ついにリングマッチ!キャンディ麻由美選手との対戦(シーズン6)~王者決定戦 ~8

本格的リングでの記念すべき一戦も、いよいよ決着の3本目に突入

いつも麻由美選手とのプロレスでは、予定調和(シナリオ)として、「1本ずつは取り合おう」という暗黙のルールがあるのですが、その後は恨みっこなしの真剣勝負と決まっています。
(なので、最終的な勝ち負けは事前に決めてないんです)

さあどうなることか



だいぶ疲れも出てきたので、汗を拭って水分補給のために10分休憩
(本当はこのリングに洗面所もあれば最高なのですが、さすがにそこまで求めるのは罪。 ギャッツビー等のボディ(ウエット)シートが意外に重宝しました。)

一服しながらいつもの和室マッチとの違いを話したり、可能な反則攻撃のレパートリーが豊富なので、実際に他の反則技も練習したりして遊んでいましたが、徐々に闘争心を復活させて


「じゃあ、そろそろ行きますか!」
反則攻撃のコツも分かってきたし、最後は圧勝かも

再び備品のゴングをリングに持ってきて、打ち鳴らす。 カ~~んッ




少し余裕をみせたくて、麻由美選手を見ながら、ゆっくりとリングを一周。
そして、右手を高く差し出して力比べに誘う。

これに麻由美選手が応じる形で手四つに。 「ふぬぬ


今度はshuujiの力が勝り、じりじりとコーナーに追い詰めて、麻由美選手の背中がついたところで、まずは逆水平チョップ
「アッポぅ」(by 故ジャイアント馬場選手風)  「脳天チョップも、、とうっ」  「・・・??(笑)
これは効き目殆どなし。。

追い討ちで胸元にエルボーを2、3発当てて、ようやくダメージを。  「アンっ 


今度は、麻由美選手の左手首を掴み、腰を押しながら、対角線上のコーナーに振ったぁ

麻由美選手がゆっくりとした足取りで、コーナーにもたれかかるのを確認してから突進するも、カウンターのキックがお待ちかね(まさにお約束


「オオウ、、、
大袈裟に大の字に伸びてしまったshuujiの腹に、ストンピング攻撃
そして、「さっきのお返しだよん
shuujiの両足を抱え込んで、反動をつけてターンオーバーしてのボストンクラブが決まった!


「何とかロープに・・」  しかしロープまで微妙に距離が
すぐに動けないでいると、左足を離し、腰を徐々に落として逆片エビ固めで絞ってくる。

腰に、麻由美選手のお尻がピタリと着いてきて、ウレシイ反面、早くエスケープしないと決まってしまう


ギブアップ」  「んなワケないでしょうが、早すぎ
ここは両足に力を入れて、力づくで弾き飛ばすしかないshuuji。

ダメか~」 フラフラと四つん這いに倒れ込んだ麻由美選手を捕まえて、
「場外で勝負だ」 


またしても早い時間帯ながら、両者とも思い切り動ける場外乱闘へ





スポンサーサイト

ついにリングマッチ!キャンディ麻由美選手との対戦(シーズン6)~王者決定戦 ~7

コーナーにへたり込み、だいぶダメージを負ってしまったshuuji

ここで、麻由美選手、shuujiを立ち上がらせて、リングから出し、場外乱闘へ


1本目と同じパターンで、バックドロップ、スープレックスを続けざまに喰らってしまう
さらにはガッチリ卍固め

「うう、、やば・・」  「もうスタミナ切れ? 負けちゃうのかな?


冗談じゃない、ここは踏ん張りまっせ

力を貯めて、勢いよく後方に麻由美選手を跳ね飛ばしてエスケープ。(マットだとあまり遠慮しなくて済むのが良い

そして反撃のサイド・スープレックス   <意外にも初めて披露した技かも?>
(本当はブレーンバスターも掛けたかったですが、さすがに互いの身長を考えると。。
壁に身体が激突するリスクがあるので


少し盛り返したところで、麻由美選手を起こして、腰に両腕を回し、勢いをつけて持ち上げて・・
ベアハッグっ

う~ん、、」 「ギブ?」  「何いってるの、ノーでしょ

shujiの髪を掴んで抵抗し始めたところで、右膝を曲げて、身体を降ろしながらマンハッタンドロップ


麻由美選手が仰向けにダウンしてしまったところで、秘かに(?)待ちかねた攻撃を
通路に行って竹刀をゲット

「さあ勝負はこれから これを見よ」   「あ、出たぁ~
まずは麻由美選手に馬乗りになって、ノド元に竹刀を押し当て攻撃。

これ反則だよね」  「あれ、そう?」  「ワン! ツー!」 


(いいね!ナイスカウント


今度は竹刀を持ったまま、麻由美選手を立ち上がらせて、ロープにもたれさせて、剣道の‘胴’を2本
「剣道3本勝負」なら勝利となったところで、麻由美選手をリングに上げる。

ややグロッキーになってきた麻由美選手を対面のロープに振って、戻ってきたところを、またしても竹刀で「胴~


受けてくれた麻由美選手が両膝をついたところで、竹刀を元の場所に戻して、シュミット流バックブリーカーで腰を攻めていく。
ウッ、ウウっ



ぼちぼち・・・

麻由美選手の両足を抱え込んで、ターンオーバーに成功。
得意の形でボストンクラブが決まった

「どうだ、ギブアップ」  「え~、ロープ無理かな~」  「届くかな ギブした方がいいんじゃないのぉ~  まだ頑張る?」
う~ん、、、と。。 ちょっとムリ、、 ギブ! ギブアップ」 


だいぶ大人げない(?)反則攻撃も出しましたが、これで1-1のイーブンに持ち込んだshuujiです。





ついにリングマッチ!キャンディ麻由美選手との対戦(シーズン6)~王者決定戦 ~6

まだ1本目が終わったばかりで、時間も思うほど経っていなかったですが、運動量が予想どおり半端なかったです。

戦前、麻由美選手とも話し合っていましたが、やはり動ける範囲が断然広い
(これは大変恵まれた事なんですが、40過ぎの身体にはこたえる一面も

あと(以前、大阪カルマ・M選手との対戦でも実感しましたが)、身体を引きずってロープブレイクにいくのが難しいな、と。
畳部屋の場合は、壁とかベッドの縁()をロープ替わりに使っているんですが、比較的楽ちん

そんな事情もあり、リングよりも場外でのファイトの方が楽で、気が付くと多くの時間帯を場外で闘ってしまってました。


せっかく借りることができたリングだし、もっと有効に使おうよ

・・・という意気込みを持ちながら、ドリンク休憩の後、2本目開始




今度はリング中央で、しっかりと手四つで力比べ。

「む、ぬぬ・・」  
あ、強い。。 少し加減して組んだのもあるが、これではリアルに負けそう・・
ここは胸同士をくっつけ合って、より力をフルに出せるようにして、、と (#^.^#)


実は結構本気出してたりして~」という挑発にも負けず、根負けした麻由美選手の左腕を取りながら後ろに回ってハンマーロック。

そこから背中ににエルボーを連発、なかなかダウンしてくれない麻由美選手に「膝カックン」攻撃


これには意表を突かれたか
片膝をついたところで、両手首を掴んでサーフボード


シューズのおかげで身体のバランスは上手く取れるのですが、力を入れ過ぎると麻由美選手の背中が気の毒
お尻をマットにつけてくれたので、今度は両手をクロスさせて、右膝で背中を軽く押しながらのクロスアーム式スリーパーで攻めていくshuuji。

くく・・」 「どうだギブ?」  「ノー! ノー


さらに連続攻撃  お次は麻由美選手の右腕を抱え込んで、チキンウイング・フェースロック!
(よしよし、積極的な攻め

反撃に出たい麻由美選手がせり上がってくる感じだったので、フェースロックを掛けながら一緒に立ち上がり、
でもまだ主導権は渡さない


「いくよ~
コーナーに麻由美選手の頭を思い切り(?)叩きつける
「もういっちょう!」  「エエ~、(ダーン) アア~


ロープやコーナーを利用して攻撃するのが、すっかり楽しくなってきたshuuji。
油断して、ちょっと動きがオーバーになり過ぎたところに、麻由美選手が逆襲

私だけなんて、もう  shuujiさんも」  「あおうっ」 (ダーン


顔を大袈裟に覆って、横のコーナーにもたれ掛っていると、やや遠慮がちに伸ばした右腕ごと、麻由美選手が突進してきて、ラリアットォ~


「これは強烈だ~ う~ん」  「もう一発ね 」 

再び一撃を喰らっちゃいましたが、ラリアットというよりは、恐る恐る飛び込んできての体当たり
しかも、その後麻由美選手がすぐに離れず、「ハアハア、、」と小休止。 
shuujiも息が上がっていたので、すぐにエスケープできず・・ 
ちょっとの間、コーナーで身体が密着する状態になり (あ、イカン!また〇〇〇がオッキ


照れ隠し(ではないですが)のように、ヘナヘナとコーナーに座り込んでしまったshuujiに、麻由美選手が畳み掛ける。


両手をロープに乗せて、shuujiの腹に右足を乗せて甚振ろうとしたハズだったのですが、うっかり?(いやワザと?)
両足が乗っかり、フットスタンプ状態に

(バトル様の作品でもちょくちょく観られるシーン。 一番多いのは顔面を足でグリグリと押し付ける攻撃でしょうが、ドミネーション色が薄い方が良かったので。   
脳内イメージ的には金城真央選手のレビュー2枚目の画像に近い感じになっていたハズですが)


「うおおっ! ぐぅ」 (←ちょっとオーバー)

麻由美選手、「あ、やっぱり痛かった? 間違えちゃった、ゴメーン」 ←でも笑顔。
ひょっとして、Sキャラに変身







ついにリングマッチ!キャンディ麻由美選手との対戦(シーズン6)~王者決定戦 ~5

念願の?本格的ジャーマンスープレックスを受けて興奮気味のshuuji。(思わず自分からカウント3を入れてしまった\(^o^)/)
うまく掛けてくれた麻由美選手も満足そうでしたが、特別ルールにつき、試合続行


shuujiからは、お返しにバックドロップ。
さらに連発で、バックドロップホールドぉ
(バックドロップの状態のまま、ジャーマンのように麻由美選手の両肩をつけてホールド)

これで負けじと‘推定3カウント’を奪ってから、今度はマットの高低差を利用して。。
(アレでいこう


麻由美選手の背後から、右腕を股間にとおして、肩で担ぎ上げてのアルゼンチン・バックブリーカー~

「うりゃあ
うわわっ! ア~きたぁ

巧く決まったと思いきや、すぐに足元がグラついてしまったので、頑張らずにすぐに離してブレイク。
(直前の練習ではできたんですけどね~  体格の良い麻由美選手を担ぎ上げると絵になったハズなのにぃ。。(撮影とかで残そうという気は全くないんですが) いずれにしても、足腰鍛えておかないとダメですね。)



この後も、アトミックドロップ、そしてボストンクラブを掛けながら、次の投げ技を何にするか? 考えていたのですが、ふと
(いかんぞ!場外乱闘ばかりではリング‘様’の怒りをかってしまう・・・。 それにまだ1本目でヒートアップし過ぎだって




「そろそろリングに戻ろう、ホラ立って」

ここまでかなり動いて(はしゃいで?)きたせいか、気づくと息がだいぶ荒い。 麻由美選手もだいぶ汗が掻いていたので、一瞬タオルで汗拭き休憩。

給水しても良かったのですが、ここでまどろんでしまうと流れが悪かったので、すぐに再開。



合図に麻由美選手の髪を軽く掴んで、「さあカモ~ン、トドメを刺しちゃうよ!」と改めてリングに連れていこうとすると、
疲れてきてるのはshuujiさんでしょお~ トドメ(を刺すの)は私」と、こちらも髪を掴まれ、
「オー、ノぉー ワンッ! ツー!」   「何それぇ(笑)  もう一回向こう(場外)にいく?」 
「いやもうそろそろ(リングで)どう?」   「オッケ」  

髪から手を離し、代わりに互いの頭を掴んで通路からリングへ 


小休憩の後の至近距離での小競り合いの間に、さっきまで大人しくしていた〇〇〇が、おっとに。 (イカン、イカンぞ)



先にロープを跨いで入ったshuuji、麻由美選手をブロック、後ろを向かせてロープ越しにスリーパーホールド。
身体を反らされた麻由美選手、苦しいか
いちおう反則なので、shuujiがカウント、「ワンッ! ツー! スリー~! フォー!」 パッ

もういっちょうo(^▽^)o
今度は麻由美選手が勘づき、「反則でしょぅ ワン! ツー! スリー!



反則攻撃への対処を理解してくれた麻由美選手に大満足のshuuji。
手を貸して麻由美選手をリングに上げてから「さあ最後は! ウィ~
麻由美選手の左手首を掴むと、腰を押して、ロープに振って~、、、、


ここで‘お約束’ 大振りのラリアットを仕掛けてしまったshuujiの腕をかいくぐった麻由美選手、両手でロープを掴み、しっかりと右足を上げて鳩尾に16文キック
「うわ、しまった


ヘナヘナと崩れ、大の字に伸びてしまったshuujiに、「よし、チャーンス
ゆっくりとした動きながら、コツを飲み込んだ足4の字固め

「ノー~! ノーギブ」   「ホントに~?、ふんっ!どうだ
(リングシューズ穿いて、麻由美選手と足4の字で絡み合うのは初めてでしたが、う~んコブラツイストの方がMIXプロレスとしての満足度は上のような・・)


結局、ここは何とか凌いだshuujiでしたが、追い討ちの必殺・STFを極められ、ロープになかなか身体を持っていく事ができず。。
(う~む、なかなかほふく前進できないぞ

ロープ? 難しいんじゃない(笑)」  「確かに、、、ウウ厳しい~。ダメだ、ギブ、ギブアップ

無念のギブアップ

1本目は麻由美選手が先制しました。






ついにリングマッチ!キャンディ麻由美選手との対戦(シーズン6)~王者決定戦 ~4

リング上で、念願のロープを使った技の攻防を経験した後は、お待ちかね?の場外乱闘へ


ヘッドロックを掛けながら麻由美選手を連れ出したshuujiでしたが、場外にたどり着くと、逆にバックを取られてバックドロップだぁ
「おお~」  (でも派手にやられる事が出来るのは、かなりウレシイ。。)


もう一回? ねえもう一回やっていい?」  麻由美選手のテンションもかなり
「さあこい(?)」

もう1発、遠慮の必要のないバックドロップがキタあっ



「やるなあ! でもやられてばかりなワケないでしょうが~
起き上がったshuujiが今度は反撃。 
麻由美選手の股間に右手を回し、「ふりやあああ・・・」と持ち上げて、まずはボディスラム


畳のリングだと「ダーン!!」とでも音がして、背中にかなりダメージを追いそうなところ(実際には思い切り投げつけたことがないのでダメージは不明。 ていうかそれはヤバいでしょ

ですが、ココだと「バッスゥー~ン~」的な空気が漏れるような音で、マットを複数枚敷いてあるところを選びさえすれば、まず怪我の心配もないので、楽しい


お次はパワーボム 
(早い時間帯に必殺技を多用してしまうと、とどめのフィニッシュ技の選択に困るハズですが、この際お構いなし

また思い切り尻もちをついても大丈夫そうなので、仰向けにダウンした麻由美選手に対して、エルボードロップ&ギロチンドロップ



息が上がり始めたところで、麻由美選手を立ち上がらせてコブラツイスト
「これでどうだ!  麻由美ギブ?」
ウ~、ノォー~

「うりゃあ~~、、返せるものなら・・」

ここで麻由美選手が左肘でエルボー攻撃。 バランスを崩したshuujiの背後に回り込んで、逆転のコブラツイストに成功

返したわよぉ、どうだどうだ 」  「オオ~、これはぁ

(バトル様の作品でよく採用されている、コブラツイストの掛け合いを再現。 
過去の試合でも試みながら、身体が完全に離れたり、崩れ落ちたりして巧くいかなかった連携技だったんですが、何度も練習した成果が、、うるうる ←ちょっとオーバー)

 
「オ、オッケー」 
左手で、ガッチリと絡みついている麻由美選手の左太ももを叩いて思わずタップ。



しかし
ただいまのshuuji選手の仕草はギブアップのようですが、本日のルールでは無効なので試合継続ぅ   by心に宿っている本日のレフェリーの声)

 
Σ(´Д`lll)エエ!!  ブログをよく見てくださっている麻由美選手ファンからクレームがきそう 
(せっかくのリングマッチだったので、場外での決着をアリにしてしまうと、勿体ないと思ってのルールでして。。。)

 


もっとも闘っている両者は、あまり気にせず、むしろ・・

技を外してもらい、両膝をついているshuujiを、後ろから起こして、満を持したように麻由美選手の声が弾む。
じゃあ、アレいい? いきま~す」 
「やばっ」  (しっかりと受け身を取らなければ。後ろのスぺース大丈夫だな)  
「良しカモン!」

せ~のっっ
バッスゥーン


麻由美選手のジャーマンスープレックスが、見事に決まったぁ~
(おおお、決まった 決めてくれたよ、ウレシイ。 サンクス、麻由美選手!パーフェクト

過去のホテルでの試合で、ジャーマンスープレックスを決めてもらった事はあるのですが、その時は、互いに尻をつけた状態から、後ろに向かって慎重にローリングする形での着地。 なので、このような本家に近いのはもちろん初めて)


これまた無効ですが、記念にshuujiがカウント。 
「ワンッ! ツー! スリー~~


ヤッタ~」と喜んでいた麻由美選手でしたが、
しばらくして、「アレ、これで(勝ちで)いいんだっけ?」と我に返って思い出した様子。

「そんなルールだったら、喰らうわけないでしょうが~!」 (実に大人げない・・)
と逆襲。


普通ならば2本先制されているところですが、ノーコンテストで続きます。






ついにリングマッチ!キャンディ麻由美選手との対戦(シーズン6)~王者決定戦 ~3

早くもリング使用ならではの攻防が出ました
(しかしちょっと腰抜け気味...)


麻由美選手が、仰向けになっているshuujiの腹に、ストンピングを打ち下ろす   
「おうっ
素足でない分、ちょっと遠慮しながらの攻撃になるのは致し方ないところ。

2、3発喰らうもまだまだ!


お次は、shuujiの頭を掴んで身体を半分起こし、片膝立ちの体勢にしてから、麻由美選手もその横に同じように片膝立ちになって並び、、、
行くわよ~、せいのっ

互いの呼吸を合わせて、首投げだ
慎重に前転して倒れ込んだshuujiでしたが、「ぐぅ・・」 


胴締めで脇腹を太ももで絞めつけながら、(いつもよか痛い?)と耳元で囁いてくる麻由美選手。
「畳とはあまり変わらないかもだけど多少は。でもオーケー


せっかく本物のロープがあるんだから、またもや
麻由美選手の両膝を掴み、お尻で跳ねるようにして、ロープブレイクを狙うが、これはちょっと遠かった。。

手こずっているのを見て、今度は両手首を掴んで、サーフボードを掛けてきた麻由美選手。
え~い、どうだ」  「ムム、、ノぉ~! ノーギブ

(この技も、やっぱり素足がイイかな。 シューズだと背中を引っ掻かれる感覚がありましたし、肝心の生足の温かさが伝わってこない



ここを凌いだshuujiが、反撃開始

麻由美選手の両足首を抱えて、リング中央へ引っ張っていき、(軽く)太ももの裏側にストンピング
そしてすぐに足4の字にはいかず、あえてトーホールドで、麻由美選手の右足を攻めていく。
「ホラほら、、ジワジワくるんじゃない~」   「このォォ~


しばらく耐えていた麻由美選手が、おもむろに左足を持ち上げ、shuujiの薄い胸板に押し当ててきたので、今度は跳ね上がって後ろのロープにもたれ掛かる。   「オ~、しまったぁ

(これはプロレスの‘お約束’王道の場面ですよね  この辺りの動きは、以前から2人でよくやっていたので、自然と身体が反応します。 ロープにもたれる事ができるのは今回の特別リアクション



起き上がった麻由美選手がshuujiに近寄ってきたのを待って、モンゴリアンチョップ
さらにはアイアンクローをこめかみに当てながら、身体の向きを変え、、、(よし今度は俺の番


「よっしゃ、いっけ~」 (この瞬間がウレシかった

麻由美選手の背中を押して、対面のロープに振って、、、(ゆったりとした間合いで)戻ってきた麻由美選手の後ろに回って、スリーパーホールド。

アァ~! ウウ・・」  「ギブ?」
立ったままの体勢で、少しずつロープに近づくと、いったん手を離し、再び右手で麻由美選手の髪を掴むと、トップロープに顔を押し付けて、「うりゃあ

さっそく反則攻撃炸裂 \(//∇//)\ 


ア~ン、もオ」  まずはshuujiが、自分で反則カウントを。
「ワンッ! ツー! スリー! フォー~!」  パッ
  (1回じゃ面白くないので)


そして、麻由美選手を場外へ連れて行って、早くも場外乱闘に持ちこんだshuujiです







ついにリングマッチ!キャンディ麻由美選手との対戦(シーズン6)~王者決定戦 ~2

せっかくなので、選手入場シーンもしっかりと


まずは、麻由美選手がリングに残り、通路にいるshuujiに向かって、「この試合のために炭水化物抜きダイエット2週間。でも効果がどこから見ても分からない、shuuji選手~ 」

(やっぱり炭水化物大好きだからライザップ絶対ムリ。吉野家の牛丼最高・・・、じゃなくて! メモリアルな1戦、頑張るぞぉ

リンコスの上にパーカーを羽織って、ゆったりとロープを跨いで入場。(これもまた新鮮
いちおう前王者なので、赤コーナーにもたれかかる。(うん、いい光景だ



今度は麻由美選手が通路に降りて、、
「続きまして~、 週に2回のジム通いをいまだに継続。 しかしサウナ・ジャグジーにいる時間の方が長い?  キャンディ~、、、ま、ゆ、、み~~


行ってるだけマシですぅ~ 」 とチクリと言いながら、リングイン。     
さっそくshuujiに近寄り、腹回りをつまもうと挑発しだす。

「ノー、ノー、ワンッ、ツー~  ほら向こうのコーナー!」 (なんか阿部四郎




さあいよいよ

リング中央に両者歩み寄り、
「今日もフェアプレイでファイトしようね」
アレ? 竹刀の素振りとかしてたけど、アレは何だっけ~?
「まあまあ・・

握手の手を差し出しておいて、彼女が右手を出してくると、引っ込めて挑発
フ~ン、あっそう


闘争心が両者出てきたところで、通路からゴングとトンカチをニュートラルコーナーに持ってきて、
「いくぞ、カー~ン
(あまり思い切り叩くと、苦情になるかと思いましたが、ちょっと迫力不足だったので、2度。 さすがに響き渡るほどではないですが、いや~イイですね音が。 この時点で最高




すぐには組み合わず、ロープに手をかけながら、接近してきた麻由美選手を手で制しながらおもむろに一周。 
(やはりいつもの畳の和室とは距離感が違うな この緊張感もグッド。 ロープが多少緩んでいるので、派手なロープワークはできないぞ。。 というかロープワークって出来ないし・・


思い切りリングの雰囲気に浸っているところへ、まずは麻由美選手が先にヘッドロック
(よしスイッチオン

頭を絞められながら、左腕を麻由美選手の腰に回して、持ち上げるタイミングを伺う。
でも身体を寄せて、ロープブレイクの方がいいかな 


ほらほら~ 」
「むむ、まだだ・・」
少しずつロープ際に押していき、麻由美選手がロープにもたれたところで、「オーケー、ブレイク

ちょっと余裕を見せたつもりでしたが、麻由美選手、shuujiの左手を掴んで、「さあ、ロープ! いくわよ~

 
おおキタ~

麻由美選手の動きにあわせて、反対側に走り、ロープの反動をつけて戻る。 
(勢いよく戻るコツが分からず、それもドタドタ。。 そこはご愛嬌)
戻ってきたところに、 ラリアットぉ~ 

吹っ飛ばされた体で、勢いよく倒れ込みたかったshuujiですが、(いつものベッドと大きく違い)マットの硬さに怯んで、ヘナヘナと倒れ込むようにダウン 

(もし撮影してたら、御爺ちゃんが倒れているように見えるだろうな  自分の動きは映像に耐えられないと思うので、脳内イメージで押し通すしかない(ノω`*)ノ )


リングならではの感触を実感しながらのプロレスは、刺激的で楽しい







ついにリングマッチ! キャンディ麻由美選手との対戦(シーズン6)~王者決定戦 ~

shuujiは、すでにこのリングを使用していましたが、麻由美選手にとっては非常に新鮮な風景

「一度はリングでやってみたい」ということで、同意してくれ、事前にHPも観てきた彼女ですが、実際に見ると「これ、スゴーイ!」と無邪気にはしゃいで、アチコチを写メ


彼女の顔・姿(自分含め)はさすがにお見せできないので、試合会場の一部をご紹介。

まずはリング! ここが主戦場になります。
ファイティングガールズのマットとは当然ながら異なり、かなり硬いです。(これが普通なのかも。 スターダムなどのリングだと、木材を使用して、もっと反発力が強い印象)

ring13

そしてこちらが場外乱闘スペース?(いちおう場外と呼ぶことにします)
こちらはマットが柔らかく、3~4枚積み重ねれば安全なので、遠慮なく投げ技ができました。
(掛けたい技に応じて、並べ替えたりもして・・・)

ring34

他に、リングと場外の間に「通路」があり、片方には反則攻撃セット(竹刀、椅子など)、もう片方にはシャワーが完備。(あいにく1人使用
通路でのファイトの時には、注意が必要(大袈裟に倒れたりすると危ないかも




さて、今回の試合は、王者決定戦
その大一番に、この会場(リング)はとても相応しい。。


普段の会場よりも動ける範囲が極端に広くなり、チャレンジできる技の可能性も広がったので、テンション

一通り見学?が済むと、すぐに着替え、練習に熱を入れ始めた両者。
リンコスの上にTシャツを羽織って、さっそく一汗掻きました
(やはりというべきか ジャーマンスープレックスやバックドロップホールドの掛け合い、「ちょっと」豪快なパワーボム等も試して、早くも盛り上がり )
 

コスチュームは、麻由美選手が前回の赤白の波型ストライプの競泳水着に白のスニーカー。 
膝を擦りむく可能性もあるので、見栄えも含めて白のサポーターをつけて挑んできます

対するshuujiは、黒地に青のラインが入ったスパッツに黒のスニーカー&サポーター。



早くも噴き出した汗を拭ってから、今回のルールの確認。

ベルト返上による「shuuji認定王座」王者決定戦 45分3本勝負!
試合形式はエニウェアスタイルマッチ(かな?) 
  技の掛け合いはリング・通路・場外関係なしだが、リング内のみフォール、ギブアップが有効。
反則攻撃は、会場の備品のみ使用可で5カウントまで(お約束
片方のレスラーがリングインして、10カウントまでに戻れない場合はリングアウト負け


やっぱりいつもとルールがだいぶ違います
(最初は「両者リングアウト」もアリではないかと思ったのですが、レフェリーがいませんし) 

怪我してはマズイので、しっかりとストレッチをして、いよいよ試合開始



  



ついにリングマッチ! キャンディ麻由美選手との対戦(シーズン6)~序章 ~

さて、ファイティングガールズ15の話もひとしきり終わりましたので、前回予告した対戦レポの方を。


キャンディ麻由美選手とは、昨年夏に2連戦を闘ったのですが、ブログでの更新はそれっきりになっていました(アリャリャ

アップしていませんでしたが、昨年12月のファイティングガールズ12(金城真央選手が見事タイトル防衛&武藤つぐみ選手がFGマットに初出場した興行)の後にテンションが上がり、2月に入ってからでしたが対戦を。



その試合を経て、今回レポするのは、8月のFG14が終わって数週間後に行った試合です。 


どうも、ファイティングガールズを観戦すると、潜在意識にある「女性とプロレスしたい」願望がメラメラと出てくるみたいなんですよね。  半年ぐらいのブランクも、新鮮な気持ちになるにはちょうど良い。
(以前は、2~3か月おきには対戦していたものでしたが、やはり歳の問題もあるんかなぁ

(そういう意味でも、FG興行はずっと続いて欲しかったのですが。。  キャットファイトファンの為に何卒新イベントを


これまで‘タイトルマッチ’と称して試合をする事が多かったのですが、最近の対戦相手はほとんどが麻由美選手。
「他の選手も開拓すればいいのに・・」という感もありますが、だんだんチャレンジ意欲が
(むむ、イカン、イカンなぁ。。  どなたか有望女子レスラー情報求む )

まあ、麻由美選手との相性がとても良く、充分満足しているというのもありますが


それもあって、「毎回のようにチャンピオンが変わるのに、タイトルマッチ」、という違和感もあり、昨年の2連戦の後、ベルトを勝手に返上
(新垣ひとみ選手のように、格好良い返上劇ではモチロンなし


ただ今回は、、、、
な、なんとぉ! 本格リングを使用しての対戦となりました~

そんなわけで 今回だけは盛り上げるために、昨年返上したベルトを賭けての「王者決定戦!」と銘打って、麻由美選手に対戦オファーしたワケなんです。




これまでも貸しリングでの試合への興味はあったのですが、敷居が高い感じと、エロ的要素を‘かなり’出しにくいというのが。。
(まさか神聖なるリングで、発射なんて、オソソはできないし・・・


ですが、麻由美選手との場合、「プロレスはプロレス、〇〇〇は〇〇〇」という関係が上手く成立しているため、リングマッチはこれまでも組もうと思えばできました。

それでも、リングを借りることで何かトラブルがあったら嫌だな~・・・
という気持ちを前進させてくれたのが、大阪カルマ・M選手とのリングマッチでした。



キャンディ麻由美選手との昨年の対戦後に、カルマのHPをたまたま観ていたら、M選手が東京に出張し、プレイ(対戦)相手を募集という告知が

さっそくメールで問い合わせをしてみると、、

①大阪よりも東京の方が旅費が断然安い(しかも出張費は掛からないらしい)
②以前から気になっていた、都内某所の貸しリングでのプレイが可能らしい
③貸しリングの利用方法について、多少知識をお持ちらしい
④過去にM選手と対戦した事があれば、受付可能らしい(ハイ、ありま~す

⇒であれば、貸しリングデビューは、この時をおいて他にない との結論になりました。



まずは、ご無沙汰&前哨戦マッチとして、大阪に飛び一戦
ますます強く逞しくなっていたM選手と対戦。 遺恨を「設定」して‘東京対決’となりました。



貸しリング、やはり百聞は一見に如かず。

多少雑多な感はありましたが、まともなリングにロープが張ってあることでテンション

ロープが張っているので、「ロープに振って~・・・」攻撃を本当にできる
リングスペースだけでなく、続きの部屋にマットを積み重ねてあるスペースがあり、ここでは、もうバックドロップ・スープレックス し放題
 (ツームストンパイルドライバーも可能  
 ※ただし、対戦相手の事前許可&呼吸をうまく合わせて掛けましょう
リング以外のスペースがあることで、場外乱闘が本当にできる(鉄柱攻撃も可

さらに、場外乱闘に欠かせない(?)折り畳み椅子や竹刀などの反則セット完備、おまけにゴング完備、とプロレス好きには申し分ない環境でした。


M選手とは本格的な環境で、大満足な試合をしたのですが、強いて言うとリングのマットが硬いんですね。
これはリングシューズが必要だな、と。
(素足の方が、女性と絡み合うには一番。 シューズがぶつかったり、擦れたりすると肌がヒリヒリするんで、これまでは最初の入場シーンは別にして、試合中は素足になってもらったりしていたんですが、このリングだとそうもいっていられない



とはいっても、リングシューズってどこで買うの?(編み上げのモノがやはりイイのですが、試合にしか使えないし、ちょっと恥ずかしい

いろいろ考えた結果、足首までしっかり固定できるスニーカーを、麻由美選手の分とあわせて購入。
2月の時は無理でしたが、念願かなって、リングを使用しての「王者決定戦」がついに実現しました







ファイティングガールズ15観戦! なんと次回で最後とは・・

年末はやはりコレで〆ないと・・・
というわけで、「ファイティングガールズ15」を観戦してきました。


FG15


今回は初出場の選手達が、どんなパフォーマンスを魅せてくれるかが楽しみでしたが、
さっそく第1試合からやってくれました



南瀬奈美森すずか。  もうこれはメインイベントですよ (遅刻しなくて良かった

フィニッシュは、南選手のジャーマンスープレックスだろうとは思っていました。
(おそらくほとんどの方が思っていたのではないでしょうか)

しかし、そこに至るまでの攻防がさすがでした


最初から闘志マンマンの両者が、技を掛け合っては、会場のファンにそのやられ姿を魅せる‘どS’キャラを演じ、会場を大いに盛り上げたと思います。
最後のジャーマンは、掛ける南選手もそうですが、受け切った美森選手もお見事

勝負を楽しむというよりは、美しい身のこなしを見るのが女子プロレスの楽しみ(少なくとも自分は
この1試合で、両選手のファンになってしまいました



2試合目の早川瑞希桜庭うれあ

まず、早川選手が可愛い(やはりライブには来るもんだ
そして桜庭選手の身のこなし。 武藤つぐみ・みおり舞選手の後継者に間違いなくなれる素材とみました。

正直、「プロレス」としてはちょっと噛み合っていなかったような前半でしたが、これはプロスタイル・キャットファイト。
可愛い女性が一生懸命ひたむきに闘う姿が、十分に観れて満足でした。
(最後の4の字決着は、ちょっと面白かったです(^∇^) )



3試合目は範田紗々横山夏希
範田選手のファンが立ち見席の方にいらっしゃったみたいで、範田選手の人気が窺えました。
ですが、自分は横山選手派

これから、横山選手にはバトル様の作品に、どんどん出演して欲しいです。


この3試合は、いずれも初出場の選手のみでしたが、物凄く満足度が高かったですね
ひたむきさと、観客を意識したパフォーマンスが実に見事。



4試合目(セミ)は、小泉まりみおり舞

小泉まり選手はB-1の暫定チャンピオンとあって、勝利は間違いないところでしたが、みおり舞選手相手にも怯まず、タイトルホルダーになれる予感を感じさせてくれました。

しかしみおり舞選手の立ち位置は微妙に思えました。
バトル作品では、キャットファイトから撤退かと思いきや、前回大会で登場し、小西まりえ選手に貫録勝ち。  
でも今回は負け役。 

彼女の実力であれば、メインでYUE選手と組んでもいいと思ってましたが、そうなると後が大変(バトルのリングにまた上がる理由を見つけるのが大変)などの事情があるのかもしれません。



メインはYUEパンサー理沙子

自分の予想では、YUE選手がタイトルマッチで新垣ひとみ選手に敗れ、ここでいったん地に落ちる演出をするのかな、と思っていました。
パンサー理沙子選手は、FGへの貢献度が高い割には、負けが続いていたので尚更でした。

今回は最後までパンサーの勝利を疑っていなかった自分でしたが、結果はYUE選手の逆転勝ち。
(ヒール転向の噂もあったYUE選手、勝負がついてからの執拗な攻撃等で少しだけヒールぶりをアピール




そして最後に、衝撃の発表が。 
FGは次回(4月)の興行をもって終了とのこと

キャットファイトのファンは確実に増えてきているはずなのに・・・・・、なんと悲しい
たとえばFGコンタクトに参加するお客さんは増えていますし、今回興行でも満員御礼。


でも運営側にはいろいろとご苦労があるのでしょう。
内部事情はよく分かりませんが、ファンが増えていけば、このような興行をやるメリットは必ずあると信じて

まずは最後となる4月興行に行けるよう、スケジュール調整をしたいと思います。



何より素晴しいパフォーマンスを魅せてくれた選手の皆さん、それを支えてくれたスタッフの皆さんに御礼申し上げます。
楽しい一日を、ありがとうございました





MIXプロレスしておりました!【事後報告】

少し前(数か月前)になりますが、自分のプロレスパートナーである、キャンディ麻由美選手(非格闘嬢:もちろん仮名)と、久しぶりに対戦してきました
(というよりも、「していました」の方が正確かも



「え、唐突に何?」 「プロレスパートナー、WTO? 何のことかわからない」という方もいらっしゃると思いますので、前回までの対戦レポをこちらに。


そーいうことで、今回は‘シーズン6’という事になります。
(なんか、昔人気ドラマだった「24」を思い出してしまう。。 あちらはシーズン8まで続いたっけ 自分はそこまでいけるのか



その前に少しエクスキューズを(´∀`*;)ゞ ・・・

①自分(shuuji)が女子レスラーと対戦したレポを優先して書く予定だったのですが、そのタイミングでDVDのレビューを書きたくなったり。(お蔭様でレビュー作品のリクエストを頂けるようになった、という嬉しい面があります) 

また、レポを書くのが億劫、等の理由で、タイミングを逸して書きそびれていた試合もそれなりにあります。
「別に営利でやっているものではないもんね(フ・・)」、と居直る手もありますが、日々多くの方に閲覧して頂いている方に申し訳ないという気持ちがやはりありまして。(どーもスミマセン


②このブログでは、いきなり‘シーズン5’から書いてしまったせいで、過去のエピソードを書かないと全く意味不明という状況。
最初のエピソードを‘シーズン1’としてアップしたのですが、続けて筆が進まないうちに、試合をしたもんですから、前後関係がグチャグチャに



このブログで、対戦レポを楽しみにして頂いている方、重ね重ねスミマセン
いちおう続きモノでなんとか完結させようと思っているのですが、「shuujiは遅筆だからしょうがねえや」 と割り切ってくださると幸いです。


そもそも‘キャンディ麻由美選手’って???
  ⇒まずはシーズン1を観ていただき、少し興味を持って頂けたら、シーズン5にお付き合い頂けますと、読みやすいかと。。

ある程度分かっている
  ⇒このままシーズン6にお付き合い頂き、お時間ある時に、シーズン1(既アップ)→シーズン2~4(まだ余裕なし)→シーズン5(既アップ)とお付き合い頂けると、無事繋がる事になります。
 

あとは己の実行力のみ。 
シーズン2~4も頑張りますが、まずは記憶がしっかりしているシーズン6から



12日のFG15が終わって一段落してから、更新始めたいと思います
 



FG15の出場選手&対戦カード決定!!

来る12日(土)は、いよいよ ファイティングガールズ15興行ですね

今回は初出場組も多く、今年一年の締めくくりというよりは、早くも来年を見据えたかのような、フレッシュな人選のような気がします。
大物選手のパフォーマンスももちろん観たいのですが、初出場の選手がどんどん出てくるのは嬉しい。
キャットファイト界の活性化に期待大です



出場選手の顔ぶれについて感想を。

サプライズとして新垣ひとみ金城真央、を秘かに期待しておりましたが、これは敵わず。
でも、この両者の決着は、20分という短い試合時間ではあまりに勿体ないと思うので、いつの日かDVD作品での実現を期待


内村りな選手、武藤つぐみ選手、小西まりえ選手も残念でしたが、スケジュール上の都合もあったのでしょうね。
第一、自分が推す選手が皆出場してしまったら、全試合メインイベントになってしまう
(次回以降の楽しみに取っておきたいと思います)



しかし初出場組にも、注目したい選手がたくさんいますね~

まず横山夏希選手  
全盛期の全女のスター・ミミ萩原のような存在になって欲しい! と(勝手に)思っている逸材ではないかと思います。

次に南瀬奈選手  
1月発売予定作品の、あのジャーマンスープレックス動画にはびっくりしました
(投げる方も素晴らしいですが、受け切れる今宮なな選手も凄いです

当然、フィニッシュにジャーマンスープレックスを期待されてしまうでしょうが、無理は禁物
いくらマットが柔らかいとはいえ、怪我をしては元も子もないですから、とにかく健気に闘ってくれるところを観たいものです。


あと・・・
全選手をコメントするだけ、予備知識もありませんし、1人2人漏れてしまうのは逆に失礼かな、と思うのでこの辺で。


いや~、今から楽しみですね。
少なくとも、来週は仕事のモチベーションも上がるかも(笑)





ジャンボ堀選手を思い起こさせる大型新人レスラー・愛葉なお選手のMIXプロレス!5

二度目のチョークスラムも披露して、ここからフィニッシュにもっていきたい愛葉選手。

ホントは、これでピンフォール勝ちを奪ってもおかしくないですが、まだトドメを刺さないとなると。。
ここまで来たら、アルゼンチンバックブリーカー?パワーボムやロメロスペシャルも有り得るかもと思っていたら、男子レスラー「必殺」の股間攻撃に悶絶・・・


一度は勝ちパターンになっていたのにぃ~



こうなると、もう防戦一方になっていってしまいます

naoa322

足4の字固めから、股裂き&膝十字?の複合技に
(なんか役得感のある攻撃に見えちゃいます 男女の足が密接に絡み合うのはやはり

naoa337

前腿のストレッチしながらの逆片エビに、悲鳴を上げ始める愛葉選手。

naoa341

前半の強気な態度はすっかり消え、女の子らしい悶え苦しむ表情に色気倍増
自分の中では、勝手にジャンボ堀選手から永堀一恵選手に変化していく印象を受けました(あくまでも主観です

naoa343

ジャイアントスイングで回され(なぜか頭ではなく、股間を押さえているところがユニーク)、
一気にパワー系の技で仕留めにくるのかと思いきや、チキンウイングアームロック

naoa358

まだまだ密着技を楽しみたいのだ、という男子レスラーの願望でしょうか。
(それであれば激しく同意。 もっと胸に覆いかぶさるようにできれば、かなり楽しめる技だと思います  撮影では愛葉選手の顔が見にくくなってしまうので、NGなのかも)


自分も、実際に女子レスラーに掛けたり、掛けてもらった事があります。 
感想としては、ガッチリ極まって(入って?)しまうと、すぐタップとなっちゃうので、ユルユルに互いの腕を絡ませ、時間をかけての攻防にすると、下半身はとても喜びますデス。
この試合では彼女が横向きになっていますが、仰向けの状態だと、もっと興奮度が高いと思います、ハイ


いよいよアルゼンチンバックブリーカーを受け、これでギブアップするかと思われましたが、ここは降ろされ、、
(あ、コラ危ない

naoa373

リフトアップからのツームストン・パイルドライバー

naoa385

ここで失神KOかな、と思いましたが、もう一声でした。
今度こそトドメのボストンクラブで、絶叫しながらついにギブアップ

naoa398



愛葉なお選手。
FGのようなライブイベントより、DVD収録試合の方が合っているタイプの良い選手ですね
チョークスラムや、16文キックなどはお見事でした

個人的には、前半の男子顔負けのパワフルなレスリングと、後半の「もう痛い、やめて」と許しを請うような表情とのギャップが堪りませんでした

次に繋がるような展開にはなっていなかったので、単発モノで今後出演はないのかもしれませんが、これまでの女子レスラーとは違ったスキルを持っている選手なので、また是非バトルのリングに上がって欲しいですね







プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR