南瀬奈選手の魅力と今後の展開~BATTLE生誕祭記念マッチより~4

金城選手にとっては優位な展開にしたいのに、南選手の迫力とど根性ではね返され、心が折れそうな状況になってきたのではないでしょうか。

豪快なバックドロップを決めても、見事なドロップキックを放っても・・・

maosena257

FG16で、白いん子選手をギブアップさせた、プロレスの「素晴しき古典技」足4の字固めで搾り上げられても、屈する雰囲気をみせません。

maosena264

意地を見せたい金城選手のキックをブロックして、ついに満を持してジャーマンの態勢に
だが、キックをブロックされたお返しで、素直にジャーマンに応じない金城選手に、さらに闘志を燃やす

必殺技・腕ひしぎで、再度勝負をかけにきた金城選手を丸め込み、フォールにいく南選手。
(な、なんと もう潰し合いとでも言えばいいのでしょうか、、、)


そろそろ決めにきた南選手、まずはパワーボムだ

maosena292

その後、一瞬のスキを見せて逆転か? と少しだけ思わせますが、やはり狙っていたアルゼンチン・バックブリーカー
(細身の身体のどこに、そんなパワーが・・・

maosena318

新垣ひとみ選手を仕留めた時と同じ料理法で、お待ちかねのジャーマン3連発でフィニッシュ
(さらっと書いてしまいましたが、3連発ですよ、もう凄過ぎ  ここまでくると、もう受け切った金城選手に拍手してしまう

maosena324

「とどめだ~」と雄叫びを上げる姿は、まさに女子プロレスラー(褒め言葉です

maosena336

強靭な足腰が、このジャーマン・スープレックスを可能にするんですね~。
いずれ、男子レスラーにも見事に決める時がくるか
(その時こそ、新垣ひとみ選手を超える瞬間かもしれません!)

maosena345

勝負が決した後も、アドレナリンが出っ放しの南選手。

カメラマンを呼びつけて、「FGなくなっちゃったけど、ライブでやれば私が一番強い。 観客の前で闘う機会があれば是非呼んで欲しい。 もっと私の名前を覚えて欲しい」と、強気でかつ‘切実な’訴えを。

maosena362

(この試合を鑑賞した後で、バトルさんで新団体「BWP」(バトル・ワールド・プロレスリング)の立ち上げと、12月に興行決定というニュースが。 バンザ~イ
さらに、この両者が参戦という、、素晴しい




南瀬奈選手には、‘本家’BWP勢相手にも存在感を見せつけて欲しいところですが、いくつか自分なりの勝手な感想というか想いを。


なんというか・・・、南選手があまりに迫力あり過ぎ、そして強すぎるので、対戦相手の方に、より人気がつくような感じがしてしまうんです。
(美森すずか選手然り、横山夏希選手然り)

キャットファイトという性格上、当然といえば当然な感じもするんですが、なんか損している印象が。。

だからといって、急に負けブックを組んでもらって、ファンに媚びるような事はして欲しくなかったりもします。



ということで例えば
顔にペイントを施して、「実力派ヒール」として売り出してみてはどうでしょう


本家女子プロレスでいえば、バイソン木村であったり、ブル中野のようなポジションに君臨するとか。
キャットファイターでいえば、金城愛菜選手(ベビーフェイスの彩月みほ選手よりお気に入りでした)というよりも、牧野絵里選手に近い感じで。


相当、勝手な事をほざいていてゴメンナサイなのですが、人気がさらに上がるのでは
(自分なりに、結構本気です)


ベビーフェイスヒールの構図は分かりやすいし、知名度も確実
なにより、今や「ヒール=不人気」の時代ではないし~、、、


今回はココまでということで
いずれにしても、ライブでもう一度観るチャンスができて良かったです





スポンサーサイト

南瀬奈選手の魅力と今後の展開~BATTLE生誕祭記念マッチより~3

さあスイッチが入ってきたか、南選手

でもまだ2本目なので、これでも抑え目なのでしょうが、コブラ返しから、マットで手を叩いて効果の首4の字にギロチンドロップ

ここで、FG16から成長した部分も、きちんと魅せてきてくれます
まずは、ロープの反動を使った、倒立式ボディプレス

maosena168

同じくロープを利用しての目つぶし攻撃
(若月まりあ選手が始めてからでしょうか 最近はこの攻撃が多くみられますね

maosena177

さらに鎌固めから腕ひしぎ、STFと技のレパートリーが確実に増えていると感じます

maosena187

ロープが邪魔で、高く持ち上げる事ができないロメロかもですが、これだけの技を覚えるには、相当のセンスと努力が必要なハズ

maosena196

最後はカベルナリアで、金城選手からギブアップを奪った南選手
凄味を見せながらも、充実感を漂わせた表情が良い。

maosena205


このまま勢いに乗って、3本目をドミネーションに近い形で圧勝していまうのか?
それとも、もう一度ピンチに陥ってから、再度ギアを数段階アップして、不屈のど根性で勝利をもぎ取るのか?


3本目の序盤は、金城選手のキックをはね返す展開で、一瞬「はあ前者の方か・・」と思いましたが、相手が相手だけにさすがに一方的な展開にはならなかったですね。(良かった

maosena219

金城選手得意の逆エビ固め。 しかし、これで泣き叫ぶような南選手ではありません。

maosena228

鎌固めにも堪える、堪える
「なにくそ、こんなので負けてたまるか」という心の叫びが聞こえてきそうです。

maosena232

普通のキャットファイトだと、涙や涎を流しながら、今にも失神か
ギリギリまで技を受けながら(ハラハラさせてくれながら)逆転また逆転、という展開が多いような気がしますが、今回の南選手の場合は少し違う。

相手の得意技を受けながら粉砕していく、底力というか、凄味さえ感じます。





南瀬奈選手の魅力と今後の展開~BATTLE生誕祭記念マッチより~2

さあ、金城選手とはどのような闘いになったのか

金城選手といえば、デビュー当初はレガース姿でキックが売りという、かつてのドラゴン恭子選手を思い起こさせる選手ですが、FG16ではレガースを外し、‘プロレス’が数段巧くなってきた選手。

南瀬奈選手は、ジャーマン・スープレックスでキャットファイト界に衝撃を与えてくれましたが、ここいらで変化も欲しいところだなと思いながら鑑賞しておりました



ゴング直後、いきなり突進する南選手

普通は手四つの力比べで、まずは色っぽい喘ぎ声で魅せようというパターンが多い中で、やはり南選手は独特。
(まだ1本目ですが、ガッツみなぎるファイトが持ち味・南瀬奈

maosena43

しかしベテランの金城選手が巧く対処し、序盤はやや空回りで、ロープブレイクばかりのスタート。
先に金城選手が気合を入れた首投げを披露しますが、その程度でくじけることはない南選手。


攻めに転じると、まずは足4の字固め
金城選手の時にも書いたかと思いますが、ここで南選手、手でマットを叩いて、よりプロレスらしい演出をしてくれるのが嬉しい(グッジョブ

maosena64

また、意外に(失礼)受けも巧いのが南選手。
(特に喘ぎ声はナカナカのものが)  

maosena83

エロく苦しむ表情を作れるようになると、さらに魅力倍増になると思います

maosena95

髪を掻きむしるポーズはとても好きですが、足4の字固めとかだと、とてもマッチしますね。
膝十字&股裂きとかだと、金城選手の太ももを掴んで引き離そうとする演技の方が合うかも(ホント、勝手にコメントごめんなさい

maosena116

最後はパワーボムに沈み、1本目を落としてしまいますが、むしろここからが南選手の真骨頂
最初からドミネーション勝ちというのは似合わない、というのが自分の勝手な見立てです


どれだけ効果的な攻撃を加えられても、まるでゾンビのように立ち上がり、相手を根負けさせてしまう。
若月まりあ選手と違うアプローチで、相手にダメージを与えていくような印象です。

maosena138

このギロチンドロップでの両者の表情は、キャットファイトとして非常に素晴しいですね

maosena165





南瀬奈選手の魅力と今後の展開~BATTLE生誕祭記念マッチより~

 「BATTLE生誕祭 スペシャル2DAYS開催記念スペシャルマッチ 金城真央vs南瀬奈」(バトル様)より。
前回は金城真央選手について触れたので、今回は南瀬奈選手について、思うところを書いてみようと。。


おそらく、キャットファイター(かつAV女優)・南瀬奈(選手)を事前に知っていた方がどのくらいいらっしゃったのか不明ですが(大変失礼な事を。ゴメンナサイ マニアなので)、あのC.ロナ監督のツイッターで、「戦慄のジャーマン・スープレックス映像」を観て、

「あれは誰なんだ
「あんな芸術的なジャーマンを掛けられるなんて! とにもかくにも誰か知りたい、そしてまずは試合を観てみたい」と感じた方は相当いたと思います。
(自分も新垣ひとみ選手以外には、当分ジャーマンの使い手は出てこないであろうと信じ込んでいたので・・・)



その直後に開催されたFG15では、期待に応え、美森すずか選手相手に見事なジャーマン・スープレックスを決めて勝利
とてつもない新人選手が出てきたと(勝手に)どよめいた程でした。

試合のほんの一部をコチラ↓で (詳細はDVD作品でお楽しみを)

senasp3

ちなみに、対戦相手の美森選手がとてもチャーミング(試合中はSキャラを演じてましたが)で、試合中からファンに。
負け役が可哀そうに感じてしまったのと同時に、下半身も自分の気持ちを敏感に察していました


とどめのジャーマンに入る瞬間、思わず緊張でゴクッとなってしまいました。会場内もそうだったような・・

senasp6

本当に見事に決まって、カウント3 (受け切った美森選手もお見事)

senasp8



その後、新垣ひとみ選手との記念マッチ(自分の中では、事実上の「新垣ひとみ選手引退試合&南瀬奈選手への王道伝承試合)では、新垣ひとみ選手に後継者として認められ。


さらにFG16ファイナルでは、「スターレスラー」横山夏希選手を破る快進撃。

こちらもほんの一部を↓(詳細はコチラの作品でお楽しみを)

senasp29

FGは、ファンが満足する選手達を的確に選考し、ブッキングしてくれるんですよね。
美森すずか選手同様、この横山選手もお気に入りレスラーの1人です

senasp32

この試合では、弓矢固めでフィニッシュでした。

senasp34


この段階でベルトを狙えるポジションになった南選手。
いつ、FGのタイトルに挑戦するかを心待ちにしておりました。


ところが、台頭してきたタイミングが悪いとしか
(そうでもないか  12月にFGつながりで、BWP(バトル・ワールド・プロレスリング)興行に出場が決まったので



新生BWPメンバーと、旧FGメンバーの闘いになると予想されるだけに、最後にベルトを巻いたYUE選手とのマッチメイクは、恐らくないでしょう。
かといって、もうエントリー終了していまいましたが、B-1トーナメント等に今更出るのはどうか、という話にもなるでしょう。

そして、技のレパートリーは、新人選手らしさがあるものの、勝利への執念・闘志は、もう本職の女子プロレスラーそのもの。
このファイティングスタイルだと、スイングできる対戦相手が難しい。



生駒はるな選手となら、間違いなく 
(ただし、キャットファイトというジャンルを超越して、完全たる‘女子プロレス’として観ることになるかも

小泉まり(現・明海こう)選手とは、さすがにスイングしそうにないのでは。。

YUE選手とも実際はどうかな・・・というところで、その試金石ともいえる形で実現したのが、今回のvs金城真央戦かなと思ったりしたんですよね~。



相当前置きが長くなってしまいましたが、金城選手との試合での南選手を取り上げてみたいと思います。


試合前の南瀬奈選手。
スイッチが入る前は、とても気さくな感じ

maosena1

ところが、試合になると表情が一変してきます。そのギャップもまた魅力です。

maosena17





プロフィール

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR