迫ったり、言葉攻めなんぞ出来たら


そして、地味っぽいですが、身体を入れ替えながらの‘取っ組み合い’。

rinasp5

そういえば子供の時分には、よくクラスで気の合わない子とこんな喧嘩した事あったっけなあ・・・

rinasp6

でも相手は腕白坊主ではなく、内村りな選手ですからね。 
ゴロゴロっと身体を入れ替えて、圧し掛かってアイアンクローでも良し、腰をおろして胸元に袈裟切りチョップを浴びせて、グッタリしたところで、両肩を強引につけてフォールを狙ってみてもいいかも


内村選手が上になって攻められたら、、、(ドキドキっ

rinasp11

髪を掴んで逆襲。  こんな感じで?
(「なにすんの? ヘアー~」と抗議されても、お互い様ということで)

rinasp7

プロレスの原点は、フォール。そしてストンピングに、ドロップキック&ボディスラムだとすると、キャットファイトではこの取っ組み合いが原点の技?という気がしています。
両者の荒い息遣いを感じられたら


他には映像では見つけられなかったですが、チキンウイング・アームロックとか、ドラゴンスリーパーも繰り出せたら嬉しいだろうな~




ちなみにタッグマッチで対戦できたら、こんなワンシーンにもジワジワ、、きてしまいます。

rinasp8

パートナーがピンチになって、カットにいこうとする内村選手。
そこをフルネルソンでブロックするという、後ろの男子レスラーの役回りがなんとも。。

ここは‘お約束’で振りほどかないのは、内村選手も百も承知ですが、懸命に抵抗する仕草だけはみせてくれるでしょう。
そんな彼女を押さえつけているのは、なんかイイ・・んですねぇ。



こうしている間に、篠原選手がギブアップして勝敗が決したら、内村選手をリング外に連れていき、1対1の場外乱闘に持ち込むかなあ

そんでもって、「悔しいなら、今度はタッグでなく、シングルで俺に挑戦してみるか
なんて挑発してみるのもアリかも。


・・・これ以上妄想を広げると、収拾がつかなくなるので、今日はこの辺で





記憶に残る天才レスラー・内村りな選手 2

試合前から、視聴者を引き付ける魅力のあった内村りな選手

いずれの試合も、リンコス姿でコーナーに立っているところから始まるというのが、バトル流。

ただ、「妄想の世界」(in shuuji )では優雅にガウンを羽織って、リングインというところから始めたいところ



かつてのスーパー・ソニック・サテライツ様の作品では、真弓ナナ選手や、国見奈々選手の試合で、試合前の演出として、ガウンや道着を上に羽織って登場というシーンがありました。(他にもあるかもしれませんが、知っている限りで)


確かにすぐに脱ぎ捨ててしまうものですし、ムダといえばムダなのかもしれませんが、このちょっとした演出が堪らないと思うのですよ


バスローブでもガウンに見えないことはないし・・・と、思っていたら
さすがバトル様、考えて下さっていました


「最後の闘い!」には「おまけ」が収録されていまして(DVD版でも)、ここで両選手の着替えシーンがサービス映像として観れます
これで、ガウンを着用した内村りな選手の入場  を妄想しちゃいます。

rinaof16


そして、ゴング前には、リング中央に両者歩み寄って、睨みあい
(誰と誰って 篠原ゆきの選手と自分(shuuji)を置き換えて妄想中。 妄想は万人に与えられた幸せということで

rinafi32

内村選手とフェアプレイを誓いながら、一方では下半身の暴走を抑えなければいけません
ちょっと自信がないのですが・・

rinamiho19


ゴングが鳴ると、内村選手から「正々堂々と闘いましょうよ」と力比べを挑まれるのもイイ。

rinamiho90

互いに疲労困憊になった試合終盤に、「まだまだ、諦めないわっ! さあカモーン」という場面でもいいです。
一気に披露が吹っ飛んで、元気になってしまうことでしょう。

rinafi44


そして全力で闘って、勝敗が決した後は、しっかりと抱き合って健闘を称え合いたいですね

rinamiho358

確か、エクストリーム1回戦でも、試合後に白井まい選手に握手を求めていたシーンがあったような。。 
しかしこのトーナメントでは、美しいエンディングはないに等しいんですよね。 (エクストリームですから)

rinamiho361

例外は、武藤つぐみvsみおり舞戦ぐらいかも・・



次は、内村選手相手に「こんな技で攻めたい」 「こんな技で攻められたい」という場面を中心に、もう少し。





記憶に残る天才レスラー・内村りな選手

相変わらず、話題がタイムリーでない自分のブログ。
(その点は、もう自分で自分を諦めておりまして、、、皆様どうかご容赦を

既に引退している選手なのですが、先日、あやね遥菜選手の紹介記事を書いていたら、どうしても触れておきたくなり。。



昨年のキャットファイト界で、大旋風を巻き起こしたといっても過言なし。

華があり、抜群の身体能力。 そして、視聴者への魅せ方を非常に理解していた、クレバーな天才・元女子プロレスラー(正確には‘元プロスタイルキャットファイター’)、内村りな選手です。


残念ながらAVを引退。 あわせてキャットファイト界からも引退ということで、もうあの素晴しい選手の新作をみることは叶わなくなってしまいました。。


ファイティングガールズにも、一度は出演が決まっていたのですが、その時は交通事故の影響で欠場されたかと記憶しています。
そして、一度だけ出演してくれたFGコンタクト。 こちらは、自分の都合で駆けつけることができず。

もっと活躍してくれると(勝手に)思っていたのに・・・
まだまだチェキ会等でお会いできる機会があると(勝手に)思っていたのに・・・
なんか無性に悲しくて未練たっぷり


ということで、偉大な女子レスラー・内村りな選手を称えたいと思うのです。




女子レスラー・内村りな選手に関しては、ファンの方によって、いろいろなツボがあるようですね。
推測するに、「やられ姿が観たい」ファン層が一番多いのかもしれません。


受けに回っている時の、悲鳴・喘ぎ声のあのセクシーさは堪らないものがありました 
(それに、身体の柔軟性がハンパなく、えぐい関節技にも相当耐えられるので、その部分も大きいのかもしれません)
映像を観ずに、音声だけで聴いていても、下半身を大いに刺激してくれること間違いなしでした。


だからこそ、撮影監督も、あえて彼女に負け役になってもらう作品づくりをしていたのだろうと思っています。


あの彼女の衝撃的なデビュー作「バトル・フレッシュファイターFILES.4」

urina5

前作「3」の通野未帆選手の場合は、ストーリー上の問題で「女負け」にしていた、と思っていたので、まさかここでもとは
(逆に意外性があった分、興奮度は倍に。 グッジョブ


「エクストリーム・トーナメント2015」では、彼女の優勝を疑っていなかったのですが、よく考えれば、「エクストリーム」ですから、ヒール(狂気)を上手に演じることのできる若月まりあ選手が頂点に立つのは説得力がある、ということを、視聴して‘相当’の時間が経ってから納得できるようになりました。 

(正直な話、しばらくは 「コス剥ぎまでさせるのはどうなのか  もう引退させる気か 」と抗議したいぐらいの勢いだったですが、それはココだけの話




自分はファンの間では、ちょっと少数派なのかもしれないのですが、一度は彼女にベルトを巻いて欲しかった。
少しの間でも、その「強さ」を観せてもらいたかった派です


正統派ベビーフェイスの彼女なので、エクストリーム王者は似合わないかもしれませんが、B-1であったり、いまだに空位のままのバトル・ヘビー級王座ならば、王者として相応しいと、今でも思ってしまう。

そして、チャンピオンとして、新垣ひとみ、YUE、古条彩華、春川せせら、といった実力派の選手達と試合して欲しかった、、、


いつまでも、自分の想いを書いていてもしょうがないのですが、どうしたら記憶に強く残る名レスラーの存在を、多くの方に知ってもらえるだろうかと、勝手に考え・・・




「もし内村りな選手と試合できたら 」という(またしても夢?妄想?)の観点から、彼女の魅力を伝える努力をしてみたいと思います。



素材は、おもに
「BATTLE エクストリームトーナメント2015 準決勝第二試合」(バトル様)
時々「バトルフレッシュファイター FILES.4」(バトル様)

rinamiho15

そして、最後の出演となった「バトル正規軍VS反バトル連盟 全面戦争 三章 死闘! 内村りな 最後の闘い!」(バトル様)から。

rinafi105






「プロレスの天才」美女レスラー出現! 内村りな選手のMIXプロレス 6

見事な倒立式ボディプレス&ブレンバスター3連発にもかかわらず、カウント3が入らない
男子レスラーも諦めが悪いと思わざるを得ません

まだフィニッシュホールドがあるのかと思ったところで、、、ここでローブロー~

urina261


悶絶している内村りな選手

腹パンチにストレッチマフラー、さらに股間に頭突きを喰らってしまった
これで戦意喪失してしまったか  カンパーナで苦しむ!
  
urina290

まだまだ地獄の反撃、ロメロからカベルナリア<クロスアーム式> 
これは厳し過ぎる  もう心が折れてしまってもおかしくないでしょう

urina300

なんとか耐え凌いだ内村選手ですが、胴締めスリーパー⇒グラウンド卍固め~
(際どいリンコスではなかったですが、開脚し過ぎて、このシーンではモザイクが  柔軟性が災いか

urina313

この後、強引に起き上がらせる際に、肩紐に手がかかり、ヒヤリ(ニヤリ)のシーンもありましたが、セーフ。。

もうグロッキー状態ですが、遠慮容赦ないアルゼンチン&カナディアン・バックブリーカー
(「カナディアン~」は、男子レスラーは最初、右足を持ち上げた状態から掛けたかったようですが、内村選手の足の上がり方が素晴しく、やり直しで首を抑える形に。 相手も大変

urina338

オオぅ、、、ここまでやるか
いや、むしろ怒涛の猛攻を受け切っているのがスゴイ
「アア~!、アッ、アア~ッ」 喘ぎ声もタマリマセン

urina344

まだやるか!! 今度は物凄い逆エビ固め

urina352

どこまで耐えるか、根比べ(柔軟性のアピールタイム)

「ウッ、グゥッ・・・」
さすがに耐えきれず、ここで遂にギブアップ~~   

urina355



あと一歩のところまで相手を追い込んだ内村選手でしたが、ローブローをきっかけに悔しい逆転負け

(それにしても、身体の柔らかい選手をここまで追い込むのは、あの武藤つぐみ選手以来でしょうか。武藤選手は試合で勝利した後に、仕返しされた形)



大の字になって、本気で悔しがっているシーンもイイです
試合後のインタビューでは、「やっぱり、、、ちょっと強かったですね。もっと強くなって、絶対に今度は勝ちます」とコメントして終了。

urina365


これまでの作品では、定番となりつつある「試合では女子レスラーの勝利、その後は男子のドミネーション」というパターンが、前回の通野未帆選手から変わったのでしょうか。

同じパターンが続くと視聴者に飽きられてしまうので、この変化は歓迎ですね
本当に元が取れた作品であったと思います




通野選手は、反則攻撃でのKO負けの屈辱を、エクストリームトーナメントで晴らす、という設定に繋がっていく訳ですが、内村選手はどうなるのでしょうか。

この作品発売後に、エクストリームトーナメント1回戦に、「内村りな白井まい」が組まれ、白井まい選手もプロレスセンスにあふれる選手なので、1回戦でこの両者が当たるのはあまりに勿体無いと思ってしまいました。

しかし、いろいろ事情もあるのでしょう。
自分としては、内村りな選手が勝ち残ってくれてラッキーでした。 一気にトーナメント優勝の最有力候補に躍り出たといって良いでしょう。


そして、武藤つぐみ選手とのタイトル戦も期待したいですし、なんといっても、インタビューどおりに再び男子レスラー相手に、リベンジマッチを行って頂きたいと熱望しています


そして、11月のファイティングガールズ・コンタクトに参加決定
となると、12月の「ファイティングガールズ15」出場の可能性も濃厚・・・ですよね!

今から日程調整をしておかないと






プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR