アマレスマットで・・・女体育教師と生徒の父親!?

着用している水着とアマレスマットが、チグハグ?
いや、むしろ懐かしさを感じて、イイですね~。 なかなか力の入った熱戦です。




スポンサーサイト

蓮美かな選手のMIXプロレス! 5

エロ式カンパーナ(待ってました!)でぐったりしてしまった蓮美選手。
コーナーに頭を当てられ&腹パンチ
(お尻の食い込み具体はグッド

hasumi184

ここで男子レスラーがトドメを刺しにきますが、目の肥えたファンならば誰もが分かるチャンスの場面
(当然ですよね、‘プロレス’ですから

‘お約束’でかわした蓮美選手、低空のブレンバスター

hasumi193

そして、背中に踵落としを豪快に

hasumi196

これで勝負アリ

あとはフィニッシュというところでしたが・・・、おおっと男子レスラー、往生際の悪いローブロー

hasumi201

キャメルクラッチ、そして関節複合技で攻め込まれ、今度は・・・

hasumi219

パワーボム
ここで男子レスラー、そのままエビ固めでフォールを狙うぞ

hasumi223

カウントが入る! ワンッ! ツー! (アレ
なんとカウント3が入ってしまった

(え、負けちゃうってアリなの~  くおら男子レスラー


負けを受け入れられない蓮美選手を、さらに甚振る男子レスラー

hasumi233

アルゼンチン・バックブリーカーで、完全にノックアウトしてしまった形の蓮美選手でした。

hasumi243


正直いって、予想外の展開・結末でした。
FG13に出場選手の前哨戦、しかもミックス戦で女負けとは・・・


予想を裏切ってくれるのは、新鮮で有難い事なのですが、やはりビックリしました。
蓮美選手は、キャットファイト・デビューしてから、みづなれい選手、夏目雅子(現:エレナ)選手と敗れていただけに、男子レスラーにも負けというのは厳しい

この作品を観たのは、FG13の後だったのですが、椎名ゆうき選手には勝利できて、今はホッとしています(あまりにも気の毒すぎ


身長もあり、「本気を出せば」おそらく強い選手だと、こういう役回りになってしまうかもしれないですね。
(同じ事が、牧野絵里選手にもあてはまるのでは、などと思ってしまいます)


次回のFGにも是非出場して欲しいですし、その時はまたMIXプロレスに挑戦して頂きたい選手です

男子レスラー相手に、豪快な必殺技を習得してもらって。
アルゼンチン・バックブリーカーもイイですが、サソリ固めとかも見栄えすると思います。

もっというと、軽量級の男子を相手に、ベアハッグやロメロスペシャルなんて、どうでしょう
(リバース・ロメロなんて決めてくれたら、もうそれは、それは





蓮美かな選手のMIXプロレス! 4

さあ、もう骨抜き状態(なのかな)の男子レスラーを起き上がらせた蓮美選手! 
続いては、、
 
hasumi108

低空のブレンバスター
そして首4の字固めへ

hasumi115

さらに腕ひしぎ、胴締めスリーパーと、もう一方的な展開になろうかというところでしたが、
さすがにそこはプロレス

男子レスラーが反撃開始のシュミット流バックブリーカー。

hasumi132

袈裟固めをじっくり決められてから、
分かりづらいですが、倒れ込みながらのスリーパーを掛けられてる蓮美選手

hasumi137

攻め疲れなのか、足4の字固めに続いて、逆エビ固めも受けてしまう。
本格的にピンチか~~
(なぜか男子レスラーが英語を使い始めているのが不思議。 ま、どーでもイイんですが。。)

hasumi147


そして、むむ  恥ずかし逆エビ固めがキタ

hasumi156

とゆーことは (「もしかしてだけど~」 byどぶろっく ←ちょっと古いけど。「ちょっと待って、ちょっと待って、オニーさん」ではないし

hasumi166

わ、やっぱり出ましたぁ
エロ式カンパーナ (待ってました

hasumi175

痛いのか? 違和感なのか?それとも?(受ける側になってみないとコレは分かりまへん・・・)
雨下いのり選手と比べるとどうでしょう?)

hasumi179


蓮美かな選手、ギブアップ 





蓮美かな選手のMIXプロレス! 3

まだまだ攻撃の手を緩めない蓮美選手

さあて、、お次は、うつ伏せになったままの男子レスラーの両足を抱えて、
お尻でしっかり踏ん張って、ボストンクラブ
(FG13では、肉感的なボディを強調できるリンコスだったので、もっと

hasumi50

パワーがある選手なので、仰向けに寝かせた状態からターンオーバーしての形もできると、威力も見栄えもさらに
軽量級の男子相手ならば、フィニッシュ技にもなり得るでしょう。
それは次回のお楽しみ!ということで

hasumi54

(時折白の胸パットが見え隠れするのだけが、ちょっと残念・・・)


スリーパー! こちらはかなり効いてそう (ナイススリーパー

hasumi64

そして立ち上がると、男子レスラーの顔をコーナーに叩きつけた~
(こんなエキサイトな仕掛けを女子レスラーの方から  いやぁ、素晴しい


コーナーにもたれてかかったところに、チョップ&キック。 たまらず座り込んでしまう男子レスラー
ほかにも、踏みつけやヒップ・ビンタ(圧迫)などもしてくれたら、なんて思っていましたが、
蓮美選手、ここは起き上がらせ・・・

hasumi74

次はどうする?というところで、抱きつかれバックを奪われて攻守交代
(このあたりのぎこちなさ。 昔のミックスファイトで良く見られた光景で、逆に好きですね

hasumi79

コブラツイストで攻められますが・・・

hasumi84

‘お約束’のコブラツイスト切り返しで、再び主導権を握り直した蓮美選手
ロングヘアーの女子レスラーが、頻繁に髪を掻き上げる仕草、とても好きですね

hasumi94

腕ひしぎ逆十字固めで絞った後は、隙のできた右足を狙いにいった

hasumi101

しかし、本人は意図的ではないんでしょうが、足の位置が奇跡的にイイ場所(オオ~ッ)だったのか、男子レスラー抵抗しています

hasumi106

(自分なら、このままで耐えていると、右足が痛くなってくるのか、〇〇〇に蓮美選手の右足が擦れて気持ちヨクなっちゃうのか、よく分からなくなって慌てちゃうかも






蓮美かな選手のMIXプロレス! 2

ゴング直後、まずは力比べなのかな、、と思っていたところで、キック、キック、ハイキック
(おそらく相当手加減していると思われ。。 本気でやったらスゴイ威力なのでは

それでも男子レスラー、たまらずロープにもたれかかると、お次はフェイスバスター

hasumi16

そして、おっと 股間に手を回して、、、出るのか

hasumi21

出ましたぁ  女子レスラーが男子にボディスラム
素晴しい

hasumi24

さらに、ギロチンドロップから、ネックシザースでスタミナを奪おうとする蓮美選手。
(しかしこの向きは・・・なんか興奮してしまいそう

hasumi29

本当に男子顔負けの攻撃を魅せてくれます。
(だが、スリーパーは緩そうなので、さほどの苦痛はないはず。。 気持ちイイ(だろう)男子レスラー

hasumi32

自ら振りほどいて離すと、今度は足4の字固め

hasumi36

まだまだ蓮美選手の攻撃が続く
(このまま攻守が入れ替わる事なく、終わるわけないし。 どのタイミングかな? 定番の、コブラツイストを掛けてからの切り返し?)


さらにキャメルクラッチで絞った蓮美選手、男子レスラーに圧し掛かったまま、腕をこじ入れフルネルソンへ。
「ギブアップしてもいいんじゃないの~

hasumi43

こういう体勢でのフルネルソンは、あまり見たことないかも


蓮美選手の繰り出す技は、どことなくぎこちない印象がある(キャリアが浅いし、そもそも本職じゃないので当たり前)のですが、これまで女子レスラーが男子相手にしてこなかった技を出してくれるので、なんかジワジワ、ワクワクしてきてしまいます

(さすがにジャイアントスイングやアルゼンチン・バックブリーカーまではムリだろうと思いつつ、やってくれそうな雰囲気が さあどうでしょう





蓮美かな選手のMIXプロレス!

さて、先日のFG13で、個人的にとても‘お気に入り’になった選手№1といえば、、、
蓮美かな選手

興行の前から、白いん子選手や小西まりえ選手には注目していて、期待どおりのファイトを実際に観れて大満足だったのですが、蓮美選手は正直ほとんど予備知識がなく、その分とても刺激的だったんですよね~

空手経験者とのことで、全体的にシェイプアップされたボディが素晴しい
(特に引き締まったヒップ周りは最高

後姿でこれだけ興奮できる選手は、そうそういないのでは、と思います
※あくまで私見です

fg13hasumi

本興行前の夏目エレナ(雅子)選手との道場マッチでは敗れてしまいましたが、椎名ゆうき選手に見事アルゼンチン・バックブリーカーを決め、勝利を収めた蓮美かな選手

そんな蓮美選手のMIXプロレスをご紹介です



「ファイティングガールズ13 開催記念スペシャルMIXマッチ 夏目雅子/蓮美かな」(バトル様)



この作品には、オレンジの鮮やかなリンコスで登場の蓮美選手。

hasumi1

とってもクールビューティーな感じがイイです

(ただ、このリンコスですと、ヒップ周りの素晴しさが今ひとつ伝わりきれないかも

hasumi5

イメージどおり、落ち着いたインタビューの受け答えをして、さあ試合開始

hasumi6

高身長な女子レスラー(170センチ)だけに、向かい合っても堂々としています
頑張れ~

hasumi12





ニュースターの予感! 小西まりえ選手のMIXプロレス 7

唾液まで出して、かなりのダメージを負ってしまった小西選手。

ですが、そこはミックスプロレス ‘お約束’の世界ですから

marie296

男子レスラーの大振りのラリアットをかわして・・・
スターナーが見事に決まったぁ

marie300

そしてここで
小西選手の潜在能力を感じさせる、その2

ロープの反動を使って、、、コルバタのような入りから

marie308

これが必殺技・「ブラックウイドー」
(技名は、Rosenkavalier監督のツイッターで知りました。 最初、新垣ひとみ選手が使っていた「クリスト」かと思っていましたが、両足が完全に相手の首を挟んでいるのでなく、卍固めになっていますね、スゴイ

marie313

トレーニングを積んでいない女子レスラー相手にはムリでしょうが、うまく決まりました
これには男子レスラーもたまらずギブアップ
見事な粘り勝ち

終盤で少しヒヤヒヤしてしまいましたが、そこも「レスラー」としての資質ありと見ました



さて勝負は決したところで・・・
このシリーズでは恒例となりつつある、試合後の男子レスラーのドミネーションは

ここで小西選手、イメージとのギャップを見せてくれます。
「チビだとバカにするからこうなるのよ! ちゃんと土下座して、私に謝んなさいよ
(おっ、いつもと違うパターンだ

marie321

しかし、素直に従うはずがない(うん、これも‘お約束’

marie326

リフトアップからツームストン・パイルドライバー。さらには恥ずかし固めなどでボコボコにして。
最後に、またアレがくるのか

marie344

いや~、また掛けちゃいますか? 
最後の最後に持ってきますか、「エロ式カンパーナ」
たまらず、今度は小西選手がギブアップを連呼して、END。 (う~ん、イイ

marie347



それにしても、パッと見た第一印象・体格から、ここまで出来る選手だとは思いませんでした。
小西まりえ選手、恐るべし

FG13でも、将来性を感じさせてくれましたし、「エクストリーム・タイトルマッチ」でも、王者・武藤つぐみ選手を相手に、最後の最後まで死闘を繰り広げたのは、お見事としか言いようがありません。

一躍、バトルクイーン候補の1人に名乗りを上げたといってもいいでしょう。
今後の活躍に、大いに期待です




ニュースターの予感! 小西まりえ選手のMIXプロレス 6

ブレーンバスター3連発で、勝負の行方は決したかと思いきや、小西選手ベアハッグで大ピンチ

marie253

両腕を首に回して悶えてくれると、もう抜群なんですが、さすがにそこまでは・・(ね?


ひたすら耐えて、解放してくれるのを待つのが定石のようですが、反撃するバージョンもあって良いかもしれません。

ちなみに、自分が女子レスラーと対戦している時には、ベアハッグで締め上げていると、脳天にエルボースタンプ、ないしはアイアンクローで抵抗されることが多いですね
(至近距離で荒い息遣いを聞きながらの、ガマン比べがタマらないんです、モウ


なんとか凌いだ小西選手ですが、続いてアルゼンチン&ハイジャック・バックブリーカー~

marie265

もうフラフラになってしまった小西選手、ここでグラウンドでのスリーパーが首にガッチリ極まってしまって、まさかのまさか

marie273

まだまだ男子レスラーの猛攻は続きます
すんごい股裂き

marie278

そして定番のグラウンド卍固め!  ここも執念で粘り抜きます小西選手。

(自分の記憶では、この技でギブアップしてしまった女子レスラーはいないのではないでしょうか
試合終盤のクタクタな時間帯で、繰り出される技なのに不思議のような・・・)

marie281

一方、男子レスラー側からすれば、かなりの確率で下半身を刺激している技と思います。
(今度掛けてみよっと

どこで形勢を逆転するのだろうかと思っているのですが、まだまだ
ロープに身体を固定されて、腹パンチ
ああ、、唾液が

marie293

ひょっとして限界?(そんな訳ないか




ニュースターの予感! 小西まりえ選手のMIXプロレス 5

さあ、これで主導権を握ったか、小西選手
さらにブレーンバスターを連発

marie208

フォールを挟んで、3連発~
小柄なので、余計に際立つ躍動感~~

marie213

さすがにグロッキーになった男子レスラーにとどめを刺そうと、コーナーに登り・・・

marie219

これまた決まった! フライング・ボディプレス
再びフォールで、今度こそカウント3を狙いましたが、これも返されてしまった


しぶとい男子レスラーに、最後は何で仕留めるのかと思いきや、、、うおっと

marie228

思い切り身体が密着した状態での奇襲攻撃で、目をやられてしまった小西選手



この展開は危ないぞ

シュミット流バックブリーカー、さらに両足を抱え上げられて、‘やめて’ という懇願する表情を浮かべたものの・・
もらってしまった、豪快なジャイアントスイ~ング

marie234

逆エビ固めで、苦しい展開になってきました

marie238

これでもか! のベアハッグ  軽量級の女子レスラーには苦しいか
(悶え苦しむ表情が、なかなかグッときてしまいます

marie247

さあ粘れるか、凌げるか

marie248

やはり男と女のプロレスは、こういう場面が最高です

横山みれい選手のMIXプロレスでも、同じようなシーンがありましたが、「スレンダー美女」でも「ロリ系カワイコちゃん」でも、イイものはイイ





ニュースターの予感! 小西まりえ選手のMIXプロレス 4

ピンチを迎えてしまった小西選手。
カベルナリアから、、、‘恥ずかし式’逆エビ固め

marie155

ここから、またしてもアノ技が出るのか (ゴクリ
うお~~っと

marie164

やはり出ましたぁ
名前のついている技なのか不明ですが、「エロ式カンパーナ」(仮称)
前後に揺さぶれば揺さぶるほど、(男子レスラー側が)ヤバい技ではないでしょうか。 

耐える小西選手の表情もイイです

marie162

金城真央選手の「MIX THE BEST」で初めて観た時は、カメラアングルの関係もあり、よく分からなかったのですが、雨下いのり選手の試合で観たときは、しばらく興奮が収まらなかったデス。。)

少しグロッキー気味(感じて?)になってしまったところへ、さらにスリーパー。

marie171


しかし、負ける訳にいかない小西選手が、ここから逆襲

marie175

ネックシザースから、腕ひしぎ十字固め。 そして闘志が前面に出てきたエルボー

marie191

延髄へのキックを喰らわせてから、、ギロチンドロップぅ

marie195

そして、小西選手の潜在能力を感じさせる‘その1’ ブレーンバスター

marie202

決まった後、すぐにフォールにいく姿に好感が持てます
固め方も

marie203

さすがにここは返されますが、「まだまだいくわよ」という表情が素晴しいです

marie206

レスラーとしての本能にスイッチが入ったか




ニュースターの予感! 小西まりえ選手のMIXプロレス 3

なんとかナガタロックを凌いだ小西選手ですが、今度はコブラツイストに。

(おっと、ドコ触っちゃってんの
ここは崩れ落ちないように支えてあげているということで。。

(MIXプロレスでは、こういう旨みがなんとも   
自分も女子レスラーにコブラツイスト掛けるときは、最初のうちは右太ももの付け根に手を当てながら、様子を見て考えちゃてます))

marie71

ここで‘お約束’の切り返し
雨下いのり選手ばりのスペース・コブラツイストにいくが、ここは難しいか
男子レスラーの水着をグイと引っ張り(オウッ)ながら、なんとか・・・

marie83

決まった

marie87

そのまま相手を離さず、再びよじ登ってパロスペシャル。
この連続攻撃は、小柄な小西選手にとっては、難易度が高かったようですね。
(特にぶっとい二の腕の男子レスラー相手では、そうでしょう

marie93

これで勢いを取り戻した小西選手は、STF、さらに鎌固め
(踵もしっかり上げて、いい表情

marie108

腰をしっかり上げての足4の字固めもグッド

marie122

「フレッシュスタートーナメント2015」では、完全にブリッジした状態で、広瀬りほ選手を追い詰めていましたね。

鎌固めにしてもそうですが、ブリッジをしっかりと出来る選手はとても期待がもてます。
(そのうち、新垣ひとみ選手のように、ジャーマン・スープレックスも披露してくれる日がきたりして


ですが、足4の字を返されると、再びピンチ
フルネルソンを掛けられたまま、持ち上がられて、、これは苦しいか!
(男子レスラーにとっては、オイシイ技でしょうが、〇〇〇がしないようにしないと

marie136

さらにドラゴンスリーパー。
(たまには股間からのショットを

marie140

胸の谷間には汗が光り始め、ロリ系の小西選手にエロさが垣間見えました
さらに男子レスラーは攻めていきます




ニュースターの予感! 小西まりえ選手のMIXプロレス 2

試合開始直後、いきなり仕掛けてきた男子レスラーのラリアットを見事にかわして、、
えいっ
しっかりと胸板に届いている、ナイスキック~
(このシーンでも、リングシューズでない事が、なんだか新鮮

marie24

そして、相手をうつ伏せにしての、効果倍増のヘッドロック

男子レスラーを‘骨抜き’にしてしまいたいなら、雨下いのり選手のように、汗が吹き出す中盤以降で掛けた方が有効と思いますが、色気で勝負するタイプではない小西選手(失礼)。

序盤から積極的に相手のスタミナを奪いにいく作戦のようです。

marie32

さあて まだまだ攻めます
お次は、キャメルクラッチですが、直前に髪を掻き上げる仕草・・・、個人的に好きですね

marie39

しっかりと腰を落として締め上げていきますが、おっと男子レスラー!、小西選手の左手を噛む反則攻撃~に・・

イッターい

marie45

(この男子レスラー、ちょっと前まで反則というと、もっぱらローブローでしたが、最近は凶器攻撃あり、手や足に噛みつくなど、反則にもバリエーションが出てきたような気が)



少し怯んでしまったところで、反撃に遭ってしまう小西選手

marie50

(ア~ン、ヤメテェ・・・) という眼差しを送る小西選手ですが、まだ加減はしてくれません

marie54

さらにナガタロック3
うわ、これはキツそうだぁ~  ギブ??

marie67





ニュースターの予感! 小西まりえ選手のMIXプロレス

続いて、FG13に出場した選手紹介の2人目は、小西まりえ選手

彼女は「フレッシュスタートーナメント2015」で見事優勝
今いちばんノリに乗っている選手の1人といえるでしょう。

非常に小柄で、強そうに見えないのですが、なかなかアクロバチックな技もこなす、テクニシャン

前年の優勝者・彩月みほ(現・綾音みほ)選手は、残念ながらリング復帰はなさそうですが、小西選手は今後、バトルやFGで存在感を増していく可能性があると思います。


今回ご紹介したい作品はこちら↓

「バトル フレッシュファイター FILES.2 小西まりえ」(バトル様)



イメージシーンで、舌を出しておどけた表情の小西選手 

marie1

身長が足りないせいか リングシューズではなく、スニーカー風なシューズ
しかし、、この外見に騙されてはいけませんよ


marie9

イメージシーンの後、恒例?の男子レスラーとの舌戦では、
「お前、バトル期待の新人レスラーらしいが、弱そうだな、チビ!」と言われ、
「小さいからって、バカにしないで下さい。チビ、チビってうるさいですね、もう許しません

(FG13で生・小西選手を見ましたが、やっぱり小っちゃ  ちなみに、この赤の水着もイイですが、青黒のワンピースも、ナカナカ似合ってたと思います)


やや緊張気味に言い返しながら、闘志を燃やして・・・

marie17

いざゴング




白いんこ選手のMIXプロレス!5

予定調和どおり、これでいん子選手の勝ちが見えてきた終盤戦。
いん子選手の太ももにも、瀧のような汗が噴き出していて、エロさも増してきました

inko271

ダウンした男子レスラーの、両太ももの裏から両足を突っ込んで、ドラゴンスリーパー式カベルナリア

(オオ~、これは凄い

inko277


完全にグロッキー状態になった相手を見て、勝利を確信したいん子選手、コーナーに登って・・・

inko285

「いくわよ、ハイフライ・インコフロー
(おっと、再び新技ですか )
両手をヒラヒラさせて、威力を増そうとしています

inko288

これは、棚橋選手の「ハイフライフロー」に「いん子」をアドオンしたものでしょうか
さらに、‘いん子’とインコをかけ、「蝶のように舞い・・」という。。

ここまで考えられているのであれば、十分なオリジナル技といえるはずです


見事に決まって、ピクリとも動けない男子レスラーを横目に、悠然と片エビに固めて、見事カウント3

inko295

始めに観た時は、何とも思わなかったのですが、この体勢で右腕だけでなく左腕も使って固めているのも、最近では珍しいかも。
胸を相手の顔や胸に押し付ける形ではなく、下半身をガッチリと。

さらに、左手を男子レスラーの〇〇〇の近くに寄せて、「動いたら分かってるわよね
(そんなセリフはありませんでしたが、そう妄想したくなってしまいました



男性の立場からすると、白いん子選手は、ファイトしていて楽しい女子レスラーではないかと思います。

息遣い良し アクロバチックではない、程々の運動量良し
そして、プロレス脳が何より良し

オリジナルの新技は、それぞれ学生プロレスを思い起こさせるものがあり、しかもそれを2つ持ってくるところに、エンタテイメントとしてのプロレスができる、貴重な選手


FG13の大会でも、初出場とは思えないオーラが出ていたと感じました。
(プロレス技の上手いヘタ、とかではなく、ファンを魅了するモノを持ってるんですよね~

次回のFGにも、是非出場して欲しい選手です(お願いいたします





白いんこ選手のMIXプロレス!4

いよいよ決勝の3本目。
フラフラかと思いきや、、、2本目の男子レスラーと同様、すっかり復活

(しっかり休憩タイムをとっているのでしょう   直前のダメージが全く無いのは、違和感が多少ありますが、気怠い雰囲気で始めるよりも、白いん子選手のキャラを考えたら、こちらの方が良いと思います

また力比べ⇒キックで始まるかと思いきや、さすがに3本目は変化を。

inko205

まずはいん子選手がピンチ
そして、今度はしっかりと太ももが絡み合ったコブラツイスト 
(やっぱりこうでなくちゃ

inko211

さらに腰を重点的に攻めようというのか、まずは弓矢固め

inko217

続いて、技の名前がちと分かりません が、変形のサーフボードストレッチ。

そして逆エビ固めと男子レスラーの攻勢が続いて、いん子選手はもうフラフラ・・・
これは大ピンチ

一体どこで逆転のチャンスが訪れるのか

inko230

おおっと
ここで男子レスラーが、リング外からチンロック的な
(あまりこの攻撃は観たことがないような気が。。 バリエーションを増やしてもらえるのは良い事です

inko233

振り乱している長い髪のせいで、いん子選手のチャーミングな素顔のショットがなかなか無いのですが、逆に女子レスラーならではの色気を感じることができて、イイのではないでしょうか


さて、どこで形勢逆転をするのかとハラハラし出したところで、リングへ戻った男子レスラーと仕切り直しの力比べ。
(なるほど、ここか

inko236

ここで1、2本目と同様にキック&首投げを喰らわせ、顔を軽く踏んづけて戦意喪失を狙い、、、

ここで1本目のフィニッシュ技‘グラビア・ロック’で仕留めようというのかぁ~

inko247

しかし、いん子選手は「ネックシザース」の状態で絞り、相手を解放。
(さすが まだ技の引出しを持っているみたい

すっかり自分のペースに持ち込んだ、いん子選手。
フェイスバスターを炸裂させてから、(少し遠慮気味な)逆片エビ固めへ
(このぎこちなさ、、、スキです

inko258

そして、しっかりと腰を落としてのスリーパー

inko264

さあフィニッシュはどうするか




プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR