祝・トップレス卒業! 通野未帆選手 5

あまりに豪快なチョークスラムに、だいぶ興奮しちゃいました
さすがの生駒選手も失神状態。

ですが、ここで通野選手は、10カウントKO勝利を待ってしまいます

mihoiko218

(う~ン、通野選手も当然、披露困憊なところでしょうが。。 
トドメを刺すならば、ここで「ジャスティス」なり、横山夏希戦で決めた変形鎌固めなり。又はコーナートップからのフライング・ボディプレスという手もあるかもしれません。

でも、それではファンは納得しないですよね
ここから逆転劇がないと、、、 さすが撮影監督! 分かってくれています


そして半ば‘お約束’
10カウント寸前で、まだ物足りないということで、生駒選手を強引に起き上がらせる通野選手。
ロープに追い詰めてさらにラッシュ

mihoiko223


さらには、コーナーに登って、生駒選手にパンチを浴びせます
(昔、全米のLPWAという団体で、マグニフィセント・ミミ選手と張り合っていたバンビ選手という、元気印の女子レスラーがいたのですが、その選手が得意にしていたのが、このパンチ技。

mihoiko227

リズミカルに連打するのがコツのようですが、バトルのリングで、長身の通野選手だと、また違った感じになりますね。
(それにしても、本当に攻めのバリエーションが豊富になってきているのに感心してしまう


だがこれはスキを見せることにもなる訳で、、やはりというべきか、生駒選手にローブローを喰らって逆転されていまいます。

mihoiko235

この後にボストンクラブで腰を攻めていった生駒選手が魅せてくれます
ドロップキ~ック

mihoiko245

高い運動能力が分かる打点の高さ。 
それでいて、通野選手に配慮して、思い切り胸にヒットしないように調整しているところが心憎い
新垣ひとみ選手を彷彿とさせます

さらには、ジャーマンスープレックスも披露します。
だいぶ低い位置から投げるのが生駒流 
(これだと通野選手が抵抗しようにも、肘打ちとかは無理。 その焦りが浮き出る乳首に表れていたりして

mihoiko262

綺麗に投げられる通野選手。  残念ですがここで万事休す。。

mihoiko268

生駒選手としては、ここで腰を上げて、フォールを狙いに行ってもいいところですが、もっと完膚なきまでに勝ちを奪いたかったのでしょう。

迫力満点のパワーボム3連発
そして必死に丸め込むというのではなく、「どうだ!」と言わんばかりの開脚でのカウント入れ。
(自分だったら、こんな‘大人の余裕’はないですね。 覆いかぶさることありきのパワーボムです

怒涛の連続攻撃に、さすがの通野選手も返せず、3カウント

mihoiko280

決着後に、3カウントフォールでは納得のいかない生駒選手の虐めもありますが、ここでは割愛を



当初、両者の実力・ファイティングスタイルが違うような気がして、うまくスイングするのだろうかという気持ちもありましたが、なかなかどうして。 いや~恐れ入りました



今回はまず、生駒はるな選手の能力に改めて驚き。

FGで観戦した時は、みおり舞選手と肩を並べるクラスと思っていましたが、今後も出演を続けていけば、もっと化ける可能性がありますね。

南瀬奈選手と組むと、名勝負を繰り広げる事ができると見ました。
(アレ、そういえば今宮なな選手は

mihoiko303



そして今回の主役・通野未帆選手
プロレスのスキルがさらに上がっていることに、驚かされました。
毎回、努力をしているのではと感じます。 さすが‘プロ’ですね

またイベントに、そしてリングに上がって欲しいと願う選手です

mihoiko300





スポンサーサイト

祝・トップレス卒業! 通野未帆選手 4

しかし、またもや形勢逆転。
足4の字固め&腕ひしぎ逆十字に、喘ぎ声・表情が美しい通野選手ですが、、

mihoiko185

スープレックスももらってしまい、これはピンチかというところで・・・、
おおっとぉ~、ローブローがきました

mihoiko190

最近は、どのレスラー(ベビーorヒール)ということに限らず、ローブローは定番になりつつありますね。
作品や選手にもよりますが、あまりに悶絶している時間が長すぎると、間延びしてしまうような時があるのですが、ここは程よい感じ


通野選手のスープレックス、本当に巧くなってきたと思います

mihoiko195

さらにキックと、お返しの腕ひしぎ逆十字の後には再びキャメルクラッチ。
(やはりこれをフィニッシャーとして狙ってる

さすがにそうはいきませんが、ここでサーフボードストレッチがきました
(自分が、通野選手の技で相当お気に入りなもんで

mihoiko204

しかしここに関してだけは、自分のお気に入りポイントと微妙にズレていて残念。
(やはり右足をグッと伸ばして、背中に乗せるタイプの方がイイなあ~。。 都合いい事書いてます


と思っていたら・・・
お、この動きは、、、

mihoiko207

むむっ、もしや

mihoiko208

mihoiko209

これは凄い  チョー~~ク・スラ~ム

mihoiko210

さらにもう一発

mihoiko215

これは素晴しい
技のレパートリーに、凄味を感じされるものが、スープレックスに次いで加わりました

初めてキャットファイトでこの技を観たのは、愛葉なお選手のMIX戦でしたが、掛けている側が腰を沈めている方が見栄えするように思えます。
(何度も特訓させられたのではと推測しますが、モノにしたところが流石

もちろん、さりげなく受け身を巧く取っている生駒選手もこれに貢献。


果たして、これで勝利となるか




祝・トップレス卒業! 通野未帆選手 3

早くも生駒選手が強さを見せつけてきたかというところですが、
通野未帆選手も、キャリアを積んで、実力は間違いなく上がってきています。

受け身とかも安心して見れるようになってきたように感じるのは、自分だけではないのではないでしょうか。


生駒選手の首4の字固めをひっくり返して、キャメルクラッチ
トップレス卒業マッチのフィニッシュもこの技でしたし、今回はもしかして、必殺技「ジャスティス」を封印か

mihoiko141

いやいや、代わりに、新技を披露してくれるのに違いない
期待は、もう少し先に取っておいて・・・


このアンクルホールドは、これまでも披露していましたが、‘顔騎’式ではいきません。
だが、かなり効いている!  生駒選手もリアル?パンチでエスケープを計ります。

mihoiko152

再び攻守交代
生駒選手は、基本に忠実な感じで、一つ一つの技を丁寧に決めています。

mihoiko156

こちらも地味ですが、しっかりと右足にダメージを与えようというギロチンドロップ

プロレスと違い、キャットファイトは当然ながら見栄えとかエロさ重視ですから、足にダメージを与えようとするのであれば、股裂きや椅子などを使っての反則攻撃の方が分かりやすいかも。
そういう意味では、プロレスチックな、通好みの攻めを魅せていると感じます。 

mihoiko164

この作品では、生駒選手を往年の名選手と比較しながら観ていたんです。
具体的にいうと、闘志みなぎる部分は国見奈々選手。
そして、技の精度・テクニックは新垣ひとみ選手かな、と。。

新垣選手の試合運びといえば、多かったのは序盤はハンマーロックなどで相手の腕を中心に。
そして次はストンピングなどで足を、といった具合で、攻める箇所を考えながらの攻め。

そのような攻め方も覚えていけば、今後バトルで貴重なポジションを演じることができそう。
(ストンピングで、そこまで飛躍するのかい  スミマセン、脱線し過ぎました



さらにコブラツイストで攻める生駒選手でしたが、ここは踏ん張る通野選手
ここで裏・足4の字固めがきました~
通野選手も負けていません。

mihoiko178
 
ガッチリ足をロックできていると、完璧なのですが、、、
(惜しい!! 右足を持ち上げて相手の左足首を押さえつけることができたら。 それでも、しっかりと腰が上がっていて、とってもナイス )

mihoiko180

この裏・4の字固めは、以前、牧野絵里選手がMIXタッグマッチで披露していたのですが、男子レスラーが掛けられる側だと、一瞬ドキドキしてしまうシーンです。
(自分だったら、なんとか引っくり返してから、悶絶 いや快感と闘う事になるのか 
もちろん生足で、掛けて頂きたいデス  それにしても、こんな技も習得するとは


そしてストンピングの綺麗さ。 通野選手の右に出る選手はなかなかいません。

mihoiko182

この段階では、まだまだ勝負の行方は分かりません。




祝・トップレス卒業! 通野未帆選手 2

さすがにイベント開催記念マッチとあって、相手も有力な選手をチョイスしてきます

前回は、同じくバトルの看板選手の一人・横山夏希選手。
(横山選手は、とてもリンコスが映えて、ルックス・実力も十分。 ファンの人気も高いと思います。
FGファイナルでは南選手の引き立て役になってしまった感があるので、今度は空位になっているSSSGP王座あたり獲得して欲しかったり、まだ未確定要素満載ですが、Team Wizard作品にも出てみると面白いと思う存在なのですが。。 
いずれにしても、次の出演が待ち遠しい



そして今回は、FGファイナルにも出演し、その格闘能力を発揮してみせた生駒はるな選手
(この時期にちょうどAVを引退する「みづなれい選手」という話もありましたが、スケジュールの都合でしょうか
だとしても、結果的にナイスチョイスではないでしょうか。 特に通野選手のやられシーンを楽しみにしている方にとっては



生駒選手といえば、なつめ愛莉選手に勝利した後、止めに入るレフェリーをドロップキックで気絶させるシーンもみましたが、身体のバネが本当に素晴しい  
少なくとも、ドロップキックだけでいえば、新垣ひとみ選手の後継者といってもいいのかもしれません。

この作品では、通野未帆選手のイベント記念試合ながら、華を持たせてあげるような雰囲気はありませんでしたし、実際に鑑賞してから、「生駒はるな選手の存在で、今後のバトルに新たな勢力図のオプションが増えた」と感じた方もいらっしゃるのではないかと思います。



冒頭の通野選手のトップレス卒業マッチに続いては、両者の自撮り着替えシーンとイメージ。
(横山夏希戦の時にも、この特典がありましたが、やはりイイ


まずは通野未帆選手
着替えの仕上げは、乳首対策??

mihoiko59

あらためて・・・ 通野未帆選手には競泳水着が似合う(キッパリ

mihoiko67

対する生駒選手。 こちらは、通野選手とはまた違う、なんか面白キャラを漂わせているような気がします。

mihoiko80

mihoiko90

ところが、いざリングに上がると、また違ってくるんですね~
「私が活躍するの、観たいよね」  ファイターとしてスイッチが入ってます
筋肉がバランス良くついていて、特に下半身は相当鍛えられている印象です。


これは通野選手、早くもピンチか

mihoiko103


今回は1本勝負。
どこで通野選手のジャスティスが出るのか? そして凶器攻撃は果たして
そして、生駒選手はドロップキックのほか、どんな豪快な技を出すのか。
スープレックス合戦になれば、通野選手にも勝機アリですが、、、


さあゴング

序盤は力比べから、ロープに振っての攻防
(こういう動きを、最初から観れると、期待値は自然と上がってきます

mihoiko111

これをかわして、通野選手がフェイスバスターからの首4の字固めといきますが、

mihoiko122

生駒選手、早くもテクニックがしっかりしているところを見せてくれます。
基本をしっかり教わったかのようなボストンクラブ

mihoiko128

ボディスラムで通野選手を投げ、お返しの首4の字固めで絞めていきます。




祝・トップレス卒業! 通野未帆選手

去る6月11日に、バトル店頭イベントがあり、自分のお気に入り選手の1人である、通野未帆選手が
そしてこちらも大いに気になっている、江上しほ選手が初出演

なんと悲運な事か、仕事で駆けつけることができなかったのですが、お二人の今後の活躍を。
(またイベント出てくれますように


江上しほ選手については、「エクストリーム・タイトルマッチ」でまた触れさせて頂くことにして・・・




いや~、通野未帆選手のトップレス卒業は、自分にとって凄く嬉しいニュースでした

トップレスの(というよりAV作品での)通野未帆選手がお好きな方も多いことでしょう。
しかし、あくまで自分は、競泳水着に身を包み、格好よく闘っている通野選手が大好きなんです

これほど競泳水着が似合う選手はいない とまで力説したいくらいデス。



デビューしたMIX戦では、一番似合うと思うブルー。
(ちなみに、彼女のサーフボードストレッチは、他のキャットファイターと比較してもピカイチだと思っています。 

ややネタバレになりますが、生駒はるな選手に掛けていた膝押し型?よりもやはり↓の方が・・・

stmihod1

そして、反則行為を恨み? 臨んだエクストリームトーナメント。
この赤も捨てがたい

stmihod2

ジャスティス・サーベルなる‘竹刀’を振りかざし、正義といいつつ、鉄板の反則攻撃を繰り広げる通野選手には、ツッコミどころ満載なのですが、セクシーさと相まって、魅力がさらにアップ
(このコスは競泳水着ではありませんが、往年のミミ萩原を思わせるものが

stmihod3

内村りな選手に敗れてしまったのは、ある意味想定内でしたが、まさかここでコス剥ぎまでされるとは。。
あまりにもショックだったのを覚えています
(しかし、この両者のファイトが観れたということ。 それ自体はあまりにも幸せな事でした


その後、トップレスMIX戦に挑み、トップレス卒業を目指すも敗戦

stmihod4


なんという、、、今後どうなってしまうんだ~
とても悶々としていた時に、救ってくれたのは、やはりイベント記念マッチ

設定を白紙にして、横山夏希選手との熱い戦い
この試合は、今年のマイ・ベストバウト候補に入っています これは素晴しかった

stmihod5


そして、今回 「6月11日 バトル本店店頭イベント 開催記念スペシャルマッチ vs生駒はるな」(バトル様)



生駒はるな選手との試合を、競泳水着で闘ってくれる前に、「トップレス卒業MIXマッチ」が
(試合前のガウン姿が凛々しい  競泳水着の時にも、登場シーンで是非使ってほしいと思うのは自分だけでしょうか)

stmiho1

生足もたまらないですが、とにかくピンチを凌いで・・・

stmiho24


‘ボマイェ’を決めて優勢になった通野選手。
(金城真央選手も、スペシャルMIXマッチでこの技を出していましたね。 流行る技かも


フィニッシュは、これまでの必殺技のジャスティスではなく、クラシックなキャメルクラッチ

stmiho43


めでたく勝利した通野選手、晴れて競泳水着姿で、強敵・生駒はるな選手との試合になります。



まだ試合前ですが、おめでとう! そしてありがとう! 待ってました! 通野未帆選手

stmihod6





プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR