覆面同士のMIXプロレス!

「バンクーバー・キャット」という、覆面女性レスラーが、同じく覆面男子レスラーと互角に渡り合っています。

バンクーバー・キャット選手の、女性らしい肉付きがとても良いです。。







スポンサーサイト

FG王者・夏目エレナ(次回リングネーム?)vs蓮美かな 5

これで必殺技を出し尽くしてしまったか、蓮美選手!
というところで、空手出身の見事なハイキックを、夏目選手の延髄にヒット
必死にフォールにいきますが、これも返す夏目選手。  

hasuna312

今更ながらですが、夏目選手はこのようなピンチのシーンを凌げるようになってきました。 
もちろん筋書き通りなのでしょうが、「レスラーとしての受けの巧さ」がグンと増してきています


決められなかったところで、お次はどうするかという場面で、蓮美選手が選択したのはコブラツイスト。

hasuna320

だがこれで夏目選手の逆転が始まる、というのは皆さんお分かりかと思います

唯一残念だったのは、蓮美選手が、技に耐えながらフライング気味に、負けを認めるセリフを発してしまった事ぐらい。
(でもそれを吹き飛ばすだけの演技があります。 というか、自分の下半身をガマンするのが限界近い

hasuna332

もう両者とも汗ビッショリ (もうタマリマセン

hasuna348

相手の技をほぼすべて受け切った夏目選手がいよいよ
見た目はぎこちなく(?)ても、与えるダメージは充分過ぎるペディグリー

さらには自分の大好きなドラゴンスリーパー

hasuna361

(もうギブ 自分は最初に観た時、勝負がつく手前のココで、ギブしちゃいまいた ((笑))

hasuna360

最後は、あの金城真央選手からギブアップを奪ってタイトル奪取した、胴締め&グラウンドコブラか

hasuna374

ここはなんとか凌いだ蓮美選手でしたが、まだ夏目選手にはフィニッシュホールドが残ってましたね!
そう、パロスペシャル

hasuna397

崩れ落ちても技は解けない状態で、とうとう蓮美選手がギブアップ

hasuna408



試合終了後は、夏目選手が手を差し伸べ、笑顔で健闘を称えあうシーンで終わります。

この作品では、夏目選手の強さ(特に受けの巧さ)が飛躍的に伸びているのを実感したのと、夏目・蓮美両選手のセクシーさが堪らない。 実に様々な角度から堪能できると思います。


ブログでご紹介したのは、ごく一部ですし、両者の息遣い、喘ぎ声を伝えきれないのはもどかしい。
このDVD作品は、文句なく「買い」です。 お財布の都合がつくようなら、是非おススメいたします






FG王者・夏目エレナ(次回リングネーム?)vs蓮美かな 4

蓮美選手の必殺技・アルゼンチンバックブリーカーがここで出ました

蓮美選手にとっては、これ以上ない展開なのですが、これでギブアップする事はないんですね~
(3本勝負ですし、結果をいってはですが、夏目選手が巻き返さない訳がない)

夏目選手にもし勝つ設定ならば、これは3本目に残しておく手でしょうから。



さあ、ここを堪えた夏目選手は、さらに1本目をとられたボストンクラブに捕まりますが、今度はロープブレイク

hasuna201

まだまだ!とばかりに、なんと今度はロメロスペシャルを
(力技のオンパレードですが、よほど練習を積んだんでしょうね。素晴しい

hasuna219

そしてこれでトドメを刺そうと、コーナーに登り、セカンドロープから正拳突きを狙うも、これは「予想どおり」自爆
(1本目は見事に決めましたが、続けてはムリ。 ウンウン、、これが‘プロレス’というもの

hasuna229

しかし・・・、蓮美選かな手や夏目エレナ選手が、コーナートップからミサイルキックやボディプレスをこなせるようになったら、スゴイ必殺技になると思います。 
ダメージは新垣ひとみ選手安藤あいか選手の比ではないこと間違いなし。

以前ごご紹介した動画のマグニフィセント・ミミ選手のイメージ。
(ちなみに、ミミ選手の表情、どことなく蓮美選手に似ていませんか

実現するとしたら、よほど受けの巧い選手か、男子レスラー限定技でしょうが、、観てみたい


右こぶしを痛めてしまった蓮美選手に、夏目選手は必殺技・「パーフェクト夏目ロック」を決めて、勝負アリ

hasuna244


決勝の3本目。 ダメージを負いましたが、イイ表情をしている蓮美選手
これまでのバトル作品ですと、2本目を落とした選手がフラフラになっているケースが多いですが、これは良いですね

hasuna261

まずは蓮美選手が膝蹴り、夏目選手が膝をついたところにミサイルキック
そしてボディスラム  さらにはギロチンドロップを落として夏目選手苦しい。

hasuna276

まだまだ! ネックシザース

hasuna281

ここで早くもフィニッシュ狙いになるのか
パワーボムを見事に決めちゃいます   だがまだ早い。夏目選手、当然ながら返します。

すぐにフォールにいかないところも、両選手の披露もあるでしょうが、予定調和かな
(しかし、その・・・  なんというかスンゴイ。 〇〇〇が、、、うほぉ~~

hasuna296

もう自分がフォールされちゃいたい






FG王者・夏目エレナ(次回リングネーム?)vs蓮美かな 3

さあ、お次は夏目エレナ選手が巻き返す(であろう)2本目

hasuna141

最初こそ袈裟固めに捕まってしまう夏目選手でしたが、ネックシザース

hasuna148

hasuna164

両手で、相手のアゴをクラッチしないところが夏目式
それにしても夏目選手。 腰回りから太ももにかけて、しっかりとイイ筋肉がついているなぁ、と思うのは自分だけでしょうか


さらに、技のスキルアップがめざましい夏目選手の弓矢固め
「行くわよ~」などと、気合を込めずに淡々と攻めていくところが、彼女の凄味かもと思います。

hasuna174

さらに投げ技、踵落とし。 さらには倒立式ボディプレスを蓮美選手の背中に落とす攻めっぷり。
特にボディプレスは高さもあり、お見事
蓮美選手の痛がるリアクションも、最高にグッドです

hasuna178

ボディプレスが効いたとみた夏目選手は、トドメを刺そうとコーナートップに登ろうとしますが、蓮美選手はまだ諦めない。

hasuna191

コーナーに詰め寄り、形勢逆転で、必殺技のアルゼンチン・バックブリーカーがココで出たぁ~

hasuna194

(FG13では、椎名ゆうき選手相手にこの技で勝利。 今回は丸椅子(FG興行ならでは)ではなく、本物のリングのコーナーを使って繰り出してます。)


個人的には、コーナートップ際での攻防は、大好きなシーン  
コーナーに登っている側の選手は、怪我防止の為にも、相手が掛けようとしている技に素直に従わざるを得ない状況ですが、互いに息の合った連係が必要。 


以前に動画で、男子レスラーがコーナートップに登り、観客を煽っているスキに、女子レスラーに捕まり、雪崩式ブレーンバスターを喰らって、逆転フォール負け、というのを観た記憶があります。
その時は、女子レスラーが男子レスラーのタイツをグイと掴んでから、バランスを崩しかけてしまい、少し間が空いてしまって。。
男子レスラーが「オオッ、ノォ~~」とか言いながらも、予定調和で投げ飛ばされる光景に、何故か興奮したんですよね~


ああイカン。 また脱線してしまう






FG王者・夏目エレナ(次回リングネーム?)vs蓮美かな 2

さあ試合開始
この試合は、2本先取の3本勝負。

(そういえば、キャットファイトDVD作品では、時間制限というものはないですね 
まあ、引き分けだと不完全燃焼にあるのかもしれませんが、タイトルマッチでは「30分1本勝負!」とか、「60分3本勝負!」があっても良いのかも。 


かつてFG興行で、当時のFG王者・国見奈々新垣ひとみ戦が、20分フルタイムドロー。 あの展開も興奮します。 再戦への期待も盛り上がりそうですしね。   
そういう意味では、先日の夏目エレナ篠宮桜良も、DVDではあえて引き分けにするというオプションもあったのかも。。
あっ、もちろん、個人的な感想・リクエストです



いきなり脱線してしまいましたが、この美しい両者のプロレスは美しい

hasuna27

しっかり互いの足が絡み合った足4の字固めの応酬(掛けているのは、蓮美選手)

hasuna40

早くも汗が玉のように噴出してきた中での、夏目選手の逆片エビ固め。

hasuna59

hasuna73

hasuna86

両選手の動き、表情に魅せられているうちに、1本目は蓮美かな選手が得意技のボストンクラブを決めて、先制。

hasuna128


(↑ もっとコメント書けよ と怒られそうですが、この試合に関しては余計なコメントは無粋かも、なんて・・・

もう少し書くかな、どうしよ





FG王者・夏目エレナ(次回リングネーム?)vs蓮美かな

8月のファイティングガールズ14で、前回同様、メインイベンターとなった夏目エレナ選手。

前回は不敗・金城真央選手へのチャレンジャーとしてでしたが、今度は王者として迎え、どんな試合を魅せてくれるのか期待してましたが、それに十分応えてくれました


その後、ツイッターなどで、対戦相手の篠宮桜良選手と「仲が悪くなったんじゃないか」等のコメントが相次いだようですが、そのような心配は全く無用と思います。


前哨戦の「FG14 開催記念タイトルマッチ 夏目エレナvs篠宮桜良」(バトル様)では、試合終了後も夏目選手が執拗に攻め続け、因縁が生まれ、FG興行に繋げていきましたが、あれは演出

DVDでタイトルマッチを行い、興行でノンタイトル(通常は逆でしょうけど)となれば、このようなストーリーは必須で、立て続けの対戦となれば、仲の良い選手同士じゃないと成立しませんよね。

このブログで、何回か書いてきたような気がしますが、プロレスは「予定調和」ですから



夏目エレナ選手は再び改名し、今度はYUE選手に。
まだ観ていませんが、満を持して復活・対戦要求した新垣ひとみ選手とのタイトルマッチも、早くもこなしているみたいで、次回のFG15にどう繋がっていくのか非常に楽しみ



少しタイミングを逸していますが、このブログはマイペースにいきます
そんな夏目(YUE)選手の作品をまたご紹介。



「FG13 開催記念スペシャルマッチ 蓮美かなvs夏目雅子」(バトル様)




FG13で、特に自分の心を鷲掴みした、蓮美かな選手との一戦です
※もうこれまでに何度視聴したか分かりません。う~~む、、、片手では数えきれないのは間違いないです(´∀`*;)ゞ


(あれぇ・・・、夏目選手ファンじゃないのかよ~  というブーイングが聞こえてきそうですが、スミマセン

モチロン、夏目選手も大好きなんです。   しかし蓮美選手はですね。。。  
このブログの対戦レポに登場した「キャンディ麻由美選手」とだいぶ雰囲気が近いんです
身体つきといい、ロングヘアといい。 (ルックスは、、、違いますが



あとは、何といってもリンコスに組み合わせがすんゴ~~く気に入りました
ブルーピンクの水着の選手同士のファイトって、それだけで興奮度が数倍アップしちゃう。 ましてやスタイル抜群の両者。
(自分が小中学生の時代は、「男子は青、女子は赤」で色分けされていたのが普通。 体育の授業で男女で相撲とか取るのを見て、興奮を覚えたのが始めですかね。)

この試合は女子プロレスですが、MIX戦でなくても十分ストライク



詳細なレビューは、尊敬するTMさん運営のプロスタイルキャットファイトをご覧いただくとして、お気に入りのシーンを何点かご紹介します。


hasuna4

hasuna20

ワオ サービスショット

hasuna13







ニュースター誕生か! ナイスバディが闘う! 通野未帆選手のMIXプロレス!6

ここは一気に畳み掛けたいところでしたが、攻め疲れなのか
隙だらけの危険な体勢になってしまい、、ああ、やはり

tono229

一瞬、右乳首が露わになってしまいましたが、さすが正統派。 すぐに水着を直して「この変態め
倍返しにいきたいところでしたが、、

tono235

もう流れを変えることができません。 お決まりのローブローに喰らってしまい、恥ずかし固め。
そして、「さっきのお返し」内腿のストレッチ
苦しむ表情は秀逸です

tono249


ロープを背に腹パンチ連発で倒れ込んでしまった通野選手を、再び起き上がらせる男子レスラーは・・・
バトルリングにニューアイテム
野球のバットを持ちだしてきました。 (スタッフさんが野球でも始めたのでしょうか(笑))


「やめてっ、、何するの
(このセリフに、とてもゾクッとしてしまいました  自分ならバットをすぐに捨てて、あくまでプロレスオンリーで勝負したくなってしまうでしょう。)

tono258

ヒロインものでしたら、このピンチに助っ人がきたり、大逆転があるかもしれないのですが、このバットで散々首を押し付けられ、もうグロッキー状態の通野選手


しかし男子レスラー、いったん反則攻撃を中止し、アルゼンチンバックブリーカー
(男子レスラーも同じ気持ちになってくれたのでしょうか  ←珍しく男子レスラーにアッパレ
ここは気力で耐え抜きますが、しかし、、


tono277

アア~、苦しいか 通野選手、ギブアップ?  ちなみに男子レスラーはどうよ
(自分なら間違いなくギブ寸前。  通野選手とダブルギブアップならイイけど、先にギブしちゃうだろな

tono282


完全に朦朧としてしまったところに、男子レスラーが場外エプロンからチェーン攻撃

tono302

「ロープ・・」と息も絶え絶えにアピールする通野選手ですが、レフェリーは無反応。
(ときどき、「ロープブレ~イク」とストップさせる時もあるのですが、ここは演出上こうなるでしょう)

とうとう「ギ、、ギブ・・」 と微かに声を出し、そのまま失神KOされてしまいました。。

tono306


エクストリームトーナメント2015に出場することになっていた通野選手でしたので、その出場理由としては、このような仕打ちを受ける必要があったのでしょう。

ただ、通野選手のプロレスセンスは、とても素晴らしいものがあります
今回は反則攻撃でのKOであり、ノーコンテストでもいいぐらい


これだけ競泳水着が映える選手も久しぶりでした。まだまだ試合を観たい選手です

果たして内村りな選手との試合は、どうなるのでしょうか





ニュースター誕生か! ナイスバディが闘う! 通野未帆選手のMIXプロレス!5

さあ、内腿のストレッチで相手をスッキリ(?)と攻めたところで、アキレス腱固めへ。

tono179

さらにフェイスバスター・エルボー、キックと畳み掛け、「じゃあ、もうトドメを刺してあげるわ」と、ハイキックが炸裂! これは効いたぁ

tono191

ここではフォールにいかず、ブレンバスターを繰り出す通野選手~

tono194

見事に決まったところで、フォールにいく
(リングの外にいるであろうレフェリーに)鋭い眼差しで、カウントを求める表情がグッド

tono202

やはり一度は返されますが、今度はコーナートップに登ってフィニッシュだぁ

tono209

しかし、これもカウント2で返されてしまう

(フライング・ボディプレスでカウント3を取れる試合は、かなり少なくなりましたねぇ 
古いところでは新垣ひとみ選手古条彩華選手(こちらはボディアタックですね、より高度で破壊力抜群)。 ボディプレスとなると、名手の安藤あいか選手、最近では白いん子選手のハイフライインコフローが目立つ程度でしょうか)


ならばと複合関節技でジワジワと攻め・・

tono220

フィニッシュ技には何を持ってくるのでしょうか、通野選手
うつ伏せの相手に、首4の字? ヘッドシザース?  おっと、これは大丈夫か

tono225





ニュースター誕生か! ナイスバディが闘う! 通野未帆選手のMIXプロレス!4

とりあえずエロ式カンパーナは回避したものの、恥ずかし逆エビ固めで少しグロッキーな通野選手。

tono115

(この作品を観ていて感じたのは、、通野選手の脇、イイなあ・・・
決して脇フェチではないんですけどね


ここからターンオーバーされ、ボストンクラブに苦しむ。。

tono123

さらにはロメロスペシャルぅ  苦悶の表情がタマリマセン
(両足の先が、男子レスラーの股間に触れている感じなのですが、これは無意識なので実際には感じてないかもしれませんが、観ている側(特に自分)はしちゃうそうになる時があります

tono129

まだまだ続く男子レスラーの猛攻
ドラゴンスリーパー~! まずは座り込んだ状態で技を掛けていますが、、、

tono135

ここから通野選手、せり上がってくる  オオオ~
股間のアップも見せてくれながら、腰に力をいれながらスタンディングに。(ヒップ周りに光る汗がイイです

tono141


今度は足4の字固めで攻められますが、ここは巧く返すことに成功

tono157

ここから反撃開始

STFで絞ってから、、、おっとこれは

tono165

逆片エビ固めというか、内腿のストレッチではないでしょうか

(以前、ストレッチ専門店のサンプル動画で見た記憶があります。 
となるとですよ  仮に①トレーナーさんが美人の女性、②競泳水着を着用、という要素がミックスされたら、身体をメンテナンスしながら快楽を楽しむこともできるということ

力のない女性が、普通の形で逆エビ固めを掛けるのは負担が大きいので、この攻め方は理にかなっているのかもしれませんが、想像してしまうと嬉しい技


でも・・・水着を着用してペアストレッチしてくれるお店なんてありませんから

tono173





ニュースター誕生か! ナイスバディが闘う! 通野未帆選手のMIXプロレス!3

さあコブラツイストを掛けられてしまった、通野選手

しかし、目の肥えたファンならばお馴染みの・・・形勢逆転のきっかけとなるか

tono63

(やはり)うまく切り返してからの~~
相手に乗っかってのスペース・コブラで反撃  
小柄ではない通野選手のスペースコブラは、さぞかし効くでしょうね

tono71

腰と脇腹を痛めつけた後は、サーフボードでグイグイと。
技の掛け方と顔の表情、とても様になっていて、グッドです

tono74

まだまだ攻撃の手を緩めない通野選手。 最近よく観られる、うつ伏せ状態の相手へのヘッドロック。
(キャメルクラッチと違って、強く股間を押し付けられる訳ではないので・・・。  自分なら、〇〇〇が確実にオッキしていること間違いなし)

tono81

さらに袈裟固めもガッチリ決めましたが、ここから返され、逆転を許してしまいます

tono96

まずはネックシザース

tono102

そして、、、こ、これはぁ

tono107


出ました~  ‘恥ずかし’逆エビ固め

tono112

この技が出ると、お次は(ゴクリ)のエロ式カンパーナか
(これまで雨下いのり選手や、蓮美かな選手、さらには小西まりえ選手も見事に受けてきた「MIXプロレスの大技」ともいえる技←技名は不明です )
 
しかし、この試合の撮影時に腰を悪くしていたのか、はたまた身体が必ずしも柔軟でないのか
すぐに体勢が崩れてしまいます。。(う~ん、、とっても残念





ニュースター誕生か! ナイスバディが闘う! 通野未帆選手のMIXプロレス!2

さあ試合開始

なかなか引き締まった、イイ表情をしている通野選手であります

tono14

男子レスラーがまずは力比べに誘いますが、それには応じずキックで先手
そして胸元にエルボー!  さらに豪快に投げ飛ばしてから、ストンピング

「フゥッ  フウッ」 気合を入れた声も出て、とても力強いストンピング

tono22

何発も入れてから、横になってネックシザース
まだまだ余裕の表情で攻めていきます通野選手

tono27

続けざまに腕ひしぎ逆十字、キャメルクラッチ、そして再び高さのあるストンピング
優勢に試合を進めていきます。

そして首4の字固めが決まったぁ

tono38

「ゼン、、全然聞かねえ・・」  「効いてるんじゃないの?」

ここは男子レスラー、踏ん張って体勢をひっくり返す。
しかし通野選手、冷静に 「ホラ、抜かさないわよ!」 (←オオゥ

tono41

このシーンで、もっと粘って、「抜いてやる」 「絶対抜かさない」攻防の中で、悶え声なんぞ上げてくれたら、自分の下半身は第一ラウンドの可能性もアリました。。


抜けないかと思った男子レスラーですが、ここはヌイテ(いや抜いて)、形勢逆転のキャメルクラッチ。
通野選手の苦しむ声がまたイイ~
(攻めている時よりも、攻められている時の方が、正直ソソリマス

tono46

さらに倒れ込みながらのスリーパー
(一瞬錯覚してしまいましたが、通野選手の胸元に伸びている手は彼女の左手です

tono52

お次はコブラツイストだ! しっかり両足を開かんかいとばかりの強引さ。
でも観ている方にとっては、悪くないシーン

tono56





ニュースター誕生か! ナイスバディが闘う! 通野未帆選手のMIXプロレス!

「BATTLEエクストリームトーナメント2015」も、いよいよ準決勝が始まっています
(開催期間が長いせいもあり、「サイドストーリー」等で選手の入れ替えなども、良くある事ですが、今度は大丈夫・・

第1・2試合は比較的地味(失礼)な顔ぶれとなっていましたが、昨年は第3試合で武藤つぐみ、第4試合でみおり舞選手が登場して、一気に盛り上がりましたが、今年も同様の傾向
(ちなみに、昨年の準決勝:武藤つぐみvsみおり舞は、昨年のプロスタイル・キャットファイトのベストバウトであると思っております



前回ご紹介した「天才女子レスラー」内村りな選手と対戦予定なのは、1回戦第3試合に勝利した通野未帆選手

(自分は不勉強で全く知らなかったのですが、GIGAの戦士モノ等ではかなり有名な選手のようですね

tono1

tono2

ルックス、スタイル共に抜群
彼女には、あまり奇抜なリンコスは必要なく、エクストリームトーナメントで着用していた赤や、今回ご紹介する「バトル フレッシュファイター FILES.3」でのブルーの競泳水着がとてもよく似合うと思います


「正義を守り悪を憎む清純派」というキャッチコピーは、‘戦士そのもの’ですが、予定調和が大前提のプロレスの舞台で、どのような活躍を魅せてくれるのか? 
非常に楽しみで即購入しました


彼女のツイッターなどを見ると、そう遠くない時期に引退を考えているようで、果たしてエクストリームトーナメント準決勝まで残ってくれるのか不安でしたが、何とかなりそうな感じ

この通野選手内村りな選手が、事実上の決勝戦のように思えるのですが、どちらが勝ち残るにせよ、通野選手が今後AVを引退しても、新垣ひとみ選手のようにキャットファイトを続けてくれるのか(是非お願いします)という意味でも、要注目の選手です。



アイドルというよりも、やはり「戦士」なので、可愛さを前面に出すことはなく、「将来はチャンピオンになりたい」と落ち着いて意気込みを語ります。


男子レスラーと軽く舌戦を繰り広げてから、ゴング

tono12





「プロレスの天才」美女レスラー出現! 内村りな選手のMIXプロレス 6

見事な倒立式ボディプレス&ブレンバスター3連発にもかかわらず、カウント3が入らない
男子レスラーも諦めが悪いと思わざるを得ません

まだフィニッシュホールドがあるのかと思ったところで、、、ここでローブロー~

urina261


悶絶している内村りな選手

腹パンチにストレッチマフラー、さらに股間に頭突きを喰らってしまった
これで戦意喪失してしまったか  カンパーナで苦しむ!
  
urina290

まだまだ地獄の反撃、ロメロからカベルナリア<クロスアーム式> 
これは厳し過ぎる  もう心が折れてしまってもおかしくないでしょう

urina300

なんとか耐え凌いだ内村選手ですが、胴締めスリーパー⇒グラウンド卍固め~
(際どいリンコスではなかったですが、開脚し過ぎて、このシーンではモザイクが  柔軟性が災いか

urina313

この後、強引に起き上がらせる際に、肩紐に手がかかり、ヒヤリ(ニヤリ)のシーンもありましたが、セーフ。。

もうグロッキー状態ですが、遠慮容赦ないアルゼンチン&カナディアン・バックブリーカー
(「カナディアン~」は、男子レスラーは最初、右足を持ち上げた状態から掛けたかったようですが、内村選手の足の上がり方が素晴しく、やり直しで首を抑える形に。 相手も大変

urina338

オオぅ、、、ここまでやるか
いや、むしろ怒涛の猛攻を受け切っているのがスゴイ
「アア~!、アッ、アア~ッ」 喘ぎ声もタマリマセン

urina344

まだやるか!! 今度は物凄い逆エビ固め

urina352

どこまで耐えるか、根比べ(柔軟性のアピールタイム)

「ウッ、グゥッ・・・」
さすがに耐えきれず、ここで遂にギブアップ~~   

urina355



あと一歩のところまで相手を追い込んだ内村選手でしたが、ローブローをきっかけに悔しい逆転負け

(それにしても、身体の柔らかい選手をここまで追い込むのは、あの武藤つぐみ選手以来でしょうか。武藤選手は試合で勝利した後に、仕返しされた形)



大の字になって、本気で悔しがっているシーンもイイです
試合後のインタビューでは、「やっぱり、、、ちょっと強かったですね。もっと強くなって、絶対に今度は勝ちます」とコメントして終了。

urina365


これまでの作品では、定番となりつつある「試合では女子レスラーの勝利、その後は男子のドミネーション」というパターンが、前回の通野未帆選手から変わったのでしょうか。

同じパターンが続くと視聴者に飽きられてしまうので、この変化は歓迎ですね
本当に元が取れた作品であったと思います




通野選手は、反則攻撃でのKO負けの屈辱を、エクストリームトーナメントで晴らす、という設定に繋がっていく訳ですが、内村選手はどうなるのでしょうか。

この作品発売後に、エクストリームトーナメント1回戦に、「内村りな白井まい」が組まれ、白井まい選手もプロレスセンスにあふれる選手なので、1回戦でこの両者が当たるのはあまりに勿体無いと思ってしまいました。

しかし、いろいろ事情もあるのでしょう。
自分としては、内村りな選手が勝ち残ってくれてラッキーでした。 一気にトーナメント優勝の最有力候補に躍り出たといって良いでしょう。


そして、武藤つぐみ選手とのタイトル戦も期待したいですし、なんといっても、インタビューどおりに再び男子レスラー相手に、リベンジマッチを行って頂きたいと熱望しています


そして、11月のファイティングガールズ・コンタクトに参加決定
となると、12月の「ファイティングガールズ15」出場の可能性も濃厚・・・ですよね!

今から日程調整をしておかないと






「プロレスの天才」美女レスラー出現! 内村りな選手のMIXプロレス 5

完全に大の字になっている男子レスラー。。
「さあ、、そろそろ、、いくわよ

urina180

なんと
綺麗な形で倒立して、トップロープに両足をひっかけて~~
「覚悟しなさい

urina185

滞空時間の長い、破壊力満点のボディプレスだぁ
(すぐにはフォールにいかず、間があいたのはこの技への緊張感 それにしてもお見事
 
(アメリカの女子プロレスラー・SANTANA GARRETT選手は、この状態からバク転してのムーンサルトプレスをフィニッシュホールドにしていましたが、彼女はホンマもののプロ。
キャットファイト界で観れるとは素晴しすぎ


カウントが入っている最中、「ギブ?」と相手に確認するぐらい、自信満々でしたが、カウント2で肩を上げられてしまいます。
これは悔しいでしょう
(本当は動画でご紹介したいくらい  是非観たい方はバトル様のサイトまでGO

urina194


だが、めげる事なく、さらに膝蹴り&エルボー、そしてローリング・ソバット
ダウンしたところへ、ギロチンドロップ

視聴者をビックリさせるのは、この後・・・

urina210

urina214

今度はバク転で立ち上がり、ギロチン
(プロレスは、相手にダメージを与えるだけでなく、視聴者へのアピールも大事


まだフィニッシュホールドを持っているのか内村選手
呼吸を整えながらの腕ひしぎ逆十字固め、、、なのでしょうが、男子レスラーの手が気になってしまう! 大丈夫か。。

urina229

(普通ですと、男子レスラーはどんなにひしがれても、グーのままにしてる場合がほとんどですが、手が開いて内村選手の胸元に

この「ピンチ」を免れると、相手の背中にキックを浴びせて、いよいよフィニッシュへ
ブレーンバスター3連発~(これも強烈)

urina246

フォールにいくものの、これもカウント2

urina259

どんだけしぶといのか、男子レスラー?

次で仕留められるか、内村りな選手





プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR