キャンディ麻由美選手とのプロレス記録~シーズン2~5

ここで、麻由美選手がこの技でフィニッシュにきた事を察知したshuuji 

(試合前練習ではSTFの掛け方を確認していたのに、まさか)と裏を書かれ、シマッタ


これで観念するしかないという戦況になったのですが、いざ土壇場になると、見苦しい(未練がましい)気持ちがムクムク

(くそ~、これで負けちゃうのか~)、
(いい試合なのにぃぃ。 もっと続けたいけど、ここからは逆転は無理だよな)  etc・・・



ずっとshuujiのアゴを引き上げているのは、やはり大変そうで一度手を離した麻由美選手でしたが、「ふんっ! まだ? どうだぁ~」と、両手でアゴを再び引上げてくる。。


いつもの試合より、間違いなく(実際は数秒でしょうが、感覚的には相当)粘ったものの、これ以上は限界。。




「参った・・・、ギブ、ギブアップっ

その瞬間、麻由美選手はホッとした感じで、shuujiに覆いかぶさり、「フゥ~
しばらくは、両者ともベッドでグッタリ。



気持ちを切り替えたshuujiが、マット(ベッド)を叩いて、「くそ~、負けてしまったぁ」と悔しがると、
残念でした  でも、さすがに疲れた~」  「俺も」 「だよね~



ついに第3戦にして決着。 2-1でキャンディ麻由美選手が勝利しました




激しい闘いの後は、仲直り。

シャワーを浴びて、試合会場を出てから速攻で食事
(試合が終わってから、強烈な空腹を覚えて、両者とも結構ガツガツ食べた記憶があります。 試合前、やはり緊張してたんだな~、、)

夜は、居酒屋で乾杯&感想戦&手配していたホテルで、違うルールでもう一戦 



翌日は午前中、麻由美選手が探してくれたデートスポットをゆったりと散歩
(筋肉痛で、ゆっくりしか歩けなかったはず)


彼女の後姿を見ながら、
「昨日はこの娘とプロレスして、負けちゃったんだよな~、、。 でも、今はホント・・そんな風に見えないな~
なんて事を考えて、激しく〇〇〇をさせてしまったのを覚えています。。。






彼女の約半年の赴任期間中に、ツアー巡業などはまだあったのですが、それを今書くと、収拾がつかなくなるので、いったん終了

この続きは、、、
「シーズン2.5」でいずれ書くぞ と強い気持ちを持つことにして、いったん現実(シーズン7)に戻りたいと思います。



お付き合い頂ける方、スミマセン! 大変読みにくいでしょう、申し訳ないです




スポンサーサイト
プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR