祝優勝! 武藤つぐみ選手

もうすでにオープンになってしまっていますが、、、
武藤つぐみ選手が、見事にエクストリームトーナメント優勝~
おめでとうございま~す

新垣ひとみ選手が三冠ベルトを返上してから、楽しみな展開になっていましたが、まずは武藤つぐみ選手がエクストリームを
新星のように現れ、素晴しいパフォーマンスを見せてくれる選手で、今後に期待大ですね

mtugumi217



残りの覇権争いも気になりますが、チャンピオンの人数を増やそうとすると、選手層の問題がありますし、かといってまた三冠戦となると、、、(痛し痒し

自分の希望としては、ここいらで「チャンピオン・カーニバル」(仮称)開催を提案したいです


それぞれのチャンピオンがリーグ戦(トーナメントでなく)を戦い、その勝者を「バトル・ヘビー級王者」としてバトルクイーンにするのはどうか と思うのです。。
(少し早めの「初夢」、とお考えくださいまし



もし実現したとすると、(勝手に)決定している選手は、、、
①武藤つぐみ(エクストリーム)、②金城真央(FG)、③パンサー理沙子(B-1王者見込みで)。

また動きのないSSS(スーパー・ソニック・サテライツ)王座枠④はどうなるか。

SSSと縁があり、他の3名と互角な闘いを演じることができる選手で思い浮かぶのは、
国見奈々、安藤あいか。 そして‘超大穴’として、日高ゆりあ選手(懐かしくないですか


他に⑤、2代目三冠王者・遥めぐみ選手。
そして⑥、「ピンクカフェオレ王者」古条彩華選手。


この6選手(6枠)が出場する大会をDVDで制作してもらえたら、も~う最高です



雨宮留菜選手も実力は十分ですが、彼女にはむしろ「バトル・Jrヘビー級」という新しいタイトルを創設して、その王者になってもらいたいですね。
(↑ 勝手にコミッショナー気取りでスミマセン
(ライバルは、小司あん選手等といったメンバーと勝手に予想。 これまた失礼

ちなみに、新垣ひとみ選手についてコメントするのは現状難しいのですが、「少なくとも」彼女はベルトに未練がないとコメントしているので、この大会に出場する必要はないでしょう。



このメンバーを見てみると、本命は現在のところ金城真央選手。
そして対抗馬となり得るのは、武藤つぐみ選手になるのではないでしょうか。


自分の熱い思いを書いてしまい、ここに来るまでかなり脱線してしまいましたが、
改めて、武藤つぐみ選手のな部分をピックアップしてみたいと思います





スポンサーサイト

武藤つぐみ VS みおり舞 女子プロレス好勝負! 8

決着がつくかと思われた「みおりロック」を耐え抜いた武藤選手。
こうなると、、、展開としては

tugumai373

コーナーに武藤選手をもたれさせ、襲い掛かろうとするみおり選手ですが、‘やはり’の逆襲を喰らってしまい、ここから武藤選手が優位に立ちます。

得意のローリング・ソバットも炸裂
しかし、2人ともすでに疲労困憊、 まさに死闘!!

武藤選手は、あとどのような技のオプションがあるのかと思っていたら、、、もしや

tugumai380

なんと みおり舞選手を担ぎ上げて、落としながらアゴにダメージを与える大技
これでみおり選手、いよいよ厳しくなりました。。

tugumai385

まだまだ出てくる武藤選手のスゴイ複合技。 
首を落とされるような感じで、これはあまりに苦しすぎるぅぅ~

tugumai395

しかし、これでもまだギブアップをしない、みおり選手  (もう凄すぎ

武藤選手、粘るみおり選手を離して、サソリ固めへ

tugumai410

もう限界?  
武藤選手も、これでトドメと腰を落として倒れ込む~

tugumai411

これも一度では決まらない! もういっちょ
みおり選手、武藤選手の執念の前に、ついに、ついに・・・ギブアップ

tugumai420


自分の想像をはるかに超える両者の死闘は、武藤つぐみ選手の勝利


正直、武藤選手が2回目の「つぐみロック」を極めきれず、みおり選手が反撃に転じて足4の字固めに、「みおりドロップ」(仮)。
そして「みおりロック」が出た時に、みおり舞選手の勝利を確信しました。

しかし、武藤つぐみ選手にまだトドメを刺せる大技が、これほど残っているとは思いませんでしたし、それを受けて耐え続けた、みおり舞選手も立派

「プロスタイルキャットファイト」というジャンルの一作品ではありますが、これはもう「女子プロレスの名勝負」といって過言ではないと思います。


この試合には、試合後の虐めはまったく不要
武藤・みおり両選手、しっかりと握手・ハグを交わし、健闘を称えあいます。 いいシーンですね。

tugumai433

tugumai440


キャットファイト作品は、あまり購入しない自分でしたが、この作品は買って正解
強いていえば、武藤つぐみ選手のセクシーアピールの場面が余計でしょうか(笑)


この2人には、まだまだ活躍してほしいと思っているのですが、、、
その後の「極限反りレイプ」に、みおり舞選手が出演している事に軽くショックを受けてしまいました。。

もうバトル作品に、みおり舞選手は登場しない
そうであれば、あまりに勿体なさ過ぎると感じるのは、自分だけ?

今度は武藤&みおりでタッグを組んで、「スタープロレス MIX TAG MATCH」シリーズなどで、華麗なファイトを是非観たいものです



武藤つぐみ VS みおり舞 女子プロレス好勝負! 7

ここまで熱いバトルを繰り広げた両者なので、今更凶器攻撃など不要とも思いましたが、やはりこれはエクストリーム・トーナメント

みおり舞選手が椅子をリングに持ち込み、、、ソバット!

tugumai345

そして「みおりドロップ」(仮)

tugumai348

さらに、コーナーに登って、椅子越しにフライング・ボディプレス

tugumai354

これで心も折れたか武藤選手。 最後はアレしかないでしょう。
みおり選手も眼光鋭く、武藤選手に近づいて・・

tugumai360

tugumai362

とうとう決まった~、、、渾身の「みおりロック」

tugumai365

ギブアップか? 武藤選手どうだ
右手が力なく伸びる・・・

tugumai370

この手がタップする・・・
と信じていた自分でしたが、ここもなんと耐え抜いてしまう武藤選手。


互いに2度ずつ必殺技を繰り出すも勝負がつかない展開に、結末が分からなくなってきてしまいました。
なんという死闘なのでしょうか



武藤つぐみ VS みおり舞 女子プロレス好勝負! 6

ここで武藤つぐみ選手が勝負に出た
「つぐみロック」がガッチリ決まったぁ~

まずは一番効いているところ(かな

tugumai300

さあ、みおり舞選手、ギブアップか  耐える、耐える・・・

tugumai303

なんとか決めたい武藤選手。

tugumiai305

しかし、このピンチを執念で受け切った、みおり選手
こうなると、展開はみおり選手に傾いていくのが、プロレスの定石。


キックにきたところを、ドラゴンスクリューで投げ飛ばす

tugumai311

アキレス腱固めに、足4の字固めを続けて決めて、武藤選手にダメージを確実に与えていく。

tugumai317

足首を固めての逆片エビ固めも、ここまでくると
(どうして、ここまで闘い続けるのか?  この辺りは演技を超えて、2人のガチンコの意地の張り合いを見るようです

おそらくFG大会だったら、ここでレフェリーストップがかかっても、おかしくないでしょう。

tugumai333

ここでもまだ降参しない武藤選手に、踵落としをバレエ風にアレンジした、「みおりドロップ」(仮)
これも、必殺技には十分過ぎます

tugumai340

これでたまらず、武藤選手はダウン

自分の感じでは、ここですぐに「みおりロック」にいけば、勝負はついたと思いましたが、エクストリームトーナメントだけに、さらにもう一つ見せ場を作っていました。
(続き)


武藤つぐみ VS みおり舞 女子プロレス好勝負! 5

ハイレベルな技の攻防が存分に見られているリング上。
スタンディングになって、武藤選手のエルボー攻撃

tugumai214

ふらついたみおり選手に、再びブレーンバスターにいこうとしますが、かわされてワキ固め。
(これは巧い 1本

tugumai222

そこから・・・、もしやの
(恥ずかし)逆エビ固め~  男子レスラー限定の技かと思いましたが、おおっ、、

tugumai233

まだまだ攻撃の手を緩めないみおり選手。 今度はキャメルクラッチで反らせる反らせる。。
武藤選手もスゴイぞ

tugumai238

ああっ!  これは武藤選手のデビュー戦 「セクシーコスチュームMIXバトル」で最後にタップ(レフェリーは不在)してしまったエグイ逆エビ固め~

だが、これも耐えきってしまう! なんという粘り、武藤選手 

tugumai243


この後も、みおり選手のストレッチ技を凌いで、形勢逆転に成功した武藤選手。
お返しの鎌固めで締め上げる
(踵が上がって良いブリッジ みおり選手の表情もナイスです)

tugumai271

お次はキャメル&ブラディーEX

tugumai284

さらに、エグい逆エビ固めをお返しに決めてダメージを与え、みおり選手を起き上がらせたところでハイキック炸裂

フラフラになったみおり選手に、、、

tugumai293

武藤選手のシャイニング・ウィザード~  たまらずみおり選手ダウ~ン!

(武藤選手は、「胸がない=セクシーさがない」 と言われますが、肌に光る汗とかは十分感じさせるものがありますね。 ちなみに、みおり選手も同様に「胸がない」ですが、立ち振る舞いはとてもセクシーだと思います


ここで、武藤選手勝負にいくぞ
「つぐみロック」で仕留められるのか

tugumai297



武藤つぐみ VS みおり舞 女子プロレス好勝負! 4

まずは、みおり舞選手が「みおりロック」をお披露目して、優位に立ちましたが、武藤選手も反撃

ナガタロックから、こちらも必殺技・「つぐみロック」!

tugumai131

tugumai139

負けじとこちらも1度目のお披露目。  
どちらかというと「つぐみロック」の方が、ダメージを与えられそうな印象ですが、みおり選手の柔軟性だとここまで反ることができちゃいます


必殺技の交換のあとは、キャットファイトらしくアイアンクローを、みおり選手がお見舞い。

再び起き上がって仕切り直しで、今度はみおり選手が果敢に攻めていきます

tugumai161

鎌固め(下半身だけですが )

tugumai169

最近なかなか使われないアトミックドロップを決めたみおり選手が、パロスペシャル

tugumai177

さらにはカベルナリア
みおり選手はなかなかの技の使い手です。

tugumai184

tugumai190

これでもか! といわんばかりに攻められる武藤選手ですが、柔軟性を活かして耐えています。
(なんで大丈夫なの


そして、早くもみおり選手、2度目の「みおりロック」を狙うも、武藤選手すばやくかわして、胴締めスリーパー。
(簡単に掛かってはいけない場面でしたのでナイスブロック

tugumai200

お次は変形・スリーパー
背中と首にダメージを与えられそうな複合技。 武藤選手も技がホントに多彩です。

tugumai208

互いの意地とプライドを賭けた、好勝負が続いています




武藤つぐみ VS みおり舞 女子プロレス好勝負! 3

仕切り直しで、今度は定番の力比べから、みおり選手がバックを奪う。

tugumai60

そしてストンピングから、サーフボード。 
基本技をしっかりと魅せてくれているのが良いですね(かなり大事

tugumai63

さらに早くも、もう一つの闘いである「柔軟性バトル」もゴ~ング

tugumai73

続いてキャメルクラッチを決める、みおり選手ですが、すでに汗びっしょり

tugumai75

だが武藤選手も、すぐに反撃  みおり選手のキックをかわすと・・・
ブレーンバスター

tugumai81

そこから、腰を浮かせてのネックシザースからの複合ストレッチ技を決める!
(みおり選手も、さりげなく柔軟性の高さがうかがえます)

tugumai95

さらに袈裟固めで攻めていく武藤選手ですが、みおり選手がここを返して、首4の字固め。

tugumai105

しかしみおり選手の狙いはこれではないんです
この状態で反転し(返されたのではなく、みずから)

tugumai106

そして鎌固めの要領で、武藤選手の両足首を捉えて、これが「みおりロック」

tugumai110

tugumai111

見事に決まった

しかし、この時間帯で勝負がつくことはありません。
まずは、「これが私の必殺技よ、感じておきなさい」 という挨拶代りといったところでしょう。
2発目では仕留めにいかなくてはならないので、どこで繰り出すかが注目でした。  


武藤つぐみ VS みおり舞 女子プロレス好勝負! 2

まずは選手コール

みおり舞選手、なかなかいい表情

tugumai40

対する武藤つぐみ選手・・・  非常にリラックスしております(笑)

tugumai43

試合前にしっかりと握手。 
何気にこれまでのキャットファイト作品では、あまり見られないシーンですが、好印象

tugumai48


ちなみに、自分が‘女子レスラー’と対戦する時は、必ずといっていいほど握手を求めています。

(試合前にお喋りなどをして、和気藹藹となった雰囲気から対決モードに切り替える意味もあるんですが、試合前にいろいろと打ち合わせをしている間に、かなり妄想も入ってきたりして、試合前のこの段階で、すでに〇〇〇が反応し始めちゃってるんですね・・。 

そこへ握手を求めると、意外に感じた女性が照れながらソッと握り返してくれたり、何度も対戦をしている選手(たとえば「キャンディ麻由美選手」とか)だと、ガッチリ握り返してくれながら互いに挑発し合ったり、というやり取りがあって、興奮がマックスになるんです




さて戻って、武藤つぐみ選手みおり舞選手の無制限1本勝負。

両者はそれぞれ必殺技、「つぐみロック」、「みおりロック」を持っているので、それをどの場面で繰り出すのかが勝敗のポイントになるでしょう。

あとは、お互いにあり得ないほどの柔軟性の持ち主(バレエをやっていたそうで)なので、‘柔軟性対決’も見ものになりそうです。


さあゴング
両者、いきなり激しい動き

tugumai53

tugumai54

tugumai55

tugumai56

オオ~~

女子プロレス会場ならば、間違いなく拍手が沸き起こるシーンです。
両者の動きがとってもシャープ

なかなかこのような動きをできる選手は限られるだけに、このシーンを観ただけで、購入した価値があったなと思ってしまいました。

しかし、まだ試合直後のジャブの応酬に過ぎないんです、これは。。


武藤つぐみ VS みおり舞 女子プロレス好勝負!  

自分は、このブログのタイトルどおり「ミックスファイト」が大好きなのですが、女子プロレス(プロスタイルキャットファイト)でも、サンブルムービーやレビュー記事を観て、気に入った作品は購入しています

例えば、新垣ひとみ、安藤あいか、国見奈々、彩月みほ、羽月希。 そして日韓戦のルミ金城愛菜といった、各選手のファイトを、それぞれの視点で楽しませてもらいました。

その中で、今年観た女子プロレスでベスト・バウトを選ぶとしたら、、、
最上位にランクインすること間違いなしと思うのが、↓



「BATTLE エクストリームトーナメント 準決勝第二試合」(バトル様)


これぞ正統派・女子プロレスという作品でした
試合前後に、昨日のFG12でも活躍した武藤つぐみ選手のセクシーアピールもあるのですが・・・
(う~むコレは・・。  武藤選手もナカナカやりますね

それにしても、、両者共に、これからのバトル作品のメインになれるキャラクターなのに、この段階でどちらかを敗退させてしまうという、勿体なさ


武藤つぐみ選手の天才的な格闘センス&天然キャラは、なかなか他の選手にはマネできない(笑)ものがあるし。
一方、みおり舞選手も同じく天才タイプですが、眼力があるルックスなど、何より醸し出す雰囲気がチャンピオンにふさわしいものを感じるし。


正直、どちらかが負ける事になる訳ですが、負け方が問題。

試合中に怪我などのアクシデントで決着、という選択肢の方が、後々の彼女たちの活躍を期待する上では良いのではなどと勝手に予想しておりました。 



試合前でのインタビューでも、好対照ともいえる両者です。

tugumai30

tugumai36


さあ、いざ勝負


ファイティングガールズ12!

今年最後のファイティングガールズが終了。
事務局の皆様お疲れ様でした
おそらく、当初考えていたマッチメイクが出来なかったと思うのですが。。

それでも新しいスター候補選手は出てきます
ファンの皆さんが温かく見守り、そして盛り立てていけば、来年も盛り上がる大会であると思います

FG12


試合会場に行っていなかったので、結果しか分かってませんが、今後の展開に期待な一戦は・・・

武藤つぐみ選手パンサー理沙子選手


エクストリームとBー1。
それぞれベルトを保持することになるであろう両者ですから、2冠王者の前哨戦ともなる試合でした。

当初、自分は勢いのある武藤選手を負けさせる訳にはいかないので、武藤選手勝利
と単純に予想していましたが、パンサー選手の立ち位置(Bー1王者濃厚)を考えれば、そんな事ナイですよね~

「両者ノックアウト・ドロー」という決着は、そういう意味ではとても理想的
因縁を残しつつ、「2冠王者決定戦」に繋がるのではないでしょうか



このほか、夏目雅子選手は今回も無事出場。 
ファンの人気も高いようですし、メインイベントの‘手前’で今後も楽しませてくれそう。
(上から目線はイカンですね、失礼

個人的には、あと、みづなれい選手や夏海花凛選手も気になります


来年も、またニュースターが出てきてくれることに期待です。



久しぶりのLuzia選手のMIXレスリング!

最近、忘年会のラッシュで、レビューが滞っています。。

明日は、ファイティングガールズ12ですね!  知らない選手が多い分、楽しみも多い

ネットサーフィンしてたら、DWW(ドナウウーマンレスリング)の元スター選手・Luzia選手のミックスファイトを見つけたので

大好きな選手だったんですよね~
ビキニだったり、画質が粗かったり、とかはあっても・・・






ファイティングガールズ12、どうなる!?

いよいよ、今週末に迫った「ファイティングガールズ12」

今回はどんなドラマが待っているのでしょうか



前回大会の時から、年末は「金城真央新垣ひとみ」のタイトルマッチしかないでしょと思いきや、・・・いろいろな事が起こりますね

新たに出場選手が発表されても取り消されたり、おそらく事務局も人選で‘てんやわんや’ だったのではないでしょうか。

しかし、最後の最後で、武藤つぐみ選手の出場が決定し、一安心ですね。


大トリは、金城真央雨宮留菜。


本当は武藤選手を金城選手に挑戦させたかったのかもしれませんが、まだ機が熟していないという判断か

新人で、イッキに注目を浴びてきた武藤選手ですが、もちろん金城選手との絡みは全くありませんし、他のFG出場選手とも同様。
もしここで、金城選手に負けてしまうと、今後の展開が望めなくなってしまう可能性もあるため、今大会は温存しておくというのはいい手だと(勝手に)思っています。

ならば金城真央選手は誰とマッチメイクするか


パンサー理沙子選手とは既に対戦済みですし、夏目雅子選手では実力差が・・・。 
そう考えると消去法で、雨宮留菜選手しかいないですよね。

雨宮留菜選手は、これまでにメインを既に2度経験していますが、国見奈々選手、そして新垣ひとみ選手に敗戦。
また、ベルトを保持した事もありません。

しかし、FGの中での貢献度はかなり高いものがありますし、ここでまた負けさせてしまうのはどうなんだろうというのは、正直思うところです。(次回以降、出てくれなくなっちゃいますよ

ここはひとつ、年末の番狂わせに期待して、あえて雨宮選手の勝利を予想します



もう一つの注目は、やはり武藤つぐみパンサー理沙子

エクストリーム、B1でそれぞれ王者、又は王者になるであろう両選手の激突は注目

パンサー選手が勝利すると、再び金城選手にリベンジを挑む という展開もあり得るでしょうが、ここは武藤選手が勝利して、FGの挑戦権を手に入れる方に賭けたいと思います。


あとは、引退してしまった成宮梓選手のサプライズ登場の可能性もあるやもしれません。


しかし、「秘かに」期待していた古条彩華選手の登場は見送りとなってしまいました。。
(DVD作品で期待するしかなさそうですね。)

いずれにしても、怪我には気を付けて、このイベントを長く続けて欲しいと願っています



羽月希選手のMIXプロレス(リンコス編)!! 5

これでエクストリームトーナメントの準決勝の相手が決まったかと思いましたが、建前上は小司選手に実際に試合を魅せてもらわないと ということで、男子選手との試合が組まれます。

nozomi233

しかし、これはヤラセ。
開始直後の‘指チョン’攻撃で、大袈裟にダウンした男子レスラーをあっさりピンフォールして、正式に準決勝進出を決めた小司選手。

これにはあきれた羽月選手がリングに上がってきたところで、、、

nozomi243

ムクッと突然起き上がってきた男子レスラーに捕まり、ツームストン・パイルドライバー~
(ああ、コラコラ  羽月選手の顔をそんなところに・・ )

nozomi251

ここから再びツープラトンでのリンチが始まってしまいます

nozomi257

またまた股間攻撃

nozomi261

nozomi266

卑劣な攻撃によく耐えていた羽月選手ですが、ここでさすがに失神・・

2人がかりで、水着を脱がされてしまい、またしても次戦はトップレスでの試合ということになってしまいました

nozomi279


羽月希選手の試合がまた観れるという楽しさと、またトップレスに戻ってしまったという、ビミョーな気持ちが両方残ったというのが、最初に視聴した第一印象でした。

しかし、羽月選手のトップレスは正直魅力ですし、小司選手との準決勝はリベンジを果たしてくれるだろうと信じていましたので、決勝で再び競泳水着姿を拝みたいと思っています


欲をいえば、前半のシングルマッチでは、前作並みにもう少し技のレパートリーが欲しかったかも。。
(逆エビ固めとかコブラツイスト、ドラゴンスリーパー。他にもSTFなど)


でも、‘とにもかくにも’この作品は、羽月選手のやられぶり・タフネスぶりが見事
それに尽きます



羽月希選手のMIXプロレス(リンコス編)!! 4

試合中、乱入してきた小司&男子レスラーに、ツープラトンというよりもリンチされてしまう羽月選手  (小司選手は、しばらく高みの見物状態)

nozomi168

キャメルクラッチに続いて逆エビ固め

nozomi172

nozomi180

さらには弓矢固め。 フラフラになってしまった羽月選手に、やはりガマンできなくなったのか小司選手が加わってきました(コラこら )

アア~、ツープラトンのレッグスプレッド

nozomi192

もう、なんという・・・、股間を重点的に攻撃されちゃってます

nozomi203

nozomi207

これでグロッキーになってしまった羽月選手に、小司選手が乱入してきた意味をようやく説明し始めます。


「弱い選手がこのトーナメントに参加していることが不満」 と話している時は、もしかして羽月選手の事を指しているのかとドキドキでしたが、それは彩月みほ選手の事だったとは。。 
すでに病院送りにしたと、証拠のリンコスを渡され、悔しがる羽月選手。

nozomi224


なるほど こんな展開もアリだったんですね~

羽月希選手をもっと観たい自分にとって、ここで小司選手に代わられてしまったらとても残念だったのですが、準決勝の相手・彩月みほ選手は、現実的に出場は不可能な訳で、どうするのかと思っていました。。

これまではリザーブマッチが行われ、その勝者が羽月選手と激突というのがパターンでしたが、それを結果的にショートカットした形になりました。
さらに自分が決着をつけたかった彩月選手を先に手をかけたということで、怨念も生まれるという展開。


最近はストーリーも楽しませてくれるバトル様の作品。 
いや「Rosenkavalier」監督の演出恐るべし 、と言ってほうが良いのでしょうか。


しかし、この作品はまだこれで終わりではありません。 もう一つ仕掛けがありました(続く)



羽月希選手のMIXプロレス(リンコス編)!! 3

主導権を全く男子レスラーに渡さず、優位に試合を進める羽月選手

nozomi71

さあ、ロープの反動を使って、どうする・・・

nozomi77

コードブレイカーが炸裂  だいぶスムーズに決まるようになってきました

nozomi79

これが決まれば、あとは必殺技・シューティングスターロックでトドメでしょう

まずはキャメルクラッチから入って、、

nozomi89

足で締め上げて完成、決まったぁ~

nozomi100

これで男子レスラーもギブアップは時間の問題。
ですが、、、アレっ  
(横、よこっ!  もっと言うと、ちょっと前に横切ってなかった?(笑) )

nozomi107

もうちょっとで「ギブアップ」という声を聞けて、溜飲を下げることができるところで、覆面女子レスラーに邪魔をされてしまった羽月選手

女子レスラー同士で、言い争いをしているうちに、「ワケわからん」と男子レスラーは退散。
ああ、もう少しだったのに・・(泣)

nozomi120

この後は、しばらく憎っくき女子レスラーとのバトルになりますが、かなり攻め込まれるシーンがあり、かなりの強敵のようです。
なんとか覆面を剥がすことに成功し、このレスラーが小司あん選手であることが判明。

nozomi160

「ちょっと来ただけで、試合の邪魔してないですよ~」と、悪びれもせず、ヘラヘラしている小司あんに掴みかかっているスキに、再び戻ってきた男子レスラーが股間に一撃

nozomi165

小悪魔な小司選手と男子レスラーとのリンチになってきてしまいました



羽月希選手のMIXプロレス(リンコス編)!! 2

前回のエロ男レスラーとの対戦では、いいところまで攻め込みながら、「とうとう」巨乳を揉まれ、それをキッカケに逆転負けという結果でしたが、今回は羽月選手がとばしていく

最初こそ攻撃を受けてしまいますが・・

nozomi15

先制の金蹴りが決まると、ここから優勢に試合を進めていきます
まずは、両腕を抱え込んでのフェイスバスター

nozomi23

ダウンさせたところへ、腕を極めに行きます。 (うおっと、その技大丈夫か )
 
nozomi26

でも今回は水着ですし、男の指も伸びていないので、ある意味安心して観ていられます
(乳首が透けて見えちゃうと、 それはそれでイイのですが、、、)

「次はこれよ~!」と、腕ひしぎ逆十字固めで、相手にダメージを徐々に与えていく羽月選手。

nozomi34

相手に反撃のスキを与えないまま、さらにヘッドロックから袈裟固めへ。
(トップレスと競泳水着で、同じ技でもこんなに印象が違うとは  それぞれの良さが楽しめます
それにしても、羽月選手の息遣い、、とってもエロいです

nozomi51

フ~

nozomi55

序盤は、羽月選手が圧倒しています。 これはリベンジ間違いなしか

nozomi62


プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR