金城愛菜選手のMIXファイト! 3

なかなか自分のリズムに持っていけない、苦しい金城選手
ローブローで悶絶してしまったところへ、右腕を攻められ、キャメルクラッチ・・・

mana64

mana67

さらには、ドラゴンスリーパー

mana70

なおも次から次へと

mana80

グラウンド卍固めに、強烈な股裂き、
おお、これはドミネーションマッチなのか  このままでは、反撃の糸口が見えなくなってきてしまいます

mana87

mana93

しか~し、やはりこれで終わる金城選手ではありません。 ローブローから反撃開始

mana96

スポンサーサイト

金城愛菜選手のMIXファイト! 2

試合序盤、まずは金城選手が果敢に攻めていきます

mana21

ネックシザースもがっちりと極まっています

mana26

しかし男子レスラーも黙っていません。 形勢逆転!

mana30

エロいナガタロック3も

mana34

うわっとと

mana38

それにしても、金城選手。 やられている時の喘ぎ声は非常に官能的。
なんで、最初に「ヒール」という設定にしたのでしょうか 

でもそれをこなせてしまうところが、彼女の素晴しいところなんでしょうね。

顔が切れてしまっている画像でも、自分には十分すぎる、この肉体と声

mana42

しかし金城選手、ここから意地の反撃に出ます
首4の字固めで攻め、引っくり返されてしまいますが・・・、 おっとなんと卑猥な
(卑猥に見えるのは自分だけかもしれません、いちおう)

mana50

必死で極めに行く腕ひしぎ逆十字!

mana55

だが、相手を立ち上がらせて、さらに攻撃を、というところで、ローブローをもらってしまう金城選手。
なかなかペースを握れません。 これは苦しい~

mana59



金城愛菜選手のMIXファイト!

少なくともあと1年は、この選手のファイトを見れないと思うと、改めて惜しい・・・

しかし、ひょっとしたら帰国後の復活  もあり得るかも。。。
という希望だけは持っていたいと思います。


金城愛菜選手のプロレスを観たのは、「史上最初の日韓戦」だったのですが、とても演技が巧いだけでなく、ヒールという設定の割には、受けに回っている時の喘ぎ声がエロくて素晴しい

そんな金城選手の、待ちに待ったMIXファイトでしたので、発売後、すぐに購入していまいました



「グラビアアイドル 金城愛菜 セクシースタイルMIX」(バトル様制作)


このシリーズの1作目は、彩月みほ選手で、苦戦しながらも一瞬のスキをついてのフォール勝ち。
となると、この作品では、金城愛菜選手も男子相手に、ついに初勝利か

mana2

これまでの見慣れたジェイコス(JKUSS)の水着から、大胆すぎるセクシー水着へ。
(早くも二プレスがチラリしてますが

とても笑顔が素敵な金城選手であります。

mana5

しかし、この際ど過ぎるリンコスに不安たっぷりの金城選手。
さらには、「やられちゃうんですよね。。」と、意味深なコメント。 (ええっ、なんで


実は、自分は前にご紹介した「エクストリームトーナメント」よりも、この作品を先に観てしまったのです。

なので、なんでヒール役の金城選手がこのようなリンコスで闘わなくてはいけないのか
この試合は、「女勝ち」で間違い無いだろうに、なんて弱気な・・・、 なんて思っていたんですね

観る順番は自由ですから、あとで「エクストリーム・・」を観て、ナットクという楽しみ方もありではないでしょうか。


さて、しかし相手の男子レスラーと向き合うと、闘争心をメラメラと燃やす金城選手

mana10


試合開始

まずは金城選手、パンチとキックで主導権を握ろうとします。
そして男子レスラーをダウンさせると、、、

mana15

STFで搾り上げていきます。 太ももの筋肉がしっかりとついていて、イイですね

mana16



彩月みほ VS 金城愛菜 (7)

おおかた勝敗の行方を予想できていても、この白熱した試合展開にドキドキしてしまいます。

まずは金城選手がパワーボムで仕留めにいきますが、ここは彩月選手が返す!

しぶとい彩月選手に、今度こそトドメを ということで仕掛けたのが・・

mihomana276

レインメーカー~ (これは先日、「めちゃイケ」の「めちゃ日本女子プロレス」コーナーを観ていて知りました。 技の引出し、スゴっ )

相手をロープ(コーナー)まで飛ばさないで、至近距離で浴びせるラリアットは効果満点。


しかし、二発目を狙うのはちょっと・・・

mihomana279

やはり‘案の定’かわされてしまい、今度は逆転して、、
(う~、ここを空振りしてくれないかな )

mihomana283

しかし、彩月選手のお返し「レインメーカー」が決まってしまい、金城選手はダウ~ン

これで勝負アリでしたね


彩月選手、見事な側転してのボディプレスが決まったぁ

mihomana288

フォール   ようやく彩月選手のフォール・シーンが観れました
ここは必死で返す金城選手。

mihomana289

彩月選手は、ここから怒りの? 椅子を使った反則攻撃。
ストンピングにペディグリーで金城選手に決定的なダメージを与えます。

グッタリしてしまった金城選手に、胴締めスリーパー

mihomana305

収録時間的には、そろそろ試合終了になってもいい頃。
「まさか(ファイティングガールズの時と)同じ技で、というのはないよね」 と時間を見ながらドキドキでした。。

なんとかここは凌いだ(離された)形にはなりましたが、さらに逆エビ固め
これで決着か

mihomana308

自分はギブアップ

mihomana315

自分の後に??  金城選手もついにギブアップ! 
実に50分近くに渡るファイトとなりました
 

これまでのキャットファイト作品で、1本勝負で、これだけの時間の勝負は記憶にありません。

しかも、時間だけでなく、技(反則技)の多彩さ・レフェリーを使った演出含めて、ボリュームたっぷり。
これは間違いなくお得といえるでしょう


壮絶な試合を終えた彩月選手は、金城選手に「今度、男子と試合するらしいけど、私と同じようなコスチュームでやってみなさいよ」というような、捨て台詞を残してリングを後にします。

mihomana328

試合後のインタビューでも、息を荒げながらも、落ち着いてしっかりと話していた彩月選手。
話がうまいので、彩月選手にはインタビューシーンがよく映えますね



次の2回戦は、どのようなコスチュームで闘ってくれるのでしょうか。
おそらく決勝まではいってくれるでしょう。  
となると、あと2回は彩月選手を観ることができる訳で、次回以降が楽しみでしょうがありません。


金城選手に関しては、ここで負けちゃうなんて、本当に勿体ない。。

しばらく日本にいない、というご本人の都合があるので、設定上やむを得なかったのでしょうが、これだけのパフォーマンスができる選手は貴重です。

1年後の復活、成長したボディ、そして彩月選手との死闘をまた見せて欲しいものです。
(一度は勝たせてあげて欲しかったな~ )



彩月みほ VS 金城愛菜 (6)

どんな決着で終わるのか、だんだん分からなくなってきたところで~
金城選手の必殺技・アルゼンチン・バックブリーカー

見事に決まりましたが、彩月選手もフェアプレイ一辺倒では、もはやありません
金城選手の顔面を攻撃して、エスケープ

mihomana227

顔を押さえて苦しんでいる金城選手に、、、

mihomana230

mihomana231

これは確か、日韓戦でルミ選手が魅せた「背面落下式フェイスバスター」
完成度は今一つかもですが、レパートリーは確実に増えてきています


ダメージを負った金城選手に、胴締めスリーパーで襲い掛かりますが、ここは意地でロープブレイク!

まだまだ、と金城選手を起き上がらせた彩月選手ですが、ここで
金城選手の高い運動能力の見せ場がやってきます

mihomana240

まずは、ロープに彩月選手の目を擦りつけて・・・

mihomana243

出ました~~ 素晴しい!!

mihomana245

(ちなみにこの技は、「619」というのだそうです ※これもTMさんのブログで知りました

これで金城選手の持ち技を出し切ったか
彩月選手はグロッキー。 今だ、フォール、フォールにいこう


しかし、金城選手はまだ物足りないのか、さらにパイプ椅子を使った攻撃で息の根を止めようと、首やボディ、さらには頭を狙います。

一発目は彩月選手の頭にヒットさせますが、 ちょっと欲張り過ぎかな~、というところで・・

mihomana255

やはり‘お約束’の逆襲を喰らってしまいました。。


だが彩月選手もだいぶダメージを負っているようで、呼吸を整え、また睨みあってのパンチの応酬
金城選手の重いパンチが炸裂、彩月選手はダウ~ン


今度こそ決着をつけるぞ、と金城選手が、随分と長い‘昼寝’をしていたレフェリーを起こしにいきます。
(さっきは、起こさないうちにパワーボムを仕掛けちゃいましたからね。 今度は本気モードということでしょう

さあ、トドメを刺せる状態はできました!
彩月選手には水着を直す情けをあげて、パワーボムで勝負です

mihomana265

しっかり持ち上げて~

mihomana268

お見事 
このままエビ固めの体勢をキープできているところに、金城選手の成長を感じます。

mihomana271

そしてカウントが入る


彩月みほ VS 金城愛菜 (5)

右肩を痛めてしまった彩月みほ選手。
金城選手は、ここでイッキにいこうというのか 試合前に戻した竹刀を出してきて、彩月選手を甚振りはじめますが、そうです
この試合にはレフェリーが・・。

mihomana176

カウントを入れて邪魔するレフェリーを、豪快にブレーンバスターで放り投げ
さらに凶器攻撃を続ける金城選手

mihomana184

このあたりの演技は、両者ともなかなか巧いですね~

mihomana190

だいぶ弱ったと判断した金城選手は、パワーボムを再び狙う
今度はしっかりと持ち上がって・・・、決まったぁ

3カウント間違いなし!  
ですが、、、カウントを入れてくれるレフェリーは、自分で片付けてしまったので、勝負つけられず。

「コラ、レフェリー起きろ」とやっていると、後ろから彩月選手が近寄り、ローブロー
プロレスは、こんな楽しさもありますよね

彩月選手も、フェアプレイだけでは勝てない事を確信したのでしょう。 
このあたりから反則攻撃を織り交ぜてきます。

mihomana199

mihomana202

一転して、彩月選手の、新たな武器となりうるか というフィシャーマン・スープレックス

mihomana204

mihomana207

ここもフォールにいって欲しかったところでしたが、再び反則攻撃へ
金城選手の足をロープに置いて、ヒップをふんだんに使って右膝を痛めつける彩月選手。

mihomana210

両者、反則攻撃がオープンになり、試合展開は混とんと。
試合開始から約35分経過

両者、汗で身体が光り始めてきました。 エロさが

mihomana215

スリーパーで金城選手を締め上げる彩月選手ですが、再び金城選手が盛り返す

首4の字&彩月選手の両足を抱え込んで、食い込みを視聴者にアピール
(さすが金城選手、魅せ方をよく御存じですね

mihomana221

この時間帯になっても、まだ勝負の行方がわかりません。 

この後、金城選手の大技が出ますよ

 

彩月みほ VS 金城愛菜 (4)

噛みつき攻撃を出した金城選手が彩月選手を攻めています

mihomana108

頭を踏みつけながらの逆エビ

mihomana120

さらには、金城選手のパワーを見せつける得意技の一つ、ベアハッグ
彩月選手の苦しむ表情はタマリマセン

mihomana124

自分も、女子レスラーと対戦する際に、この技を多用してギブアップを迫りますが、「ノー~」と喘ぎながら、抱きつかれると最高です

ここから頭にエルボーを喰らっても良し。
アイアンクローを受けてもよし。  確実に〇〇〇がオッキすること請け合いです

抵抗されなければ、マンハッタン・ドロップで、右膝で股間を受け止め、エビ固めでフォールを狙いにいくのが定番ですね



さて、この後、一度は反撃に移る彩月選手ですが、なかなか主導権を握らせてもらえません。。

mihomana146

この腕ひしぎはなんとかロープエスケープ。
さらに足4の字固めにも苦しみますが、ここはひっくり返すことに成功します

mihomana155

いよいよここから反撃か  コブラツイストを仕掛けますが、すぐに切り替えされてしまい・・・

mihomana160

う~、これは苦しいぞ~

mihomana163

ここは踏ん張った彩月選手、スターナーで再度、反撃開始ですが、ローブローを喰らって、股間を抑えて悶絶

さらに腕を極められてしまい、右肩を痛めてしまったようです。 彩月選手はピンチ

mihomana170



彩月みほ VS 金城愛菜 (3)

両者の熱い闘いの幕開けは力比べから。 
ルール説明の時には持っていた竹刀をあっさり捨てて、正々堂々と挑む金城選手。

mihomana52

その後、両者早くもパンチを繰り出し、エキサイトな感じになってきます

先手を取ったのは金城選手。 首4の字固めで彩月選手を捉えますが、粘って返す彩月選手

mihomana63

さあ、仕切り直し! 水着も直します

mihomana64

しかし、序盤は金城選手のペース  フェイスバスターに・・

mihomana71

サーフボードなどで痛みつけてから、前回のお返し 胴締めスリーパー

mihomana81

そして、早くも大技・パワーボム!?

mihomana85

だがここで彩月選手、MIX戦の時と同様に持ちこたえ、金城選手を逆に仰向けに倒します。
さっそく、エビ固めでフォールに行ってくれるのか
(ベビーフェースなので、どんどん積極的にフォールにいって欲しいところ

mihomana91

しかし、まずは逆エビ固め。
そして、お次は、得意技になりつつある鎌固め。 さらにはSTFで攻め立てていきます

mihomana100

日韓戦の時の金城選手ならば、必死にロープエスケープを図ったと思いますが、‘ヒール’として成長したこの試合では・・・

ガブッ

mihomana104

う~ん、持ち味が出てきて、いい試合になってきました

mihomana105


彩月みほ VS 金城愛菜 (2)

この作品は、いろいろな点から楽しめます
この手の作品には珍しい笑いや、ヒールとベビーファイスという構図での試合の分かりやすさ、艶めかしさ etc 

まずはインタビューから、試合開始直前まで。


金城愛菜選手のインタビューから。

「韓国に行った時は時差ボケで負けてしまったんだよ」
(↑ナイス 韓国と時差はないのでは?、なんてツッコミはナンセンス

また、彩月みほ選手に対して、
「何なんだよ、あのコスチューム  レスラーならレスラーらしく闘えよ」

mihomana24

(↑ 言いにくい事を言ってくれてサンクスです! 
ファイティングガールズの時のリンコスは悪くないと思いましたが、フレッシュスターの時のレオタードは、個人的に・・・(^_^;) だっただけに)


対する彩月みほ選手のインタビュー。
あらら、、、なんでレオタードなの  というのは置いといて。。

「ファイティングガールズでは、私も熱くなっていたので、(金城選手に対し)制裁を加えるなんて言ってしまったけど、すごく実力のある選手だと思ってます。」という、優等生的なコメント。

「パワーでは厳しいが、スピードとテクニックで勝負したい。 ファンの皆さんもこのトーナメントに出ることで心配しているかもしれないが、頑張る」と、早くもファンを意識した発言をできるところも、好感度が上がるのかも

mihomana26

内容や、話し方は違っても、とても落ち着いた受け答えができる貴重な両選手です。


そして、選手紹介。

リングアナのコールを受けた後に、彩月みほ選手のサプライズが

mihomana32

ずっとレオタードのリンコスかと思いきや、中に着込んでいた黒のセクシー水着に早着替え

mihomana35

この時の金城選手のリアクションもナカナカのものです

mihomana37

驚いた金城選手に、「おい、何だよその恰好。 それで試合すんのか?」と問われ、「レオタードに文句つけたのは誰よ。」とやり返す。

「お前は極端すぎるんだよ」(そのとおり)と返す金城選手に、 「このあいだは新人トーナメントだったから控えめにしてたのよ。これが私のエクストリームよ」 と決め言葉で返す彩月選手。
(おっ、マジすか!? 早くも、2回戦以降の彩月選手のリンコスにも期待が

mihomana40

試合前にこれだけ仕掛けがあるのもウレシイですね
ここまでは、両者とも互角(笑)


さて、いよいよ試合開始です。

mihomana46



彩月みほ VS 金城愛菜  

流れ的には、「安藤あいか新垣ひとみ」を紹介するところなんでしょうが、とても素晴らしい女子プロレス作品が先月発売され、堪能できたのでレビューを書いてみたくなりました。
ミックスファイト大好き人間ですが、女子プロも好き


「BATTLE エクストリームトーナメント 第一試合」(彩月みほ VS 金城愛菜)


この両選手は、先の「ファイティングガールズ10」で対戦し、この時は彩月みほ選手が胴締めスリーパーで勝利しています。 この試合の評価はナカナカ良かったようですね。(自分も会場で観たかった・・


金城愛菜選手に関しては、Team Wizardとのコラボ作品でデビューし、韓国のルミ選手と素晴しい試合を見せてくれました

ストーリー上、いきなりルミ選手が負ける訳にはいかなかった事情もあり、0-2のストレート負けを喫してしまいましたが、自分の中での評価は急上昇
‘ヒール’という設定をうまくこなしただけでなく、愛嬌の良さや、健気さがとても印象的。
数日間の練習で、技を習得するセンスもで、早くバトル作品にも出てくれないかなぁ・・と思う日々でした。

「ファイティングガールズ10」についに登場。
これをきっかけにバトル作品に多く出演して欲しかった選手

mihomana22


一方、彩月みほ選手。
すでに、「グラビアアイドル 彩月みほ セクシースタイルMIX」で、自分を悩殺 させてくれた選手です。
また、「フレッシュスタートーナメント」でも優勝を果たし、新人王に

ここまで負け知らずのベビーフェースは、バトル期待の新星といったところ

まだ動きはぎこちなさがあり、新垣ひとみ選手や、金城真央選手といったトップクラスの域に達するには時間がかかりそうですが、注目していきたい選手です。

mihomana26


ヒールの頂点ともいうべき、「エクストリーム(過激)王座」にいた飯田せいこ選手が、突然の引退&ベルトの返上ということで、王座争奪戦ということで、このエクストリームトーナメントということに。

通常、女子レスラーはひっそりとフェードアウトしていくのが普通(残念ですが)ですが、この作品の冒頭、飯田せいこ選手が引退コメントをするシーンから始まります。

mihomana1

う~ん、飯田せいこ選手もなかなかイイ感じの選手だったんだなぁ~
(ベビーフェースでもいけるのに。。 今度、ミックス作品を探してみようかな

そのあと、「ファイティングガールズ10」での彩月・金城選手の試合の模様(ダイジェスト)、インタビューと続きます。


そして気になる試合の行方ですが、これは彩月みほ選手の勝利で間違いない!、と最初から予想はできてました。

だって、彩月選手を1回戦で敗退させる訳にはいかないでしょうし、金城選手は、この後まもなく1年間の海外留学に行くことになっていた(ブログ情報)ので、仮に勝ったとしても決勝戦までは進めないだろうし。。

ただ注目していたのは、決着シーン

金城愛菜選手には、花を持たせてあげたいというのが、正直な心情だったので。
せめて彩月選手をボコボコにしての反則負けか?
レフェリーが彩月選手に加担し、丸め込みエビ固めでの高速スリーカウント・フォール負け?

といった展開を望みながら、観ておりました


久しぶりのミックス動画

古き良き時代の、海外のMIXプロレス動画を見つけましたのでご紹介。

派手な大技はないですが、基本技をしっかりと使いこなして、男女が互角に闘っています。

観ていて、ジワジワときてしまいます




安藤あいか&新垣ひとみ選手のMIXタッグマッチ! 10

勝ち目が薄くなってきた安藤&新垣ペア

コブラが、新垣に仕掛けたのは、「恥ずかし逆エビ固め」
(最近の作品ではよく見られるようになりましたね~

tag2857

オオ~ゥ

tag2859

そして、今度はダブル・バックブリーカー

tag2862

さらには、ダブル・ロメロスペシャル~

tag2869

バックブリーカーや、ロメロが、2人で違うところがまたイイですね

ちなみに、ロメロスペシャルは、自分も何とか掛けることができるのですが、安藤選手に掛けている「ハーフ・ロメロ」式。
高く持ち上げる式(新垣選手側)は、結構難しいように思います


そしてトドメは、、、

tag2873

ダブル・逆エビ固め
これは、両者共通の大の苦手技。。。  さすがにこれは堪えられません

tag2877

新垣、そして安藤選手ともギブアップし、試合終了

シングルマッチでの屈辱を晴らすことができなかった両選手。
さらに男子チームに、重ね餅にされ、悔しさ倍増

tag2882

意識を取り戻した両者は、負けた原因はそちらだ、と言い合い、胸倉を掴んで睨みあい

tag2886

この決着は、「PRO-STYLE THE BEST Ⅰ」で披露されることになります。

もうご覧になった方も多いでしょうが、この2人のシングルマッチは、本当に美しく、素晴しいものでした。

そして残酷とも見える結果になるのですが、それは後日、あらためて紹介できればと思います。

それにしても、プロレスの心得のある2人がリングに上がると、こんなに興奮できる作品になるんですね

制作側の皆様に感謝


安藤あいか&新垣ひとみ選手のMIXタッグマッチ! 9

女子チームの仲間割れに乗じて、攻勢に出る男子チーム

tag2830

う~む、キビシイ・・??

tag2831

さらに、マスクが安藤・新垣選手を交互にキャメルクラッチで動けなくし、そこへコブラが、顔面ドロップキックを浴びせる

ラリアットも喰らってしまい、フラフラになってしまいます

tag2837

tag2840

安藤選手に近づいたコブラが、、、、ちょっとぉ

tag2842

新垣選手もマスクに捕まり・・

tag2845

なんという~~  

tag2848

さらに相手を交代して

tag2852

マスクが仕掛けようとすしてる技はともかく、向こうの方で、コブラは何を・・

tag2855



安藤あいか&新垣ひとみ選手のMIXタッグマッチ! 8

安藤・新垣両選手の溝が決定的になって、迎えた3本目。

「あなたでは頼りにならない」、と安藤選手が先発。

tag2801

新垣選手の敵であるコブラとマッチアップ

tag2803

バックの奪い合いから、得意技・パロスペシャル

tag2805

さらに卍固め
安藤選手が飛ばしています

tag2813

この後も、(とっても羨ましい)フランケン・シュタイナー、足4の字固めで攻め込みますが、マスクが助太刀に入り、今度はピンチ

逆片エビ固めで苦しみ、新垣選手に助けを求めようとしますが・・・・

tag2820

おっと、ここで新垣選手、シューズの調子が悪いのか? 助けに入れません

tag2821

タッグマッチの楽しみの一つですね

恨みがましい表情を浮かべながら、なんとか凌ぐ安藤選手ですが、コブラに交代、なおも劣勢。。
今度は新垣選手、動くか

tag2826

やはり無視する新垣選手(ココはこうでなくちゃ

完全に仲間割れした女子チームに、男子チームが勢いに乗ってきた~

tag2828

tag2829



安藤あいか&新垣ひとみ選手のMIXタッグマッチ! 7

もしや2本連取か!? と一瞬思わせる連係プレイは、予想どおり失敗

安藤選手、怒っています

tag2635

ここから、リングに残った新垣選手は、男子チームにダブル・ラリアット&パイルドライバーを喰らい、グロッキーに。

tag2639

この辺でトドメを刺されるのかと思っていると、、
あっと、安藤選手をリングに連れ戻して (アリャ )

tag2640

安藤選手を狙いにいくのか!?

tag2651

コブラが安藤選手をアルゼンチンに捕らえると、マスクも新垣選手を無理やり立たせ、同じくアルゼンチンに

tag2660

安藤選手が先に、ギブアップを発することはなく、その代わり失神。。
(早乙女さゆり選手との試合ぐらいから、「失神」パフォーマンスを導入したのでしょうか? ウマいです(笑))

tag2662

完全に孤立してしまった新垣選手、これで勝負ありでした。

前回フィニッシュに使われた、、ブレーンバスター

tag2664

マットに激しく叩きつけられ、これは返せない! カウント3を許してしまいます

tag2666


これで1-1のイーブンになってしまいました

しかも、タイミング良く(?)意識を取り戻した安藤選手は、フォールされた新垣選手を非難。 ドロップキックの誤爆もあり、仲間割れ必至の状態になってきました。

tag2669


安藤あいか&新垣ひとみ選手のMIXタッグマッチ! 6

今度は新垣選手が、男子チームの反則&ツープラトン攻撃でピンチに。

tag2606

さらにアルゼンチン・バックブリーカーを受けますが、パートナー・安藤選手は、「何とかしなさい」状態。

tag2609

ここは新垣選手、すぐに切りかえして、シングルの時に披露したコルバタ

tag2611

では終わらない! 放り投げずにそのままホールドだ

tag2615

技あり1本、にしてあげたいところですが、マスクがカットに入り、惜しくもギブアップを奪えず

気を取り直して、さらに腕ひしぎ。 さらには強烈な逆エビ固めで痛めつけます。
「ギブ?」 というセリフがイイですね~  しっかり腰も落ちています!

tag2624

ここでまたもやカットに入るマスクに、蹴りを入れ、さらにコブラを攻め立てる新垣選手

tag2631

ここで、女子チームの連携プレイが見れるのか
なんか1本目の終盤と、似たような展開に・・・

tag2632

あ~~、しかし惜しい(というか、さすがの‘お約束’)
ドロップキックをかわされ、安藤選手に誤爆

tag2633

tag2634

戦前の、自分の予想が的中し、安藤選手がダウンしている間に、新垣選手が負ける展開となるのか?

制作側のプランを読めるようになったのか、自分は!、なんて調子に乗っちゃおうかと思いましたが、そんな訳ない(笑)


安藤あいか&新垣ひとみ選手のMIXタッグマッチ! 5

新垣ひとみ選手の芸術的ジャーマン・スープレックスで1本先制した安藤&新垣組。

しかし、日本のプロレスで2本連取しての勝利というのは、まずありません
2本目を女子チームが取られてしまうとして、それはどちらなのか??

安藤選手が場外乱闘か、大技を喰らって場外で失神している間に、新垣選手がやられてしまう、という展開を予想しながら、鑑賞しておりました。 


タッグマッチでは、1本目に勝負のついた選手同士が2本目の先発、というルールがあるのかと思っていましたが、そういう事はなく、安藤マスクで開始。

tag2502

安藤選手、幸先よいスタートと思われましたが、チンロックで逆転か

tag2505

しかしすぐに巻き返す! 少し早めのタイミングですが、シングルマッチの時にみせた、フィニッシュ前のドラゴンスクリュー
さらに、足4の字固めで攻め込みますが、やはりタッグマッチ

ここでコブラが邪魔に入ります

そして、1本目で見せてくれた‘ファンサービス?’のツープラトン・股裂きを再び

tag2524

ここでは新垣選手、当然出ていきません。 
男子チームに、「下がって、下がって」と、冷静に注意するのみ。
(この辺は、試合慣れしている印象ですね

tag2525

しかし、コブラが竹刀を持ち出し、安藤選手に反則攻撃を続け、いても経ってもいられない状況になってきます

tag2529

今度はチェーンも持ち出したぞ~

tag2536

マスクに足4の字固めを掛けられるも、何とか引っくり返したかと思えば、また横やりが入り。。
ここで新垣選手、たまらずフォローに入ります

tag2559

邪魔なコブラを場外に出して、改めて逆4の字固め by安藤あいか選手
(逆4の字で、女性の足がなにげに〇〇〇に触れると・・・。素足なら尚更・・・ )

tag2561

しかしすぐにコブラが竹刀を掴んで戻ってきてしまい、お次は新垣選手がピンチだ!

tag2604


安藤あいか&新垣ひとみ選手のMIXタッグマッチ! 4

コブラの卍固めが見事なまでに決まり、ギブアップ寸前の新垣選手。
さすがにマズイと思った安藤選手、ドロップキックでナイスフォロー

tag302

ここで形勢が逆転!
安藤選手がコブラを攻撃している間に、新垣選手もマスクを場外へ弾き飛ばします

tag306

この試合初めての、女子のツープラトン攻撃

tag308

スープレックスが決まった

tag310

さらには、新垣選手の足4の字固め&・・・

tag314

安藤選手の見事なボディプレスの合体技! これでコブラはグロッキーに

tag315

とどめは、、、あのジャーマンか   しかし相方をブロックしないといけませんが。。

tag319

安藤選手、しっかりとマスクを止めてくれています。 チャンスだ

tag320

そこへ、見事としか言いようのない、新垣選手のジャーマンスープレックスが決まったぁ~~
まさに芸術!!  
一瞬足が崩れかけましたが、見事に立て直して完璧なブリッジです

tag327


文句なしの3カウントが入り、安藤&新垣組が1本目を取りました

一緒に喜ぼうとする新垣選手ですが、安藤選手は冷ややかな表情。 

tag331

最後は流石な動きでしたが、安藤選手的には、自分がトドメを刺せなかったことが納得できないのでしょう。

次の2本目は、安藤&新垣組が負ける事になるはずですが、どのようなフィニッシュになるのか? 
そこがワクワクでした


安藤あいか&新垣ひとみ選手のMIXタッグマッチ! 3

新垣選手がカットに入ったところで、流れが変わるかと思いきや、またもや安藤選手が捕まってしまいます

tag254

逆エビ固めを堪える安藤選手。 ピンチですが、新垣選手からはしっ責の声が飛びます

tag258

しかしやられてばかりはいられない
逆襲のドロップキックを喰らわせて、新垣選手にタッチ!

tag262

新垣選手、胴締めスリーパーでマスクを攻めていきますが、安藤選手が先程のお返しとばかり、キビシイ声援(?)を飛ばし、‘早くも’険悪なムードが。。

tag266

男子チームの方は連係が良好。 
コブラが巧くこのピンチを助けると、息を吹き返したマスクのベアハッグが

tag270

交代したコブラには、豪快なボディスラムの後、この高さからのギロチン・ドロップ

tag274

さらに、2人がかりで新垣選手を甚振ります。 安藤選手は抗議はしますが、まだ静観の構え。

tag280

tag281

マスクに腰を攻められています。 
シュミット流バックブリーカーのあとに逆エビ固めはキツイ・・

tag289

コブラの妨害に遭いながらも、なんとかロープブレイクした新垣選手ですが、今度はキャメルクラッチで動きを止められたところへ、容赦のないドロップキックが顔面に  (よくもまあ


そしてガッチリと卍固めが決まってしまったぁ

tag296

これがフィニッシュホールドとは思いにくいですが、あまりにも決まり過ぎ。 
今にも「ギブアップ 」という声が出そう。。

(ちなみに自分は、ココで新垣選手のお尻・太ももを掴まないで、ガマンしていられる自信がありません^^; )


プロフィール

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR