祝・トップレス卒業! 通野未帆選手 2

さすがにイベント開催記念マッチとあって、相手も有力な選手をチョイスしてきます

前回は、同じくバトルの看板選手の一人・横山夏希選手。
(横山選手は、とてもリンコスが映えて、ルックス・実力も十分。 ファンの人気も高いと思います。
FGファイナルでは南選手の引き立て役になってしまった感があるので、今度は空位になっているSSSGP王座あたり獲得して欲しかったり、まだ未確定要素満載ですが、Team Wizard作品にも出てみると面白いと思う存在なのですが。。 
いずれにしても、次の出演が待ち遠しい



そして今回は、FGファイナルにも出演し、その格闘能力を発揮してみせた生駒はるな選手
(この時期にちょうどAVを引退する「みづなれい選手」という話もありましたが、スケジュールの都合でしょうか
だとしても、結果的にナイスチョイスではないでしょうか。 特に通野選手のやられシーンを楽しみにしている方にとっては



生駒選手といえば、なつめ愛莉選手に勝利した後、止めに入るレフェリーをドロップキックで気絶させるシーンもみましたが、身体のバネが本当に素晴しい  
少なくとも、ドロップキックだけでいえば、新垣ひとみ選手の後継者といってもいいのかもしれません。

この作品では、通野未帆選手のイベント記念試合ながら、華を持たせてあげるような雰囲気はありませんでしたし、実際に鑑賞してから、「生駒はるな選手の存在で、今後のバトルに新たな勢力図のオプションが増えた」と感じた方もいらっしゃるのではないかと思います。



冒頭の通野選手のトップレス卒業マッチに続いては、両者の自撮り着替えシーンとイメージ。
(横山夏希戦の時にも、この特典がありましたが、やはりイイ


まずは通野未帆選手
着替えの仕上げは、乳首対策??

mihoiko59

あらためて・・・ 通野未帆選手には競泳水着が似合う(キッパリ

mihoiko67

対する生駒選手。 こちらは、通野選手とはまた違う、なんか面白キャラを漂わせているような気がします。

mihoiko80

mihoiko90

ところが、いざリングに上がると、また違ってくるんですね~
「私が活躍するの、観たいよね」  ファイターとしてスイッチが入ってます
筋肉がバランス良くついていて、特に下半身は相当鍛えられている印象です。


これは通野選手、早くもピンチか

mihoiko103


今回は1本勝負。
どこで通野選手のジャスティスが出るのか? そして凶器攻撃は果たして
そして、生駒選手はドロップキックのほか、どんな豪快な技を出すのか。
スープレックス合戦になれば、通野選手にも勝機アリですが、、、


さあゴング

序盤は力比べから、ロープに振っての攻防
(こういう動きを、最初から観れると、期待値は自然と上がってきます

mihoiko111

これをかわして、通野選手がフェイスバスターからの首4の字固めといきますが、

mihoiko122

生駒選手、早くもテクニックがしっかりしているところを見せてくれます。
基本をしっかり教わったかのようなボストンクラブ

mihoiko128

ボディスラムで通野選手を投げ、お返しの首4の字固めで絞めていきます。




スポンサーサイト

祝・トップレス卒業! 通野未帆選手

去る6月11日に、バトル店頭イベントがあり、自分のお気に入り選手の1人である、通野未帆選手が
そしてこちらも大いに気になっている、江上しほ選手が初出演

なんと悲運な事か、仕事で駆けつけることができなかったのですが、お二人の今後の活躍を。
(またイベント出てくれますように


江上しほ選手については、「エクストリーム・タイトルマッチ」でまた触れさせて頂くことにして・・・




いや~、通野未帆選手のトップレス卒業は、自分にとって凄く嬉しいニュースでした

トップレスの(というよりAV作品での)通野未帆選手がお好きな方も多いことでしょう。
しかし、あくまで自分は、競泳水着に身を包み、格好よく闘っている通野選手が大好きなんです

これほど競泳水着が似合う選手はいない とまで力説したいくらいデス。



デビューしたMIX戦では、一番似合うと思うブルー。
(ちなみに、彼女のサーフボードストレッチは、他のキャットファイターと比較してもピカイチだと思っています。 

ややネタバレになりますが、生駒はるな選手に掛けていた膝押し型?よりもやはり↓の方が・・・

stmihod1

そして、反則行為を恨み? 臨んだエクストリームトーナメント。
この赤も捨てがたい

stmihod2

ジャスティス・サーベルなる‘竹刀’を振りかざし、正義といいつつ、鉄板の反則攻撃を繰り広げる通野選手には、ツッコミどころ満載なのですが、セクシーさと相まって、魅力がさらにアップ
(このコスは競泳水着ではありませんが、往年のミミ萩原を思わせるものが

stmihod3

内村りな選手に敗れてしまったのは、ある意味想定内でしたが、まさかここでコス剥ぎまでされるとは。。
あまりにもショックだったのを覚えています
(しかし、この両者のファイトが観れたということ。 それ自体はあまりにも幸せな事でした


その後、トップレスMIX戦に挑み、トップレス卒業を目指すも敗戦

stmihod4


なんという、、、今後どうなってしまうんだ~
とても悶々としていた時に、救ってくれたのは、やはりイベント記念マッチ

設定を白紙にして、横山夏希選手との熱い戦い
この試合は、今年のマイ・ベストバウト候補に入っています これは素晴しかった

stmihod5


そして、今回 「6月11日 バトル本店店頭イベント 開催記念スペシャルマッチ vs生駒はるな」(バトル様)



生駒はるな選手との試合を、競泳水着で闘ってくれる前に、「トップレス卒業MIXマッチ」が
(試合前のガウン姿が凛々しい  競泳水着の時にも、登場シーンで是非使ってほしいと思うのは自分だけでしょうか)

stmiho1

生足もたまらないですが、とにかくピンチを凌いで・・・

stmiho24


‘ボマイェ’を決めて優勢になった通野選手。
(金城真央選手も、スペシャルMIXマッチでこの技を出していましたね。 流行る技かも


フィニッシュは、これまでの必殺技のジャスティスではなく、クラシックなキャメルクラッチ

stmiho43


めでたく勝利した通野選手、晴れて競泳水着姿で、強敵・生駒はるな選手との試合になります。



まだ試合前ですが、おめでとう! そしてありがとう! 待ってました! 通野未帆選手

stmihod6





渡部アキ選手のMIXタッグマッチ! ~「ピンフォールマッチ」の魅力~

ピンフォールマッチ、、、自分はとても大好きなのです

女子選手同士も、とても良い。 プロレスでは、豪快な投げ技や関節技も楽しめますが、このピンフォールマッチは、昔の全女の前座試合のテイストが存分に楽しめると思うんですよね~
本能と本能のぶつかり合い、そして‘プロレス’が未熟であっても闘争心・体力があればいい勝負に。

なんどもフォールし、返し返され、力尽きた方が負けるというのが、非常に自分の下半身を刺激してしまいます。



そして、思うに今回が、ピンクカフェ様作品で、というか日本で初めてのMIX戦では

男女が息を荒げながら、エロ要素無しで、ただひたすらに組み合い、抑え込み合う、、、なんと素晴らしい



自分がMIXファイト作品にハマり始めた初期には、「DWW」というレーベルがまさに男女のピンフォールマッチ作品を出していて、大興奮したものでした。
(特に東欧は、レスリング先進国なので、あまり男女でのレスリングに対して違和感がないのかもしれません。 

その中でも大のお気に入りだったこの作品以降は、自粛モードになったのか? ほとんどこのような作品を観ることができません

タイトル名が分からないのですが、ネットでのダウンロード販売はしているのかも知れません。
(まだDVDではなく、VHSビデオの時代の作品なので、バトル様等では通販でも取り扱っていないかも?)




だいぶ話が脱線しかけていますが、日本の作品でも観れるようになるとは・・・
もちろん、コスチュームの部分では昔のような訳にはいかないと思いますが、十分に満足できるものになっています。

この作品は是非、限定版で (損はない と自分は確信しておりますデス


少しだけサンプル画像を。


まずは、高辻知枝選手チェリオ戦

akiwa262

akiwa260

闘志剥き出しに、約5分の白熱したファイトです。



続いて、渡部アキ選手猫師匠戦
こちらは、実に6分以上にもわたる、熱戦でした。

akiwa355

猫師匠が、この試合を想定してか? いつものタイツ姿ではなく、アマレスのシングレット風のコスだったので、より雰囲気が出ますね。

akiwa366


勝敗の行方はDVDでお楽しみ頂くとして、今作に出演してくれた渡部アキ・高辻知枝両選手に感謝
そして企画して下さったピンクカフェのスタッフ様にも感謝


またこのような作品を観たいと、熱望しております





渡部アキ選手のMIXタッグマッチ! vol.2 ~4~

男子ペアは、渡部選手が動きの取れないのをいいことに、知枝選手にダブル・アキレス腱固め&股裂き

akiwa179

このままいくかと思われましたが、途中で知枝選手を解放し、標的は渡部選手に変更
(えっ、なんで

これはダブル・筋肉バスターか
なんとエグイ攻撃を (この技は、おそらく身体能力のより高い渡部選手でないと受け切れないという判断なのかも)

akiwa194

グロッキーになってしまった渡部選手に、再びコブラツイストを掛けたチェリオ。
そこへ猫師匠がスリーパーで締め上げ・・・・

akiwa209

堪えきれずに、ここで渡部選手がギブアップ
なんという結末~



同時発売で、渡部アキ選手高辻知枝選手の作品も出ていたので、このタッグ戦と関連性はあるだろうとは思っていたのですが、なるほど こうきましたか


確かに普通であれば、知枝選手が仕留められて終わるのが順当ですが、シングル戦に繋げるには、仲間割れ(安藤あいか&新垣ひとみペアのパターン)&渡部選手ピンチの局面を作った方が良いのでしょうね。

試合後、先に復活した知枝選手から、喧嘩を売られてしまう渡部選手。
十分に次作を楽しめるような感じで終わっていきます。

akiwa223


古条彩華選手では、このような展開を作りにくいと思うんです。(そう簡単に負けさせる訳にはいかない)
そういう意味で、渡部アキという選手は、起用しやすい器用な選手といえるのでは。

「絶対的な王者」タイプではありませんが、相手を引き立てるのが巧いバイプレーヤー的なスター選手。
矛盾しているようですが、新しい看板選手として、今後も渡部アキ選手を応援していこうと思っています




「通常版」はここでおしまい

ですが、「限定版」にはピンフォールマッチも収録されています。

akiwa251


あまりたくさん書いてしまうと、ネタバレというか、ピンクカフェ様に申し訳ないような気がしますが、少しだけ自分の想いを。



(続く




渡部アキ選手のMIXタッグマッチ! vol.2 ~3~

リングに入る事を躊躇していたところを、先に引っ張り出されてしまった形の渡部選手。
ダブル・コブラツイスト~

akiwa131

さらに、ここから男子ペアによる、怒涛の22攻撃
コブラツイストの次は、逆エビ固め。

akiwa136

さらにはアルゼンチン・バックブリーカー、 も一つおまけに、相手を変えての恥ずかし固め

akiwa148

この技での決着はないだろうと思っていましたが、なかなか反撃の糸口が見つからない、非常に苦しい戦況の渡部&知枝ペア
そろそろ、この2人の合体技も観たいぞ

akiwa151

ようやく合体技が出て、これでイッキに(猫師匠もリング外でダウン中)と思ったところで・・・

akiwa160

何ということか
渡部選手のキックが誤爆  知枝選手に続けて当ててしまい、一度ならず二度目だけに両選手、険悪な状態に。。

akiwa165

このスキを見逃してくれるワケがなく、なんと渡部選手はロープに手足を固定されてしまい、知枝選手が孤立

akiwa172

(なんと上手なホールド(笑)  「なんて卑劣な!」 とコメントしてよいものか

akiwa173


前回の古条&渡部ペアの時は渡部選手が格下役だったので、古条選手がブロックされてる間に、渡部選手が仕留められてしまいました。

今回は逆の立場になるので、このまま知枝選手がギブアップさせられて試合終了か・・
と思い込んでいたのですが、フィニッシュは予想外なものに。
(さすがピンクカフェさん) 


 


渡部アキ選手のMIXタッグマッチ! vol.2 ~2~

渡部アキ選手、再び腕ひしぎ逆十字固めを極めたところで・・・

昔のアンドレ・ザ・ジャイアントがよく見せていた(確か)、強引に相手の身体ごと持ちあげてのエスケープ。
(おおっ、、非常に懐かしいぞ

akiwa81


ここから渡部選手がピンチ

akiwa86

タッチしようとするも、ブロック
(ここも、すぐにリングインしないところがイイです)

akiwa89

首4の字固めでさらに攻められますが、さすがにここは巻き返して知枝選手に交代。

ボディプレスでフォールにいく知枝選手でしたが、強引に返されてしまう。。。
そしてチョーク攻撃で苦しむ!

akiwa106

男子ペアは、すぐにツープラトン攻撃。 対して渡部選手はルールに従ってガマン
この状態のまま女子ペアが勝利したら、それはそれで凄いですが

ここでレッグスプレッド

バトル作品(安藤あいか選手が自分の中では印象的)ではともかく、ピンクカフェオレ作品では・・というイメージがありましたが、よく考えたら、古条選手もこの洗礼を受けた事ありましたね~

akiwa119

「この技は受けたくない」という選手もいるかもしれません。
(他にももっとエグイ「恥ずかし固め」、「グラウンド卍固め」等も前後できちんと受けてくれています。 それを含め、知枝選手のやる気・積極性は買いだと思います )


手は伸ばすものの、まだ自重している渡部選手を尻目に、むちむちの知枝選手の太もも
とってもレスラー向きの充実した下半身。

かつて全女の全盛期を支えた、小倉由美選手や永堀一恵選手をふと思い出してしまいます。

akiwa122

さらにはコブラツイストも決まり、いよいよ渡部選手が介入か
と思っていたら、いち早く動いた猫師匠! 

まだリングインの素振りをみせる前の渡部選手に突進してエルボーをかます
そして、彼女をリングに引きづり出したぁ~

akiwa128

このままではまずい展開。。。
渡部選手、果たして魅せ場を作れるか




渡部アキ選手のMIXタッグマッチ! vol.2

昨年、渡部アキ選手&古条彩華選手のMIXタッグマッチ作品を観てから、渡部選手に注目するようになった自分でしたが、古条彩華選手とのシングルを経て、今やピンクカフェオレの看板選手になったといっていいのではないでしょうか。

そんな渡部選手が、あまり間を行かず、再びMIXタッグマッチ(さらには限定盤で、「MIXピンフォールマッチ収録)作品に出演。

ピンクカフェオレ様の積極的な戦略と、渡部選手の活躍をみれるとあっては、購入する以外の選択肢はありません


んで早速購入。 そして予想どおり満足




「レッスルビューティスターズ vs レッスルストロングスターズ MIXED Ⅳ」(ピンクカフェオレ様)




今回の渡部選手のパートナーは、高辻知枝選手。
キャットファイターとしてはまだ無名の新人選手のようですが、渡部選手の友人で舞台女優さんのようです。
非常に懐かしさを感じるリンコスも、いいですね。

akiwa1


今回は、男子チーム「はぐれMens」が練習しているところに、女子ペアが登場。
「リングから降りなさいよ
「そんな事をすると大変なことになるぜ」 「何言ってんのよ」という掛け合いから。


男子ペアの‘猫師匠’(今回は‘おやっさん’ではない・・)のすっ呆けたセリフと、それに上手に乗っかりツッコむ女子ペアの雰囲気がいいですね。
(渡部選手も高辻選手も、さすが舞台女優

akiwa8

ピンクカフェ様のMIX戦の伏線は、常に「このリングは誰のものか」ということのようです。
それにしても、ブレないな~  首尾一貫していて、アリと思えるようになってきました(*´v`)



というわけで、リングの使用を巡るバトルがまた再燃
タッグマッチで、1本勝負

先発は高辻知枝(渡部選手から「知枝ちゃん」と声を掛けられているので、以後は知枝選手)チェリオスカイ。

akiwa23

デビュー戦だけあって、渡部選手ほどは動けませんが、見事なハイキックを披露。
そしてフォールにもいく積極性がですが、しばらくすると男子ペアに捕まってしまいます。

フェアプレイが身上の渡部選手は、すぐに乱入せず、まずは抗議。
(カフェオレマットでは、レフェリーの権限が無いに等しいのが特徴 )

akiwa39

知枝選手、自力でなんとか脱出して、渡部選手にタッチ

渡部選手、最初から飛ばして・・・

akiwa53

分が悪くなると、すぐにツープラトンに出る男子ペア
(そんなに早く出てこなくていいって

akiwa62

しかし、渡部選手はすっかり逞しくなっていますね
すぐに形勢逆転。
猫師匠をコーナーに叩きつけると、せり上がる手四つで、チェリオを攻める。

akiwa77


古条彩華選手とタッグを組んでいた時と違って、今回は自分がボス。
迫力も伴ってきているように感じます。





注目新人! 望月さくら選手のMIXプロレス 3

大ピンチを迎えていた望月選手でしたが、必死で巻き返す

motti76

最近、この技が増えてきた気がしている、首4の字固めαの三角締めで、自分のペースにもっていけるか

motti83

まだ余裕がある展開ではないので必死 でもそんな表情がグッド


ここからブレーンバスターとかで、優位に立つのかな?と思っていましたが、かなりダメージが溜まっていた様子。
畳み掛けることができず、逆に男子レスラーに抱え上げられ、今度は足4の字固めが・・

motti90

官能的な喘ぎ声を出しながらも、なんとか堪えてひっくり返して逆転でしょう、、、
でも、アレレっ

ガッチリ極まってしまった4の字固めにギブアップ
これは予想外

motti96

おそらくこの前に、小泉まり選手とのタイトルマッチを収録していたのかもしれませんね。
あれだけの激闘の後であれば、試合前から疲労困憊だとしても当然かと。

あっけない幕切れで、ちょっとビックリしましたが、そうか、これは
そうそう第2ラウンド(エロレス)があるんでした




‘エロ有り’の試合なら負けないと挑発した望月選手に、男子選手が応じないわけがありません。
第2ラウンドでは、望月選手の奮闘ぶりが素晴しい

とってもイイ表情をしています

motti138

そして、下半身を露わにさせた男子レスラーの股間を掴んでのスープレックス
(水着を掴んで投げていないので、もうブレーンバスターかどうかも分かりませんが、叩きつけられたところで、男子レスラーとしては痛いのでしょうか、気持ちよいのでしょうか


このシーンは、望月選手が足4の字固めを掛けて、ギブアップを自分に迫っていると想像してみる (実際は違うんですが)
腰を持ち上げながら、「エイ! どうよ、ギブアップ」 ⇒

motti153

逆に、自分が4の字を掛けていて、喘ぎ声を上げながら耐える望月選手を想像。
「アア~んっ  もうダメかも~」 
アゴが上がってギブ寸前。
 ⇒これもイイ・・・。  (まずい、また自分の妄想で〇〇〇が




この勝負(エロレス)は、やはり望月選手が気迫で圧倒。
最後は、コブラツイスト&手コキで、ギブアップを奪って見事な勝利

motti195


第2ラウンドはさすがの実力を見せてくれた望月さくら選手。

小泉まり選手とのタイトルマッチでは、大技を連発するなど、ガッツとポテンシャルも十分だと思うので、出演を重ねながら強くなって欲しいレスラーですね


望月選手のファイトを観ていたら、何故だか昔お気に入りだった中川希選手を思い出してしまいました。
雰囲気が似ているのかな (あくまで自分の主観)


FGコンタクトで、楽しい一時を過ごさせてくれた望月さくら選手を、今後も応援したいと思います





注目新人! 望月さくら選手のMIXプロレス 2

試合開始!

屈強な男子レスラーに向かっていく望月選手ですが、いきなりベアハッグの洗礼

motti11

まずは相手の技を受けながら、セクシーな喘ぎ声を披露してくれます。

motti15

負けじと反撃していく望月選手。 ネックシザースで締め上げながらも、この泣き出しそうな表情。
これが堪らないファンの方も多いのではないでしょうか。

motti31

さらにはキャメルクラッチで、主導権を握りたいところですが、体格差はいかんともし難いのか  
すぐに逆襲されてしまう
(男子レスラーの右手はぎりぎり理性を保っている状態。 本音はもう少し攻めていきたい?  自分が女性と対戦している時は、自制心を保つのが大変です(笑))

motti43

しかし、この状態はアア~~っとぉ

motti50

こらぁっつ、 ワンッ! ツー!
(ムム、これはどっちが反則なの どちらにしても羨ましいな~)

motti52

全く卑劣な攻撃をする男子レスラーですね (お願い! タッチしてください

シュミット流バックブリーカー・腕ひしぎと攻められて、今度は・・

motti64

モ~、、後半のエロレスがなくても十分なのではないかと思うぐらい
(個人的には思い切り脱いだ状態よりも、競泳水着越しの密着攻撃の方が反応してしまうので。。  なんとも困った〇〇〇です





注目新人! 望月さくら選手のMIXプロレス

自分はミックスファイト(キャットファイト)のファン(ヲタク)なので、セクシー女優さんについては、バトル等のリングに上がって始めて注目することになります。


あまり予備知識がない状態(失礼)で、3月のFGコンタクトでお会いしたのですが、望月さくら選手はAVデビューしてまもない新人さんでありながら、早くも高い人気を誇っているようです。 

ちょっと小悪魔的な美貌・抜群のスタイルに納得  
少しはにかみながらも、一生懸命技を掛けてもらって感謝


コンタクトの当日にDVD作品を購入したので、残念ながら「あのシーンが良かった」とか「あの技を掛けて欲しい」と話せなかったのが心残りでしたが、また再登場して欲しいものです。



そんな望月さくら選手が、なんといきなりB-1タイトルマッチに挑戦


これは正直驚きでした。 

相手の小泉まり選手はトーナメント優勝者ですから当然として、赤木ゆう選手の引退濃厚(そうでないと思い込みたい)の中、いったいどうなるのだろう

いっそのこと、別にトーナメントを開催して、その優勝者と小泉選手とにすると、、、、あまりに長すぎる

イメージ的には、江上しほ選手の方がスイングしそうだったのですが、彼女は小西まりえ選手と同様に、新人王経由で、エクストリームタイトルに挑む方向に。 ですが、、若月まりあ選手に、酷い目に遭わされてしまいました



そこで抜擢されたのが望月選手。
惜敗してしまいましたが、予想をはるかに超えるパフォーマンスを魅せ、センスの良さを見せつけてくれました。

今後はどのような形で、リングに上がってくれるのか分かりませんが、これで終わらないことを祈って・・・



「3月12日 ファイティングガールズコンタクト開催記念スペシャルMIXマッチ 望月さくら」(バトル様)



小泉まり選手と同様、マスクマンでない男性レスラーとの対戦エロレスの2試合が収録です。
(なので、またしても紹介画像が少な目になりそうですが、やむを得ず)



とてもエキゾチックな表情を見せてくれる望月選手です

motti3


あと個人的に気になったのがリンコス。
見慣れないロゴだったので、どこのメーカー様のだろうと、、、、(通販で見つけたら、自分のプロレスパートナー用に購入してもよいかも





祝B-1王者! 小泉まり選手のMIXプロレスⅡ 4

さあ主導権を完全に取り戻した小泉選手

kmari113

パロスぺシャルからキャメルクラッチで、確実に相手の戦意を喪失させていきます。
(ヒートアップしている最中であっても、行儀のよさは失わない・・)

kmari119

これまた強烈な逆片エビ固め

kmari124

勝利を確信したであろう、小泉選手の股間鷲掴みスープレックス

kmari135

トドメは卍固め。 
一度は左足が外れかけましたが、ガッチリ決まってしまって、これはもう無理。
あえなくギブアップするしかない男子レスラー

kmari142


単純にパワーパワーの闘いですと、男子レスラーにも勝機があったかもしれませんが、小泉まり選手には、可愛さ、健気さを織り交ぜながらの攻撃と、「優しい言葉攻め」があります

男子レスラーを骨抜きにするような実力(エキサイトモードにさせない)があるため、MIX戦では無敵ではないでしょうか。
(できれば、フォールもして欲しいのですが・・




試合後は、ビンビンになってしまった男子レスラーを今度はエロで攻めて陥落。

kmari149

kmari154

電気アンマはリングシューズ越しなので、どれだけ効き目があるかは不明(自分はやはり素足が最高)ですが、彼女のヒップと太ももに挟まれると、厳しい(ウレシイ)でしょうね。

kmari161


最初に観たMIX戦では、逆転されてしまいましたが、今回はこちらも完勝
本人も自信もついてきたのではないでしょうか。


でも「勝てるか分からないけど頑張ります」という謙虚さは、彼女の一番の魅力だと思うので、「上から目線でなく、それでいて強い」小泉まり選手を今後も応援したいと思います





祝B-1王者! 小泉まり選手のMIXプロレスⅡ 3

下半身がしっかりしている小泉選手だが持ち上がるのか

しかし、ここはさすがに男のパワーで。 
(それにしても立派な太もも  FGコンタクトで寝技OKだったらな~。迷わず首4の字固め掛けてもらうのにな~

kmari68

そしてこの試合、小泉選手の攻められシーンの最大のお気に入りはコレ

kmari74

寝技での股裂き攻撃。
「股が・・・、股が、、、」  
(苦悶の表情をみていたら、下半身が反応して、自分がギブ寸前

kmari77

一難去ってまた一難。
今度は整体技か  もっと優しく攻めてあげて~  

kmari86

ここでスイッチが入ったか、小泉選手。
肘打ちで形勢逆転に成功

三角締めで反撃のノロシ

kmari93

ネックシザースから、おおっと 倒立式のボディプレス
(もっと思い切りやってもいいのに、、遠慮してると思うのは自分だけ?)

kmari100

そして股間を鷲掴みにしての、スープレックス

kmari103

こそばゆくないのでしょうか、、純粋にマットに叩きつけられたダメージのみ
(自分なら痛そうに顔をゆがめる演技をしながら、〇〇〇がムクムク反応しそう

kmari104

ここで小泉選手、相手の足を奪って、再び足4の字にいくのかと思いきや・・・
大変懐かしい(スピニング)トーホールドぉ~

kmari109


自分がプロレスに熱中し始めた頃、男子プロレスでは馬場・猪木、ジャンボ鶴田。
外国人選手ではスタンハンセンやブルーザー・ブロディらがいましたが、他にも人気選手でザ・ファンクスという兄弟選手がいました。

テリー・ファンクのガッツに痺れていたファンは多かったと思いますが、兄のドリーのスピニング・トーホールドは地味ながら玄人受けする技だったのを思い出します。 
(なんであれでギブ?  もう片方の足で板を蹴り上げてしまえばいいのに・・・なんて少年ながらに突っ込み入れながら
 
※ご存じない方スミマセン、気になったらウィキで調べてみてくださいませ



思い切り脱線してしまいましたが、
このポジションでは、男子レスラーが手を伸ばそうが足を伸ばそうが、小泉選手の胸・お尻には触れることすらできず。
残念!!





祝B-1王者! 小泉まり選手のMIXプロレスⅡ 2

スピーディーな動きは見せないながらも、ゾクッとくるような言葉攻めで、相手のペースにさせない「心優しき王者」小泉まり選手。

現役の女子大生で、体育会のバスケ部出身なのですから、アクロバチックな動きをしようと思えばできるハズ。
おそらく、相手に合わせているか、「怪我をしないさせない」を重視しているのでしょう。
それを考えると、まだまだ伸びしろがありそう(ワクワク

パワーボムや‘まりスペシャル’もイイですが、自慢のヒップを使って、相手をロープに振ってヒップアタック
・・・、得意技に是非いかがでしょうか



さて試合に戻って

腕ひしぎ逆十字固めも、何気に強力

kmari22

これはちょっと珍しいと感じたシーン。

裏アキレス腱固めなのでしょうが、なんだか男子レスラーのシューズが目にチラついてしまう
(シューズのCM  ここは地味なシューズにして欲しかったかも)

kmari30

そして逆片エビ固めへ。
これは効きそう   

kmari34

男子レスラー側から、必死に顔を向けると、小泉選手のこんな後ろ姿が拝めます
自分はロングヘアーの女子レスラーが好みなのですが、攻めながら必死な喘ぎ声を出されてしまうとタマリマセン

kmari38


「次は関節技でしょ? 次は足でしょ?」という‘甘えん坊’的セリフも新鮮に聞こえます。
足といえば、足4の字固めですよね。 こちらもガッチリ極まっちゃってます

kmari46

しかし、さすがにワンサイドという訳にはいきません。そこはプロレス。
4の字固めをひっくり返されてから反撃を受けてしまいます。

キャメルクラッチ&足を絡めながらのスリーパーホールド。

kmari60

立ち上がったところに、フルネルソン。
さらに力を込めて、持ち上げようとしている男子レスラーだ

kmari65





祝B-1王者! 小泉まり選手のMIXプロレスⅡ

相変わらず季節感というか、旬の作品についていけていないshuujiです(苦笑)

今回は、3月にファイティングガールズ・コンタクトでお世話になった選手のうち、まずは赤木ゆう選手の王座返上に伴い、B-1王者に輝いた小泉まり選手のMIX戦のレビューを書いてみようかと。


本当は2月に通野未帆選手、3月に小泉まり・望月さくら・吉田花各選手、4月にはFGファイナルに出場する選手のレビューを書ければとは思っていたんですが・・・。
(もうFGもとうの昔に終わってます。 ハイ、分かっております

やれ飲み会が多いだの、集中力がなくて長い記事が書けないだの、と自分なりの理由をつけては、マイペース更新という。。

スミマセン、そのあたりは諦めて、どうかお付き合いくださると幸いです




作品タイトルは、ずばり
「ファイティングガールズコンタクト開催記念 スペシャルMIXマッチ 小泉まり」(バトル様)



SEXファイトも収録されていたのが意外でしたが、2度オイシイといったところでしょうか。
自分の趣向もさることながら、B-1王者ですから、プロレスシーンを当然メインに。
(今作も相手がマスクマンでないので、紹介するシーンがまたしても限定的になるのだけが非常に残念です



さあ立派なヒップと、可愛らしさでファン急増中(データはありませんが、間違いなく)の小泉まり選手。
(4月末には、ファンとのオフ会で、混浴イベントを開催したそうで  内容は公開されないながらも、ツイッターでのやり取りを見ていると、希望者にプロレス技を掛けてくれたりもしたそうですね。
アア~、ウラヤマシイ )
 
プロレススキルもパワーボムを習得するなど、立派に成長して、チャンピオンらしくなってきました。



そんな中でのMIX戦なので、初めて鑑賞した試合と違い、自信満々・「かかってきなさい」てな感じでもおかしくない筈ですが、そこは謙虚な彼女。


「男の人と闘うみたいなんですけど、(相手の)ガタイがデッカイと聞きました。 でも私もたくさん練習したので、勝ちたいと思います」とコメント。
(ちっちゃい声で「頑張るぞ」  ←これがまたイイんですよね~

kmari5

本当によく発達したヒップ。。。 
FGコンタクトでは叶わなかったですが、リング上でのイベントだったら、是非ヒップアタックを受けてみたい

kmari2


さあ試合、試合

膝蹴りの先制攻撃から、さっそく首4の字固め。
「どうだ、これだったら力とか関係ないでしょ 男のくせに女の子に苦しめられちゃってるね
優しい言葉攻め攻撃が効果的

kmari15

彼女の、技と技との合間の身体の入れ替え方とかをみていると、対戦相手にもとても気を使っているのかなと感じます。
リングシューズをなるべく相手にぶつけないようにしようとか、、。
(自分は勝手にそう解釈しているのですが)本当に優しい女性なんですね。 FGコンタクトの時にもそれが印象的でした



でも攻撃の手は緩めません。  「ま~だ
(ハイっ と進んで技を掛けられ待ちしちゃいそう・・)
お次はスリーパーホールド。


まずは小泉選手のペースで試合が進みます。
(可愛らしさとパワフルな攻めが相まって、反撃しにくいだろうな・・・。  レスラー・shuuji的には手強いタイプ)

kmari20





B-1王者の交代(赤木ゆう選手、事実上の引退!?)4

ダメージを残したままでの3本目か
しかし両選手の表情を観ていると大丈夫そう。  七緒選手の威勢の良さがグッドですね

akagit131

おおっと まるで学園祭に見る学生プロレスのノリか (ちょっと新鮮)

akagit133

ここで赤木選手がカットに入って、3本目はリング上での2-2の構図がメインになってます。
それにしても、赤木選手に乗っかられるなんて羨ましいな、、、タッチお願いします(笑)

akagit141

反対側では、七緒選手が得意技の足4の字固めで。

akagit144

赤木選手は腕ひしぎ、首4の字固め。 七緒選手も腕ひしぎ・スリーパーで男子チームにダメージを与えていき、、
このあたりで勝利を確信したか

akagit159

七緒選手は卍固め。 これは巧い ガッチリ決まってます
そして、赤木選手は・・・

akagit178

出ました! ‘赤木スペシャル’

akagit200

今回は、腕ひしぎ十字固めに移行する前に、相手のコブラがギブアップ
技の精度も増しているのではないでしょうか


予定調和的な決着のようにも思えますが、勝利した赤木&七緒ペア、お見事
試合後の執拗な攻撃もないのが、赤木ゆう選手のキャラらしくて良いと思いました。

akagit210



赤木ゆう選手には、また復活してもらってバトルのリングに上がって欲しいところですが、どうなのでしょうか。
大いに期待しているファンが多いことは、間違いなしでしょうし。

神様お願い





B-1王者の交代(赤木ゆう選手、事実上の引退!?)3

さあ2本目。 

次は、七緒選手がやられてしまうのがプロレスの定石かもしれませんが、リング上での2-2の構図が多い試合なので、赤木選手の負けシーンを観れること間違いなし


まずは赤木選手が手四つの力比べ
初のMIX戦と比べると、遠慮がなくなって、レスラー度が増して成長している印象。

akagit71

ベアハッグに耐える!  
両腕を相手の首に回して苦しんでくれると、もっとウレシイところですが、、

akagit79

ここで早くもツープラトン(欲を言えばもう少し両者の攻防を観たかったかな

七緒選手の睨む眼力は、思わず‘ゾクッ’とするようなナカナカのもの。
(しかし、女子レスラー2人にコーナーに挟まれるのは悪くないですね 赤木選手ともうちょっと密着できれば、、

FGコンタクトに出てくれたら、是非リクエストしたいポーズですが、さすがに上半身裸になっては許可が下りないでしょうね。。)

akagit87

七緒選手がコブラを捕まえたところで、珍しく赤木選手がラフプレイ
(この点もデビュー当初から比べると、いい意味での変化かと。 反則でなくプロレスのセオリーですし)

akagit92

さらに得意の柔道技の袈裟固めで攻めていった赤木選手でしたが、逆に捉まってしまった

akagit104

トドメは、ダブル・ロメロスペシャルで、ギブアップ
同じ相手にお返しをされた形で、1-1のイーブンに。

akagit117

すっかりグロッキー。 3本目がやや心配にも見える女子チーム。

akagit124

そういえば、赤木選手は、FGで新垣ひとみ選手に同じロメロスペシャルでギブしてしまったんですよね
この技を凌いだとしても、その後の赤木選手反撃の展開がイメージしずらかったのも確かです。
3本目に向けて切り替える意味では、この辺で白旗をあげておく戦術は正しいかと。


1本目では、赤木選手の首4の字(相方の七緒選手は足4の字)で決まったので、最後は「赤木スペシャル」が炸裂する決着・3本目となります
(早くも予告


それだけ、 「赤木スペシャル⇒腕ひしぎ」という鉄板のフィニッシャーを持っている彼女ですが、それ以外に、もう1つ効果抜群の技を持っていると、グンとパフォーマンスの幅が広がる(シングルでの3本勝負もイケる)のでしょうが、本職でない女優さんに、しかもデビュー間もなかった時期に、そこまで求めるのは酷というものでしょう。

B-1タイトルを防衛しながら、いろいろな好敵手と闘いながら、徐々にレパートリーを増やしていってくれたら最高だったのに・・というのが、自分の本音です。



さて、3本目に参りましょう




プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR