白いんこ選手のMIXプロレス!3

さあ、2本目! 今度は(おそらく)いん子選手が負けるシーンが見れるはずですが、どのような展開になるのかが注目

序盤は1本目と全く同じ。 力比べから、いん子選手のキック
そしてスリーパーホールドと、まずはいん子選手が積極的に攻めていきます

inko128

しかし 絞めていた腕を噛まれてしまってから、形勢逆転
男子レスラーは、パイプ椅子を使って、再び反則攻撃

inko144

inko154

(このパイプ椅子を首と足首に引っ掛けて、女子レスラーが身動きすればするほど苦しくなるという‘頭脳的?’凶器攻撃も、最近はよく観られるようになりました)

凶器攻撃でダメージを負えば、女子レスラーが負けても納得できる形にもなります
(ちなみに金城真央選手の時は、ヌンチャク&竹刀でしたね

この流れを変えることができるのか 苦しいいん子選手!

inko179

腹パンチ攻撃を受け、敗色濃厚なムードに

inko185

逆エビ固めで、ギブアップしておくか
息も絶え絶えですが、ここは凌ぎます。

inko190

さらにSTFを極められた後、最後は胴締めスリーパーで失神KO

inko201

1本目を取ったので、2本目は「あまりダメージが残らない程度に負けておく」のがセオリーなのでしょうが、いん子選手、失神まで耐えてしまいました・・

いかに体力を回復させて、3本目に臨むかがポイントになってくるところですが・・・




スポンサーサイト

白いんこ選手のMIXプロレス!2

1本目、上々の滑り出しかと思われた白いん子選手でしたが、早くもローブロー

攻守逆転で、アキレス腱固めに、逆片エビ固め

inko42

堪える表情、喘ぎ声が、ナカナカ・・・イイです

inko51

そして、キャメルクラッチ(分かりづらいですが、お尻重視で

inko53

さらには、上半身だけをロックしたコブラツイストと、連続攻撃を受けるいん子選手。

(MIXプロレスでのコブラツイストでは、太もも同士を絡み付けあうのが醍醐味なのですが、ここは少し残念。 推測ですが、男子レスラーの〇〇〇がしていて、絡みづらかったのでは ちなみに‘お決まり’のコブラツイスト返しも、ここではナシ)


まだ攻撃の手を緩めない男子レスラー、ここでベアハッグ

inko73

 頭を掴まれ、で立ち上がらされますが、早くもグロッキーか

inko77


男女が身体を密着し合うプロレスでは、女子レスラーの喘ぎ声・息遣いは大事な要素。

いん子選手のレスリングには、それが十分あり、このシーンでいうと、動きがスローな分、興奮度が増したような気がします。
さすが、「三十路新人グラドル&エ〇ドル(笑)」というキャッチコピーはダテではありません


シュミット流バックブリーカーにも苦しんでいる。。。 1本目は厳しいか

inko84


しかし、ここで盛り返す
お返しのローブローから、「よくもやってくれたわね」と、フェイスバスター


そして・・・ここで
まず、相手の鼻を抑え、呼吸を苦しくさせて

inko96

ネックシザースを極めながら・・・

inko99

相手の足をクロスさせてホールド! 
「どお? これが‘グラビア・ロック’よ

inko105

(ネックシザースしながら、足を捕まえて逃げられないようにしているだけのようにも見えますが、それは問題ではなく、技名をちゃんと考えてくれるところが、「プロレスラー」としてアッパレと思います

男子レスラー、たまらずギブアップ
ですが、「卑怯ものの声は聞こえない」とすぐに離さず、ついには失神させて、1本目を取りました~




白いんこ選手のMIXプロレス!

お待たせしました(?)、先日のFG13に出場し、今後も活躍を期待したい選手のご紹介を、順次していこうかと。


まずはこの選手から

初出場とはとても思えない、落ち着いた試合運びを魅せてくれた白いん子選手
(ちなみに、自分も‘FGデビュー’を果たしました

惜しくも小西まりえ選手に敗れはしましたが、存在感は十分なものでした。
次回も参戦を期待したい、白いん子選手の、MIXプロレスを紹介したいと思います


「ファイティングガールズ13 ミックスファイト&イメージ 白いん子」(バトル様)



お馴染み・本興行に参戦する選手の宣伝であり、選手本人にとってはトレーニングの場でもある、道場マッチの作品

そういう位置づけですので、勝負そのものは度外視(女勝ち)で、「どのようなパフォーマンスを魅せてくれるか」が注目


少し前は、2試合収録で、1試合は攻め(勝ち)、もう1試合は受け(負け)という時もありましたが、この作品では3本勝負というスタイルに。
(これですと、女子レスラーの勝ち・負けと両方のシーンを見れますし、一方的な試合展開だけを鑑賞することもないので、良いかも


最近は、雨下いのり選手や、小西まりえ選手(まだレビュー書いておりません・・、次回あたり必ず!)のMIX戦も良いのですが、白いん子選手の試合は、一味違った‘大人の色気’を十分堪能することができます。



試合前のインタビューでも、これから視聴者を楽しませようとする雰囲気が十分漂ってきていて、イイですね

inko5


さあ、3本勝負の1本目

「負けないわよ

まずは力比べから、キックを喰らわせて首4の字固め、、、という定番の攻めからスタート。
さらに腕ひしぎ逆十字から、スリーパーホールドと積極的にいきます

inko28

さらには極楽固めも極めて、、、というところで、早くもローブローをもらってしまったぁ~ 

inko39

1本目はどちらが先に獲るのでしょうか

(3本勝負の1本目は、それが分からないのがイイですね  一般的には2本目を取った方が、その勢いのままに勝利するパターンが多いような気もしますが、はたしてどうなりますか




安藤あいか vs 新垣ひとみ (女子プロレス名勝負!)4

ロープに振られてからの、新垣選手、逆転のボディプレス
これは威力抜群。 これで安藤選手の動きが一気に鈍ってしまいました
(フツー、これでフォール負けしてもおかしくないでしょ

安藤選手を、豪快にボディスラム
(思わず、股間に手がいっちゃうところが、、自分なら「アオッ」と声が出ちゃうかも

thebest318

FGでのフィニッシュホールドとなった、ドラゴンスリーパー
これで失神か

個人的には、よく多用しているフィニッシュホールドです  
技を極めて、「ギブアップ?」と迫りながら、女子レスラーの胸をジーッと観ていられますし、両足をバタバタさせて、もがいてくれるのも艶めかしくてまた良し。。

  
thebest348

ここは安藤選手、よく凌ぎましたが、続くスリーパーではやはり落ちてしまいました
(安藤選手の失神KOは、この時には定番となりつつありましたね。 早乙女さゆり戦しかり、この試合の前の「スタープロレス MIX TAG MATCH」でも、アルゼンチンで・・)

thebest367

ですが、3本勝負の2本目に、この形での負けは痛いです
(3本勝負で2-0のストレートというのは、まず考えられないので、失神するなら1本目で出し切るが鉄則なのでしょうね。  早乙女さゆり戦では1本目でしたので、望みが十分ありましたが


案の定、3本目は疲労困憊で、ゴングからこうなってしまいます(ウ~ン

thebest391

ここから奇跡の逆転劇を期待していたんですが、実際にはここから安藤選手の長期休養(引退ではないと信じたい)カウントダウンになっていってしまいます


苦しい展開になっていく安藤選手。(それでも、ここからの眺めは、オオうっ

thebest397

しかし安藤選手、ボロボロにされながらも、‘お約束’は理解し尽くしています、さすが本物の女子プロレスラー 
ロメロスペシャルに手を貸し・・

thebest399

新垣選手がコーナートップに登りに行けば・・・
ふらつきながらも、立ち上がります

本当に負けたくない時だってあるでしょうし、その時はそのまま寝ていればイイ訳で。
しかし、これが「プロレスの美学
負けを覚悟した安藤選手は、「美しい負け」を選択したんだと思います。

thebest475

潔く受け切った安藤選手、最後はやはりコレでギブアップ

thebest499

見事、安藤選手に勝利した新垣選手は、最後に
「お互いチャンピオンになったら、もう1回闘いましょう」 と話しかけて別れました。

この当時は、新垣ひとみ選手はまだ「無冠の女王」と呼ばれていた時代。 その後彼女は3冠王者となりました。

新垣選手も現在は微妙な立場のようですが、安藤選手が復活して、見事SSSGPのベルトを手にする事があれば、あの時のセリフが蘇ってきます。

なんとかこの両者の再戦が実現してくれたら


ものすご~く難しい現実は分かっているのですが、だからこそ「ドリームマッチ」というフレーズがあると思いたい。


※自分のお気に入りシーンをご紹介するだけで、こんなにかかってしまいました。。

この作品は、やはり購入して鑑賞することをおススメします
 




安藤あいか vs 新垣ひとみ (女子プロレス名勝負!)3

互いにスレンダーな身体の両者の闘いは、とっても興奮
(真剣な勝負の中にエロさが

Q さあ、ここからどうなるでしょうか

1 安藤選手の河津落とし  2 新垣選手の首投げ  3 新垣選手の卍固め

thebest202

正解は・・・

thebest210


ちなみに、新垣選手は卍固めを意外に苦にしている感じがありますね。 

(「スタープロレス~」の時にザ・コブラの技にギブ寸前(安藤選手のカットがなければもしや)、この後の遥めぐみ選手との3冠王者戦でも、「もう終わったぁ」と観念しかけたシーンもありましたし。)


この試合では、両者とも前半は闘志剥き出し
鉄柱攻撃もやり合ってます

thebest141

thebest217

1本目のフィニッシュは、安藤選手がパワーボムから執念で丸め込み
カウント3

(男子女子の場合は。。やはり意識しちゃうだろうなあ 
下半身がオッキしたまま抑え込んで、バタバタされたら、、。 う~む、ちゃんとカウント出来るかな 逆(新垣選手側)ならば問題ないけど )

thebest239



2本目も前半は安藤選手が攻めていきます。

ドロップキックも炸裂させますが、立った状態だとお腹にヒットしてしまうからでしょうか、今度は新垣選手が片膝をついて、胸元にナイスヒット
(やはり新垣選手は、こういうところが巧い

thebest290

さらにボディスラムを決めた後で、新垣選手を起こす安藤選手。
(こういう時に、相手に何か囁き掛けているように感じるのですが、実際はどうなんでしょ
「次(逆転)だよね」とか、「まだ大丈夫? イケる?」 とか

thebest302

出ました  新垣選手のアクロバチックなターン&ダイビング・ボディプレス

これは危ない技でもあるので、相手との信頼関係が必要ですよね~。
(新垣選手が復帰した時に、この技を受け止めることができる選手は、果たしているのでしょうか?)

thebest306

これで試合の流れが変わったといえるでしょう。
(だいぶカットして書いているので、ちょっと分かりづらいですよね、スミマセン


 

安藤あいか vs 新垣ひとみ (女子プロレス名勝負!)2

先日のFG13で活躍した選手の紹介をさっそく・・・といきたいところですが、、まずはコチラを終えてから。
いったん中断していた、安藤あいか新垣ひとみ戦の続きを。。


イメージシーンとインタビューの後、いよいよ選手入場シーン
(さらにリンコスの上にガウンを羽織ってくれたら、「MORE THE BEST」 by me です(笑) )

新垣ひとみ選手は荒ぶる興奮を抑えているのか、それとも緊張か やや硬い表情で入場。

thebest20

対する安藤あいか選手、悠然と(少し気怠い?)雰囲気を魅せながらリングイン

thebest23

thebest28

至近距離で必要かどうかは置いておいて、マイクパフォーマンス

thebest30

そして、とうとうゴング


ですが、、、 

あまりにもこの試合の見所が多すぎる
いつもの調子で続けていると、ナカナカ終わらないと今更ながら気づきまして・・・


試合の流れや全体の迫力を楽しみたい方は、作品で楽しんで頂くとして、
ココからは、自分のお気に入りシーンをいくつかご紹介、という形にさせてもらいます


thebest53

美しい姿勢での逆エビ固め(しっかりと腰も落ちてますよね

thebest61

腕の極め合い(既に何度も書いてしまったかもしれませんが、巧い選手でないと見栄えがしません

thebest75

thebest83

新垣選手の躍動感あるドロップキック

thebest150

対する安藤選手の、ボディプレス

thebest167

安藤選手の逆片エビ固めに、新垣選手が髪を掴んで抵抗。 このあたりが女子プロレスらしさ満開でイイですね

thebest183

自分も、MIXプロレスしている時に、相手の女子レスラーの髪がロング・ストレートヘアだと、思わず手を伸ばしてしまったことが何度か
(今回のFG13出場選手でいうと、蓮美かな選手だったら・・やっちゃいそう

でも、身体が硬いと、上体を捻る時に腰とか脇腹が。。(若い方には分からないかも


実際に、女子レスラーの髪を掴んでおきながら、脇腹がツッて「イテテ」となってしまった事がありまして。  
「大丈夫?」と彼女に心配してもらい試合を中断、逆にマッサージをしてもらった苦い(ウレシイ)経験が。

それ以来「ストレッチって大事だな」と実感して、最近は風呂上りの日課にしています。
(40過ぎたら、筋肉量<柔軟性

イカン、また話が止まってしまう




ファイティングガールズ13‘春雷’!!

今年初めての「ファイティングガールズ13」。

なんと 13回目にして、初めて観戦させて頂きました

出場メンバーが全て決まってから、スケジュール調整をしていたもので、立ち見(スタンディング)となりましたが、約2時間という、ちょうど良い長さでしたので、疲れも感じる事がありませんでした。

思ったほどスペースが狭い中で、席取り等混乱も生じず、観戦しているお客さんが皆マナーが良いのに感心しました
(さすが、キャットファイトファンは違うぜ


今回は(も?)満員御礼とのことで、ギリギリに到着してしまうと、ちょっと大変だな~と。。(次からはもう少し早めに行こう

でも、知らなかったのですが、入り口手前の立ち見席だと、入場・退場してくる選手をかなり近くで見れるんですね  (ひとつ収穫でした


選手の皆さんだけでなく、スタッフの皆さんもお疲れ様でした

fg13



それにしても、若い女の子が観客と近い空間で、ワンピース水着でプロレスをするイベント
「‘昭和の’良かった時代の女子プロレス」が観れる興行


これは今の時代、とっても貴重と思いますし、今後もずっと続いていって欲しいです

選手同士の身体が触れ合う音、ぎこちない技の入りなども、観ていてとても新鮮
(特に、第1試合・第2試合は、試合開始のゴングから両者が組み合うまで、ちょっとした間があって、それも良かったですね~



それにしても、今回はFGだけでなく、B-1のタイトル戦も、というダブル・タイトルマッチ興行だったのですが、まさか2つともタイトル移動とは・・・


金城真央選手は、なんとなく予感がなくはなかったですが、パンサー理沙子選手までは想定外でした。
赤木ゆう選手、そして夏目雅子選手が、今後どう成長して、王者としての貫禄を身につけていくか楽しみです

金城選手も、またFG、戻ってきてくれますよね
(今日一番、ファンからの声援が多かったのは間違いなく彼女でしょう。)



好カードと事前に予想していた、「小西まりえ白いん子」戦も、予想どおり楽しませてくれましたが、個人的に気に入ってしまったのが、蓮美かな選手


もうスタイル抜群 (特にヒップ周りがタマリマセンでした
これまでほぼノーマークの選手だったので(失礼)、彼女のMIXプロレス作品も購入してみたくなりました。


今回のFGで活躍した選手のMIXプロレスも、順次レビューを書いていきたいと思います。





安藤あいか vs 新垣ひとみ (女子プロレス名勝負!)

FG13の直前ですが・・・、やはり書きたい衝動には勝てませんでした

安藤あいか選手新垣ひとみ選手の女子プロレス名勝負。
(もはや、プロスタイルキャットファイトの域を超越しています


ああっ・・・、それにしても、、なんという素晴しいマッチメイクなのでしょうか

両者ともレスリングテクニック・魅せる技術、そしてルックス・スタイルとも文句なし


確かストーリー上は、「プロスタイルミックスNEO vol.5」からの流れで、「スタープロレス MIX TAG MATCH vol.3」。  ここで仲間割れして敗北を喫してしまった両者が、シングルマッチで決着をつけるという設定。

ただ他にも、その前に開催されたFG6での直接対決で勝利した新垣選手に対する、安藤選手のリベンジマッチ。
さらには、当時のFG王者である国見選手への挑戦権を持っていた(はず)安藤選手に対する新垣選手のチャレンジマッチ。

そんな様々な因縁があったと記憶しています。

この試合が行われず、直後のFGで国見安藤のタイトルマッチがあったなら、相性の良い安藤選手が間違いなく新王者になっていたと見ていましたが、いろいろと諸事情があったのでしょうね~



目下のところ、安藤あいか選手の「引退マッチ」ともいえる作品になっていますが、その見立てを是非とも裏切って欲しいと思うのは自分だけでしょうか・・・。



この両者の「時間無制限・3本勝負」は↓

「PROーSTYLE THE BEST Ⅰ」 (バトル様)
新しいシリーズとして立ち上げるだけの価値が十分にある、見応えのある作品です


thebest7

thebest3

安藤あいか選手のリンコスがまたイイんですね~

thebest10

安藤選手は胸はやや小ぶり(汗)ですが、腹筋からヒップ・太ももにかけてが自分にとってはストライクなのです。。

thebest8

おおっと、見惚れてばかりではいけない
両者の華麗な、そして壮絶な試合を、取り上げてみたいと思います。


(続く)




18日はファイティングガールズ13!!

いよいよ今週末は、FG13

今回は、ダブル・タイトルマッチという、サプライズをもってきましたねぇ~


最初に王者・金城真央選手の出場が発表されてから、「はたして挑戦者は誰になるのか」と、最終発表まで楽しみにしていたんです。

実力的には№2といえる、パンサー理沙子選手は、既にFG、そして「PRO-STYLE THE BEST Ⅲ」で敗北しており、ここで3回目の挑戦はないだろうと。。
(あるとしたら、最初から‘パンサー選手の勝利ありき’になってしまう)


今、自分の中での「チャンピオンカーニバル構想」ということで、金城真央選手を負かせる事ができる(次期バトルクイーンになれるのは)の選手候補を、このブログでも取り上げています。

その中で現実的に考えられるのは、武藤つぐみ選手。
そして、「フレッシュスタートーナメント2015」で、広瀬りほ選手を破り、優勝を飾った小西まりえ選手といったところでした。

(小西まりえ選手は、武藤つぐみ選手のエクストリーム王座に挑戦したみたいで、その結果も非常に気になります  
↑今の勢いからすると小西選手の勝利を予感させるのですが、そうなってしまうと武藤つぐみ選手はどうなってしまうのか   決着の仕方にも注目


しかしエクストリーム王座戦の結果が不明の中、いきなりFGのファイナリストになるにはムリがあるかも
どうするんだろうと思っていたら、、、なるほど!ダブル・タイトルマッチとは



金城真央選手の挑戦者になる夏目雅子選手は、過去FGに2度出場して、連勝。
レスリングテクニックはともかくとして、そのオーラは素晴しいものがあるようです。(自分的には、黒のリンコスが良く似合っていて抜群

ひょっとして、大番狂わせがあってもおかしくないのかも



B-1タイトル戦は、パンサー理沙子選手で堅いでしょう。
赤木ゆう選手の力量を把握していないのですが、ここでパンサー選手が陥落してしまうと、ややこしくなりそうなので。


個人的に注目は、第3試合の 「小西まりえ白いん子
今勢いのあるの小西まりえ選手が勝って、次回FG王者に挑戦となるのか?
または白いん子選手が、FGの常連選手となっていくのか?


このほか、第1試合では天海はるか選手、第2試合では椎名ゆうき選手の闘いぶりにも注目していきたいと思います




本当は雨宮留菜選手にも出場して欲しかった・・・
小西まりえ選手とならば、体格的にもちょうど良いですし、素晴しいファイトが観れるかな?と思っていただけに。。

以前にもどこかで書いたかと思うのですが、バトルにも「ジュニア・ヘビー級」というタイトルが出来てくれたら、この両者はまさにハマると思うのですが、どうでしょうか



いずれにせよ、各選手、怪我だけには気を付けて、素晴しいパフォーマンスを魅せて頂きたいものです




安藤あいか選手の復活を熱望!(チャンピオンカーニバル構想の続き)2

今度は安藤あいか選手ピンチのシーンを

安藤選手が負けてしまう時は、①弱点の腰を締め上げられる逆エビ固め、そして ②スリーパーを凌ぎ切れず失神、という2パターンが殆どではないでしょうか

まずは逆エビ固め

aikaan50

「プロスタイルミックスNEO」では、2人がかりでの逆エビ固めに屈してしまった形でしたので、しょうがないでしょという感じ。

しかし、早乙女さゆり選手との対戦では、‘不完全にみえる’逆エビ固めにギブアップしてしまいます。
(もっとも、あの作品は早乙女選手に勝ちを譲る試合だったとみていますので、その意味ではイイ演技でしたし、苦痛に顔を歪める表情が素晴しいです

新垣ひとみ選手の組んだタッグマッチでも・・・

aikaan55


仮に現FG王者・金城真央選手と対戦した場合をイメージすると、逆エビ固めをフィニッシュホールドに持っている金城選手だけに、かなり苦しい展開になるのでは



次に、首を狙われて大ピンチ

aikaan60

aikaan65

スリーパーなどで落とされてしまうのは、なにも安藤選手だけでなく、全ての選手の弱点。
ただ、そろそろフィニッシュの時間帯かなというところで、「見事に」失神KOされてしまうのが、彼女ならではではないかと

aikaan70

このあたりは、さすが巧いですね~

この「スタープロレス MIX TAG MATCH」でも、本当はこのままトドメを刺されて、フォール負けしてもおかしくはないのですが、失神した事で相手の矛先は新垣選手に向けられ、直接フォールされることを免れています。


ギブアップはしても、失神KOはしても、フォール負けはしない安藤選手でしたが・・・

唯一の例外が、「SSSGPグランプリ準決勝B」での、対中居ちはる戦。
(自分の持っている画像が粗すぎるので、バトル様のサンプル画像からのご紹介です)

bjss1405

この当時は、非常に貴重なジャーマン・スープレックス
(女子レスラー同士でこの技を観たのは、他に国見奈々→雨宮留菜、早乙女さゆり→新垣ひとみ、あとは古条彩華→渡部アキ ぐらいでしょうか


この技は、受け切る方がお見事!と思います。
(受け身が取れない選手には、絶対掛けさせないですからね



そんな訳で、安藤選手の負けるケースは、逆エビ固めかスリーパーかな、というところですが、最後に、これでフィニッシュなんて事が起きたら

aikaan80

うむむ・・・
この記事を書くために、「スタープロレス・・・」を観ていたら、新垣ひとみ選手との壮絶なファイト 「PRO-STYLE THE BEST Ⅰ」もまた鑑賞したくなってきました。。

レビューも書こうかな




安藤あいか選手の復活を熱望!(チャンピオンカーニバル構想の続き)

来週18日に開催されるファイティング・ガールズ13の出場選手が決まりましたね
個人的には、武藤つぐみ選手も出場して欲しかったですが、浅草ロック座公演があるのではやむなし。。

FG13の勝敗予想も、そのうちしたいですが、ひとまず、いったん置いといて


またまた「チャンピオン・カーニバル」構想の続きをもう少し
(そろそろ、「バトルクイーン候補を探せ!」というタイトルにした方がいいかも。。


SSS(スーパーソニックサテライツ)では、昨年「ザ・ルーキーズ・トーナメント」が開催され、しばらく休眠状態のように思われたSSSが盛り返すキッカケを作り、今年も開催。

椎名ゆうき選手など、新たなスター誕生の可能性が


SSSの王者決定戦が開催されるのも、そう遠くはないと思いますが、昨年の新人王・華宮花選手と今年の新人王(椎名ゆうき選手かな←自分の現在のイチオシ)の勝者が、本命になるのでしょうか。

しかし、すんなり王座を取ってしまうのは、どうなのか・・・
(華宮選手・椎名選手に注文をつける気はないのですが、B-1やFG王座等と双璧となる権威をもたせるには、大物選手の参戦も不可欠では


ということで、SSS王者枠でのバトルクイーン候補として、これまで日高ゆりあ選手、国見奈々選手と取り上げてきましたが、やはりこの人も外せないということで


安藤あいか選手



プロレスの経験を実際に持っているということで、実力もさることながら、ファンにレスリングを魅せる能力が抜群(新垣ひとみ選手に次いで№2ですね

レスラーとして年齢的なモノは確かにあると思うのですが、是非復活して欲しい選手です。


自分が観た作品では、「第3回SSSGPグランプリ 準決勝B、同スペシャルワンマッチ(共にスーパーソニックサテライツ様)」といった女子プロレスで、「この選手は素晴しい」と確信しましたが、

やはりMIXプロレス好きな自分としては、「ファイティングガールズ6ミックスファイト 安藤あいか/有村こはる」と、「プロスタイルミックスNEO vol.5」、そして「スタープロレス MIX TAG MATCH vol.3」(バトル様)という3作品かなと思っています。

「安藤あいか まるごと!(COMET出版様)」にもMIXプロレスが1試合収録されています。 (コチラはビキニ姿がお好きな方におススメいたします



攻めでも受けでも、特徴のあるレスリングスタイルを魅せてくれる安藤あいか選手。
まずは攻めの場面での魅力を

ファンの方々によって、見方は様々だとは思いますが、ここは自分セレクトで


まずは、プロレスでは定番ともいえる、序盤戦での腕の極め合い。
これは非常に地味なのですが、実力がないと編集でカットされてしまうのではないかと思います。

aikaan1

切り返しが巧いです

aikaan3

aikaan5


続いては、これまた定番のドロップキック
様々な選手が披露しますが、打点がどのくらい高いか 両足でヒットできるかがポイント

自分の知る限りでは、一番美しいのは新垣ひとみ選手ですが、2番はこの安藤選手でしょうか。

aikaan15

aikaan16

躍動感では新垣選手に負けてしまいますが、ナイス・ドロップキックです


そして、キャリア前半の時のフィニッシュホールドは、このフライング・ボディプレス

aikaan18

「第3回SSSGPグランプリ スペシャルワンマッチ」では、国見奈々選手相手にこれで勝利。
(確か、他にも不敗のまま引退?した・早乙女さゆり選手にも披露し、フォール勝ちしていたかと記憶しています)


このほかマニアックな技も披露しています

まずは、逆片エビ固めから、後ろに反ってブリッジを決める「あいかスペシャル」

aikaan10

最初に観たときは、下半身の興奮が冷めやらなかった、股裂き固め

aikaan25


次は、受けに回った時のシーンをアップしたいと思います。

(続く)



久しぶりにDWWのミックスレスリング!

かなり拮抗したファイトになっていて、最後まで目が離せない試合
これが、ドナウ・ウーマン・レスリングの醍醐味





雨下いのり選手のMIXプロレス!6

てっきり完璧なフォール勝ちで決着と思っていただけに、意外な展開

はたして、まだ必殺技は残されているのか
まずはギロチンドロップ

そして、おお~っと 男子レスラーの顔面にお尻を乗せて・・・

inori330

これは「いのりロック」と命名すれば良いのでしょうか
顔面騎乗と片エビ固めの複合技? (太もも裏のストレッチのようにも見えなくもない

渾身の力を込めたこの(ウラヤマシイ)技に、男子レスラー、とうとうギブアップ

inori339


おそらくプロレス初挑戦だったのでしょうが、見事な闘いぶりで悩殺させてくれました、雨下いのり選手

inori351

だがここで終わらないのが、「セクシースタイルMIX」作品の‘お約束’
「オレはまだ負けてねえ」 と負けを認めない往生際の悪い男子レスラーに、さらなる攻撃を加えようとして・・・

ああ、やはり

inori354

恥ずかし固め

inori360

ロメロ・スペシャルに、カンパーナ(今度は普通?の)、さらにはアルゼンチン・バックブリーカーで甚振られ、「もうギブアップよ」と降参するものの、もう試合は終わっているので、レフェリーがいないという。。

inori370

もうこれでもか!とばかりにリフトアップされ、、、

inori389

ツームストン・パイルドライバーを炸裂されて、ついにグロッキー

inori400


いや~、ごちそう様でした

なんというミックスプロレスだったのでしょうか。
「エロプロレスにならないで、ここまで成立するのは素晴しい。今年の前半のMVP作品である」と、自分の下半身は述べております(笑)

雨下いのりさんは、声優もやっているだけあって、他の女子レスラーにはない「声」のセクシーさもありますね


最近のプロスタイル・キャットファイト(ミックスファイト)では、事前にしっかりとトレーニングを積んで撮影に臨んでいるようで、とても女子レスラーの方のテクニックのレベルが上がってきています。
(怪我防止のためにも、とても良い傾向

なので、雨下いのり選手の場合、女子選手相手での試合では、必ずしも勝ち上がってくるタイプではないかもしれませんが、男子レスラー相手には、すごい戦績を残せると個人的には思います

  
例えば自分が、金城真央選手とプロレスをすると仮定(妄想)したとして、10戦すれば1試合ぐらいは、引き分け(時間切れ・両者リングアウト・反則などで)に持ち込める‘かも’しれません。



でも、雨下いのり選手相手ではどうか

「攻めているんだけど(負ける感じはしないんだけど)、いつの間にか劣勢になって、最後には負けちゃう。 何回対戦してもなぜか?勝てない

「こちらから場外乱闘に持ち込んでも、途中で〇〇〇が。。リングに先に戻ろうにも、立ち上がれなくなって、逆にリングアウト負け」
そうなっちゃいそうです、もう・・


「雨下いのり選手のMIXプロレス 〇番勝負」なんて作品ができて、いろんなタイプの男子レスラーとの試合をしてくれたら、即買いする事、間違いなしです

是非、またMIXプロレスして欲しい選手です




雨下いのり選手のMIXプロレス!5

さあ、一時は大ピンチもあった雨下選手でしたが、腕ひしぎ逆十字固めも極めて、優勢に

inori279

さあどのような形で仕留めていくのでしょうか。
まずはお尻で、男子レスラーの頭を締め上げて、、、
(お尻が汗びっしょりなのもタマリマセン)

崩れ落ちたところを、「立ちなさい」 

inori285

ここからスープレックス
(こんな(技の)引出しがあったとは。。正直意表を突かれました

inori289

豪快に投げた後は、鉄柱攻撃&「密着式」ヒップアタック

コーナーに相手を動けない状態にしての、この攻撃は羽月希選手なども得意にしていましたが、彼女たちはヒップでのビンタという感じですが、雨下選手は顔面にしっかりヒップを押し付けるという、強烈な技で悩殺してきます。

inori296

それにしても、この技を掛けている間の、雨下選手の声が堪らないのですが・・
(目を閉じていると、プロレスの試合である事を忘れてしまいます。 ああ~、もうダメ・・・ギブアップ ←自分の下半身の声)

雨下選手もこれで「勝負あり!」と思った事でしょう。
男子レスラーを再び放り投げて、ロープに登る

inori306

「いくわよ~
(ここで雨下選手を追いかけ、コーナートップで揉み合いができたら最高 〇〇〇も完全に体制でしょうが、自分にはそんな力は残ってません。。)

inori310

ボディプレスが決まって、片エビ固めでフォール
きちんと胸を相手に押し付けた、片エビ固めが素晴しい 
(もっと押さえ込んでいる画像を出したいくらいですが、自主規制

inori313

だがこれはカウント2! なんと返してしまう男子レスラー~


フィニッシュはどうなるのか




雨下いのり選手のMIXプロレス!4

ここで雨下選手、ちょっと焦ってしまった トドメのハイキック狙いでしたが、ちょっとタメが足りなかったか
これをかわされてしまい、一転ピンチに 
(まだ終わって欲しくなかったので、男子レスラー、ナイスだ

inori181.jpg

男子レスラー得意のグラウンド卍固めですが、、、もうリンコスは汗びっしょり

inori192

そして、今や定番になりつつある‘恥ずかし’逆エビ固め
さすがに苦痛の表情を浮かべている雨下選手ですが・・・

inori208

ここからスゴイ技を出してきます
そのまま、雨下選手の両手首を引き寄せてのカンパーナ。

inori220

(しかし・・、オオ~ゥ、、、大丈夫なの?  
レフェリー~、 あたってる、当たってるってば~

ここをガマン、喘ぎ声を出しながら耐えている雨下選手
はたして、カンパーナの技の苦しさで紛らわせられるものなのでしょうか

inori234

金城真央選手のMIX THE BESTでも、出ていた技ですが、金城選手のコメントも本当は聞いてみたいところです

(ちなみに、逆に女子が男子に掛けたら、それはそれでどうなのでしょう
自分も、女子レスラーとの試合で是非とも試してみたい


さらに雨下選手の背を反らせたエロ技を出した後は、、、ジャイアント・スイ~ング

inori256

以前、コメントを頂いていた「スイングさん」、出ましたよ~ (これはお気に召すでしょうか?)

グロッキーになってしまった雨下選手に、なおも足4の字固め。
(胸もとに光る汗が

inori261

だがここで、踏ん張る雨下選手、逆4の字で応酬
(両者の足がガッチリ絡み合っているところが好きですね

inori270

さあ、ここから 腕を極めて、勝負をつけにいけるか

inori273




プロフィール

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR