史上最初の日韓戦

自分が秘かに待ち焦がれていた、韓国の「Team Wizard」と日本の「Battle」のコラボ作品がついに発売になります!!


自分は、基本的にはMIXファイトが好きなので、女子プロレスは、実はさほど・・なんですね。
(唯一、虜になったのは、「PRO-STYLE THE BEST Ⅰ」(安藤あいかvs新垣ひとみ:バトル様制作)ぐらいでしょうか。。^^;)


しかし、「Team Wizard」様のスゴイところは、他国のメーカーとコラボしようという素晴しいチャレンジ精神を持ち、それを実現させた情熱、そして心意気です。
もちろん、バトル様にとっても大きなチャレンジだったはず。

それをお互いに乗り越えて、成立した作品ですから、大いに拍手を送り、応援したいと思います。

これでさらに、キャットファイト界が活性化してくれたらいいな! と思います。

日本の女子プロレスも、自分が大好きだった「昭和」の時代は、ミミ萩原や、ナンシー久美らが活躍する一方で、外国人女子レスラーも多く来日し、「強い米国女子レスラーに、大和撫子が向かっていく!?」という構図もあり、大変興奮したものでした。

外国人選手との交流・試合というのは、プロレス人気を上げていくためには、重要な事だと感じます。

そのためには、このシリーズ作品は是非購入して、堪能するとともに、今回のコラボ成功に少しでも役に立ちたい! などと生意気な事を考えています(笑)

それにしても、韓国のルミ選手。 とっても美人ですね♪

観たら、速攻でレビュー、書いてしまうかも・・。  
そして続編も今から期待してしまいます
(続編は、東京で試合が行われるようです)



スポンサーサイト

新垣ひとみのファイト!6

フランケン・シュタイナー、さらにはドロップキックが決まり、主導権を握った新垣選手。 さらに力技でも魅せる。 
相手の両足をしっかりと抱え込んで

新垣34

決まるか~

新垣35

ガッチリと極まった逆エビ固め。  さすがに男子レスラーも苦しそうだ。
この後、インディアン・デスロック等も交えながら、確実にダメージを奪い、

新垣40

これまたグレイト  非の打ちどころのない、ボディスラムでマットに叩きつける。
そして、とどめはコーナートップに登り・・

新垣44
豪快なフライング・ボディアタック

新垣46

片エビ固めで、カウント3! 新垣選手、会心の勝利です。

新垣47


これだけのパフォーマンスのできる選手は、そうそう出てこないと思います。
今やファイティング・ガールズでも、欠かすことのできない存在。
これからも活躍して頂きたいです!



新垣ひとみのファイト!5

新垣選手、この技を受けたらさすがに・・というところで!

新垣23
ナイス  見事に返したぁ
形勢逆転した新垣選手は、これまで上半身中心の攻めだった事から、
「今度は足ね!」とストンピング!
新垣25

そして足4の字固め
新垣27
う~ん、なんかイイ
新垣26
さらには、フランケン・シュタイナーをお見舞い
新垣29
新垣30
お見事!
新垣31
さらに、お返しのドロップキックぅ これで完全に流れを自分のモノにしました。

新垣ひとみのファイト!4

苦しい展開だが、どう凌ぐのか、新垣選手!

うわ、落ちちゃう・・
新垣18

さらに新垣選手を、強引に起き上がらせると
新垣19

ぬ、ぬあんと、ドロップキックを炸裂
いちおう女の子なのにぃ・・
新垣20

とどめは、ブレーンバスター。 
この作品では、女子選手の2戦2敗となってしまうのでしょうか?
新垣22

新垣ひとみのファイト!3

最初は油断していたのか? 男子レスラー、ここから本気モード
新垣13

新垣15
首4の字は苦しいのか。 大股開きで堪えている。(視聴者のことをよく理解してくれてるなあ
しかし、さらにパンチをもらった後、アルゼンチン・バックブリーカーに!

新垣16

さらに、フィニッシュにいこうというのか、ロメロスペシャル
(画像だと分かりにくいですが、下半身でピンチの度合を・・=^_^= )

新垣17

さあ、新垣選手! どう巻き返していくのか!  

新垣ひとみのファイト!2

基本がしっかりしていて、すっかり感心していたら、今度はロープワークまで
だが、、ラリアットを喰らってしまうのか
新垣8

しかし、タックルでなんと男子レスラーを吹っ飛ばす
新垣9

さらにはコルバダで投げ飛ばす! すごい運動神経です。
新垣10

優位に立った新垣選手、男子レスラーをコーナーに飛ばしますが、、
新垣12
逆に反撃を受け、ダメージを負ってしまいます。 さあピンチ

新垣ひとみのファイト!

この作品は、「ファイティング・ガールズ」という素晴しいイベントに参加する選手の前哨戦。
「これだけ魅力ある、強い選手である」ということをPRするという趣旨の作品なので、新垣選手が勝利すること前提で、「どんなテクニックを持っているか?お手並み拝見」気分で。 
しかし、この前に出場した女子選手が負けてしまったので、まさかという展開も・・・

しかし、この新垣選手、いやはやスゴイです。 
まず、「プロレスラー」としての基本がこれほどできているとは

新垣2
ロックアップでしっかりと組み合い、
新垣3
バックの奪い合い
新垣4
腕を捕り、搾り上げる
新垣7
そして、基本技の王道・ヘッドロックも効果的に決めています。
ここまで観ただけで、ハイレベルな選手であることが分かりますよね♪

お気に入り・女子レスラー① 「新垣ひとみ」のMIXファイト!

今や「バトル」作品のエースと呼べるのではないかと思う、新垣ひとみ選手。

幼い顔立ちながら、レスリングテクニックが卓越しており、昔、某プロレス団体に所属していた事がある、という経歴にも納得です。
また、プロレスの魅せ方をよく理解できていて、負け役も厭わない。そんなところに、さらに魅力を感じさせる本物の‘女子レスラー’だと思います。

そんな新垣選手のデビュー間もない頃のファイトを紹介します。

「ファイティング・ガールズ5」の前哨戦として行われたMIXマッチからです。
(欲張りなことを言わせてもらえれば、、あまり喋りすぎない方がもっと良いかもです。。


新垣1

坪井あみかのファイト!4

驚異的な粘りをみせる、あみか選手。
さらに攻められます。 今度はパイルドライバーか
しかし、ああ、なんという・・
坪井16

万事窮すと見せかけて、、、もう一度反撃に出る
坪井17

しかし、ここで股間に強烈な一撃を喰らってしまったあ
坪井18
これで戦意を喪失してしまったか、あみか選手 
フォールをさらに跳ね返すも、、
坪井19

ロープを使って、さらに攻撃の手を緩めない男子レスラーの前に
坪井20
ついに力尽きてしまった、あみか選手。 無念のカウント3が入って敗戦。
しかし、よく粘って闘いました! ナイスファイト

坪井あみかのファイト!3

徐々に男子レスラーのペースになっていき、あみか選手苦しい!

坪井11

坪井12

だが、あみか選手も黙ってやられる訳にはいきません。 再びストレッチプラムで形勢逆転を狙う。
坪井13

追い詰めていきますが、またしても男子レスラーに息を吹き返されてしまい、ツームストンドライバー
坪井14

さすがに3カウントか! という大ピンチでしたが、ギリギリで返す、あみか選手

坪井15
素晴しい!

坪井あみかのファイト!2

序盤ペースを掴みかけたと思われた、あみか選手ですが反撃にあいます。

坪井4

逆エビに苦しい表情を浮かべている。。 ロープ! ロープに手を伸ばして

坪井7

疲れたところをフォールにくる男子ですが、これを跳ね除け、形勢逆転

坪井8

再び逆エビにもっていこうとするあみか選手ですが・・・ 

坪井9

ここで主導権を渡す訳にいかない男子レスラーが、足4の字で攻めていく。 

坪井10

(う~ん、いい光景 )

坪井あみかのファイト!

この時のあみか選手は、肉付きもよくレスラー体型で好みでした。
「バトル」様の作品で、覆面男子レスラーとの対戦です

坪井2

あみか選手は、「逆エビ固めが得意技」とコメントしていたと記憶していますが、「スタンディング・ストレッチプラム」も得意技にしています。 グイグイでてくる男子に、少し躊躇しながらも攻めていきます♪

坪井3

 坪井5

ここで、早くもフォールで抑え込みにいきますが、しかし、さすがにここは、簡単に勝負はつかず。
女子相手のようには、うまくいかないようです。
坪井6



女子選手のレベルが変わった時期は?

その昔に出ていたキャットファイト(MIXファイト)作品は、当時の需要と供給のバランス? 予算?を考えれば、制約だらけの中でガマンせざるを得ませんでした。

当然、選手となる女優さんも、ルックスと運動神経、そして一番大事と思う「プロレスへの理解度」もソレなりだったわけで・・


しかし、「プロレスラー」でない女優さんのキャットファイトの試合で、「アルゼンチン・バックブリーカー」が披露されるようになってから、格段にレベルが上がったと思うんです。

自分の知る限り、見事に「アルゼンチン」を決めることができ、さらにルックスも文句なしだった初めての女優(ここからは選手と呼ばなくては失礼 )。


それが、坪井あみか選手でした!

坪井1




Hana選手のMIXファイト

ネットサーフィンしていたら、貴重な動画を見つけたのでご紹介。
自分がミックスファイトにはまりかけた時、特に海外の作品はとても魅力的でした。

露出の多い水着にさほど?抵抗感がなく、また男子とレスリングすることに先進的だったので、いつか日本でこんな作品が観れたらと思いながら、一心不乱に画面に噛り付いていたものです。

Hana選手は、その草分け的な存在。
スタイルも抜群、強さも申し分ない選手がMarekという男子選手とファイトしています。


ルールは、おそらく「20分無制限勝負」。
フォールでカウント10()を奪うか、相手を降参させるかという事で決まるようです。
両者とも全く遠慮なく、力も互角の息詰まる試合展開が続きます。





互いに3ポイントずつを奪い合い、最後の最後に勝者が決まります。
試合後の、互いの健闘を称えあうシーンも清々しいを通り越して、官能的です。。

やはり欧州では、レスリングは、立派なスポーツとして認知されているという事なんでしょうか
それにしても、、、男子選手がウラヤマシすぎる





試合の演出について

「プロスタイルバトルNEO」シリーズ、とてもファンになって今後も大いに期待しているもんで、さらに自分にとって興奮できる演出はないかと。。。

それはレフェリーの存在。

はるか昔のレーベル等では、レフェリーはほとんど存在していなかったので、しょうがなかったのでしょうが、ここではリング外にいて、選手がフォールに入った時にはカウント、ロープに手を掛けた時には「ロープブレイク!」とコールしている。
ときおり、試合前に選手コールもしていますね。

レフェリーも「顔出し」できない、事情もあるのかもしれませんが、あえて提案を。

①まず試合前の選手コール
②選手を中央に呼んで、ボディチェックと両選手に握手を指示
 (選手が拒否しても、全然問題なし)
③試合後は、リングに上がり、勝者の手を上げて勝ち名乗り。
 (リングアナの声が入るのもまた良し)

これでだいぶ「それっぽく」なると思うのですが、どんなもんでしょうか。

桐島樹莉のMIXファイト5

強烈に決まった、樹莉選手のパワーボム!
しかし男子の意地か これをカウント2で返される。
もう、こうなると、残されたフィニッシュ技は、アレしかありません。


イケるか、樹莉選手。頑張れ桐島32

うおっ、決まったぁぁ!!桐島33
これにはさすがの男子レスラーも、堪えきれずギブアップ!!
相手の技を受け切った上で、見事な勝利を収めた樹莉選手です。

〇桐島樹莉 (25分31秒 ロメロスペシャル) 男子レスラー



試合後、両者息を荒げながらも、先に起き上がった樹莉選手が、、、
続桐島5

「リングの上には男も女もないのよ! ・・・参ったでしょ」と相手に声を掛けます。
桐島38
すばらしい好勝負だったと思います。

樹莉選手もそれを認めたのか? 対戦相手の顔を踏みつけるような「よくあるラストシーン」はなく、フラつきながらも、しっかりと自力でリングを降りていきました。
 
これでレフェリーが出てきて、樹莉ちゃんの手を上げてくれたらな
樹莉選手も笑顔を見せてくれたら、もっと良かったかも。

これまでのミックスファイトの概念を大きく変えてくれた試合でした。

桐島樹莉のMIXファイト4

男子レスラーとしては、おそらく持っている大技をほぼ使い切ったのでしょう。 
とどめのフォールにいきます。
続桐島2

ワンッ! ツー!!   だが、これも執念で返す樹莉選手。
どうしてそこまで頑張れるのか。 もう予定調和の枠は超えています

この両者の結末はどうなってしまうのか!?
続桐島3

驚異的な粘りを見せていた樹莉選手が、、
ついに股間を鷲掴みのパワーボムで勝負にいきます。

桐島30

桐島31

これで勝負あったか

桐島樹莉のMIXファイト3

普通の試合ですと、フィニッシュタイムはだいたい20分ですので、正直これで決まってしまうのか?というところですが、まだ桐島選手は根性で返します。
「こんなハズでは・・」とガッカリする男子レスラーですが、まだ攻撃の手を緩めず、

あ、樹莉選手、これはピンチ
桐島20

情け容赦ないアルゼンチン・バックブリーカーのお返し
続桐島1

背中の玉のように噴き出している汗が、闘いの激しさを物語っています。  そんな女の子に・・
桐島23

決まったぁ、ロメロスペシャル
桐島25
ここまでやるの? そして、樹莉選手はこれにも必死で耐えています

桐島樹莉のMIXファイト2

序盤から技の掛け合いが続き、とても嬉しい試合展開です。
(ぎこちなさはありますが、この当時のものとしては十分でした)

桐島選手はその後、ドラゴンスリーパーも極め、試合を優位に運びます。

そして、男子レスラーを起き上がらせて、、これは

桐島12

ロープに上らせてからの~・・

桐島14

お見事!! 「アルゼンチン・バックブリーカー」
大したものです。  ですが、残念ながらまだこの時間帯にしては大技過ぎて、フィニッシュにはなりません。

その後も股裂きで大胆に攻め、主導権を握ろうとしますが
逆に捕まって、今度はパワーボムを喰らってしまいます。
その後も、逆エビなどを極められ、息が上がっているところを、フォールされちゃいます
桐島16
ここはなんとか跳ね返します
そして、今度は桐島選手が反撃に出て、ダイビング・ギロチンドロップを決めて、男子レスラーをいよいよ本気にさせます。
「キリシマ~」と叫びあげながら気合を入れて、いよいよ手加減しないということでしょうか。

序盤に喰らったキャメルクラッチ、そして弓矢固めも繰り出してくる男子レスラー。
ここで再びフォールにいくも、桐島選手粘りで返す!
そして、ロープの反動を利用しての、ミサイルキックのお返しが出ました

これにはだいぶグロッキー状態となった男子ですが、力を振り絞ってジャイアントスイング
両者フラフラになりながら、カウント3を入れようと必死な男子レスラーのフォールを、執念で跳ね返します。
そして、股裂きで反撃。
桐島17

しかし!! これを凌いだ男子レスラーが再びパワーボム
試合時間も20分が経過したところで、これで決まりか!
桐島19

桐島樹莉のMIXファイト!

この試合は、返し技のオンパレードで一進一退の攻防で試合が進み、これまで女子が繰り出せなかったであろう技が、次々と披露されます。

まずは胸を突き合わせての力比べから始まります。
桐島2

さっそくキャメルクラッチで攻めていく桐島選手ですが、
桐島3

男子レスラーも黙ってはいません。コブラツイストで反撃。

桐島4
ナイスなアングルです
桐島5

さらに足4の字固めで苦痛の表情を浮かべていた桐島選手に、なんとミサイルキック
いいのか、こんな!
しかし、桐島選手、盛り返し、男子レスラーの股間を鷲掴みにすると、ボディプレス!
桐島7

そしてすかさずフォールにいきます♪ 
女子のプロレスは、技を掛けたらフォールが基本でしょ
(ここも、この作品が気に入っているところの一つです。)
欲をいえば、もうちょっとしっかりと抑え込みにいって欲しかった
桐島8

ここは男子レスラーも返して、徐々に白熱した展開になっていきます

MIXファイトが変わった!

過去のMIXファイトというと、「女子に勝たせてあげる」ために、作られたものばかりだったと思います。
いかに不自然でないように男子が負けてあげるか。。
(過去の作品には、正直、相当ムリがありました(>_<) 
決して制作会社の方を責めているわけでは決してありません。時代です)

普通にやれば男子が勝つのが当然。
全く意外性はないし、そんなのを作品にして売れるのか! と言われれば、実も蓋もない。
ドミネーションで、苦しむ女性を楽しむ趣向の人に好まれるかどうか。

これでは人気は出なかったですし、まだ若かりし頃の自分も、男と女が肌を合わせて闘う、というところでは興奮できても、レベルの低さに半ば諦めつつ、残念な思いをしていました。

ところが、この悶々としていた時期に、バトル様から素晴しいレーベルが出ました
それが、「プロスタイルミックス NEO」
これをきっかけに、自分の小遣いがMIXファイトDVDに消えていくようになりました。

その第一弾が、桐島樹莉選手のファイトです


桐島1

プロフィール

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR