祝・トップレス卒業! 通野未帆選手 5

あまりに豪快なチョークスラムに、だいぶ興奮しちゃいました
さすがの生駒選手も失神状態。

ですが、ここで通野選手は、10カウントKO勝利を待ってしまいます

mihoiko218

(う~ン、通野選手も当然、披露困憊なところでしょうが。。 
トドメを刺すならば、ここで「ジャスティス」なり、横山夏希戦で決めた変形鎌固めなり。又はコーナートップからのフライング・ボディプレスという手もあるかもしれません。

でも、それではファンは納得しないですよね
ここから逆転劇がないと、、、 さすが撮影監督! 分かってくれています


そして半ば‘お約束’
10カウント寸前で、まだ物足りないということで、生駒選手を強引に起き上がらせる通野選手。
ロープに追い詰めてさらにラッシュ

mihoiko223


さらには、コーナーに登って、生駒選手にパンチを浴びせます
(昔、全米のLPWAという団体で、マグニフィセント・ミミ選手と張り合っていたバンビ選手という、元気印の女子レスラーがいたのですが、その選手が得意にしていたのが、このパンチ技。

mihoiko227

リズミカルに連打するのがコツのようですが、バトルのリングで、長身の通野選手だと、また違った感じになりますね。
(それにしても、本当に攻めのバリエーションが豊富になってきているのに感心してしまう


だがこれはスキを見せることにもなる訳で、、やはりというべきか、生駒選手にローブローを喰らって逆転されていまいます。

mihoiko235

この後にボストンクラブで腰を攻めていった生駒選手が魅せてくれます
ドロップキ~ック

mihoiko245

高い運動能力が分かる打点の高さ。 
それでいて、通野選手に配慮して、思い切り胸にヒットしないように調整しているところが心憎い
新垣ひとみ選手を彷彿とさせます

さらには、ジャーマンスープレックスも披露します。
だいぶ低い位置から投げるのが生駒流 
(これだと通野選手が抵抗しようにも、肘打ちとかは無理。 その焦りが浮き出る乳首に表れていたりして

mihoiko262

綺麗に投げられる通野選手。  残念ですがここで万事休す。。

mihoiko268

生駒選手としては、ここで腰を上げて、フォールを狙いに行ってもいいところですが、もっと完膚なきまでに勝ちを奪いたかったのでしょう。

迫力満点のパワーボム3連発
そして必死に丸め込むというのではなく、「どうだ!」と言わんばかりの開脚でのカウント入れ。
(自分だったら、こんな‘大人の余裕’はないですね。 覆いかぶさることありきのパワーボムです

怒涛の連続攻撃に、さすがの通野選手も返せず、3カウント

mihoiko280

決着後に、3カウントフォールでは納得のいかない生駒選手の虐めもありますが、ここでは割愛を



当初、両者の実力・ファイティングスタイルが違うような気がして、うまくスイングするのだろうかという気持ちもありましたが、なかなかどうして。 いや~恐れ入りました



今回はまず、生駒はるな選手の能力に改めて驚き。

FGで観戦した時は、みおり舞選手と肩を並べるクラスと思っていましたが、今後も出演を続けていけば、もっと化ける可能性がありますね。

南瀬奈選手と組むと、名勝負を繰り広げる事ができると見ました。
(アレ、そういえば今宮なな選手は

mihoiko303



そして今回の主役・通野未帆選手
プロレスのスキルがさらに上がっていることに、驚かされました。
毎回、努力をしているのではと感じます。 さすが‘プロ’ですね

またイベントに、そしてリングに上がって欲しいと願う選手です

mihoiko300





スポンサーサイト
プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR