雨下いのり選手のMIXプロレス!3

とてもオーソドックスな技ながら、男子の快楽を誘うような受けを取っている雨下選手
お次は逆エビ固めにじっくり耐えたところで、、、おっとまたぁ! そこを掴むか

inori106

そしてコブラツイスト
(こんな連続攻撃。 自分だったら、〇〇〇が 水着が・・。攻めていながらギブ寸前

inori115

しかし、ここは‘お約束’の切り返しで・・・
雨下選手のスペース・コブラ(ツイスト) 
(Rosenkavalier監督のツイッターで初めて知った技名です

普通のコブラツイストよりも、相手の腰にダメージを与える事ができそうですが、ギブアップを奪うまで、長くキープし続けるのは難易度が高そう。
小柄な選手が一生懸命さをアピールするには、格好な技かもしれませんね

inori123

ギブぅ??

inori131

なかなかボディバランスの良い雨下選手
男子レスラーに密着したまま、パロ・スペシャルに移行して、なおも攻める


相手をダウンさせると、今度はヘッドロックから締め上げ

inori143

えいっ、ふんっ

inori147

袈裟固めとキャメルクラッチの複合技のような感じですが、自分も女子レスラーとの対戦で、時々この技を喰らうことがあります。(ここまでお尻は浮かせず、軽く背中を反らされる程度ですが。。)

本気で力を入れられると、腰にきます
でも適度の力加減で、〇〇〇がオッキしている時には気持ちイイ~
(この試合ではどうだったんでしょうか


さらにキャメルクラッチで腰攻め。
ここでしっかりと腰を落として、さらに軽くアゴを引き上げられていたら、自分はもうギブかも
雨下選手の遠慮?で耐えられているのでしょうか
(それにしても、胸に滴り落ちる汗は、、、エロい

inori164

そして、弱ってきた男子レスラーに、トドメを刺しにいこうとする雨下選手です
「アナタもしょせん草食系ね、ホラ立ちなさいよ

(もう十分に勃ってると思いますが・・

inori168




スポンサーサイト

雨下いのり選手のMIXプロレス!2

試合直後から、雨下選手はエルボー&キックを連発
たまらずクリンチしようとする男子レスラーを離して、さらにキックを見舞ってからスリーパーへ。

inori19

この辺から、なんだかジワジワくるものが・・・
「ほらどうしたのよ、反撃しなさいよ

そんなに強くは絞めていないと思うんですよ、普通にプロレスですよ。
でもぴったりと身体をくっつけて時間をかけて攻めるとデスネ。。


袈裟固めも、頑張って極めています

inori33

今度は首4の字固め。 「あらアナタも草食系(男子)だったの」  言葉攻めもグッド

inori39

引っくり返して頭を引き抜こうとする男子レスラーですが、それを許してくれない雨下選手。

(内腿に力を入れて少し粘ってもらい、そこを徐々に引き抜こうとする攻防は、実際に女子レスラーと対戦していてウレシイ場面ですね。 特に試合終盤、互いに汗ダクになって、息遣いも荒くなってくると、エロさが。)

inori46

(そんでもって、首4の字を外したら、起き上がろうとする女子レスラーの腰に両腕を回して、うつ伏せに倒して
アマレスのパーテルポジションに近い状態で、〇〇〇を硬くしながらも、フォールの体勢に入ろうと企んでいる事・・・よくあります


ここはまだ、相手に主導権を渡さないと頑張る雨下選手。 今度は腕ひしぎへ。
だが凌ぎ切った男子レスラーが、反撃開始

inori70

まずは座らせた状態でスリーパーのお返し。 

inori74

し、しかし~(ゴクッ

inori73


雨下選手を立ち上がらせながら、さらにスリーパー。
画像ではどうしても伝わらないと思うのですが、雨下選手の苦しむ声に、、、あおっ 〇〇〇が

inori77

(男子レスラー的には)止めときたい?のに
(視聴者側からすれば)イイぞ、イイぞ~のフルネルソン

inori85

ウ~ム  これまでのMIXプロレス作品で、スリーパーやフルネルソンでここまで興奮してしまったのは久しぶり




雨下いのり選手のMIXプロレス!

今年に入って購入したMIXプロレス作品では、ストロング作品の「PRO-STYLE MIX THE BEST 金城真央」に次いで2本目になります。


「グラビアアイドル 雨下いのり セクシースタイルMIX」(バトル様)


このシリーズは3作目で、1作目は「彩月みほ(現:綾音みほ)選手」、2作目は「金城愛菜選手」。

どちらも堪能させてもらった作品でしたが、彩月選手は、「セクシーなコスチュームだけど負けない」という強かさを感じたのに対し、金城選手は潔いまでの敗北という結末でした。
(金城選手の場合、この前に収録されたエクストリームトーナメントで、彩月みほ選手に敗戦したペナルティであり、また直後に海外留学を控えていたこともあったかと。。)


そしてこの雨下いのり選手はどうか

技のレパートリー・完成度は、ほどほど(それでも数年前から考えればスゴイ)ですが、リンコスをはじめ、喘ぎ声、そして身体の密着度で、男子レスラーを翻弄してしまいます


最近のMIXプロレス作品は、女子レスラー(女優さん)が披露する技も高度になってきて、本格的なプロレスが好みの方にとっては、とても良い傾向にあると思います。
(自分もそのうちの1人です  あとは、この傾向が長く続いて欲しいので、怪我や事故が起こらないことを心配するのみ

ですが、久しぶりにこのようなテイストの作品を鑑賞して、「やっぱり自分が ‘男と女のプロレス’ に求めていたモノはコレなんだ」というのを、改めて実感させてもらいました。


男と女が、水着の生地1枚を隔てて、レスリングで闘うという興奮
 

(ヤバ、、取り乱してしまいそうになりました 
とりあえずこの辺で、いったんレビューを始めることにします



まずは雨下いのり選手のイメージ映像から。 自分的にはお尻がとってもストライク

inori4

inori3



インタビューシーンはなく、リングに上がった両者が舌戦を交わして、ゴ~ング



久しぶりアメリカン・MIXプロレス

素晴しい身体能力・テクニックを魅せてくれる女子プロレスラー
ハイレベルな闘いで、最後まで楽しませてもらえます




場外へエスケープした相手へのブランチャも
ダブルフォール寸前で、両者が同時にブリッジするなど、‘息の合った’試合運びもナカナカです。




金城真央選手のMIX THE BEST!9

逆片エビ固めに鎌固めと、早くも決めにいこうとしているかに見える金城選手ですが、まだ時間帯が早すぎるか
粘る男子レスラーをさらに攻め立てていく

ハイキックを浴びせて朦朧とさせてから、足4の字固めに

maov453

動きがスムーズになっています、練習の成果が出ているのしょうか
(いずれ、フィニッシュホールドに使う日が出てくるかも)

「どお、早くギブしなさいよ。 (アンタが)反則したって負けないよ!」
さらに、「返せないの? たかが女の技でしょ」と、セリフと一緒にジワジワ攻めていきます

maov459

さんざん左膝を痛めつけられる男子レスラーは「反則じゃねえか」とアピールしますが、「これは反則じゃないわよ」と言いかえして、さらにキック

起き上がらせてからも、ダメ押しのように左膝にキックを浴びせます。
(相手の弱点を徹底的に攻めるのがプロレスの基本ですからね、彼女が文句なく正解

maov463

これでもかとキックの嵐で、そろそろトドメにいこうかとする金城選手でしたが、ようやく男子レスラーが反撃に・・
ベアハッグ

maov483

極楽固め(ブラディーEX?)、さらにはグラウンド卍固め
(前回のMIX戦でも喰らった技ですが、「PRO-STYLE THE BEST Ⅲ」で、パンサー理沙子選手に掛けていましたね。おそらくこの試合で習得したのでしょうか

maov490

だが反撃もここまで
ファイティングスピリット丸出しでこれを解くと、ロープの反動を活かしてのキックを浴びせてフォール

maov500

これを返されると、怒涛のフィニッシュ技3連発へ

まずは、ロックアップで組み合ってからの・・・、ローリングしての膝十字固め

maov515

これはロープブレイクで逃げられますが、まだまだ。 
再びロックアップ→前回のMIX戦で見せた飛びつき式の腕ひしぎ逆十字固め

「動くんじゃないわよっ!」
あわ、正直これで極まっちゃうかな・・
(観ている側の満足感としては、もうチョットなんですけど


と思っていたら  男子レスラー、苦し紛れの太もも噛みつき攻撃~
(これはナイスだ  リアクションも素晴らしいぞ! 金城選手

maov530

で、最後は再び左腕を狙って、ローリングしての腕ひしぎ

さすがに、この連続攻撃の前にはギブアップするしかない男子レスラー。  
これで勝負あり    カン、カン、カン、カーン



試合後のインタビューでは、息が上がっていながら、

「今回は男性相手だったが、なんとか死守できた。 今回は思い切って、まだやった事のない技をやらせて頂いて、「できる」と思ったので、自分でも意味のある試合だった。 今まで打撃だけと言われていたが、関節技も覚えつつある。これからも見守っていて欲しい」というコメントをしていました。

maov556

コメントどおり、今作では新技を多く披露していて、「プロレス」として十分堪能できる試合を魅せてくれました。
またセリフ回しなどもヨカッタです 

強いてコメントするとしたら、フィニッシュの腕ひしぎでしょうか。
2種類の入り方で、立て続けに極めるシーンはさすがですが、男子レスラーにもう少し‘苦しませて’タップさせる技だと最高。

例えば、「卍固め」とか、「ロメロスペシャル」などを磨くと、もっと凄いレスラーになると思います。
(ロメロスペシャルは、FG大会で対雨宮留菜戦のフィニッシュに使ってますが、さすがに男子相手にはムリかも


何はともあれ、「MIX THE BEST」と謳うに相応しい良作だと思います

 


金城真央選手のMIX THE BEST!8

これまでの金城選手のMIXプロレスでは、腕ひしぎが定番のフィニッシュになっているだけに、新技を次々と披露している今回は、違う技を是非

それに応えて?ではないでしょうが、右足も一緒に抱え込んで締め上げる

maov408

そして再び逆片エビ固め。 
「どうだぁ! もうそろそろギブしてもいいじゃない」

体力的にも、この辺で出来れば決めたいという雰囲気が。
(これほどの運動量のファイトで、3本目ですからトーゼンですね

maov413

maov416

しかしここは耐える男子レスラー。 どうも逆エビ固めでの負けは受け入れないようです。

ならば  1本目の時にフィニッシュを狙っていた鎌固めではどうだ

maov424

足がうまくロックできないが、ここは必死

maov428

もう一度トライして、ギブアップを迫るもトドメを刺せない


ウ~ン、しぶとい。。 ここは仕切り直して、、、

maov436

怒涛のキック&キック攻撃で、相手の戦意を削いでしまう作戦か

maov446

男子レスラーはもう防戦一方。  

竹刀などを持ち出されるようなスキを見せなければ、勝利はまず間違いなさそうに思えます。
(場外乱闘というオプションも使いたいでしょうが、金城選手はそんな挑発に乗らないでしょう)


しかし金城選手も、だいぶフラフラになってきています。。

maiv449

この勢いを維持して勝ちきる事ができるのでしょうか



金城真央選手のMIX THE BEST!7

1-1となって、いよいよ決勝の3本目

どのような形で決着がつくのか
まずは、男子レスラーが再びヌンチャクを持ち出して、揺さぶりをかけてくる。

maov363

しかし、このまま相手のペースには乗らない金城選手。 すぐにヌンチャクを使えないようにして、、、
これまた新技のコルバタ!

maov369

見事に男子レスラーを吹っ飛ばすと、得意のキック&踵落としで金城選手ペースに
コーナーに連れて行くと、スイングDDTへ

maov377

見事に決まったぁ

maov382

首投げの後は、首4の字でグイグイと締め上げていく(胸元の汗も
「どうよ、ギブ?」 「女なんかに負けるわけが・・」 

maov387

さらにロープに追い詰め、エグいキックを見舞って、ヒートアップしてきたぞ、金城選手!

maov393

まだまだぁ~  フェイスバスターからの、、、

maov397

倒立式ボディスラム  こちらは角度も十分  

maov402

そして、これまで男子相手へのフィニッシュホールドにしている腕ひしぎ逆十字固め  
今回もこれで極めにくるのでしょうか

maov405

 

金城真央選手のMIX THE BEST!6

またまた男子レスラーの反則攻撃をきっかけに、攻め込まれている金城選手。
3本勝負の「鉄則」からすると、この辺でギブアップしておいた方が無難、と思いながら観ているんですが・・。

さすがはチャンピオンの意地 逆4の字
しかし、これは男子レスラーにとってはキツくない。。 

maov282

そういえば、牧野絵里選手とのプロレスで、同じように苦しめられた事がありましたね~。
(あちらは、逆側から掛けられた足4の字なので、ちょっと気持ちヨカッタのかも)


金城選手、執念を見せますがまた返されてしまい、今度は太ももにエルボースタンプ攻め

「反則大好きレスラー」ですが、さすがに股間へのエルボーは無し。 

(昔、学生プロレスで、女子が男子にこの攻撃をしているシーンを観て、「ひょっとして」とか、何気に〇〇〇に触れちゃったり、があるんじゃないの、なんて想像していたのを思い出しました・・

maov288

果たして何で金城選手からギブアップを奪おうと企んでいるのか、男子レスラー
今度はカナディアン・バックブリーカー~!

maov296

これでは、(金城選手がギブを受け入れる技としては)不十分か。。
さあどうする (ロープの間に身体をこじ入れての反則攻撃もイイかな

maov303

腹パンチを受けて、うずくまってしまったところをボディシザース。
これでもか、とスタミナを奪おうとしますが、まだ諦めない

maov312

いよいよトドメと、男子レスラー怒涛の力技の連発
まずはベアハッグ

maov318

お次は背後からのベアハッグ
(水着のカットの食い込みが観れると、大変ウレシイ技です

maov328

この流れを見ながら、ふと  もしかして
海外の女子レスラーで大好きな、「Unique Leigh選手」のMIX戦の終盤と展開が似ているぞ

予想どおり(?) アルゼンチン・バックブリーカーがキタ~

maov339

ここで相手の顔に手が伸びたら、、、ひょっとして というところでしたが、金城選手はあまり抵抗できず、つ、つ、ついにギブアップ

金城選手が2本目を落として、決着は(やはり)3本目に持ち越されましたぁ~


それにしても、予想はしていたものの、金城選手のギブアップ負けが観れたのが少し嬉しい

やはりプロレスはこうでなくちゃ
ですが金城選手は、この「アルゼンチン~」では限界まで堪えていなかったように思えました。
3本勝負を闘う上では、大事な駆け引きともいえます。


はたして、決勝の3本目はどんなファイトを魅せてくれるのでしょうか




金城真央選手のMIX THE BEST!5

男子レスラーのヌンチャク&竹刀攻撃で、ピンチを迎えている金城選手。

フルネルソンに耐える  苦しむ表情よりも、胸の谷間の汗に

maov245

なんとか踏ん張ってエスケープしたところで、今度はコブラツイストの応酬が

maov248

maov251

コブラツイストでは、やはり劣勢のようですね。 う~苦しい

maov256

しかしこの‘恥ずかし’逆エビ固めも喰らってしまうとは・・ これもある意味

maov264


それでもまだ容赦しない男子レスラーは、カンパーナ??
(あっ、どこを擦り合わせているんだって~、ちょっとレフェリー~

懸命に首を振って、ギブアップを拒否している姿が、なんか健気に思えてしまいます

maov270

はあ~、、もお~

maov273

さらに足4の字固めを決められて、いよいよ追い込まれたか金城選手

maov275

  
だが、「足4の字でギブアップなんかできるものか」という執念が勝ったのか
これを返して逆4の字に・・・

maov279

闘志は素晴しいですが、この試合は3本勝負! 
ここで粘ってスタミナが持つのか、それともまだ全然余裕? 
(3本目まで持ち込む事は、考えないようにしているのでしょうか



金城真央選手のMIX THE BEST!4

なんとか踏ん張って決めた、鎌固め
鎌固めは、通常パフォーマンス技で、フィニッシュホールドとは言い難いですが、この時間帯なのでひょっとしてでした。

ちなみに、自分が女子レスラーと対戦する時に、女子に鎌固めを掛けられると、、まずギブアップを覚悟しますね
(完成度が高ければ高いほど、「タップしないとマズっしょ」という感じで)


やはりこれでは降参しない男子レスラーでしたが、、、
これまた新技 レインメーカー  (これは彩月みほvs金城愛菜での応酬が印象的な技でしたが、今は使い手も多いですね)
 

maov192

ついにカウント3が入って、1本目は金城真央選手

maov196

さかんにフォールを狙いにいっていた金城選手でしたが、本当にフォール勝ちしてしまうとは
う~ん、プロレスだなぁ。。 (金城選手はプロレスラーとして間違いなく進化を遂げている

「どうせ女じゃないんだよ。 女だって男に勝てるんだよ!」という強気のセリフもグッド


しかしこうなると、次の2本目は金城選手が負ける事がほぼ確定。
(2本連取という可能性もありますが、それじゃあ・・ネェ

どのような展開で負ける事になるのかに注目の、2本目


男子レスラーの挑発に、「かかってきなさい」と冷静な金城選手。

maov200

そしていきなりの大技を披露します
おおっ

maov206

フランケンシュタイナー
正直たまげました

maov209

ダウンした相手に馬乗りになって、パンチの嵐を浴びせる金城選手。
このままの勢いが続くのかというところで、やはり   レフェリー~

maov213

頭を押さえてすぐに起き上がれないスキに、なんとヌンチャクを持ち出してきた男子レスラー。
ここから卑劣な反則攻撃のオンパレードが始まります。
(それにしても、男子レスラーのヌンチャクの扱いが、なかなか上手いんですよね・・

maov221

ヌンチャクだけでなく竹刀も使って、甚振られてしまう。。
こんな悲壮な表情の金城選手を観るのは、初めてかもしれませんが、水着の中に着込んでいるのもクッキリ。
(ここはちょっと

maov229

かなりスタミナを消耗してしまったのでしょうか。 でも、まだプライドにかけて落ちる訳にはいかない

maov240



金城真央選手のMIX THE BEST!3

少しピンチを迎えましたが、すぐに形勢逆転した金城選手!

得意の打撃系で攻めると、、フォール
上半身を密着させないのは、‘グラドル’なのでやむなし。。 しかし積極的にフォールを狙いにいく姿勢がイイです

maov123

これは、予想どおり跳ね返されるも、今度はミサイルキック
そして、痛みがコチラにも伝わってくるようなボディシザースで、相手のスタミナを奪っていきます

続いて、こちらも新技
勢いをつけての、倒立式ボディプレス (雨宮留菜選手や成宮梓選手も得意にしてましたね

maov139

さらには豪快に投げ捨てると、再びフォール。 今度は(男子レスラーにとっても)良さそうだがどうだ

maov149

まだ3カウントが入らない
「しぶといわね~」  もう一度気合を入れ直す金城選手

maov154

今度こそトドメ と、シャイニング・ウィザード(的なキック)! 
(もう少し身体が浮けば良かったかな  でも、キックが売りの金城選手だけに、これでも成立ですね)

maov159

これで3回目のフォールにいきますが、なんとこれも返されてしまう

アレっ  ココまでくると・・・ ひょっとして1本目は攻め疲れて取られてしまうパターン


イヤイヤ、金城選手は、まだ攻撃の手を緩めない

maov171

両手での逆片エビ固めがガッチリ決まったっ! 
「ギブしたら?」

これで勝負アリ  と金城選手は思ったのではないのでしょうか。。

maov176

今後は、女子相手には逆エビ固め。 男子相手にはこの逆片エビ固めをフィニッシュホールドに使うことになる。 
そう思わせるほど、うまく極まっています

(実際、3本勝負で2本奪うとなると、金城選手得意の逆エビ(逆片エビ)+と、鑑賞前の自分は思っていたので・・)

んが、ここもギブアップしない男子レスラー


ここで金城選手、執念を魅せる

maov184

鎌固めで勝負だ~

maov185



金城真央選手のMIX THE BEST!2

これまでのファイティングスタイルに変化をつけ、「プロレス」を積極的にモノにしようと頑張っている金城選手

前回(「ファイテイングガールズ11 ミックスファイト」)で多用したスネークリミットの後は、逆片エビ固め
男子レスラー相手に、逆エビ固めはキビシイと判断したのか、片足をしっかりと抱えている
(前回から、よく研究してきていますね

maov38

その後も攻勢が続く金城選手ですが、男子レスラーも負けてはいない。 
アキレス腱固めの応酬だぁ

maov54

とおっ
闘志みなぎる表情からの顔面へのキックは強烈かも

maov56

そして足4の字固めも、随分上手くなってきたと感じますね~ 
(それにしても、男子レスラーの足の位置が気になってたりして

maov64


男子レスラーの反撃に遭い、ネックシザースで攻められても、このバネのある返しは素晴しい

普通は、勢いのない跳ね返しを何度か阻止した後、3回目くらいで開放してあげるのが‘お約束’かと思いますが、お約束でなくても十分に返せています。

maov77

そしてまたも新技が出ます
ロメロスペシャルの寸止め? (カベルナリア?)

maov90

さらに腕ひしぎでダメージを与えたところで、再びスネークリミットというところで、、、

オオ~、レフェリー! ヘア~  
(実際にカウントは入りませんが、男女の対戦にはナイスな要素。  このあたりの演技も、金城選手巧くなってきてるのではないでしょうか

maov100

ここから少し劣勢に。 
しかし、密着・膝十字固めを喰らっても、すぐにパンチを繰り出し、強引に外すところはさすが

しかし、この角度での逆エビは凌ぎ切れないか、ここは早めにロープエスケープ。

maov114

技を受けている間は、ダメージを最小限に食い止めるようにしている金城選手。
3本勝負で闘う上では、大事な駆け引きでしょう。 
(喘ぎ声を出して長時間粘って欲しい、というファンの方もいるとは思いますが、ここはリアルさを追求か。。)

この1本目は、金城選手が優勢に試合を運びつつ、男子レスラーが反則攻撃をきっかけに自分のペースに持ち込もうとする展開になっています。



金城真央選手のMIX THE BEST!

正月発売のこの作品でしたが、大変お待たせいたしました
国見奈々選手を破った、現FG王者の登場であります


「PROーSTYLE MIX THE BEST 金城真央」(バトル様)


有難い事に、最近はレビューのリクエストなども頂けるようになっておりまして、この作品も人気がありました。

個人的な予想としては、負けは無いだろうと思っていましたが、「BATTLE プロレス アイドル列伝 VS男子レスラー①」と、どのように違いを出してくるのかというところで、注目でした。
なんといっても、「MIX THE BEST」だし


まず、観て初めて分かったのは、①この試合が「3本勝負」だったということ。
ということは、金城選手の負けシーンが入っている(に違いない)

さらに、(これは自分の見た目ですが)②だいぶ‘寄った’アングルで撮られていて、臨場感がより感じられます

逆に演出的な要素が少なく、「安藤あいかvs新垣ひとみ」の時のような入場シーン(&ガウン羽織り付き)は欲しかったかな、という印象。(ていうかリクエストです


試合前の金城選手のインタビュー。

「ども~、金城真央です」 軽いノリで始まったあと、
「私がこのベルト(FG王座)を持っているのが気に入らないという男子レスラーがいて、彼には新垣ちゃんも苦戦したと聞いている。なので今日勝てば、私も新垣ちゃんと同じように、バトルクイーンと同じ位置に立てるのではないか」とコメント。

maov3

ここが金城選手の性格の良さというか、仲間への思いやりの強さを感じます
この撮影の時には、新垣選手の事情も分かっていたはずで、その中でこのようなコメントをしてくれることに拍手


そして注目の3本勝負のゴングが鳴ったぁ

まずは、例によって‘金城スタイル’のジャブの応酬で始まったところで、いきなり「武藤つぐみvsみおり舞」の開始直後の殺陣のような、見事な動きを魅せてくれます。

maov19

「やるじゃない」  う~ンいい緊張感です
 

またキック・パンチの応酬が始まるかというところで、な~んと
両足立ちの状態からジャンプしてのミサイルキ~ック
(普通はロープに飛んで、その反動を使っていきますが、オオっ

maov31

このキックは、相手の腹になんとかヒットした程度ですが、チャレンジ精神にあっぱれ

さらに、今まで挑戦してこなかった新技が次々と出てきます



国見奈々選手の復活が待たれる!(チャンピオンカーニバル構想続き)3

常に気合が入りまくっている「燃える(萌える)闘魂」国見奈々選手ですが、和気藹藹とした雰囲気でのMIXプロレスの一部をご紹介。


「THE 個撮ファイト No.01」(格闘崇拝者様)からです。

この作品には、国見奈々選手の「インタビュー」、「イメージ映像」、「技の練習」、「試合」シーンが収録されているのですが、今回はその中から、「技の練習」シーンを中心に
(自分が実際にやっているMIXプロレスに、だぶらせてみたいと思いまして。。)



自分が女性レスラーと対戦する時には、必ずこの「技の練習」をしっかりやってます
初めて対戦する女性であれば、試合前後のシャワーと同様、必要不可欠だと思っています。

事前にメールのやり取りで、繰り出す技や設定などを理解してもらっている場合でも、どのくらいの力加減ならば大丈夫か、また、お互いの身体の柔軟性(硬さ)を分かっておかないと、怪我に繋がりかねません

あとは、練習をしながら雰囲気を盛り上げていくというのも大きいと思います。
(‘アタリ’の女性と組んだ時は、この段階で〇〇〇が大興奮して、水着に思いっきりシミを付けちゃっている時もあります



足4の字固め。 すぐには上手く掛けられない技の一つでしょう。
すぐにマスターしてくれる女性だと、とっても嬉しい

kosatuk50


コブラツイストは身長差があると難しいですし、強く締め上げると、肩が痛くなる場合もありますね
(それにしても、男性のこのマスクは、、、ウ~ム

kosatuk67

お次はドラゴンスリーパー。

kosatuk84

掛け方を教えたら、キツいタイミングでタップしてもらって加減を把握。 本番に備えます

kosatuk91

国見選手の技はやはり強烈過ぎるのか、男子レスラーが咳き込み、心配してくれています

kosatuk97


こちらは足技?(ストレッチ?)
そういえば、最近は整体やストレッチ専門店に通う方も多いと思いますが、男性が女性のトレーナーさんに担当してもらうと、ひょっとして、こんな雰囲気を味わえたりするのでしょうか
(自分は整体で、女性の方にやってもらう事もありますが、そうはならない

kosatuk111

こちらは肩だったりして?

kosatuk61

(そんな訳ないか 失礼しました



さて、コミュニケーションをしっかり取って、雰囲気が盛り上がってきたところで試合開始

kosatuk193

kosatuk290


ご覧のとおり2つの水着を着用して、2試合収録されています。
試合終了後は、素敵な笑顔で握手

kosatuk371


国見選手の魅力がぎっしり詰まったこの作品、おススメです
(リングを使ったプロレスに拘る方には、物足りないかもですが・・・)

ああ、、また国見奈々選手復活してくれんかな~



国見奈々選手の復活が待たれる!(チャンピオンカーニバル構想続き)2

国見奈々選手が、男子レスラーとリアルファイト
おそらく国見選手のMIXプロレスを観た作品は、これが初めてだと思います。

「REAL MIX PRO-WRSTLING vol.2」


鍛え上げられたエロい肉体を披露しながら、ものすごいファイトを魅せつけてくれます。

逆エビで苦しめられても・・・耐える耐える

nanak2

苦しい展開でも嬉しいサービス付き

nanak3

ロープ越しの鼻フック攻撃まで受け切ってしまう国見選手に脱帽

nanak5

攻めに転じると、セカンドロープからのダイビングヒップアタック、首4の字固めを効果的に極めて、スタミナを奪うと

nanak6

nanak7

迫力満点の技で、男子レスラーから完全ギブアップ勝利
これぞデスマッチ
超おススメの一品です




今度は、「PRO-WRES TAG MATCH MIXED vol.4」。 
この試合では、「国見選手といえばこのリンコス」で登場、男子とタッグを組んでのファイト。


だいぶ自信がついて、余裕が出てきたのでしょうか、オーラが違います

豪快な逆エビ固め  自分なら即ギブアップしちゃいそう

nanak12

フォールも、MIXマッチにありがちな遠慮がなくて素晴しい
(表情がプロレスラーそのもの

nanak16

ベアハッグを受けていても、この闘志剥き出しの表情・・・
(コラ、男子レスラー 相方見てないで、国見選手の胸に顔を埋めてしまってイイんじゃない

nanak17

そして18番である、シャイニング・ウィザード

「THE 個撮ファイト No.01」のインタビューで、「この技(シャイニング~)と得意技としたのは、小さい体格なので見栄えするので・・」というようなコメントをしていましたね。

nanak19


小さい体格ながら、闘志マンマンのど根性ファイトで、ファンを魅了する国見奈々選手。

最後は、少しリラックスした表情の国見選手も、ご紹介したいと思います。
Coming Soon



国見奈々選手の復活が待たれる!(チャンピオンカーニバル構想続き)

妄想がまだ終わらない「チャンピオンカーニバル」出場希望選手紹介。
(気が済むまで、もうしばらくお待ちください  じきに中断しますんで・・)


続いて登場するのは、前FG王者である国見奈々選手。
最近は、すっかり露出が減ってしまい、残念な日々であります


国見奈々選手の持ち味は、‘ど根性’ファイト

レスリングテクニックや、受けの美学は二の次。 とにかく闘志剥き出しのファイトに惹かれちゃうんです
「美しい勝ち」はないが、とにかく「負けない」レスラー。

象徴的だったのは、新垣ひとみ選手とのタイトルマッチでの20分フルタイムドローでしょうか



直近のラストマッチは金城真央選手とのタイトルマッチ

終了10秒前でのギブアップ負け、というのは衝撃的なものでしたが、それも国見選手的には最高の「負けの美学」だったと思います。
(「負けるならばこのシチュエーションで」 と決めていた。自分はそう考えています)



あの闘争心が折れていなければ、間違いなくトップに返り咲く可能性が高い国見奈々選手。
FGやバトル作品への復帰を心待ちにしているのですが、まずは古巣であるSSS(スーパーソニックサテライト)

SSS・ルーキーズ・リーグで、華宮花選手が優勝し、ベルトを狙いたいという話が出ました。
おそらくそう遠くない時期に、SSSの王者決定トーナメント開催があるのではないかという期待をしてしまいます。
そして、若手の華宮花選手に実力を見せつけ、復活アピールをして欲しい



まずはデビュー当時の颯爽とした姿を
「サンダー女子プロレス LESSON2」(スーパーソニックサテライト様)から

hida7

ウ~ン、、、やっぱりイイ。。

SSSの初期の作品は、「真弓ナナ選手のMIXプロレス」の時もそうですが、試合前にガウンなど(国見選手は道着)を羽織って、という登場シーンへのこだわりが良かったですね

まだ若手だった国見選手は、女帝・日高ゆりあ選手に痛い目に合わされてしまうのですが、その中でも根性はしっかりと魅せてくれています


果敢にバックドロップ を決めるシーンも!

hida64

ここでは、完膚なきまでにヤラレてしまった国見選手でしたが、やはり根性がスゴイ
敗戦のショックですぐに引退するような、ヤワな選手ではないんです。

hida155

それにしても、FGに登場の時は、この青とオレンジの競泳水着を着用していましが、どちらも彼女の体型ともマッチして似合ってますね~


(続く)



日高ゆりあ選手の復帰はあり得るのか!?(チャンピオンカーニバル構想の続き)4

こちらは、「第2回 SSSGP決勝」(スーパー・ソニック・サテライツ様)での松沢優選手との決勝戦から。

松沢優選手は、当時の自分の大のお気に入りだったので、この試合では秘かに応援していたのですが。。

3本勝負のこの試合は、1本目は松沢選手が圧倒

yuriyu40

しかし、2本目に日高選手が松沢選手の右足を破壊してからは、完全に日高選手が試合を支配、、、

yuriyu77

yuriyu107

日高選手の攻撃は、とてもエグイという見方もありますが、プロレスの基本ともいえる「相手の弱点を徹底的に攻める」というオーソドックスなもの、ともいえるのではないでしょうか。

しかし松沢選手、ホントに痛そう (ナイス演技

yuriyu135

最後は、アルゼンチンバックブリーカーで勝利
勝利後も、松沢選手に優しくなんてしてくれません

yuriyu149

yuriyu150


残念でしたが、松沢優選手は準優勝として、(随分と立派な)トロフィー授与。
(豊満な胸で楽しませてくれた事に‘特別賞’を差し上げたい  欲をいえば、得意技の足4の字固めも観たかったけど

yuriyu165

そして、こうなると優勝の日高ゆりあ選手のは・・・、うゎデカッ

yuriyu161



松沢選手との一戦は、華麗なるプロレス技の応酬というよりも、女としての意地とプライドのぶつかり合い

国見選手との一戦では、「プロレスとはこうである」というところを魅せつけてくれた印象の日高ゆりあ選手でした。

返す返すも、なんで男子相手には負ける作品が多いのか不思議です。。


この当時の肉感ボディと動きが蘇れば、今でも十分、バトルクイーンになれる逸材。
復活のチャンスがあれば、屈辱の敗戦を経て、FG王者にまで上り詰めた国見奈々選手との再戦も、観てみたい

そして、何より! 
互角な展開のMIXプロレスに、ぜひ出演して頂きたい・・と思います



プロフィール

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR