嬉しい選手のW復帰~‘AV女優界のマグニフィセント・ミミ’伊東真緒選手~2

今度は伊東選手の攻めのシーンを。

このダイナミックなストンピングは相変わらず健在

ストンピングのフォームで、その選手の力量・演技力が分かるといっても過言ではないほどです。
羽月選手のようなご無沙汰選手には、あまり強く当てられないところですが、当てる瞬間に力を抜く加減が巧い

hazuma150

勝利を決定的にしたハイキック
プロレスの受けに慣れていない羽月選手に対して、やりづらかったでしょうが、これは足も高く上がっていて、いい演技

hazuma334


もちろん、1本目のフィニッシュのサソリ固めも
足を交差させながら、乳房があたってる、あたってます

(もう少し技を極めるのに手間取って、その間に、羽月選手が足で乳房にバイブ攻撃を仕掛けることができたら、腰から崩れ落ちちゃうのでしょうか。。 このシーンではあり得なかったでしょうが、そんなミラクルあったら面白い

hazuma101

そして、この試合では多用していたパワーボム
今後はこの技が彼女の必殺技になっていくのでしょうか

(ペディグリーやツームストン・パイルドライバーも、伊東選手には合っている技だと思うのあります、テヘ

hazuma96

豪快なボディスラムもでしたね、おおッ

hazuma91

本音をいえば、あの惚れ惚れするローリング・ソバットをまた観たかった
(贅沢を言いだすとキリがない自分は、、全く


トップレスの魅力を最大限に活かした技もお見事でした

ヘッドロック。。男子レスラーであれば(少なくともshuujiは)、顔を上げたくないです
(苦しみついでに、右手で右乳を揉んでみたいけど、反則?


そのまま、「これでフィニッシュいくたー」と宣言してから、ブルドッキング・ヘッドロックで叩きつけられたら、もうフォールされちゃっても満足

※伊東真緒さんは、「がんばっていくたー(いくぞー)」という言葉をよくツイッターなどでも使っているので、よりリアル感が

hazuma124

お尻で顔面を圧迫されている羽月選手が苦しいのは当然ですが、同じように今にもイキそうな表情の伊東選手が堪らないですね。

hazuma197

関節技では、今回、足4の字固めがイチバンだったかも
長い足を器用に曲げて、うまく決めています。(特に右足のロックが

hazuma182

悲痛な表情もいいですが、相手を睨み付けながら、顔を覗き込んで、「ギブアップ?」と一瞬優しく聞かれたら、ヤバいでしょう。
もう少し堪えないとダメでも、思わずギブアップと言っちゃいそう。。

hazuma191


最終的には貫録勝ちの伊東選手。
でも、羽月選手に勝利して、コレで終わりでは寂しいな~、、う~む・・・

「バトルハンター」となったわけですから、まだまだ、バトルの有力選手、とりわけ「美巨乳」ハンターとして活躍して欲しい伊東真緒選手です

そしてカムバック・ハイレグコスチューム
カムバック・ブラジリアン水着





スポンサーサイト

嬉しい選手のW復帰~‘AV女優界のマグニフィセント・ミミ’伊東真緒選手~

やはり、BATTLEの「生誕祭」というのは、通常のトーナメントの流れとは別枠で考えられてもらえるせいか、ご無沙汰していたお気に入りのキャットファイター(女子レスラー)が登場してくれるのがイイですね

羽月希選手と同時に、またバトルリングに戻ってきてくれた伊東真緒選手。
お帰りなさい、お待ちしておりました



伊東選手は、なんといっても日本人離れした手足の長さ、スタイルが素晴しい

hazuma106

女子プロレス界では、日本人選手にはなかなかいないタイプで、貴重な欧米型のレスラーですね

現役だと、スターダムでも活躍したサンタナ・ギャレット、引退した選手では、やはりマグニフィセント・ミミをイメージしてしまいます


エクストリーム2016の決勝では、惜しくも美咲結衣選手に敗退
あらためて、大本命の選手=優勝者、にはなれないということを実感。。



でも‘戦闘サイボーグ’の呪縛は解けて、新しいイメージの伊東選手を観れると思っていたので、今回は意外といえば意外でした。

そろそろ、若月まりあ選手のようなキャラも入ると、魅力がさらに増すような気もします。
ま、、相変わらず自分の思い込みということで・・

さらに自分勝手なことをいえば、やはりハイレグのリンコス、もしくはブラジリアン水着がよく映える選手と思うので、今後は是非 



しかし、トップレス姿の伊東選手を改めて観て、、、ウウ、、美巨乳

hazuma30

トップレスの試合も悪くないな~(リンコスで覆うからこそイイと思うのに、、揺れ動いてしまう )

このナイスバディで、いろいろな技を受けてくれちゃうワケですよ、もう
キャメルクラッチも、苦しいのか気持ちイイのか

hazuma220

足4の字固めを掛けて、伊東選手の悶える姿を羽月選手の位置から観たいな

hazuma306

ヘッドシザースには腰を上げて耐えています

hazuma133

こんなリアクションをしてくれたら、ドラゴンスリーパーも羽月選手には掛けて欲しかったかも。
あと、難度の高い技ですが、「エクスタシー・レインボウ」も


イカン、バトル様の制作水準がどんどん高くなってきたせいか、リクエストしたい事が増えてきてしまっています。


※最近、Cロナ監督のツイッターで、「質問箱」が設置されているのですが、監督が一つ一つの質問に、丁寧に、誠実にお答え頂いているのに感服しています。
やはり、デキる方はこういう部分も素晴らしいのですね。

自分も爪の垢を煎じて飲むぐらいの気持ちにならないと





これぞ神試合!! エクストリームトーナメント2016(伊東真緒選手編 2)

あまりにもカッコいいソバットが決まり、これで伊東選手が優位に

パワーボムで叩きつけた後、プロレスに目の肥えたファンならば、「やるな」と唸るであろう関節技で攻めていきます。
相当、練習を重ねたのではないでしょうか。地味ながらイイ技 
試合を重ねるごとに、技のレパートリーが増えていっているだけに、またバトルのリングで観たいものです。

maoyui218

髪を掴んで、起き上がらせようとする伊東選手。
ヒットマンであったはずの伊東選手が、純粋に試合に向き合い、勝利を求めて必死な姿を見せてくれているようにも感じました。
(深読みしずぎ? 想いは人それぞれ、ということで。 個人的には何気にスゴク好きなシーンの一つ)

maoyui222

アドレナリンが出てきたのでしょうか? 細身の伊東選手ですが、美咲選手をシュミット流バックブリーカーに。

そして・・・

maoyui230

これが伊東選手のフィニッシュホールド! 善戦した原美織選手を仕留めたサソリ固め(スコーピオンデスロック)だ

これまでの展開で、何度も伊東選手の敗北が頭をよぎっていましたが、これで逆転勝利を確信したほどでした。
ですが、美咲選手が最後の執念の粘りをみせます。

maoyui236

なんとか耐えきった美咲選手に、ならばと2回目のパワーボムを敢行

普通ならば、この技で決着になるところだと思うんです。
そこが、「エキストリーム・トーナメント」の凄さ。女子レスラーの素晴しさだと感じます、ホントにアッパレ

maoyui239

フォールにはいかず、もう一発で息の根を止めに行こうとした伊東選手でしたが、これは厳しかった。
踏ん張って倒され、股間&椅子を使った反則攻撃。エロ攻撃から凶器攻撃へとスイッチ

maoyui258

フェチ的な観点から言うと、椅子を喉元に突き立てられた伊東選手が、ヒップをピクンッと反応していたところがツボでした

maoyui310

伊東選手も最後の力を振り絞って、顔騎ロックにいきますが、、返され・・・

美咲選手が、自らアンダーショーツを脱ぎ捨て、互いに全裸という条件の元での勝負を挑んだのがアキレス腱固め。

maoyui339

ん? これは「アキレス腱固め」? いや、「貝合わせ」? 「松葉崩し」?
美咲選手の怒涛のエロ攻めに、ついに伊東選手もイってしまい、ギブアップ



いや~、とにかくエロく、激しく、そして壮絶な試合でした

伊東選手が敗北するのでは?という予感の方が大きかったのは事実でしたが、それにしてもどのような展開で負けてしまうのだろう?と。

「エクストリームルールだから」、「反則攻撃に弱い伊東選手」というポイントで観ていましたが、想定をはるかに超える傑作であった事は間違いありません。


優勝した美咲結衣選手は、順当にいけば新王者・江上しほ選手とタイトルマッチを行うことになりますね。
そちらも非常に楽しみ



問題は敗れた伊東真緒選手です。
試合後のインタビューもなく、今後は不透明のまま。
(それがまた、読めないところがイイんです。 さすが名監督


自分なりに予想(妄想)してみると、ヒントは冒頭のシーンかもしれません。

試合前に、バトルの幹部から「お前もナカナカのものを持っているな。どうだお前もトップレスでやらないか」と言われ、
少し戸惑いつつも、「それが任務ならば」と回答。

maoyui4

トップレスを強要されると反バトル連盟へ、という流れがありましたが、伊東真緒選手は非常に組織に従順なところを見せてくれています。


ということは・・・

今度はトップレスマッチで復活を遂げる、という展開もあるかもしれませんね

いずれにせよ、トップレスであっても、ハイレグのリンコスであっても、なかなか出てこないスター選手だと思う伊東真緒選手。

今後もバトルのリングに上がって欲しいと痛切に思っています



次回は、その伊東真緒選手を破った美咲結衣選手の素晴しいパフォーマンスを





これぞ神試合!! エクストリームトーナメント2016(伊東真緒選手編 1)

まずは2016年、大いに虜にされてしまった伊東真緒選手。

試合の冒頭、バトル幹部の「反バトル連盟の粛清」指令に疑問を持ち始めた伊東選手。
この時点で、「あっ、ひょっとして伊東選手も寝返りか

しかし、「確実に任務を遂行します」と誓い、インタビューでも、ぶれない姿勢を貫きます。
ただ、デビュー当初の‘ヒットマン’の時よりも若干穏やかな表情で、揺れているような表情が気になります。

maoyui32

決勝戦でも、よく映える黒のハイレグコスかと思いましたが、今回はブルーの「さらに」際どいコスチューム。
試合はともかく、コスでは相手の美咲結衣選手を相当意識していたのかもしれません。


とにかく伊東選手の魅せ場はキック、ハイキック
しかしマトモに命中してしまうと、相手が(本当に)KOされてしまうので、スカされてからが実質の試合開始

しかし美咲選手は早くもダーティな面を見せ始めます。 股間に膝を・・・

maoyui54

この後は反則一辺倒ではなく、プロレスでの技の掛け合いがしばらく続きますが、今度は竹刀を持ち出してきたぁ~

maoyui96

伊東選手がこれまでに闘った2選手(桜庭うれあ、原美織両選手)はこんなヒールではなかったのに
(美咲選手の方が、よっほど粛清対象ですよね

でも、反則技を積極的に仕掛けてくる相手とほとんど対戦していない伊東選手にとっては、難しい試合だったのかもしれません。

そして推測するに、伊東選手の最大のミスは・・・

maoyui106

スリーパーで美咲選手を失神させたまでは良いのですが、荒ぶる気持ちでトップレスにさせてしまった事ではと思います
(それにしても、、ゴクッッっ

maoyui113

なにせこの試合はエクストリームマッチなので、失神したくらいでは試合終了にはなりません。
普段ならば、負けた相手に辱めを与えるためのコス剥ぎであっても、この美咲選手にとっては逆に戦闘モードにスイッチを入れてしまうことに

さきほどの竹刀を使って、仕返しをしようとする伊東選手を待ち構えていた美咲選手。
(やはり、脱がされるのを待っていましたね 頭脳プレイにしてやられてしまいました)



しかし、まだまだ優勢な伊東選手が、ロープに振ってのローリング・ソバット

maoyui125

さらには、動きに躍動感のあるストンピング 
ストンピングだけでも、どのくらいレスラーとしてのセンスを持っているか、ある程度察しがつきますが、伊東選手は最上級のランクではないかと感じます。

maoyui131


ですが、この後、逆転技といえば首4の字固めとコレ・・というコブラツイストを掛けてしまい、案の定返されてしまいます。

ここからの美咲選手の怒涛のエロ攻撃(こちらは、後日美咲結衣選手特集で)がもう、スンゴイの一言。
いつ戦意喪失になってしまっても納得(少なくとも自分は)のドラゴン(パイオツ)スリーパーで伊東選手、ピンチ

maoyui190

(男子レスラーであれば、とても正視できない画像でしょうが、伊東選手だからこそ
※Rカヴァ監督が命名していた技名があったはずでしたが、、アレ、忘れてしまいました

この場面では、伊東選手の長い足で相手の頭を蹴り上げる、得意にしているエスケープシーンが見られましたが、やや不発


桜庭選手・原選手との試合の時には、ここでインターバルで仕切り直しとなり、新たな興奮状態を巻き起こしているところ。

でも今回は、美咲選手がそうはさせまい とばかりに、手を緩めてくれません。 
美咲選手にペースを握られてしまっていました。


だが伊東選手も、任務遂行の為に、このままズルズル負けるワケにはいかない
出ました~~っ

maoyui205

ハイキックで空を切った後、油断した美咲選手へ、鋭いローリング・ソバット
本当に、伊東選手のソバット、恰好イイ、最高です





これぞ神試合!! エクストリームトーナメント2016

BWP(バトル・ワールド・プロレスリング)興行から、まだ興奮さめやらないshuujiであります(笑)

4月の第2回興行も早くも楽しみなのですが、その前に・・・



「エクストリーム・トーナメント2016」決勝を鑑賞しました

いや、すんごい ウレシすぎる という以外の言葉がなかなか見つからないほど。
プロレスとレズリングとの融合?、、、う~んやはり上手く言えない。。

とにかく是非観ていただきたい作品です。 購入して損なし


なんでこの両者が、BWPに参戦できないのだろう、というか出て欲しかったな~。。
それは第2回のお楽しみということにしよう。祈ろうではありませんか


もうかなりネタバレしてしまっているので、単刀直入に

見事優勝を飾った美咲結衣選手。 素晴しい‘テクニック’で伊東真緒選手を戦意喪失させたのはアッパレ

maoyui355


惜しくも敗れてしまった伊東真緒選手。 

MIX戦で「反則攻撃に弱い」と指摘され、トレーニングを積んでいたはずでしたが及ばず。。
若月まりあ選手対策として、椅子やロープを使った反則攻撃は予測していたでしょうが、執拗はエロ攻めは想定外だったのでしょう。

maoyui347

※トップレス・トーナメントではありません



感想記事を書き始める前に・・・

ちと昨年との比較で考えてみると、昨年は内村りな若月まりあ両選手の勝負。


Rカヴァリー監督は、最初から勝敗を決めていたとツイッターで確かコメントされていたかと思います。
内村りな選手のやられ姿が、多くのキャットファイトファンを虜にしたのは事実ですし、若月まりあ選手の狂気を演出できるにはとてもいい条件だったように、個人的には感じました。
(それでも、内村りな選手には、別のトーナメントでも一度は優勝して、ベルトを巻いて欲しかった←ちょっと未練がましい

両者の試合では、若月選手のどSな凶器・反則攻撃が見どころで、本来ならば(純粋のプロレスならば)負けないと思われた内村選手が、まさかの敗退というドラマがありました。



今回でいえば、「反バトル連盟」バトルという構図があり、若月選手は反バトルに寝返り。
決勝の相手は、その反バトルの美咲結衣選手と、反バトルを粛清する任務を負ったヒットマン・伊東真緒選手。

伊東真緒選手が優勝し、いよいよ反バトル連盟の親玉? 若月まりあ選手に挑戦するというのが、ほとんどの方が考えていたストーリーではなかったでしょうか


ただ、もちろん数々の波乱を起こし、大いにファンの期待を良い意味で裏切り続けてくれたトーナメント。
すんなりいくはずはないという確信も同時にありました。

ましてや、この決勝の前に、前回若月まりあ選手に甚振られた江上しほ選手が、決意のトップレスで王座奪取


先の全く分からない展開・・
本当によく練られている演出に、つくづく感心をしてしまいます



この作品を購入する前に、自分の中ではいくつかシナリオを(妄想で)考えていました

①伊東真緒選手が順当に勝利するが、バトルの「反バトル連盟を粛清せよ」という指示に背き、美咲結衣選手と組んで、反バトル連盟に電撃加入する。

②試合中に、‘まさかの’若月まりあ選手が乱入。 両者とも凹られてしまう。

③美咲結衣が「若月まりあ」化して、伊東真緒選手を血祭りにあげ、若月選手を挑発してタイトルマッチへ。

①>③ で、②は無いかと思ってましたが、まだまだ甘い甘い



御託を並べていると、いつまでたっても進まないので、この試合での伊東真緒選手美咲結衣選手の素晴しいファイトを、それぞれ紹介したいと思うのであります

まずは伊東真緒選手から





プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR