いきなりB-1王者に! シンデレラ美女レスラー・赤木ゆう選手のMIXプロレス 3

アキレス腱固めの攻防は、男子レスラーに軍配。
苦しい赤木ゆう選手に、逆エビ固め

ここは何とかロープに逃げてブレイク・・・

akagi88

akagi93


(もうちょい、、)と思っていたら、意外にアッサリと「ギブアップ」と発してしまいます。

これは意外でした  赤木選手は腰に弱点を抱えているのかもしれませんが、2本目にどう繋がるのか(2本目は勝利が‘お約束’のハズですから

あと、視聴された方は、このシーンの前に既にご存じでしょうが、この試合、赤木選手はリンコスの下に黒の下着(水着?)を穿いてのファイト。
結構目立っていたので、賛否両論あるかもしれません。 んが、私にとっては、その他の満足度が高かったため、全然許せちゃいました(笑)



さあ次が2本目
今度は落とせないはずですが、どのように形勢逆転していくのでしょうか

やはり始めは手四つからでしたが、今度はキックをもらって、ロープ際へ

akagi106

ボディへのパンチをもらってから、尻もちをつかされて首4の字固め。 う~む どこで巻き返せるのか

akagi118

お次はキャメルクラッチなのですが、、、完全に見下ろされてしまってます。なんという・・
(赤木選手は、普通の女優さんですよねぇ~ 
でも、これがNGカットになっていないところが、さすが女優魂

akagi123

甚振られてから、定番となりつつある‘恥ずかし’逆エビ固めへ。(ちゃんとした技名がいまだに分からない

akagi132

「アア~ッ、ハアハア、ウウ~ッ」   これは苦しい。

そして、この技が出るということは、アッ

雨下いのり選手蓮美かな選手が受けたアレでしょうか (自分の記憶では、金城真央選手が初めてあの技を受けた選手では?)




スポンサーサイト

いきなりB-1王者に! シンデレラ美女レスラー・赤木ゆう選手のMIXプロレス 2

さあ試合開始。 まずはオーソドックスに手四つの力比べから
とても良い顔つきをしています、赤木選手

akagi24

やや赤木ゆう選手が押し気味で、相手の男子レスラーをロープまで追いつめて、再度仕切り直し

しかし、‘普通の’女優である彼女のファイトだからでしょうか? (それとも序盤の探り合いだからかな
身体を密着し合って、力を振り絞るような興奮するシーンにはならず。。

少しビミョー~なファイトになるのかな・・・と思っていたら、、、、
とんでもない    ここから、ジワジワと下半身を刺激してきます


まずバックを取られてしまい

akagi33

スリーパーをガッチリと極められてから、フルネルソン(羨ましいぞ、男子レスラー

akagi40


さらには、ネックシザースからのキャメルクラッチ!
(こころなしか、赤木選手の顔のアップが多いような気がしますが、納得

akagi45

お次は、コブラツイストを掛けられて、(どう動けばいいの)という表情を、リングの外に向けた(ような)後、お約束どおりエルボーで崩しますが、体を入れ替えることはできず

しかし豪快な投げ技で、男子レスラーをダウンされると、首4の字固めで反撃

akagi64

DDTを見事に決めると、うつ伏せの相手に跨ってのキャメルクラッチでお返し。 さらには腕を極めていきます
(これは効き目ありそう

akagi76

今度はアキレス腱固めにいこうとしたのでしょうが、男子レスラーとのせめぎ合いで逆に掛けられてピンチになってしまいます。

akagi83

このあたりの攻防は、キレのある動きという感じではないのですが、男女両レスラーの身体がしっかりと絡み合い始めて、とってもイイ





いきなりB-1王者に! シンデレラ美女レスラー・赤木ゆう選手のMIXプロレス

2回目の観戦となった、ファイティングガールズ14でしたが、今回もとても楽しめました


ということで、出場選手の中で誰について書いてみようかな?
「ミスX」として出場・復活してくれた新垣ひとみ選手についても触れたいし、メインイベントを務め上げた夏目エレナ選手についても・・・とは思ったのですが、

まだ一度も取り上げていない選手がいました


なんてことだ。。。
B-1王者の赤木ゆう選手ですよ


作品のレビューを書く前に、自分の‘選球眼’の悪さを認めざるを得ません


一番最初に赤木ゆう選手を観たのは、ファイティングガールズ13の本番当日。
正直、パンサー理沙子選手の初防衛戦を手堅くするために選抜されたのかと思っていました
なにせ、あの長丁場のB-1トーナメントで優勝したわけですから、2、3回は防衛するものと

(いきなり脱線しますが、以前のブログで「最近、〇〇子と名のつく女子レスラーは、白いん子選手ぐらい」と書いたことがあったような気がしましたが、理沙子選手の存在を忘れてはいけませんでしたね


赤木ゆう選手の、なんというか凛々しい顔の表情&艶やかさ。 そして全身から発しているオーラ

パンサー選手に勝ちをつける相手としては、ちょっと勿体ないかも、と思っていたら、いきなり王者奪取となりました
これは、めちゃくちゃサプライズ 
(FG王者は夏目エレナ選手になるかもとは思っていましたが、まさかこちらは)

逆に、これからがファンの期待も大きくなり、プレッシャーを感じる反面、イッキに看板スターになる可能性を秘めています。


であれば、もっと早めに彼女のファイトを観ておくべきでしたが、かなり遅れてしまいました
(多少の金欠状態があったり、、とか言い訳してみる



そんな事で、今回ご紹介するのはコチラ↓
「ファイティングガールズ13 ミックスファイト&イメージ 赤木ゆう」 (バトル様)




この作品で、おそらく初めてであろうプロレスに、緊張しているであろう赤木ゆう選手。
インタビューでは、「今から男性と闘いますが、私の赤木スペシャルを出せば勝てると思います。頑張ります」
と、とても謙虚でありながら、ムダな間やセリフがないところにクレバーさも感じます。


ところで、「赤木スペシャル」って
FG13でのタイトル戦では、確かフィニッシュは違ったような。。
そのあたりも復習しようではないかと思います。


akagi7


それにしても・・・、この顔の表情で、ジーっと見つめられたら、戦意喪失していまうかもしれません
(でもまだノーギブ(笑))

屈強な男子レスラー相手に、3本勝負





大興奮のアメリカン女子プロレス!! シェリル・ルーサ vs リー 6

「ファイティングガールズ14」も盛況の中終了。
まだ生観戦したことがない方は是非おススメなイベントですよ

関東近郊にお住まいでない方はDVD観戦しか難しいかもしれませんが、いやぁ・・・良かった
新垣ひとみ選手も復活し、今後の日本のキャットファイト界も面白くなってきました



さて、ブログの流れをぶった切るわけにはいかないので
さあ、シェリル・ルーサ選手がヒートアップしてきて、終盤へ。

しぶとく持ち直したリー選手、ロープに振りにいく

leighs362

体を入れ替えられ、逆にロープに振られたリー選手ですが、ここで回転エビ固めに
決まるか

leighs363

アア~、しかし体勢が崩れ、抑え込めません

leighs365

たかが回転エビ固めで、抑え込める訳がないという方もいらっしゃるでしょうが、それは今の時代のこと。
自分の大好きなアメリカン女子プロレス映画、「カリフォルニア・ドールズ」では、この回転エビ固めで相手が全く返せず、勝利するシーンがあるんですよ。

一瞬の逆転技ですが、こんな技ももっと見直されてもいいような気がします。
(モチロン、じっくり関節技などで堪能されて頂いた後ですが


ここで一気に逆転したいリー選手、シェリル選手をコーナーに追い詰め、膝蹴りを見舞いますが、サポーターが気になるのか
また隙が、、、

leighs367

ああ、やっぱり・・
両足で首を挟まれてしまったリー選手、コルバタ風にマットに叩きつけてしまいます



leighs371

そして、、、これで決まっちゃうのか
足4の字固め~~

leighs376

これはムリっぽい。。 リー選手絶叫しながら耐えますが、身体をひっくり返せる雰囲気はなし。
ついに、「All right! all right!!」と叫びますが、シェリル選手、まだ許しません。

leighs381

リー選手、、無念の「I give! I give!」 と声を発したところで試合終了
(「Give up」ではなく、「I give」というというのが、アメリカ流なのでしょうか)

leighs383

苦しんでいる映像の中に、↑のほか、引き締まった太ももをジッと映しているものもありますが、カメラワーク


シェリル・ルーサ選手が、貫録を見せて勝利というところでしょうか。
(リー選手を応援していた自分は、残念でしたがとても興奮させてくれた事に感謝

勝敗が決しても、ゴングはやはり鳴りません。 シェリル選手、コーナーに登ってガッツポーズ
起き上がれないリー選手を見下ろしながら、エンド。

LEIGHS391


いや~~、とにかくとっても興奮しました
スタイル抜群の美女2人による、クラシカルな女子プロレス。 
そして選手の喘ぎ声とマットの音しかしない緊張感を演出した中で、相手が降参するまで必死にレスリングするという。。

昔、最初に観たときは、この試合だけで何度も〇〇〇がお世話になりました

またこのような試合(作品)を観たいものです




また、ブログを日頃よりご覧頂いている皆様に、ここで感謝申し上げるとともに、リクエストもお受けしておりますので、どうかよろしくお願いいたします。

(お財布の都合等もありますので、すぐにお応えするのは難しい点は、ご了承ください

リクエスト頂けるのであれば、コメントか以下のメールアドレスまで↓
shuuji486@yahoo.co.jp





大興奮のアメリカン女子プロレス!! シェリル・ルーサ vs リー 5

ここまでは、シェリル・ルーサ選手がやや優勢に試合を進めていますが、リー選手も負けてはいません。

リー選手のボストンクラブ!
(もっと腰を落として!!と声を掛けたいところ。 効き目もそうですが、お尻が密着し合うのが
しかし、これがアメリカンスタイル、、ですかね

leighs190

さらにヘッドロックにいくリー選手でしたが、アトミックドロップ&(ちょっとぎこちない、というか危なっかしい)ブレーンバスターをもらってしまい・・

leighs195

フォールされてしまう  腰を抑えていたりー選手、これを返せず、左手で弱々しくマットを叩きます。
「OK、Give up」 なんて声を漏らしてくれたら、それはまた興奮モノ

leighs197

本来ならばこれでフィニッシュでもおかしくないのでしょうが、この試合はカウントを取るレフェリーがいませんので、そのまま試合続行


これでシェリル選手が、完全に主導権を握ったか
インディアンデスロック。

leighs203

さらにはキャメルクラッチ。ギブアップを迫られますが、なんとか堪える。

その後、腕の極め合いがありますが、スタミナを消耗してきたためか、倒されてしまったリー選手
シェリル選手、りー選手の髪を踏んづけながら両腕をひっぱり上げる

leighs224

この反則攻撃、懐かしい~
髪の傷みで「アア~!」と叫びながら、けなげにブリッジしている姿が (昔の全女とかでも観られたような。。)

ブリッジせざるを得ないのですが、その景色がまた
「何度もやって」とお願いしちゃう気持ちになってしまいます
(いけね、リー選手の応援してるんですけどね


さらにリー選手を起き上がらせたシェリル選手が、パッケージホールドで固めにいきますが、これは返す!
ここで15分経過。 Fifteen minutes gone
 


ヒートアップしていたところでしたが、水着のズレを直しながら、仕切り直し

試合直後と同じ、シェリル選手のフルネルソンからになりますが、ダウンしたリー選手の太ももの付け根に両足を突っ込んで、クレイドルでフォールの体勢に。 

leighs342

両肩を上げるのに懸命になるシーンのはずですが、カウントを取られないと、股裂き攻撃に苦しむシーンに見えます。
これはモ~、、、タマりまへん~~

leighs345

これをなんとか外し、その後のトーホールドを堪えたリー選手、少し対抗を見せますが、身だしなみも忘れていませんね

leighs355

この場面で、ストンピングを連発して、何か効果的な技を仕掛けられれば違ったのでしょうが、もう技のネタ切れ
攻めきれないリー選手に、いよいよシェリル選手、怒り爆発か
(アンタ、いい加減にしなさいよ)的な事を言っているようですが。。

leighs358




いよいよ、「ファイティングガールズ14」の興行が、明日となりました
本当は、今日までにこの試合のレビューを書き上げたかったのですが、お盆明けで仕事が山積みでして
(言い訳ですが・・

試合の感想や、当日観客を魅了した選手達のMIXファイトなどもあれば、追々ご紹介していきたいと思います。

いずれにしても、明日はくれぐれも怪我なく、素晴しいファイトを見せて頂きたい
(赤木ゆう選手と対戦する、「ミスX」選手が気になるなぁ~

皆さんも、贔屓の選手が頑張ってくれるとイイですね





大興奮のアメリカン女子プロレス!! シェリル・ルーサ vs リー 4

「ちょっと待って」というシェリルに、「やはり」油断してしまったリー選手。
案の定足をすくわれ、ダウン
(リー選手の詰めの甘さ(優しさ)がとてもイイです 仮に自分が対戦したら、こんな感じでファイトして欲しい! とつくづく思ってしまう


今度はシェリル選手の攻め
ロープに振って、ダウンを奪うと、ギロチンドロップぅ

leighs122

起き上がらせて・・・

leighs127

まずは首投げ! さらに連発しようとしたところを、リー選手が踏ん張り、ダブル・首投げ
両者ダウン。。
先に起き上がったシェリル選手がフォール

leighs141

ここも払いのけたリー選手。 仰向けになったシェリル選手に、すっかり覆いかぶさるようなボディプレス~

leighs151

これは強烈
(しかも2連発。 このまま抑え込まれたら、身動きできず「ギブアップ」しちゃうだろうな~
まず下半身が言うことを聞かない事は、間違いなしデス


しかしシェリル選手は諦めない。 
身体を入れ替えると、負けじとリー選手も、とリング内をゴロゴロと転がりながら組み伏せあい。
(これこそキャットファイトですよ  なんと素晴らしい

leighs165

この根比べはシェリル選手の勝ち。 闘争心にいよいよ火が付いたか ラフプレイも飛び出し始めます。
そして、ここで両足を揃えてのドロップキックが出ましたぁ  
リー選手、リングから落ちそう。。  これはダメージ大きいか

leighs174

(ひょっとして、場外乱闘も見られるかもと思いましたが、そこまではなし


さらにネックシザースの攻撃に、これは苦しいリー選手 (いいアングル、ウレシイ

leighs174

シェリル選手、積極的な攻めで今度はエビ固めでフォールにいくも、極まらず。

leighs184

ここで試合時間10分経過、10分経過!  Ten mitutes gone





大興奮のアメリカン女子プロレス!! シェリル・ルーサ vs リー 3

シェリル選手、リー選手の両足首&首を捕まえると、ブリッジ

leighs66

そして背中にエルボーをかまして、フォール
カウントを入れるレフェリー役がホントにいない  
(この場面で、もがいても返せない時には「ギブアップ」って言っちゃうのでしょうか・・)

leighs73


さすがにまだ序盤。 リー選手、ここはなんとか返した!

すると、お次は、リー選手の両足を広げて、ジャンプしてのギロチンドロップを両足の付け根に
(リー選手、見事な大股開きです

leighs80

さらにはトーホールドにいくシェリル選手ですが、ここは‘お約束’ 
右足で蹴り飛ばしてエスケープ

leighs85

そこで攻守交代
リー選手、シェリル選手をコーナーに振って、おおっ! 巴投げが決まった

leighs92

このあたりの技の応酬が、懐かしさを感じてタマリマセン。。
(最近の女子プロレスの、高度な大技のオンパレードにも圧倒されますが、ジワジワとダメージを与えていくレスリング、好きですね
さらにエルボースタンプ、ストンピングで攻めるリー選手。

ここで一息、ニーパットを直しながら仕切り直しのようです

leighs105

アレ、シェリル選手が「ちょっと待って」と懇願しています。 
(リー選手、ここは畳み掛けるチャンスですよ~~

leighs110





大興奮のアメリカン女子プロレス!! シェリル・ルーサ vs リー 2

さあ試合開始! 
ちなみに自分は、東洋系な雰囲気でスタイル抜群・リー選手を応援 しながらの観戦

組み合ってから、まずはフルネルソンで捕らえるシェリル選手

leighs12

そして首投げからサーフボード。 
このあたりの展開は、‘昭和のプロレス’的な展開で好きですね
(基本技をしっかりと繰り出して、相手のスタミナをジワジワと消耗させていく。逆に新鮮

leighs17

ここはリー選手が首投げでお返し。  ここでおおっと 早くもラフプレイに
シェリル選手の顔をロープにこすり付けて目つぶし

leighs25

そしていきなり大技、ブロドッキング・ヘッドロックをお見舞い 
変形サーフボードで、さらに攻めていきます。
(立っている状態で攻めるのがアメリカ流? 腰よりも腕に効きそう・・

leighs42

ちょっとしんどいか リー選手、技を解くとキック。 シェリル選手はロープに逃れますがあまり深追いしません。
(日本選手ならば、ストンピングとかで追い討ちをしそうなところ)


すると、やはり捕まってしまった
ヘッドロック(両者の引き締まったヒップがイイですねぇ~

leighs50

そのまま倒して、搾り上げていく 
(リー選手、両足を跳ね上げて返すのは難しいか でも観ている方はコチラの方が

leighs56

シェリル選手が今度はバックを奪って、リー選手を攻めています

leighs63





大興奮のアメリカン女子プロレス!! シェリル・ルーサ vs リー

今回ご紹介したいのはコチラです↓

STEEL KITTENS Pro Steel」(STEEL KITTENS)


この作品には、2試合収録してあり、
第1試合は大御所(日本だとジャガー横田選手クラス?)のスーザン・セクストン人気のハリウッド。

実力では、明らかにセクストンに敵わないハリウッドですが、セクシーさで魅了します。

hall1

攻めているシーンもちゃんとありますが・・・

hall4

最後は、あっさり丸め込まれて、カウント3

hall15

素直に負けを認めない‘ヒール’のハリウッドですが、まあ勝ち負けは度外視ということで
ハリウッドファンには、おススメの作品でしょうか。(ちょっと時間が短すぎるのが難点か





しかし、自分の「是非観る価値のある一戦」は、第2試合のシェリル・ルーサリー


全米LPWAで人気があり、日本のジャパン女子プロレスにも確か参戦していたシェリル・ルーサ。
(日本の女子レスラーと試合しているのを観ると、正直巧くはないですが、ビジュアルは

leighs2

対するは、無名のLeigh (レイではなく、リーと読むらしいです)
ですが、この選手が、モ~、、、自分の大のストライクゾーンなのです

leighs6

なんというナイスバディ
ポーズを取っているのを見ているだけで、下半身が素直に反応していまいます


前回、マグニフィセント・ミミ選手出演映画の動画を載せたのですが、「あの路線」の試合が観れてしまうという。。
なんとステキな


しかも、第1試合と同じリングではありますが、この試合は①観客なし ②レフェリーなし

さらに、両選手の喘ぎ声、そして響き渡るマットの音以外、余計な雑音は一切なし
(相手をフォールしてもカウントは入らず。 バトル様はじめ日本の作品は、レフェリーはいなくとも、カウント「ワ~ン、ツー~」と入れる人がいますが、この試合ではホントにいません。 

そんな静寂(?)な雰囲気で、試合が進んでいくのが、観ていて大興奮する要因なのかもしれません。


さあ、いよいよゴ~ング





海外の女子プロレスもイイ!

「ファイティングガールズ14」まで2週間となり、出場選手のレビューにもっと力をいれるべきところだとは思いますが、このブログを観て頂いている、有難い方からのリクエストに応えてみようと


以前からメールで、「海外のミックスファイトDVDのおススメは?」、「海外作品のレビューをお願いします」というリクエストを、ちょくちょく頂戴しておりました。
(本当に多くの方にご訪問頂いてウレシイ限りです


ただ、なかなかお気に入りの作品を探すのが難しくて。。
(パッケージが英語で読めないとか
どんなストーリーなのかが分からず、購入するのを躊躇うというのが大きいんですね~
(もっと学生時代に英語勉強しておけば良かった


それにイメージとして、ドミネーション要素が多く、自分の好きな「最後まで勝負の行方が分からない」という作品が、ほとんど無い印象も強い事もありました。


ちなみに、既にご紹介した中では、
男女のアマレス(ドナウ・ウーマンレスリング)
Luzia選手
Unique Leigh選手

がベスト3です。

ミックスファイトではなく、プロスタイル・キャットファイトならば、「史上最初の日韓戦」が秀逸。



とはいえ、過去に地雷を踏んできた経験から、他にも見つけた良作を紹介していきたいと思います。



そこで・・・

アメリカの「LPWA」という団体が人気だった頃の、全米女子プロレスをご存じの方ならば、もはや説明は不要かもしれません。
この時代は、スタイル抜群な女性たちが、ハイレグなどハイカットな水着を見にまとい、男性の観客を虜にしていました


その中で、人気抜群だったのが、マグニフィセント・ミミ選手
(日本にも大仁田厚率いるFMWや、ジャパン女子プロレスに参戦していました
以前、記事に書いたことがありますので、ご参考までに。→こちら

実力は、正直日本人選手の方が上のようですが、プロレスは勝ち負けよりも、観客に魅せて満足させてナンボの世界。
とても素晴らしい選手だと(今でも)思っています。


マグニフィセント・ミミ選手が出演している「アメリカンエンジェルス」という映画も、ナカナカのもの






この映画ほどはいかなくとも、ハイレグ水着を着用しての本格的プロレス作品があるんです

そちらをご紹介したいと思います。

成長を続けているFG王者・夏目エレナ選手のMIXプロレス!9

アルゼンチンバックブリーカーでピンチな夏目選手だが粘る!

男子レスラーは、トドメを刺そうと、あえて技をほどきます。
そして・・・

erena198

うわ、、ここでパワーボムがきたぁ

erena203

見事に喰らってしまった夏目選手
しかし、余裕をみせた男子レスラー、足を軽く胸に乗せたフォールにいくも、カウント2で返す

erena208

(本音は、きちんと覆いかぶさるか丸め込んでフォールにいって欲しいな、というのはアリますね

たとえば、同じDVDに収録されている蓮美かな選手へのエビ固めとか。
新垣ひとみ選手に対するフォール(これが一番の理想)とか。

(でも、それはさすがに、、ですよね



ならばと、今度はコーナートップに登って決着をつけようとする男子レスラーですが、これは無謀というか、「お約束」

erena215

案の定、自爆  
これで流れは夏目選手にきました


デビュー戦の時からモノにしていた鎌固め。 (ただし魅せ方は断然巧くなっていると感じます)

erena225

続いては、右足をしっかりと引っ掛けて、

erena232

グラウンド卍固めに、相手の右足首を抱え込む、「夏目ロック」
(お見事! この技で蓮美かな選手からもギブアップを奪っていましたが、グラウンド卍固めは男子技だと思っていたので、その意味でもスゴイなあ

erena252

ここはなんとか凌いだ男子レスラーでしたが、まだ技の引出しが残っていたとは
FG13で、金城真央選手に勝利した技と近いですが、ボディシザース&グラウンドコブラ


erena267

堪えていると、だんだんと夏目選手が顔を寄せてきてくれます

erena273

ア~、 これはダメだあ・・・・・・

男子レスラーも、夏目選手のこの攻撃にはエスケープできず。
とうとうギブアップ  
(自分なら、エスケープどころか。。 何度も観てると、〇〇〇の制御が効かないかも

erena290


男子レスラーの技を受ける場面を、きちんと作りつつ、大技・新技を惜しげもなく披露した、見事な勝利でした


自分はこのDVDをFG13の後に観たのですが、もし先に観ていたら、金城選手から王者を奪取する事に疑いをもたなかったのではないかと思います。 
あらためて3代目FG王者


そして、蓮美かな選手のMIXマッチを含めると、満足度の極めて高い作品でした


また、「夏目エレナ選手蓮見かな選手」のFG13記念試合も、生唾ゴックンの好勝負も、そのうちにアップしたいと思いますが、待ちきれないという方は、自分が尊敬しているTMさんが運営するプロスタイルキャットファイトをお先にどうぞ





成長を続けているFG王者・夏目エレナ選手のMIXプロレス!8

次から次へと、成長の跡をうかがわせる技のオンパレードで、試合を進める夏目選手

erena137

キャメルクラッチからスリーパーホールド。
「全然苦しくねえ」 「全然効かないんだ?」  やせ我慢をしている男子レスラーに、不気味な笑みで話しかけています。

erena148

それでは! とコブラツイスト

erena158

「ギブアップ?」  (個人的にはもうギブ状態 以前FGコンタクトで実際に掛けてもらいましたが、脇腹にだいぶ効きます(笑))

この試合では、前回と比べ、あまりムダな笑顔がありません。 ここがとっても‘レスラー’として進化しているところかな、と思います。 そして色気はさらに  十二分にあるんです


しかし目の肥えたファンでしたら、もうお分かりでしょう。
ここで攻守交代になっちゃうんですよね

erena160



夏目選手が攻められるシーンをお待ちの方、お待たせしました~
腰を落として、耐えております

erena165

お次は。。
「ウ~ン、あっ、あっ!」
結構反っていて、これは苦しいか

erena173

さらに豪快にターンオーバーされてのボストンクラブ。
マットを叩いて、初めて弱気な喘ぎ声も出てきました

erena187

しかし、ロープブレイクを頼りにする感じはありません。グッと耐えます。

男子レスラー、今後はアルゼンチン・バックブリーカーだぁ~

erena193

「ギブアップするか?」 「しな~い
粘る夏目選手に、男子レスラーは「じゃあ、トドメを刺してやる」と宣言

迎えたピンチを、どう切り返していくのか




成長を続けているFG王者・夏目エレナ選手のMIXプロレス!7

新技・大技を序盤から次々と繰り出して、試合を優位に進める夏目選手

erena89

さらにこの体勢から、相手の頭を搾り上げようとしていく~

erena94

(太ももが・・・ 素晴しい肉付き   これは仰向けになってたら、タマリマセンね

腕も極めて、これはキビシイ関節技
(腕の痛みで、太ももの感触を忘れちゃうかも

erena111

笑顔を絶やさない夏目選手ですが、時折見せるシビアな顔がイイ。 
「ギブアップ?」

まだまだ攻撃の手を緩めない夏目選手。 今度はスタンダードな(対面式の)足4の字固め!

erena120

そして前回も決めていた、背中への踵落とし

erena125

さらにさらに
強烈なペディグリー~   おお~っ

erena134

このあたりの大技になると、普通の女子選手だと、「いくわよ~」とか言いながら掛けたりしそうですが、
夏目選手は無言ながら、(相手とタイミングを合わせて)見事に決めてきます

(掛け声をかければ、相手の男子レスラーの両足もしっかりと浮いて、フィニッシュがTeam Wizard・エリ選手の必殺技のような形になると思います。見栄えはエリ選手の方が好みですが、実際にダメージを与えられるのは夏目選手の方でしょうか


「ハア、ハア・・」 という息遣いが、さらに興奮を煽ります





プロフィール

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR