健康的ボディ美女・水城りの選手のプロスタイルキャットファイト!仁美まどか戦 4

仁美選手の反撃の番ですが、プロレス技だけでは済まないのが、今年のB-1。

mizumado107

横向きのサーフボードを掛けながら、水城選手の股間に右足が・・
(レフェリー~! 触ってる、触ってるって

さらに仰向けになってからも、堂々と股間&乳房攻め
イキそうになってしまうピンチを打開しようと、手と足で仁美選手の股間を狙いますが、有効なダメージを与える事ができません

「なんだか楽しくなってきたわ」と仁美選手が優勢になったかというところで、これは決まった

mizumado132

前屈みになって苦しむ仁美選手に、水城選手のバックドロップ~っ

mizumado138

しっかりと腰を落として決めているので、かなりの衝撃だったのでは?

mizumado140

そしてサイドバスター (技名知らなかったのですが、ジャケットを見て)
素人的な考えですが、与えるダメージはバックドロップ級で、かつ掛ける側の表情をよく見れるので、すごくグッドな技です

mizumado146


ここでフィニッシュにいきたかったのでしょう
ロープの反動を使ってのボディプレス連発にいった水城選手でしたが、2発目はさすがに膝を立てられてブロック

苦しんでいる顔もそうですが、水城選手の肉付きが、、やっぱエロい。。

mizumado163


ここで水城選手の動きが止まり、エロ攻撃の餌食にされていってしまいます

卍固め→ドラゴンスリーパーまではフェアプレイでしたが、、、
アアッ

mizumado177

ハアッ、ハアッ・・ (自分の心の中の息遣い こうまでされちゃうともうダメ

mizumado190

「なんか濡れてきてんじゃないの?」
「どこ触ってんねん」

必死に抵抗をしようとする水城選手でしたが、もう目がトロンとしてしまい、立つのもままならない状態に。
(自分なら、もう〇〇〇は立っても、身体がいうことを聞かなくて、ドクターストップ、カン、カン、カン間違いなし)


仁美選手が、そんな水城選手を立ち上がらせて、フェイスクラッシャー。
そして、トドメは延髄切りでフォール勝ち。

mizumado209

ちゃんと片エビで抑え込んでいるところは、プロレス的ですね。ヒップを突き出すような姿勢も模範的な形

してやられてしまった感じの水城選手。これは返せないでしょう
(自分が同じ状況だったら、フォールで収めてくれて、ありがとうございますという心境)

mizumado212



とってもエロい試合でした。
でもちゃんとプロレスもしながら、チャンスを狙っては(いつの間にやら・・ではないか?) という感じでしょうか。

健康的でピチピチ若手レスラースレンダー美女レスラーの典型的な闘い。
女子プロレスではなく、これぞ「プロスタイル・キャットファイト」というものを魅せてもらったのかもしれません


仁美まどか選手は、相手を骨抜きにするのが非常に巧いな~
今回は水城選手中心の記事になりましたが、仁美選手にもスポットライトを当てて、いずれ書いてみたいと思います。


そして水城りの選手。 悩殺させて頂き、ありがとうございます
リンコスが非常に似合うボディで、運動能力も高く、理想的なキャットファイターだと感じます。

またバトル作品に出て欲しい選手ですね。

BWPにも参戦して欲しかったですが、スケジュールの都合がつかなかったのかもしれません。
関西が拠点のようなので、BWPコンタクトも難しいか・・・


いずれにせよ、プリーズ・カムバック! 水城りの選手【拡散希望】

 


スポンサーサイト

健康的ボディ美女・水城りの選手のプロスタイルキャットファイト!仁美まどか戦 3

まだまだ水城選手が若さ?を最大限に、オトナの仁美選手を攻めていきます

一旦はキャメルクラッチを掛けられてしまいますが、コブラツイストで仕返し。
(これでは分からないと思いますが、技を掛けに行くところ。。こういう絵スキなんで  試合終盤で汗が光っていたりしたらさらに

mizumado57

お返しのキャメルクラッチを掛けながら口を広げて、「こんなの嬉しいんやろ

mizumado62

お次はフォールにいくのかという感じですが、股裂き

カウント3入らないのは承知でも、相手のスタミナを奪うためにフォールにいくのも一つの策。
(というか、自分がそんなシーンを多く観たいだけ

mizumado68

そして前半で一番の大技はコレではないかと
うおっとぉ~

mizumado73

え~と、プロレス技的に近いのは、「インディアンデスロック」でしょうか。。
(この技名を探るべく、名著・「プ女子百景」(広く。様)を読み直していたら、今まで自分が思っていた、うつ伏せ状態の相手に掛けるのは「リバース・インディアンデスロック」だったということを発見 勉強になります

mizumado76

昔の全女の試合でも観られた技だったかと記憶していますが、でも水城選手の技はちょっと違い・・・ますよね

仁美選手の苦悶の表情も秀逸でしたが、是非とも自分も掛けられてみたい

エレクトしてしまったかは不明ですが、そんな仁美選手に、水城選手が股間に手を入れてのスープレックス2連発
(これはお見事

mizumado81

さらに首4の字固めで、ガッチリと足を絡めてる水城選手。

「オ〇ンコに頭当たってめっちゃ気持ちいい。なに身体むずむずさせてんの? あんたもホンマモンの変態なんちゃう」

mizumado84

言葉責め、なかなかイイ

ゆっくりと技を堪能したいところですが、今ではこの首4の字はコブラツイストに次いで、形勢逆転の定番技なので~・・・

さあ今度は受けのシーンになってきました。

mizumado88

ムッチリ、ムチムチ

mizumado95





健康的ボディ美女・水城りの選手のプロスタイルキャットファイト!仁美まどか戦 2

ようやく水城りの選手を中心に書こうと思います
(この作品紹介をするうえで、どうしても仁美まどか選手に触れずにはいられなかったんですよね~


前回、「MIXプロレス」に出演してくれた水城選手は、元気印そのものでしたが、今回は少し大人びな雰囲気も魅せてくれています

恒例の自撮り着替えシーンでは、背中を向いて堂々と肢体を見せつけないところが、なんか新鮮
自分の着用するリンコスを確認して、「お、可愛い、メッチャ可愛いです」
(確か、自分のお気に入りだった内村りな選手(引退)がFGコンタクトの時に着用していたものかと。1人で穿くの苦手と少し手こずるところもまた初々しくて良し


インタビューでは、ハニカミながらも‘パワーでは負けない’と、「めっちゃ応援してくれたら」とコメント。
応援しちゃいますよ

mizumado8

一方、仁美まどか選手。
こちらは大人の色気で、男性を虜にしてくれるレスラーです
もちろん応援しちゃいます。

mizumado15

どっちの味方だと言われると非常に難しい。(みんな応援したいからしょうがない



さあ試合開始です。
どちらが決勝に進んでも、相手が横山夏希選手であれば、セクシー対決になる事間違いなし

序盤は、まず水城選手が仕掛けていきます。
コーナーに仁美選手を飛ばして、睨みを利かせながら、「よしなさいって言ってるけど、気持ち良さそうやん」

mizumado25

仁美選手のリアクションもイイですね。
ここで早くも、パワーを生かした攻撃・ネックハンギングを披露

mizumado30

自分の知っている限りで、女子レスラーのネックハンギングを見るのは、愛葉なお選手以来かもしれません。
ベアハッグは段々珍しくなくなってきましたが、貴重です。

ここで早くも、トドメを刺そうとコーナーに登りますが、時間が早すぎるので攻守交代のタイミング。

mizumado32

案の定、膝を痛めた水城選手に、仁美選手が足4の字固めで反撃を開始

mizumado38

苦しむ表情がとてもいい水城選手
逆片エビ固めも決められてしまいます。ロープ、ロープまで頑張れ~っ

mizumado44

キックで反撃し、再び盛り返した水城選手が、ここで序盤の魅せ場(その1)
仁美選手にまたがって、馬乗りフォール。

「やめて」と恥ずかしがる仁美選手に対し、「カウントされるで。ウレシイんやろ?」

mizumado51

ヒジョ~にゆっくりとカウント2が入ったところで、仁美選手なんとかエスケープ。


なんか映像を通して、両者のフェロモンがプンプン漂ってくるのは、自分だけでしょうか






健康的ボディ美女・水城りの選手のプロスタイルキャットファイト!仁美まどか戦

前回、水城りの選手の「MIXプロレス」を紹介させて頂いたのですが、この選手は、再びバトルに呼ばれるに違いない
とは思っていました。 ただどんなタイミングだろう・・・

と思っていたところで、B-1トーナメントに登場してくれたんですよね~ 
(いやぁ~ありがたや



それにしても、B-1トーナメントも、今回でもうFIFTH(第五回)になるんですね
記念大会だからというわけではないのでしょうが、今回は(も?)豪華なメンバーが顔を揃えています。 それが何よりウレシイ

そして、なにより一回戦に、どの選手が出場するかは非常に大事なポイントかと
(このようなトーナメントでは、徐々に大物選手が登場してくる傾向にあるので

その一回戦に、水城りの選手がキャスティングされた段階で、「今回は違う」と感じたのでした。



また今トーナメントでは、技が高度化されてきた最近の「女子プロレス」から、作風を「プロスタイル・キャットファイト」に戻してきたのかなという印象もありましたね。

試合中からこれだけ反則(エロ)攻撃が入る大会も、久しぶりかもしれません。

プロも驚きの、技のオンパレードで楽しませてくれるのも有難いですが、これがキャットファイトの原点だという感じで堪能。
(まあ、勝手に書いているので、「ハア???」という方はスルーしてください、スミマセン



注目選手揃いのB-1FIFTH。
水城りの選手は、準決勝で仁美まどか選手と激突
健康的なボディが魅力の水城選手に対して、仁美まどか選手は大人の色香が漂うテクニシャン。




早くも脱線してしまう形になりますが、仁美まどか選手について、これまで紹介していなかったのにも気づき、これまた面目ない話
というわけで、最初に仁美まどか選手に触れてみようと。



最初に作品で観たのは、バトル生誕祭での「店舗イベント開催記念スペシャルマッチ YUEvs仁美まどか」(バトル様)


もちろん結果はお分かりだと思いますが、この作品を観て、仁美まどか選手にも強く惹かれたんですよね

恒例となった「自撮り着替えシーン」は、インタビューと異なり、女優(レスラー)さんの性格が出ていて(着替えだけでなく)何気にスキなのですが、このシーンですごく感じのいい選手だなあと・・・

yuemado19

レスラーとしての経験値は圧倒的にYUE選手が上ということもあり、負け役を演じてくれてるのですが、とっても応援したくなる雰囲気を持っているんです。

yuemado62

彼女のMIXプロレス作品を観たい・・・

でも、もし男子レスラーが普通に対戦(互角対戦形式)したら、おそらく骨抜きにされ、実力を出せないまま負けてしまうだろう。
そんな「男子レスラーには強い」女子レスラーの筆頭格なのではないかと思っています。

※ちなみに、ドミネーションMIX作品にも出演されてましたが、自分は苦手な分野なもので鑑賞しておらず。。。


改めてこの試合を見直しましたが、YUE選手も、デビュー当初は‘なんちゃって’レスラーかと思ってましたが、いやはや根性ありますね。
今や誰もが認める、立派なエースになりました
(すみません、恐れ入りました

yuemado155

YUE選手に実力では敵わないとみるや 凶器攻撃を駆使するところも、ダーティイメージでなく、仁美選手の健気さとして観てしまいました

yuemado98

yuemado103



仁美まどか選手の魅力を少し紹介できたところで、いよいよB-1に参りましょう(笑)


仁美選手に挑む水城りの選手です

mizumado1



 


関西弁マシンガントーク美女・水城りの選手のMIXプロレス!3

さすがに試合中は(エロレスの時間になるまでは)耐えきった男子レスラーですが、もはや戦意喪失状態に。

お次はフェイスバスター

mizusiro96

「寝てばっかりやん、早く起きて」と、さらにフルネルソンへ。

mizusiro98

全然抵抗できない相手に、今度は両腕を抱え込んで攻める水城選手。
(これは背中越しに、胸の感触を味わうことが十分可能

声を出せず、(嬉しくとも表情には出せず)ただ首を振ってギブアップを拒否するしかない男子レスラーに、「試合中やで、もっと声出して」 
(イイですね、体育会系ぽくて  ※あまり男に声出されてもというのはありますが・・)

さらにはボディシザースを掛けて、メタボ体型の相手のウエストを気遣う優しい水城選手。


ネックシザースでさらに甚振り、次はどうする
おおっと、また足を絡みつけた技を

mizusiro110

‘膝十字固め的’な股裂き&股間攻撃
完全にドミネーションに(既に)なっていますが、これが「水城りのワールド」なのでしょうか。
次から次へと、身体も言葉も休まず攻め続け、反撃するスキを与えない

mizusiro113

どれもこれも、次回もし「BWPコンタクト」が開催され、水城りの選手が参戦してくれたら、掛けて欲しい技ばかり
(ただ会場がな~、、、、立ち技限定だと難しいので、なんとかならんかな

でも、こんなスキが出来ると、手が出そうになっちゃう

mizusiro116


もうそろそろ・・というところで
首4の字固めを掛けてから、「楽にしてあげるな」と自ら身体をひっくり返して、おっとこれは「(みおり舞式)みおりロック」

mizusiro128

最近の作品傾向的に説得力のある技が出たところで、男子レスラーはギブアップ

水城選手のエロい足を絡めてのフィニッシュであれば、首4の字固めでの失神KOで十分満足でしたが、キャットファイト能力が高いところを魅せてくれました



2回戦のエロレスはどんな展開をみせるのかと期待していると、

「強そうなの見た目だけやん」
「さっきからちょこちょこさわりやがって エロ有りの勝負ならお前に負けないぞ」  

「ホンマ? エロいことしか考えてないねんな、オッサン」 (←オっ、ハッキリ言ってくれました



水城選手を押し倒した男子レスラーが、股間をまさぐり始めてからゴング

足をクラッチさせてのおっぱい攻撃はお見事だったですが、、、

mizusiro144

しかし水城選手、このままイカされる筈がありません。 この‘したり顔’で逆転。

mizusiro154

男子レスラー、このイカせ合い試合の方は意外と頑張っていましたね(笑)

終盤ピンチを迎え、立つのがやっとの状態になった水城選手、再び「プロレス」で勝負に
DDT&羨ましいボディプレス

最後は、1試合目の終盤に繰り出したコブラツイスト&手コキでフィニッシュ

mizusiro182

「エッチなら強いっていってたやん。もうこんな小さくなって、もう1回できんの?」
「もっと時間ある時に遊んであげるな


これまでの「MIXプロレス」シリーズと、少し違った構成でしたが、なかなか良かったです
じっくりエロさを出していく作品も良いと思いますが、今作はスピード感がかなりあり、水城りの選手ならでは、という印象を持ちました。

健康的な色気もいいけど、もう少しセリフを減らして、大人の色気を醸し出す水城りの選手も観たいという方は、B-1トーナメントでの彼女の試合をおススメします。

自分も既に鑑賞してますので、次に記事を書こうかと思っています





プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR