B-1王者の交代(赤木ゆう選手、事実上の引退!?)2

B-1王者という貫録なのか? 
はたまたこの試合ではパートナーでも、「今日の味方は明日の敵

いや、おそらく彼女の性格かな?
七緒選手が攻められていても、すぐにリングに入っていかず戦況を見守ります。

akagit17

以前、古条彩華&渡部アキのタッグマッチの時に書いたことがあるのですが、すぐにリング上に4選手が入って、2-2の構図になるとなんか忙しなく感じてしまうんですよね。。

(どちらを観ていいか分からないというか、メリハリがつきにくいというか・・・。 すみません、あくまで自分の勝手な趣味趣向ですので  
おそらく自分の方が少数派なのだと思います)


この試合も、この後に発売された「YUE&篠宮桜良」タッグでも、リング上での11のシーンを、もう少し多く取り入れてくれたら、さらにランクアップ間違いなし。
(ただ、実際のカメラ回しでは、だいぶ違っているのかもしれません。



なんか脱線しそうになりましたが、しばらく七緒選手を様子を伺ってから、ゆったりとリングイン
(いよっ、待ってました

akagit24

やはり王者の貫録か  流れをしっかりと女子チームに持っていきます。

akagit32


男子チームがツープラトンで形勢逆転を狙いますが・・・

akagit40

七緒選手がリングインして一気に攻め込み、七緒選手は‘ザ・コブラ’の方に足4の字固め。

akagit47

そして赤木選手は首4の字固めをガッチリ
あまり言葉攻めをせず、控え目ながら、しかし逃げられない首4の字。。 グッド

akagit51


七緒選手の攻めを男子レスラーがなんとか凌いで、長引かせてくれれば、‘ツノマスク’も首4の字の感触をもっと味わう事ができる場面だったかもしれませんが、

足4の字固めを掛けられたコブラが先にギブアップ
1本目を取りました赤木&七緒ペア



Sっ気たっぷりで「大したことないじゃない」という感じの七緒選手と、「あまりはしゃいだら、相手に悪いわよ~」 と控えめな笑顔の赤木選手。
(そんな事を実際に言っているかは不明


akagit55

ひょっとして、男子チームでは、‘ツノマスク’が「すぐにギブしないでくれよ~
「何言っているんだ! お前ばかりオイシイところ、あげられるわけないだろ」 なんて言い合いしてたりして・・


さあ、お次は女子チームの負けシーンが観れる2本目です





スポンサーサイト

B-1王者の交代(赤木ゆう選手、事実上の引退!?)

話題的には、随分と時期はずれになってしまいますが、すみません

3月のFGコンタクトのタイミングにあわせ、「B-1タイトルマッチ02 小泉まりvs望月さくら」(バトル様)が発売されました。
(もう5月も末ですが、相変わらずマイペースなもんで)

2月の「通野未帆vs横山夏希」(バトル様)と同じ企画作品なので、その点は「なるほど」なのですが、、、
やはりというべきか・・改めて思う。


赤木ゆう選手が保有していたB-1ベルトの返上という事実 
(さらに以前の話題かい  という突っ込みがあるかもしれませんが、どうかご容赦を



昨年のFGで、新垣ひとみ選手に敗れてしまった時点で、「B-1トーナメントの優勝者(小泉まり選手)とのタイトルマッチは、予定どおり行われるものだろうか」という不安はありましたが、やはりという印象は。。。



あくまで個人的な見解ですが、赤木ゆう選手も困惑なり悩んだのではないかと思っています。
FGに初出場し、パンサー理沙子選手の胸を借りるつもりが、いきなりの戴冠
プレッシャーもさぞかし感じたことでしょう。

正直彼女のプロレススキルは、まだチャンピオンには早いかなというのはありましたが、「タイトルを防衛しながら王者らしく成長していくタイプ」だと思っていました。

真の王者に相応しくなるまで、時間が待てなかったのか? 彼女には荷が重かったのか?
これは当人でなければ分からない事なのですが、FGが最後の舞台になってしまいました。



再起を期待したい気持ちは依然としてありますので、ここに書いたことが後日、「見当違いの事を書きやがって」となることを祈っております。
ですが、まずは一段落ということで、ベルト保有していた時の、彼女のMIXタッグマッチのレビューを書いてみようかと思います。




復活祈願ということで

「BATTLEの日 記念特別試合Ⅱ  MIX Tag Match」(バトル様)から




この収録の前に、初防衛戦を行った新人レスラー・七緒ゆづき選手をパートナーに、ファイト
七緒ゆづき選手は新人らしく、赤木選手を立てながら、勢いよく相手に突っかかっていくという立ち位置。
対して、赤木選手は落ち着いていて、‘堂々と’、というよりは控えめに男子タッグチームに立ち向かいます。


akagit2

akagit7

とってもベルトが似合う選手なんですよね~





白いん子選手、お帰りなさい!5

さあ決勝の3本目で、いよいよ椅子を手にした、いん子選手。
ここからが彼女の真骨頂か

hakui201

でも、もしいん子選手と反則攻撃で闘えるのならば、場外乱闘を希望


おそらく、ここのリング(スタジオ?)には場外乱闘スペースがないと思われるのですが、エプロン周辺でもそれなりに楽しめそう・・・


こちらは金城真央選手との試合での、ロープ越しの攻防の場面。 
動ける範囲が限られていても、エキサイトできそう

maoin135

逆に、足を絡めて攻めに転じてみる

maoin321

この体勢から、喉元にエルボーを数発打ち込むも、振り下ろした腕を掴まれて、攻守交代となるのもまた良し。

maoin325

これまで自分が観た作品の中で、‘場外乱闘’といえば、「史上最初の日韓戦」が一番なんですよね~


鉄柱攻撃や、エプロンに互いの顔を叩きつけるような攻撃を互いに繰り出せれば申し分なし


そこまで動けるスペースがなかったとしても、それはそれなりに

「両者リングアウト」という結末も、ストーリーを繋げていくための一つの決着としては捨て難いかなぁ・・と
(両者共に納得いかず、5分か10分の延長戦を行うというのでもいい
仕切り直しで、後日リマッチ、というのもまた良し

自分だったら、どっちがいいかな 
映像で観るなら前者、自分が対戦するなら後者でしょうかね )




今回のMIX戦では、ダメージを負った男子レスラーに正統派の技で追い込んでいき・・・

hakui208

コブラツイストも、しっかりと相手の太ももに足が掛かっていて、精度アップ

hakui225

ちなみに、金城選手相手に魅せた、ヒザつきながらのコブラツイストも

maoin291


そして、見事なスープレックスが決まった

hakui250

トドメは足4の字固め⇒1本目に魅せた鎌固めで、今度はギブアップを奪って勝利

hakui274


前回とは異なり、オリジナル命名技がなくなった分、技のレパートリー、そして完成度も上がっていました
ブランクが相当あった中では、なかなかの試合内容ではないでしょうか



白いん子選手だったら、MIXタッグマッチでの対戦も面白そう
パートナーとしては、少しコミカル路線で・・・、ウ~ん、、、ノリの良い吉田花選手なんかイイ。


また是非とも、バトルのリングに上がって欲しい選手です。





白いん子選手、お帰りなさい!4

形勢が不利になってきたところで、男子レスラーが凶器をもってきたが、、ええっ
な、なんとゴングを鳴らす木槌

チェーンやパイプ椅子は想定内でしたが、これはサプライズ。
いん子選手も、びっくりというより笑いそうになったのでは(もちろんピンチのシーンですから、そんなワケにはいかないでしょうが・・)


木槌も立派な凶器  
ここはノリの良さが求められる場面  これで流血の演出があったら面白かったかも?

hakui151

Team Wizard作品でも、自分のお気に入り選手の1人・ハナ選手がノリ良く、相手選手と反則攻撃をやり合っていました。
プロレスには、息詰まる展開以外に、こういうコミカルなシーンも必要ですね、ウンウン。。


お次は、定番のパイプ椅子で。

hakui160

そういえば、いん子選手の最初のMIXデビュー戦でも、パイプ椅子で甚振られるシーンがあったのを思い出しました

いん子選手=凶器攻撃
でも、どれだけ攻撃しても、なぜかドミネーションという印象にならないところが、イイ
やられたら、やり返せる彼女だから、安心して観れるのかもしれません。


完全にグロッキーになってしまったところで、アルゼンチン・バックブリーカーを喰らってしまい、ギブアップ

hakui176

しかし、いん子選手はFGファイナルで、金城選手相手にこの技にチャレンジしていました。
おそらく、この収録で、男子レスラーからレクチャーを受けたのではないでしょうか。

FGでは、観客との連携プレイ? A席の椅子を使っての挑戦でしたが、完璧には極まらなかったみたいで残念でした
(自分の近くに来てくれるという、予想外の展開に慌てちゃって、実はよく観ていない ←なんと勿体ない
女子プロレスラー同士の場外乱闘に巻き込まれるのもそうですが、これは嬉しいファンサービスで、大歓迎モノですよね




これで予定調和どおり1-1のイーブンで、3本目。
最初は、まだ椅子を持っている男子レスラーに苦労するいん子選手ですが・・・

hakui192

おおっ、恰好いい  蹴り返して、椅子をついに奪う

hakui196


椅子を手にして、「たっぷり仕返ししてやるわよ~
キラキラした目が、また良いんですよね~

hakui197





白いん子選手、お帰りなさい!3

だいぶグロッキーになった相手に見て、コーナーに登るいん子選手。
これは必殺技が出るか?

「ハイフライ・インコフロー」というアピールが欲しかったところですが、今回はSキャラのためか封印
羽ばたくような手のアクションは控えめですが、確実に固めて、これでカウント3

hakui89

「どうだ」 という表情を見せるいん子選手。

個人的には、踏みつけよりも、片膝ついて相手を覗き込み、「私には敵わないのよ」と耳元で囁かれる方がゾクゾクしちゃうかもしれません。

hakui96

しかし、試合途中から、いん子選手のアンダーショーツがずれてきて、そちらも気になってしまいました
(撮影途中で、いったん止めてズレを直すのは、難しいのかも



同じフィニッシュでも、金城真央戦の時はどうか? 

鎌固めから・・・

顔が近づいたところで、「負けちゃうよ、悔しくないの? ねえもうギブ?」と囁かれたら、興奮度
(観客やレフェリーに聞こえない、2人だけで通じる小声だと尚嬉しい
これは、普通の鎌固めよりも、官能的な形かもしれませんデス

maoin206

そしてスープレックスで、グロッキーになったのを確認して、、

maoin209

同じく控えめアクションなハイフライ・インコフローで、あの金城真央選手から片エビ固めでピンフォール

maoin214

う~ん、リングに寝そべって、プレスされるのを待っている自分をイメージすると、こちらの試合の時の方がいいかも。。
(あくまでも自分の主観です)



まずはいん子選手が1本先制。
今度はお返しで順当に勝たせてもらえるか

だが、そうは甘くない
アンダーショーツも直した、いん子選手が開始早々、フェイスバスターに、膝十字固め

hakui111

さらにギロチンドロップを落としてから、三角締めに。

hakui123

しかし、ここはいん子選手、右足の絞めを緩めてくれたおかげで、やっと反撃開始

腹パンチを食らわした後は、、、おおっとぉ~

hakui136

これは地味に効きそう
もっと顔や太ももを密着させて攻めたいところですが、これは視聴者向けのサービスでしょうか

hakui138

さあ次はどんな展開でくるか





白いん子選手、お帰りなさい!2

初めて白いん子選手のMIXプロレスを観た時の印象は、「歌のお姉さん」ならぬ「プロレス大好きお姉さん」というものでした。


ちなみに、白いん子さんが公開しているyoutube動画で、前回の試合での必殺技を披露してくれています↓




他にも、オリジナルの名前をつけた技を繰り出し、これは対戦している男子レスラーも楽しかったのでは と思わずにはいられません  (羨ましい、実に・・)。



今回は、「男性をいじめるのが、プライベートでも好きなので、ちょっと楽しくなりすぎちゃうかもしれませんが、皆さんお楽しみに」と、ドSなところも魅せてあげましょうというムードで始まります。

hakui13



今回の試合も、前回と同じく3本勝負
個人予想では、最初は男子レスラーが先制して、その後、いん子選手が本領を発揮して2-1で勝利ですが、ここは監督の手腕にお任せ



まずは手四つで組んでから、男子レスラーに押されているいん子選手
↓ あっ、何を掛けられているか分からないですよね スリーパーで苦しんでいるところです。
(スリーパーもですが、より密着が楽しめるチキンウイング・フェースロックでいきたいな、自分なら

haui24

思わず呻き声が上がる、サーフボード!
(チンロックもプラスして、髪を振り乱してくれる彼女を見ながらジワジワ攻めるのも

hakui25

さらにフルネルソン、コブラツイスト、キャメルクラッチ。 そして腕ひしぎ逆十字固め

hakui40

このあたりは、男子レスラーのお手並み拝見という場面なのでしょうが、リアルに苦しそうなので、「おおっ もしかして落としちゃう? もっと悶えていいよ」 なんて余裕が出たりして。。
両足をドンと伸ばし切らないで、健気に曲げて堪えてくれるところもイイ

動きがスピーディーでないところも、赤木ゆう選手と同様、逆にリアル感というか、MIXプロレスらしさというのでしょうか エロさが徐々に充満してくる感じなんです。



ですが、欲を出してさらに首4の字固めにいったところで、引っくり返して、いん子選手の反撃開始
逆片エビ固めから、胴締めへ

hakui49

相手の背後から、両足を絡めていくのがオーソドックスですが、いん子選手は相手の真横から締め上げるスタイル。
変に余裕をかましていると、股間ごと絞められてしまうかも。(それもまた


お次は、新たにトライ! 最近頻繁に使用される倒立風ボディプレス。

hakui57

しかし、ここは失敗して、なんといん子選手の両膝が男子レスラーの出っ張った腹に
これは男子レスラー悶絶か

でも、「ゴメーン 大丈夫ですか~」なんて、茶目っ気たっぷりに謝ってくれたら、痛みも吹っ飛びそう。
(あ、イカン、、、。なるべくレビューに没頭しようと思っていたのに、また妄想モードになってきているな)



まだまだ攻めていくいん子選手。
膝と腕をひしいで、ダメージを与えながら、今度はお返しのキャメルクラッチ。

hakui70

さらにはコブラツイスト、そしてFG興行で金城真央選手相手に披露した鎌固めも決めて、優勢に試合を進めてます。

もう少し粘って反撃もしたいところですが、2本目以降を考えると、スタミナ温存で、この辺で降参した方が良いのかな・・・





白いん子選手、お帰りなさい!

自分が始めてファイティングガールズ興行の観戦に行った当時に遡ってみる・・・

あの時は、YUE(当時:夏目エレナ)選手が、あの不敗の女王・金城真央選手から王座奪還を果たした、記念すべき大会だったのですが、初めてだったこともあり、全ての試合に興奮させて頂きました

メジャーどころの選手はもちろんでしたが、自分的には蓮美かな選手、そして白いん子選手が印象的でした。



蓮美かな選手は、現在のプロレスパートナーの‘キャンディ麻由美選手’(な方は、「女子レスラーとの思い出」等をご覧ください)に雰囲気がとても似ていたので、一瞬ドキっという感じだったのですが、白いん子選手は、なんか存在感が非常にあって、このようなイベントには不可欠な存在だな~と思ったものです。

(思い起こすに失敗だったのは、チェキ会の仕組みや、参加する勇気が足りず、この両選手とチェキ会でお話する事ができなかったこと



1回限りでFGを卒業してしまう選手が大勢いる中で、最後の最後に復活してくれた白いん子選手が非常に嬉しかったんですよね。

相手が金城真央選手でしたので、勝敗は度外視でしたが、期待どおりのパフォーマンスを魅せてくれました
一気に、その場の雰囲気を盛り上げてくれる華のある選手です

fg16f-7


そして、なんといっても、FGファイナル出場選手の中で、「自分(レスラー・shuuji)が対戦してみたい選手」№1なんであります (あと、今回以外では、赤木ゆう選手



ありえない事ですが、もし全員の選手と対戦させて頂ける機会を頂けるのなら、正直申しますと、全選手とお手合わせしたいです。
キャットファイトファンとしては、当然の願望か?
ですが、なんといえば良いのか・・・



新垣ひとみ選手や金城真央選手、南瀬奈選手と対戦したと、仮に妄想しましょう。(またしても妄想タイム

ドキドキしながら、リングに上がります。 こんな素敵な選手と肌を合わせられるんだ~という期待と興奮
でも、ゴングが鳴って3分もたたないうちにKOされるの間違いなし

当然、彼女達も相当加減してくれて、実際には(?)10分くらい経過したところを見計らって、優しくフィニッシュを決めてくれるでしょうが、あまりに加減され過ぎても、興奮度が微妙に違う。。 

相互格闘大好きな自分としては、少しでも一進一退の攻防を楽しみたい
(↑勝手に妄想して、生意気言ってんじゃない(笑)



白いん子選手には、なんかそう思わせてくれる魅力があるんです。
(ただただ、DVDを視聴して、「美しいな」、「可愛いな」、「スゴイな」 だけでなく、「(もし自分と対戦してくれたら)過度に手加減なしで、それなりに互角の試合を(少しの時間帯でも)楽しめるのでは」という、もう一つ違う要素が。。



ということで、FGファイナルの直前に収録された作品を紹介させてもらいながら。


「白いん子 スペシャルMIXマッチ」(バトル様)
「ファイティングガールズ16 開催記念スペシャルマッチ 金城真央VS白いん子」(バトル様)



妄想>レビューになっていたらすみません。 なるべく・・・ハイ、頑張るつもりですが 




まずはリンコス


2月に発売された通野未帆選手と闘った横山夏希選手着用のリンコス、、、これもイイですね。

hakui8

ようこそ、バトルのリングに戻ってきてくださいました! よろしくお願いします

hakui2


個人的には金城戦のコスの方が、彼女のキャラにあっているような気がしますが、どうでしょう。

maoin2

試合前にリング中央で、レフェリーの説明を聞きながら、目線は↓ (汗)

maoin1

「両者、握手!」と言われるまでに、
すでに美しいお姉さまと向かい合っている段階で下半身、そして「どこまで互角に闘えるだろうか」というワクワク感が、共にマックスになっていそうです





祝・「Team Wizard」再始動!! ~日韓キャットファイトリーグ 第1戦~5

さあどちらが先に立ち上がるのか、、、というところでしたが若月選手が踏ん張る
この時点で勝利を確信しました。

まだ闘志を燃やすチャリン選手でしたが・・・

wakatukik255

最後は複合関節技で勝負アリ

wakatukik270

今回は1-1で、3本目があると思っていたので、ちょっと意外といえば意外でしたが、お互いに持ち味を出した試合になったかと思います。
(エクストリームトーナメント優勝者ということで、リスペクトされたのかも




しかしこの作品は、ここからサプライズ
試合後の虐めを仕掛けている若月選手に、リング外から「やめなさい。 勝ったら大人しく返ればいいでしょう」と。

ここでルミ選手が登場であります

wakatukik295

DVDのジャケットにも、ルミ選手の画像はなかったので、まさにサプライズ!
こういう嬉しい演出は、とても素晴しいです


突然の乱入劇でしたが、若月選手は落ち着き払った様子で、「アナタのことは聞いたことあるわ。 日本に来るとか言ってたけど、ビビって来なかったじゃない」

wakatukik298

おお、、もしかしてこのシーンで、前回のルミ選手が来日しなかった理由が分かるのか

しかし、さすがに大人の事情だったり、単純な話ではないでしょうね。
いなされてしまい、すぐに退場なのかと思いきや、若月選手の余計なひと言のおかげで、ルミ選手の久しぶりの技の披露が

ボディスラムに・・・

wakaatukik306

金城愛菜選手との試合でフィニッシャーにもなったツームストンパイルドライバーも出してくれて、若月選手をKO。



テープチェンジ(若月選手が気絶していたという感じに)後、ルミ選手が若月選手に語りかけます。


相変わらずお上手な日本語で、「アナタたちに負けるのが怖いんじゃない。名分無き戦いが怖いだけ。」
そして、「もうすぐ会えるよ。とりあえず今日の勝利おめでとう」と握手を求め、若月選手もそれに応じます。

wakatukik325


おお~~っ
ルミ選手の試合がまた観れる  これは素直に嬉しいぞ
(金城選手との試合の時と比べて、ヒップや太ももがよりレスラーらしくなってきた感もさらに


また、ルミ選手を前にしても、堂々とした表情を見せていた若月まりあ選手もイイ

wakatukik328


リーグ戦でもあり、順当にいけば、この両者の試合も組まれるハズ。

いきなり大技を喰らい、圧倒された形の若月選手でしたが、3本勝負となれば、あの内村りな選手を破った実力者。
きっと素晴しいファイトを魅せてくれるでしょう。




気がかりな点は唯一つ
この作品の売り上げが採算とれず、続編断念にならないことだけを祈るのみ

自分の貢献だけでは限界がありますが、なんとか実現して欲しいものです



最後、ルミ選手の登場で、うっかり霞んでしまいそうでしたが、初出場のチャリン選手も非常に魅力的な良い選手でした。
また2人目の日本人選手との絡みが観れるかと思うと、コチラも今から楽しみです





祝・「Team Wizard」再始動!! ~日韓キャットファイトリーグ 第1戦~4

この対決では、2本目はチャリン選手が取って、3本目に突入か
実に効いてそうな逆エビ固めが決まった

wakatukik175

さすがに若月選手ギブアップでしょう、、、と思いましたが、粘って再びロープブレイク。

さらにキャメルクラッチで絞られ、ピンチ
細身ながら痛みへの耐性が意外にありそう。  
すぐに降参しないので、若月選手のやられシーンが好きな方は、堪らない時間帯かも・・・

wakatukik186


このままいくかと思われましたが、若月選手がここから逆襲に転じます
背中への連続攻撃、フォール、そしてこの拷問的な股裂きで、優位に立ちます。

wakatukik197

(ルミ選手と同様、復帰をリクエストしたいハナ選手が悶絶していた技として記憶に残っています。)

これは苦しい、、、 

wakatukik200
 
自分も、たとえ若月選手のような女子レスラーに掛けてもらえたとしても、嬉しいよりもリアルに辛そう
観ている方は、これでギブアップし、大の字に伸びてしまうフィニッシュも捨てがたい



さらに足4の字固めも決めて、やはりストレート勝負になるのかというところで、チャリン選手が本領発揮
ヌンチャクを持ち出してヒール全開 (若月選手やられシーンがまだありました

wakatukik222

チェーンを右手に巻いてのパ~ンチ

wakatukik228

これで弱ってしまった若月選手。 さすがにこれで2本目は決着か

wakatukik236

しかしまだ屈しない若月選手は、さらに逆転
膝十字固めで攻めますが、チャリン選手も髪を掴んで、両者ともグロッキーに。

wakatukik244





祝・「Team Wizard」再始動!! ~日韓キャットファイトリーグ 第1戦~3

勢いを取り戻した若月選手のストンピング
エクストリームトーナメントでは、独特のストンピングで、個性を出しましたが、ここではノーマルタイプ。

wakatukik110

そして関節技をしっかりと立て続けに極めて、これでチャリン選手もギブアップ

wakatukik125

wakatukik130

さすが若月選手、貫録をみせたというところでしょうか。

チャリン選手、大丈夫か

wakatukik133




さあ2本目開始
前回の日韓対決(ルミ金城愛菜)では、2-0のストレート決着になっていますが、この試合ではどうでしょうか?

若月選手のやられシーンも観たい気もします

ゴング前の、両者の表情が分かるこのカット、自分は好きですね~

wakatukik140

互いに闘志剥き出しのエルボーの打ち合いから、まずは若月選手がフェイスクラッシャー
しっかりと組み合って、これは白熱した2本目になりそうです

wakatukik156

チャリン選手の逆水平チョップ~
このような古典的プロレス技というのは、やはりいつの時代になっても必要だと感じます。

wakatukik158

エルボーの打ち合いや、気合を入れ合うためにビンタなどの応酬は、今のプロレスでもよく見られる光景ですが、いわゆる「ジャイアント馬場的な」チョップの打ち合いは、絶妙な間の取り方も含め、好きなんですよね。


自分も女子レスラーとの試合で、よく使います。 
「アア~、、、、、ポうっ」  「ウぅ・・・、なんの! お返しでフンッ」  「おう~、効いたぁ
(実にスローテンポでの攻防なので、途中で顔を見合わせて笑いそうになることもしばしばですが。。)

避けようと思えば避けられる。
打とうとしてきた相手の手首を捻りあげてしまうことも難しくない。

でもあえて逃げずに、胸で相手のチョップを受け止め合うことで、とても興奮してしまいます。
(下半身も適切に反応してくれますし



チャリン選手がまたフォールに

wakatukik165

本当にツボを心得てくださる(笑)
これだから、Team Wizard作品は大好き




祝・「Team Wizard」再始動!! ~日韓キャットファイトリーグ 第1戦~2

ペースをすっかり掴んだ若月選手。
このシーンはどこかで観たことが

wakatukik75

金城愛菜選手が足4の字の後に繰り出した「619」(確か)を若月選手も

しかし、あのアクロバチックな技は、さすがに普通の女性では無理。
(いかに金城愛菜選手がハイスペックだったかが分かります


それでもダメージを確実に与えて、さあフィニッシュかというところで、、、アアっ
(反則すぎるっしょ、、ワンッ! ツー!

wakatukik80

形勢逆転。
若月選手を応援している自分でしたが、チャリン選手はやはり美人。。。
(それに今更ながらですが、赤と青の競泳水着対決は萌えますね~

wakatukik85

ボストンクラブはなんとかロープに逃れた若月選手ですが、ここでチャリン選手の魅せ場が
豪快なアルゼンチン・バックブリーカー!

wakatukik94


自分はこれで1本目を若月選手が失うと思いました。
ただ仰向けの形ではなく、横向きでの抱え上げだった為に、なんとか耐えた若月選手。


だが直後に、上四方固めの体勢でのフォールが
ここも足を延ばして、なんとかロープに逃れて・・

wakatukik100

いや~、女の子が必死にフォールで抑え込もうとするシーン、、タマリマセン
また、抑え込まれてもすぐに諦めず、一生懸命抵抗する女の子の姿もとっても
両者ともナイスファイト

(自分が抑え込んでもらえたら、まずはカウント2でブリッジかな。 そして、プルプルくる腰とは反比例にしていく〇〇〇という、自分自身と相手との攻防になる事でしょう



息を吹き返した若月選手のコブラツイストに、チャリン選手も徐々に弱ってきてしまいます。。

wakatukik105





祝・「Team Wizard」再始動!! ~日韓キャットファイトリーグ 第1戦~1

前回の「史上最初の日韓戦」の時には、試合前にドラマシーンがあり、どうしてこの試合が仕組まれたのかの説明がありました。
今回はリーグ戦なのですが、何人で闘うのか、そしてルールは など一切の説明がありません。 


実際にはこのリーグ戦の撮影が完結できるかどうかというシビアな現実もあるのかもしれませんね。
(日本のエクストリーム・トーナメントでも、選手の入れ替え無しで決勝までいけるのは奇跡的な事なのですから、当然かもしれません



すでにリングに上がっているチャリン選手に、若月まりあ選手がリングインし、挑発し合ってすぐに試合開始

wakatukik11

今回はベビーフェイスという立ち位置に近い若月選手。(チャリン選手が完全なヒールなので)
やはり可愛さは、Team Wizardが認めるだけありますね

wakatukik14

対するチャリン選手も、とても美人(TMさんのブログでも触れられていましたが、ヒールメイクが勿体ないと感じてしまいます)


前半はチャリン選手が有利に試合を進めますが、、、

wakatukik21

若月選手は、エクストリームトーナメント優勝者。 やられっ放しというわけにはいきません。

wakatukik44

このネックシザース、これは若月選手も腕がプルプルきてしまうのでは
ただいつの日か(?)王者・武藤つぐみ選手とタイトルマッチを闘ってもらう時には、この技は必要かと。


さらにはドラゴンスリーパー。

wakatukik60


この試合では、関節技も多く繰り出されますが、それよりもフォールにいくシーンが多いのが特徴的。
Team Wizaed作品は、全女の良き時代を分かって、それを取り入れてくれているところが好きですねぇ~

wakatukik24

wakatukik39

髪を掴んで、「ほらどう?」というシーンも・・ナイスです

wakatukik66





祝・「Team Wizard」再始動!! ~日韓キャットファイトリーグ 第1戦~その前に

ファイティングガールズ・ファイナルが終了し、新垣ひとみ選手特集をしていて、次は他に出場した選手を、と思っていたのですが、コチラも早く触れたいなと思って、方針変更


改めて、長らく首を長くして待っておりました。 
Team Wizard様、復活ありがとうございます


史上最初の日韓戦」からだいぶ時間が経ちました。


おそらく諸々諸事情があったのでしょう。 
推測では作品のセールスが影響したのではないかと思いますが、Team Wizardのエース・ルミ選手が日本に乗り込み、日本の実力派レスラーと対戦するのを心待ちにしていたファンは多かったはずです。

しかし夢は叶わず、これで終わりか・・・というところで  エクストリーム王者・若月まりあ選手が訪韓してのリーグ戦がスタート

wakatukik3


ジーン・・・
とっても、とっても嬉しいことです


今後も順風満帆にいかないことは重々承知ですが、なんとかスタッフさんのお力で、完結まで持って行って欲しいと願っております
(自分も微力ながら、作品を購入することで貢献します




改めてリーグ戦ということは、、
(またしても打ち切りのリスクはある訳ですが)他にも何人かの日韓の女子レスラーが登場して、優勝を目指すということですよね

「日韓キャットファイトリーグ vol.1」(若月まりあ選手(日本)チャリン(韓国))の簡単なレビューを書く前に、リーグ戦の予想を勝手に妄想してみよう
(前回に引き続き妄想かよと感じた方すみません。 こういう性分なので・・・)




もうネタバレになってしまいますが、若月チャリンの試合後に、あのルミ選手が登場というサプライズがありました。

wakatukik321

ということで、ルミ選手の参戦は確定と。。



本当は日本・韓国から各3選手出場してくれるのが理想ですが・・
でも、そうなると6選手総当たり、、、ちょっと無理かなぁ~

現実的には4選手と考えると、残りは日本人選手1名のみ。
そこで、「Team Wizard」の作風にマッチしそうな選手を(勝手に)考えると・・・



まず考えられるのは、ヒールタイプ。
(前回は金城愛菜選手、今回はチャリン選手が務めました。お次は日本選手がヒール役か

すぐに思いつくのは、前回のエクストリームトーナメントで‘ジャスティスサーベル’なる竹刀を使って活躍した通野未帆選手

あとはヒールタイプとは言い難いかもしれませんが、横山夏希選手も大変グッド


あと重要な要素としては、エース・ルミ選手と好勝負を演じられる選手。
通野・横山両選手も十分務まると思いますが、もうワンランク上の選手と考えると・・

南瀬奈選手、YUE選手。そしてB-1王者・小泉まり選手、エクストリーム王者・武藤つぐみ選手。
それに加えて、ピンクカフェオレ・マットでトップの座についた渡部アキ選手といったところをリストアップしてみる。 



このリーグ戦では、ルミ選手が苦しみながら優勝するストーリーが、個人的には相応しいと思うので、巧くルミ選手の良さを引き出すことができ、かつ負け役を厭わない選手ということで、独断と偏見で~~!
横山夏希選手を推したいと思います


DVD作品では、あの通野未帆選手戦が印象的でした。
(オレンジの競泳水着姿が実によく似合う

そして、FG16での横山夏希選手。 
この試合では、新垣ひとみ選手の後継者となった直後の南瀬奈選手が相手で気の毒でしたが、それでもスター性は十分

またルミ選手と上手くスイングできそうなスキルをもっているという点でも、彼女は適任と感じます。

ynatukifg161


(あくまで自分の妄想ですからね、妄想



始まる前から、勝手な出場選手予想、、、誠に失礼しました




まずは第1戦。
エクストリーム、日本では目下のところ敵無し・若月まりあ選手チャリン選手の試合を。


wakatukik1

wakatukik2






プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR