B-1王者の交代(赤木ゆう選手、事実上の引退!?)3

さあ2本目。 

次は、七緒選手がやられてしまうのがプロレスの定石かもしれませんが、リング上での2-2の構図が多い試合なので、赤木選手の負けシーンを観れること間違いなし


まずは赤木選手が手四つの力比べ
初のMIX戦と比べると、遠慮がなくなって、レスラー度が増して成長している印象。

akagit71

ベアハッグに耐える!  
両腕を相手の首に回して苦しんでくれると、もっとウレシイところですが、、

akagit79

ここで早くもツープラトン(欲を言えばもう少し両者の攻防を観たかったかな

七緒選手の睨む眼力は、思わず‘ゾクッ’とするようなナカナカのもの。
(しかし、女子レスラー2人にコーナーに挟まれるのは悪くないですね 赤木選手ともうちょっと密着できれば、、

FGコンタクトに出てくれたら、是非リクエストしたいポーズですが、さすがに上半身裸になっては許可が下りないでしょうね。。)

akagit87

七緒選手がコブラを捕まえたところで、珍しく赤木選手がラフプレイ
(この点もデビュー当初から比べると、いい意味での変化かと。 反則でなくプロレスのセオリーですし)

akagit92

さらに得意の柔道技の袈裟固めで攻めていった赤木選手でしたが、逆に捉まってしまった

akagit104

トドメは、ダブル・ロメロスペシャルで、ギブアップ
同じ相手にお返しをされた形で、1-1のイーブンに。

akagit117

すっかりグロッキー。 3本目がやや心配にも見える女子チーム。

akagit124

そういえば、赤木選手は、FGで新垣ひとみ選手に同じロメロスペシャルでギブしてしまったんですよね
この技を凌いだとしても、その後の赤木選手反撃の展開がイメージしずらかったのも確かです。
3本目に向けて切り替える意味では、この辺で白旗をあげておく戦術は正しいかと。


1本目では、赤木選手の首4の字(相方の七緒選手は足4の字)で決まったので、最後は「赤木スペシャル」が炸裂する決着・3本目となります
(早くも予告


それだけ、 「赤木スペシャル⇒腕ひしぎ」という鉄板のフィニッシャーを持っている彼女ですが、それ以外に、もう1つ効果抜群の技を持っていると、グンとパフォーマンスの幅が広がる(シングルでの3本勝負もイケる)のでしょうが、本職でない女優さんに、しかもデビュー間もなかった時期に、そこまで求めるのは酷というものでしょう。

B-1タイトルを防衛しながら、いろいろな好敵手と闘いながら、徐々にレパートリーを増やしていってくれたら最高だったのに・・というのが、自分の本音です。



さて、3本目に参りましょう




スポンサーサイト
プロフィール

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR