大興奮のアメリカン女子プロレス!! シェリル・ルーサ vs リー 6

「ファイティングガールズ14」も盛況の中終了。
まだ生観戦したことがない方は是非おススメなイベントですよ

関東近郊にお住まいでない方はDVD観戦しか難しいかもしれませんが、いやぁ・・・良かった
新垣ひとみ選手も復活し、今後の日本のキャットファイト界も面白くなってきました



さて、ブログの流れをぶった切るわけにはいかないので
さあ、シェリル・ルーサ選手がヒートアップしてきて、終盤へ。

しぶとく持ち直したリー選手、ロープに振りにいく

leighs362

体を入れ替えられ、逆にロープに振られたリー選手ですが、ここで回転エビ固めに
決まるか

leighs363

アア~、しかし体勢が崩れ、抑え込めません

leighs365

たかが回転エビ固めで、抑え込める訳がないという方もいらっしゃるでしょうが、それは今の時代のこと。
自分の大好きなアメリカン女子プロレス映画、「カリフォルニア・ドールズ」では、この回転エビ固めで相手が全く返せず、勝利するシーンがあるんですよ。

一瞬の逆転技ですが、こんな技ももっと見直されてもいいような気がします。
(モチロン、じっくり関節技などで堪能されて頂いた後ですが


ここで一気に逆転したいリー選手、シェリル選手をコーナーに追い詰め、膝蹴りを見舞いますが、サポーターが気になるのか
また隙が、、、

leighs367

ああ、やっぱり・・
両足で首を挟まれてしまったリー選手、コルバタ風にマットに叩きつけてしまいます



leighs371

そして、、、これで決まっちゃうのか
足4の字固め~~

leighs376

これはムリっぽい。。 リー選手絶叫しながら耐えますが、身体をひっくり返せる雰囲気はなし。
ついに、「All right! all right!!」と叫びますが、シェリル選手、まだ許しません。

leighs381

リー選手、、無念の「I give! I give!」 と声を発したところで試合終了
(「Give up」ではなく、「I give」というというのが、アメリカ流なのでしょうか)

leighs383

苦しんでいる映像の中に、↑のほか、引き締まった太ももをジッと映しているものもありますが、カメラワーク


シェリル・ルーサ選手が、貫録を見せて勝利というところでしょうか。
(リー選手を応援していた自分は、残念でしたがとても興奮させてくれた事に感謝

勝敗が決しても、ゴングはやはり鳴りません。 シェリル選手、コーナーに登ってガッツポーズ
起き上がれないリー選手を見下ろしながら、エンド。

LEIGHS391


いや~~、とにかくとっても興奮しました
スタイル抜群の美女2人による、クラシカルな女子プロレス。 
そして選手の喘ぎ声とマットの音しかしない緊張感を演出した中で、相手が降参するまで必死にレスリングするという。。

昔、最初に観たときは、この試合だけで何度も〇〇〇がお世話になりました

またこのような試合(作品)を観たいものです




また、ブログを日頃よりご覧頂いている皆様に、ここで感謝申し上げるとともに、リクエストもお受けしておりますので、どうかよろしくお願いいたします。

(お財布の都合等もありますので、すぐにお応えするのは難しい点は、ご了承ください

リクエスト頂けるのであれば、コメントか以下のメールアドレスまで↓
shuuji486@yahoo.co.jp





スポンサーサイト

大興奮のアメリカン女子プロレス!! シェリル・ルーサ vs リー 5

ここまでは、シェリル・ルーサ選手がやや優勢に試合を進めていますが、リー選手も負けてはいません。

リー選手のボストンクラブ!
(もっと腰を落として!!と声を掛けたいところ。 効き目もそうですが、お尻が密着し合うのが
しかし、これがアメリカンスタイル、、ですかね

leighs190

さらにヘッドロックにいくリー選手でしたが、アトミックドロップ&(ちょっとぎこちない、というか危なっかしい)ブレーンバスターをもらってしまい・・

leighs195

フォールされてしまう  腰を抑えていたりー選手、これを返せず、左手で弱々しくマットを叩きます。
「OK、Give up」 なんて声を漏らしてくれたら、それはまた興奮モノ

leighs197

本来ならばこれでフィニッシュでもおかしくないのでしょうが、この試合はカウントを取るレフェリーがいませんので、そのまま試合続行


これでシェリル選手が、完全に主導権を握ったか
インディアンデスロック。

leighs203

さらにはキャメルクラッチ。ギブアップを迫られますが、なんとか堪える。

その後、腕の極め合いがありますが、スタミナを消耗してきたためか、倒されてしまったリー選手
シェリル選手、りー選手の髪を踏んづけながら両腕をひっぱり上げる

leighs224

この反則攻撃、懐かしい~
髪の傷みで「アア~!」と叫びながら、けなげにブリッジしている姿が (昔の全女とかでも観られたような。。)

ブリッジせざるを得ないのですが、その景色がまた
「何度もやって」とお願いしちゃう気持ちになってしまいます
(いけね、リー選手の応援してるんですけどね


さらにリー選手を起き上がらせたシェリル選手が、パッケージホールドで固めにいきますが、これは返す!
ここで15分経過。 Fifteen minutes gone
 


ヒートアップしていたところでしたが、水着のズレを直しながら、仕切り直し

試合直後と同じ、シェリル選手のフルネルソンからになりますが、ダウンしたリー選手の太ももの付け根に両足を突っ込んで、クレイドルでフォールの体勢に。 

leighs342

両肩を上げるのに懸命になるシーンのはずですが、カウントを取られないと、股裂き攻撃に苦しむシーンに見えます。
これはモ~、、、タマりまへん~~

leighs345

これをなんとか外し、その後のトーホールドを堪えたリー選手、少し対抗を見せますが、身だしなみも忘れていませんね

leighs355

この場面で、ストンピングを連発して、何か効果的な技を仕掛けられれば違ったのでしょうが、もう技のネタ切れ
攻めきれないリー選手に、いよいよシェリル選手、怒り爆発か
(アンタ、いい加減にしなさいよ)的な事を言っているようですが。。

leighs358




いよいよ、「ファイティングガールズ14」の興行が、明日となりました
本当は、今日までにこの試合のレビューを書き上げたかったのですが、お盆明けで仕事が山積みでして
(言い訳ですが・・

試合の感想や、当日観客を魅了した選手達のMIXファイトなどもあれば、追々ご紹介していきたいと思います。

いずれにしても、明日はくれぐれも怪我なく、素晴しいファイトを見せて頂きたい
(赤木ゆう選手と対戦する、「ミスX」選手が気になるなぁ~

皆さんも、贔屓の選手が頑張ってくれるとイイですね





大興奮のアメリカン女子プロレス!! シェリル・ルーサ vs リー 4

「ちょっと待って」というシェリルに、「やはり」油断してしまったリー選手。
案の定足をすくわれ、ダウン
(リー選手の詰めの甘さ(優しさ)がとてもイイです 仮に自分が対戦したら、こんな感じでファイトして欲しい! とつくづく思ってしまう


今度はシェリル選手の攻め
ロープに振って、ダウンを奪うと、ギロチンドロップぅ

leighs122

起き上がらせて・・・

leighs127

まずは首投げ! さらに連発しようとしたところを、リー選手が踏ん張り、ダブル・首投げ
両者ダウン。。
先に起き上がったシェリル選手がフォール

leighs141

ここも払いのけたリー選手。 仰向けになったシェリル選手に、すっかり覆いかぶさるようなボディプレス~

leighs151

これは強烈
(しかも2連発。 このまま抑え込まれたら、身動きできず「ギブアップ」しちゃうだろうな~
まず下半身が言うことを聞かない事は、間違いなしデス


しかしシェリル選手は諦めない。 
身体を入れ替えると、負けじとリー選手も、とリング内をゴロゴロと転がりながら組み伏せあい。
(これこそキャットファイトですよ  なんと素晴らしい

leighs165

この根比べはシェリル選手の勝ち。 闘争心にいよいよ火が付いたか ラフプレイも飛び出し始めます。
そして、ここで両足を揃えてのドロップキックが出ましたぁ  
リー選手、リングから落ちそう。。  これはダメージ大きいか

leighs174

(ひょっとして、場外乱闘も見られるかもと思いましたが、そこまではなし


さらにネックシザースの攻撃に、これは苦しいリー選手 (いいアングル、ウレシイ

leighs174

シェリル選手、積極的な攻めで今度はエビ固めでフォールにいくも、極まらず。

leighs184

ここで試合時間10分経過、10分経過!  Ten mitutes gone





大興奮のアメリカン女子プロレス!! シェリル・ルーサ vs リー 3

シェリル選手、リー選手の両足首&首を捕まえると、ブリッジ

leighs66

そして背中にエルボーをかまして、フォール
カウントを入れるレフェリー役がホントにいない  
(この場面で、もがいても返せない時には「ギブアップ」って言っちゃうのでしょうか・・)

leighs73


さすがにまだ序盤。 リー選手、ここはなんとか返した!

すると、お次は、リー選手の両足を広げて、ジャンプしてのギロチンドロップを両足の付け根に
(リー選手、見事な大股開きです

leighs80

さらにはトーホールドにいくシェリル選手ですが、ここは‘お約束’ 
右足で蹴り飛ばしてエスケープ

leighs85

そこで攻守交代
リー選手、シェリル選手をコーナーに振って、おおっ! 巴投げが決まった

leighs92

このあたりの技の応酬が、懐かしさを感じてタマリマセン。。
(最近の女子プロレスの、高度な大技のオンパレードにも圧倒されますが、ジワジワとダメージを与えていくレスリング、好きですね
さらにエルボースタンプ、ストンピングで攻めるリー選手。

ここで一息、ニーパットを直しながら仕切り直しのようです

leighs105

アレ、シェリル選手が「ちょっと待って」と懇願しています。 
(リー選手、ここは畳み掛けるチャンスですよ~~

leighs110





大興奮のアメリカン女子プロレス!! シェリル・ルーサ vs リー 2

さあ試合開始! 
ちなみに自分は、東洋系な雰囲気でスタイル抜群・リー選手を応援 しながらの観戦

組み合ってから、まずはフルネルソンで捕らえるシェリル選手

leighs12

そして首投げからサーフボード。 
このあたりの展開は、‘昭和のプロレス’的な展開で好きですね
(基本技をしっかりと繰り出して、相手のスタミナをジワジワと消耗させていく。逆に新鮮

leighs17

ここはリー選手が首投げでお返し。  ここでおおっと 早くもラフプレイに
シェリル選手の顔をロープにこすり付けて目つぶし

leighs25

そしていきなり大技、ブロドッキング・ヘッドロックをお見舞い 
変形サーフボードで、さらに攻めていきます。
(立っている状態で攻めるのがアメリカ流? 腰よりも腕に効きそう・・

leighs42

ちょっとしんどいか リー選手、技を解くとキック。 シェリル選手はロープに逃れますがあまり深追いしません。
(日本選手ならば、ストンピングとかで追い討ちをしそうなところ)


すると、やはり捕まってしまった
ヘッドロック(両者の引き締まったヒップがイイですねぇ~

leighs50

そのまま倒して、搾り上げていく 
(リー選手、両足を跳ね上げて返すのは難しいか でも観ている方はコチラの方が

leighs56

シェリル選手が今度はバックを奪って、リー選手を攻めています

leighs63





プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR