春川せせら選手のチャレンジマッチ! vs新垣ひとみ 6

ブリッジ式逆エビ固めでトドメを刺しにきた春川選手でしたが、新垣選手ギリギリのところで耐え凌ぐ

畳み掛けるように、今度は逆足4の字固めなのですが、オオぅ・・
(新垣選手はキツイのでしょうが、観ている方としては、ではなく、掛けられているのが男子レスラーならば? 違う感触で厳しいかも )

gakiharu457

以前、MIXタッグ戦で牧野絵里選手の逆足4の字固めを紹介した事がありましたが、アレはしっかり食い込み過ぎちゃって、痛そうにも見えました。。
今回の春川選手のは、股間に軽く触れるぐらいなので、自分なら‘ピクンッ!’と反応しちゃったりしそう

さらに時間をしっかりと掛けて、この逆足4の字で泣きが入る新垣選手と、追い詰める春川選手の表情を十分に堪能させてくれる演出に興奮し、もう十分に満足



いや、、イカン! ここは勝負の佳境なので、脱線は今回はノー


完全にスイッチの入った春川選手、再び足にパンチを入れてから、ダイビング・ボディプレス
さらにキャメルクラッチで甚振る。

gakiharu483

まだまだこれでは物足りないと、コブラツイストからの卍固め

gakiharu495

新垣選手は、腰攻めの代表格の技である逆エビ固めに弱いというイメージがありますし、フィニッシュシーンを拾っていくと、確かにそういうデータはあるでしょうが、この卍固めにも結構苦しめられているんです。

(受けが巧いともいえますね。 まだ脱線しますが、安藤あいか選手と組んだMIXタッグ戦でも危うかったですし、三冠戦での遥めぐみ戦では、あまりの苦しさにツバを掃出し、セコンドだったらロープを投げ込みそうな展開でした)


しかし、ここで新垣選手が覚醒 ついに眠れる獅子?を起こしてしまった春川選手。

gakiharu502

「もう私が終わりだと思ってたでしょ」  まだ力を残していた新垣選手に驚く春川選手

gakiharu507

「あなた、さっき何て言った? YUEさんに勝った? YUEさんは(BWPという)団体の為に負けただけなのよ
勘違いをしているとして、春川選手にここから怒涛のラッシュ、ラッシュ

昔の全女でよく見られたデスロック。

gakiharu516

新垣選手といえば、やはりドロップキック
(多少加減して、打点を低くしているようにも感じますが、格の違いを魅せつけるには十分
「あなた、こんなのもできないでしょ!」

gakiharu528


今回の新垣選手は、かなりラフファイトを魅せてくれます。 
両足で体重を乗せて踏み付け&馬乗りになってのチョーク、エルボー
コーナーにもたれかけさせての顔面踏みつけもエグイ


「あ~、惨め! 私は負けて強くなったのよ」

恐れおののく春川選手、この時点で勝負ありました

gakiharu561

トドメは、ジャーマン? それともお返しのブリッジ式の逆エビ固め?

いや、今回はYUE選手に負けた記憶を思い出させようとするかのように、「夏目ロック」にもうひと手間プラスした見事な複合関節技

gakiharu580

もう跳ね返す気力は残っていない春川選手。
ついに涙をこぼして、ギブアップするしかありませんでした。

gakiharu584

勝利した新垣選手は、去り際に「BWPを強くしたければ、まずはあなたが強くなりなさい!」と言い残してリングを下り、残されて春川選手がむせび泣くところで終了

gakiharu595


BWP01旗揚げ興行では、YUE選手に勝利し、早くも頂点に近づいたと思われた春川選手でしたが、02興行ではなつめ選手に苦杯。
そして今回も、新垣選手に力の差をみせつけられた形で終わってしまいました。



しかし
自分は、新垣選手は、春川選手を手荒ながら激励をしてくれたのだと思います。


「私は負けて強くなった」

という新垣選手のセリフは、今の春川選手にあてはまるのでは
プロレスは勝てばいい、という格闘技ではなく、どの相手とどんな名勝負をして、経験値を積んでいくか。
そして視聴者(観客)を虜にしていくかがとても大事と思うのです 
(ちょっと偉そうですね、スンマセン


技についても、最初に観た時から、レパートリーが増えてるだけでなく、一つ一つの技もレベルアップしてます


関節技やスープレックスなどの投げ技は、第一線の選手として相応しいレベルにまで巧くなってきているので、さらに上を目指すために

試合中に新垣選手から「こんなのも出来ないのか」と言われたドロップキック
あれを習得すれば、まず幅が広がるでしょう

他にも、彼女のスキルからして、コーナートップからのミサイルキックや、フランケンシュタイナー、スイングDDT等もこなせそうですし、そうなれば劣勢な場面でも一気に逆転できそう、、、



贅沢を言いだすとキリがありませんので、この辺りでストップ


十分、春川せせら選手の魅力を再発見できる作品でした
新垣ひとみ選手のセクシーさもマーベラス



春川選手は、きっとこれからも価値のある負けを経ながら、確実に強くなっていくだろうと確信しています。
新垣ひとみ選手のように・・


今後に期待しちゃいましょう





スポンサーサイト

春川せせら選手のチャレンジマッチ! vs新垣ひとみ 5

アルゼンチンバックブリーカーで、完全に主導権を握ったかにみえた春川選手。
スリーパーで新垣選手を落そうという勢い

そして、BWP興行をはじめ、最近のトレンド技になりつつある、「エンジェル・トーチャーホールド」で極めにきた春川選手です。

gakiharu355

この技は最初に観たのがいつか ちょっと記憶が定かでないのですが、BWP01興行で、神楽アイネ選手が掛けていましたし、逆に鶴田かな選手にトドメを刺された技でもありました。


技名は、尊敬するブロガー・TMさんのブログでも学習しましたが、「妄想女子プロレス vol.17」(スーパー・ソニック・サテライツ様)のジャケットで、図解イラスト付きで解説されてました

※脱線しますが、B-1タイトルマッチで(明海こう選手仁美まどか選手)で官能的な技が、先行してツイッターでアップされていたのですが、あれは「エクスタシー・レインボウ」という技だそうですよ

ちょっとチンプンカンプンという方は、「妄想女子プロレス」もご参考ください




いまにもタップ寸前の新垣選手でしたが、ここを凌いで形勢逆転
ドロップキック、みちのくドライバーで反撃開始。 しかし新垣選手も腰を抑えて消耗戦の様相です。

gakiharu379

さらにパワーボム2連発から、再びバク転ボディプレス
春川選手の目が虚ろになってきて、ドミネーションタイムになるのかと思いましたが、まだ時間が残っている(笑)

gakiharu400

ここから春川選手の奇跡の大逆転劇が観れるかと、期待が膨らみ、同時に「ガッキー、頑張れ」という複雑な心境。

もう少しガッキーの時間帯です。
この低い位置からのギロチンドロップ。 おそらく見かけよりも、ずっとダメージがあるガチなものに思えますね

gakiharu405

やはり効いたのか 顔を押さえて悶絶する春川選手に、あえて、リアルレスラー同士が序盤戦で掛け合うトー・ホールド。

一気に勝負をつけようというのではなく、一呼吸入れようという狙いと、「私はアクロバチックな技だけでなく、基礎もしっかりしているのよ」というメッセージという見方もできるかもしれません。(←深読みし過ぎですよね


そしてトー・ホールドの後は、サソリ固めに。

腰を落とされている間は、拳を握って力強く耐えていた春川選手ですが、徐々にアア、、落ちそう
「ギブアップ? 大丈夫ですかあ~」  

gakiharu419


しかし、ここから春川選手のどS的な‘狂気’の演技を魅せてくれます

腹にパンチを入れて新垣選手をダウンされると、ストンピング
さらに変形の足4の字固めに捕らえた


「まだまだなんだよ」 おおっと 完全にスイッチが入った春川選手。
これまでも攻めのシーンでは、強気のセリフが出ていましたが、ついにドミネーションに入らんとする声色に変化してきました

gakiharu426

すごい気迫で新垣選手の足にパンチを入れる春川選手。
この気迫を見てたら、往年のテリー・ファンク選手を思い出してしまいました (昔、ジャイアント馬場やジャンボ鶴田選手全盛の全日本プロレスで好きな外国人選手でした ←ご存じない方は、「キン肉マン」の方が分かりやすいかも?)

gakiharu434

これでもか、と足を痛めつけてから、トドメを刺しにきた春川選手
「私はこれでYUEさんに勝ったんですよ、新垣さんもですよね・・」


ということは、アレがくるのか

両足を抱え込んで、逆エビの体勢で倒れ込む、エグイ逆エビ固めを、とうとう持ってきましたっっ

gakiharu446

「ギブアップって言っていいんですよ?」

勝利を確信した表情の春川選手。
このゾクゾクするような笑顔が、彼女の攻めの最大の魅力ではないでしょうか。

gakiharu450

まだ時間が残っているような気もしましたが、技的にもフィニッシャーとして文句無しですし、新垣選手無念のギブアップ⇒春川選手の試合後の虐めがあるとしたら、このあたりで終わるのかもと思った瞬間でした。


ですが、新垣選手の底力はこんなものではなかったんですね~





春川せせら選手のチャレンジマッチ! vs新垣ひとみ 4

バックドロップ連発からペースを握りはじめた春川選手。
今度はパワーボム、これも2発

gakiharu248

この後、インディアンデスロックスリーパーの複合関節技でさらに攻めると、
ロメロスペシャルっ

gakiharu264

確実に技のレパートリーが増えていっている春川選手。 これも腰にダメージを与えるのに有効ですね
苦しみながらも、「受けてあげてるだけよ」と、余裕をアピールする新垣選手。

gakiharu268

彼女は、早乙女さゆり戦もそうでしたが、相手を引き立てるのがホントに巧い選手です。 そういえば、新垣選手がロメロを掛けられた試合って、いつ以来かな・・


馬乗りになってのチョーク攻撃を挟んで、まだまだ春川選手の腰攻めは続きます
(これはチョット羨ましい・・

gakiharu275

闘志がウリの春川選手、腰にパンチも繰り出しながら
スリーパーからサーフボード。 とてもイイ表情で攻めています

gakiharu278

弓矢固め、逆片エビ固めと、「受けてあげているだけ」にしても厳しい技が続き、悲鳴が上がる新垣選手。


そして、これは

BWP02興行で、なつめ愛莉選手に掛けていた情報有りの、変形のサーフボード?(技名不明
左足で思い切り新垣選手の右腰を踏んでいるのが、エグさを倍増させていて、見栄えのする拷問技になっています。

gakiharu293

でも、もう少し下のアングルから見ると、う~ん激しさの中にエロさもミックス、、、

gakiharu300

思わず新垣選手の手がタップしそうになり、ハッとしますが、まだこれではノーギブ。
腰を抑えている新垣選手がやはりセクシー

gakiharu306

春川選手のSっ気全開の言葉攻めと、新垣選手の強がりにも聞こえる余裕のセリフ、意地の張り合い。
キャットファイトの醍醐味を堪能させてくれる名勝負になってきました



春川選手のフェイスバスターに悶絶した新垣選手、コーナーに逃げるように転がり、いよいよピンチか
いやまだ 追い詰めて首を絞めにきた春川選手にカウンターのキックを見舞う

効果的なストンピングも当てて、逆転に成功したかと思われましたが、やや早めのタイミングでコーナーに登ってしまうのを春川選手、見逃しません


ここでアルゼンチン・バックブリーカーが出ました、またしても腰攻め

gakiharu336

軽く四股を踏むように、揺さぶるアルゼンチンは効果が相当ありそうです。
ホントにピンチになってきました新垣選手 

gakiharu341





春川せせら選手のチャレンジマッチ! vs新垣ひとみ 3

押され気味の春川選手ですが、このまま負けるわけにはいきません

チャレンジャーとして、闘志剥き出しに押し倒すと、チョーク&アイアンクローで逆襲を試みます
(キャットファイトでは、こういうシーンを観れると「アタリだな」と思ってしまいます、いい攻撃です、ナイス

gakiharu191.jpg

しかし、さほど動じない新垣選手に低空ミサイルキック
やはり腰を重点的に攻めないと活路は見いだせないのか

gakiharu194

エルボーを連打され、再び逆エビ固め。
今度は腰を十分に落とされないうちにエスケープしましたが、まだまだ新垣選手ペース。
(春川選手のヒップが、自分はお気に入りなので、チョットだけ。。)

gakiharu201

フェイスバスターをもらってしまってから、またしても新垣選手得意のドラゴンスリーパー

「春川さん、落ちちゃうよ。私これで落としたことあるのよ」と、完全に見下されてしまっています。
自分の中では、プロスタイルベストⅠでの安藤あいか戦での攻めが印象的。
FGでは失神KOも奪っていたようですね。

gakiharu208

再び低空ミサイルキックを受けて、いよいよヤバくなってきた春川選手、形勢逆転を狙ってローブロー

新垣選手の「反則よ!」というアピールもなんのその(当然ですが)、春川選手バックを取って、、、
バックドロップで投げ飛ばしてから、ブリッジする‘2段階式’?ジャーマンを連発

gakiharu221

綺麗に決まったようにみえました(特に2発目)が、さすがにこれではカウント3は取れません。
しかし新垣選手相手だからでしょうか、思い切ってチャレンジできているのではないでしょうか。

gakiharu223

これで主導権を握ることに成功した春川選手、STFで攻めていく

gakiharu230

さらに2度目の逆エビ固めで、ウイークポイントの腰を狙います。
春川せせら選手の引き締まったヒップも魅力ですが・・・

gakiharu236

今回は、どうしても新垣ひとみ選手に目がいってしまいます。
観ているこちらが、ギブアップしちゃいそう

gakiharu239





春川せせら選手のチャレンジマッチ! vs新垣ひとみ 2

しっかりと腰を落とした新垣選手の逆エビ固めに苦しむ春川選手。

gakiharu106

新垣選手の逆エビ固めの美しさは、毎度ながらお見事としかいいようがないです
本来ならば即ギブしてもおかしくない角度で決まっていますが、ギリギリで堪えられる力加減なのでしょう。
(願わくば、是非受けてみたい

春川選手、腰をおさえて必死に耐える。


さらには、倒れ込みながらのスリーパー。
右足を巧みにロックされ、開脚のまま堪えるしかない春川選手・・・
(ライブでは、一番のファンサービスですね。 是非SMS席を取れたら見たいシーン

gakiharu111

スリーパー、ボディシザースも受けたところで、パワーでシザースを外して反撃に移る春川選手。
アキレス腱固めから、腰の弱い新垣選手には効果的な逆片エビ固め

gakiharu124

これはキビシイ~ (ゴクッ

gakiharu130

ここで春川選手がブレーンバスター
しっかりと股間を掴んで豪快に。 確実にダメージを与えています

gakiharu135

連発で決めますが、そう簡単には主導権を握れない。 新垣選手にお返しされてしまいます
そして得意のバク転ボディプレスがきたぁっ
まだ試合のきまる時間ではないので、きちんと受けて、いいリアクションを見せる春川選手

gakiharu156

(実際には、そんな余裕ないかもしれませんが・・
相手が巧い新垣選手なので、安心してリアクションできるのでは 

このバク転ボディプレスを安定して決めれるのは、他に江上しほ選手鈴屋いちご選手あたりでしょうか
YUE選手も能力的に習得できそうですが、破壊力は満点でしょうね、すごいフィニッシャーに。。  
できたら、春川選手が今後得意技にしてくれるとイイな、と期待しちゃいます


早くも虚ろな目に、、、ピンチを迎えてしまった春川選手

gakiharu160

ここで新垣選手、得意の展開に。 首4の字⇒リバース・インディアンデスロックからの鎌固め。
繋ぎ技として使われる鎌固めですが、ブリッジが巧い選手が掛けると、視聴者(観客)には堪らない技ですよね

gakiharu172

(自分が昔MIXプロレスをしていた時に、この技を見事に決めてくれた女子がいて、体勢が崩れないうちに早々にギブアップした事がありますが、女子に掛けられる男子としては、今一つ肉体的に旨みがないかも
掛けられる側としてウレシイのは、白いん子選手が金城真央選手に掛けている型の方でしょうか)



容赦なく攻める新垣選手のアキレス腱固めに、苦しい春川選手 

gakiharu177

そしてこれまた見事なストンピングから、太もも裏にダメージを与える新垣選手の得意技。
(技名が分かりませんが、エビ固めにした相手に、両足ギロチンを落とすのは見栄えもしますし、受け側も良いリアクションが要求される難度の高い技ですね)

gakiharu184


試合巧者の新垣選手にピンチが続く春川選手。





プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR