エクストリーム・トーナメントはタレント揃い~伊東真緒vs原美織~5

個人的なツボを押さえた攻撃を繰り広げてくれている原美織選手に感謝していると、今度はバックドロップぅ

mioriito210

そしてここで、原選手には必殺技が (そうだ美織ロック

mioriito218

これは首4の字固めから、引っくり返して相手の右足を引き上げるという、難度の高い技

(‘みおりロック’といえば、みおり舞選手のフィニッシャーかと思う方もいるかもしれませんが、こちらも原‘みおり’。 
掛け方が逆になると武藤つぐみ選手の「つぐみロック」にもなり、コチラの方に近いような感じもしますが、いずれにせよ、より芸術点の高い技である事は間違いなし。
キャットファイトも、本当にレベルアップがスゴくなったなぁ~


これで、さすがの伊東選手もギブアップしてしまうのではないか
いったん敗戦⇒ドミネーションでボコボコにされ原選手が決勝へ進めず棄権⇒伊東選手決勝へ
というストーリーも有り得るのでは(なにせエクストリームトーナメントだし)

しかし何とかここを凌いだ伊東選手。

mioriito222

もう一度、バックドロップにいこうとする原選手を振り切って、新技・ペディグリー

mioriito228

僭越ながら、以前MIX戦の紹介をした記事で、伊東選手に似合いそうな技を勝手に書いたことがあったのですが、ひょっとしてリクエストに応えてくれたのかも ←そんなワケないか(でも嬉しい)

さらに威力十分のパワーボムを決め、ネックシザース&キャメルクラッチで攻め立てて、トドメは

mioriito242

サソリ固め  善戦していた原選手でしたが、ついにギブアップ

原美織選手が、ヒットマン伊東真緒選手を相手にどのくらいやれるのかなと思って観ていましたが、いや~、なかなかどうして。
素晴しいパフォーマンスで、何度も伊東選手を苦しめました
伊東選手が目指す、反バトル連盟の粛清も、簡単にはいかないという事で、次の決勝戦はどうなるのか、大いに楽しみです


この後、原選手が水着を脱がされ、キック攻撃などを浴びて、最後は空振り率の高かった(笑)ハイキックがとうとう決まり、失禁してしまうという演出もあるのですが、そのあたりはカットさせて頂きます(ご覧になりたい方は、是非ご購入を。)


よく善戦してくれました原美織選手。またバトルのリングに呼ばれたようですね。
実力・演技力が認められたのではないでしょうか。また応援したい選手です

mioriito196

伊東真緒選手、狙い通りに一気にトーナメント優勝⇒若月選手とのタイトルマッチ、となるのでしょうか
そう筋書きどおりにはいかないところが、エクストリームの面白さでもありますので、いろいろな波乱を期待したいところです

mioriito258




スポンサーサイト

エクストリーム・トーナメントはタレント揃い~伊東真緒vs原美織~4

見事にきまったローリング・ソバットで主導権を握ったか、伊東選手。
パワーボムも繰り出して、必勝パターンへ

相手の足をロープに乗せての、ヒップドロップ  
アメリカンプロレス的なこの攻撃、かつヒップを拝めて、とっても

mioriito169

さらにお返しの股裂き攻撃&足4の字固めも決めて、いよいよフィニッシュか
この顔騎ロックもエグイ (もう原選手、窒息しそうになっちゃってます)

mioriito180

躍動感あふれるストンピングも打ち下ろして、いよいよトドメのハイキックのスタンバイOK!
でしたが、、、またしてもキックは空振り

mioriito184

まだ勝負の行方が分からない時には、このハイキックへのチャレンジはリスク高し
(少し前の‘ドールB’的に使うと、精度が増すのでしょうが)

まだスタミナを残していた原選手、ここから執念の反撃を見せてくれます
バックドロップに・・・

mioriito189

スープレックスも決まったぁ~
さらに、再び高さのあるギロチンドロップも受けて、苦しい伊東選手。 (胸に汗が光って、眩しい・・・というかエロい

mioriito195

(ここでフォールにいって欲しいんだけどな~)、と思っていたら
原選手がコーナーに登って(くれて)、フライング・ボディプレスを敢行して、フォールだ~っ

mioriito198

(これですよ、コレ。非常に嬉しい、原選手グッジョブ  プロレス的に言えば、カバーにいけば、相手もそれを返すのにスタミナを消耗するから有効な技。もっと使ってもイイ ←そんなに力説する事じゃないか

ここは返す伊東選手ですが、グロッキー気味なところへキャメルクラッチ。
これも素晴らしいとしか・・・

mioriito203

伊東選手の胸、そしてマットに密着している股間・・・ なんというか
(これで胸から汗がしたたり落ちながら、原選手が「ギブ?」 伊東選手が「ノォー」なんてセリフが出てきたりしたら、もう下半身がしそう)

監督さんの演出が素晴しいのでしょうが、両者ともに演技が巧くって、この逆片エビ固めも

mioriito207

この試合自体は、伊東選手が勝つ事になっているハズなので、このまま終わる訳がないのですが、この時点で、自分は原選手を応援しながら、ギブアップ寸前でした。





エクストリーム・トーナメントはタレント揃い~伊東真緒vs原美織~3

原美織選手が素晴しい身のこなしで形勢逆転

体格差から難しそうに見えましたが、股間鷲掴みのスープレックス

mioriito113

(またしてもブレまくってますが) 豪快なギロチンドロップぅ

mioriito116

この後、腕ひしぎ逆十字固めもきまり、かなり苦戦している伊東選手
(この前後から、胸に目が留まる頻度が 前回よりも胸の谷間が気になるリンコスのような気がしていたのですが、 ここもピンチっぽい

mioriito120

(上四方固めでフォールにいきたい~


さらに、ビックリ! シャイニング・ウィザードも炸裂させる原選手(これまたスゴイ

見た目の第一印象とプロレススキルの違いに、かなりビックリしてしまいました。 これは小西まりえ選手以来の感覚かも。

そしてまた、アクロバチックな股裂き技を披露
これはかなり効いていそうだぁ~

mioriito132

ちなみに原選手の手が3本に見えたら、阿修羅・原(笑) ←意味不明ですね、スミマセン

さらに、グラウンド卍固めに、グラウンド股裂き(相変わらず技名不明)
伊東選手のお尻をガッチリと掴んで、ナイスなホールド、原選手

mioriito144

カウントが入ってもおかしくないところですが、それではモッタイナイ
伊東選手、内容的にも今回はかなり手強い原選手に対し、劣勢になってきました。

卍固めも繰り出し、スープレックスが成功すれば、さしもの伊東選手もというところでしたが、
ここで伊東選手、必死にパンチを浴びせて挽回

mioriito154

スープレックスのお返しの後は、伊東選手の大技を出します。
ハイキック空振りと見せかけ・・・ソバット

mioriito160

今年、スターダムに復帰した美闘陽子選手の‘ドール・B’ではないですが、いったん「かわした!」と思ったところに強烈な打撃技

mioriito161

桜庭うれあ戦でも、終盤に同様の技を披露して、勝負を決定的なものにしましたが、この技は見栄えもしますし、本当にグレイト





エクストリーム・トーナメントはタレント揃い~伊東真緒vs原美織~2

伊東真緒選手は、とにかくキックが素晴しい

角度といい、フォームがとても美しいというか、恰好いいんですよね
(金城真央選手や、オールドファンならご存知のドラゴン恭子選手のキックは‘威力抜群’という感じで良いのですが、それとは、また違う良さ)

でも、伊東選手のキックがまともに当たってしまうと、すぐに勝負がついてしまい、プロレスにならないので、キックを外すところから始まります(笑)


まずは伊東選手の攻められるシーンから。
ヒットマンという設定ということもあって、攻められて喘ぐ声・表情が余計にセクシーに感じてしまうのは自分だけでしょうか。

mioriito47

首4の字固めを返すシーンは、もはや定番ですが、伊東選手のヒップ、、、やはりエロいです。。

mioriito54

こちらはパロ・スペシャルを耐える姿 (まだ余裕ありそうですが、ジワジワきます

mioriito64

ドラゴンスリーパー。 これを耐えた伊東選手、最後は長い足を原選手の額にヒットさせ、エスケープ。

mioriito74

ここでインターバルを置いて、仕切り直しというのは、MIX戦でも桜庭うれあ戦でもありましたが、この間が、自分はとっても好きです。
(忙しく技を掛け合っていれば必ずしも良いという訳ではない、ということを教えてくれるかのように感じます)

mioriito81

しかし、原選手のリアクションが、また
なかなか画像で説明しにくいのですが、「頭に激痛が走る」というのを、実に巧く表現してくれるんですね~

「やるな~、お主」(その2)

mioriito82

他のシーンでも、ストンピングなどを受けて痙攣してみせたり、リアクションに秀でていた原選手。
勝敗はともかく、リングでの存在感では、伊東選手を上回っているのではないかと感じたほどでした。


そして伊東選手が攻めに転じます
ローリング・ソバットにチャレンジさせたら、もっかのところ、女子レスラー№1
(できれば反対側から撮って欲しい気持ちが。。 ブルーレイ版じゃないとダメなのかも

mioriito91

そして、このサーフボードストレッチ。
地味な技ではありますが、安定していてとてもフォームが綺麗です。(最近では通野未帆選手・綾瀬みおり選手も素晴らしいと思います)

mioriito93

以前のMIX戦・桜庭うれあ戦と比べて、技がレベルアップしているような気が
(それほど収録期間が空いたワケではないはずですが、、、猛特訓したのかもしれません)

そして技名は不明(変形サーフ(ヒップ)ボード?)ですが、相手にも視聴者にも効果的な技ではないかと。

mioriito97

この後、弓矢固めや原選手の足を攻めて、しばらく伊東選手ペースかと思いきや、プロもびっくりの切り返しを見せる原選手

mioriito106

「やるな~、お主」(その3)




エクストリーム・トーナメントはタレント揃い~伊東真緒vs原美織~

今年も魅力あふれる女子レスラー(キャットファイター)が出てきてくれた一年になりましたね。
(まだ終わってませんが、年末のBWPの対戦カードが発表になって、なんとなく
本音を言えれば、伊東真緒選手にも出場して欲しかった~ )


素人的に考えると、怪我する恐れのある(事務所の方が嫌がりそうな)ジャンルで、これだけのタレントを揃えられるというのは本当にスゴイことなんだな~と、改めて思います。

スカウトして技の指導をされる方、女子レスラーさんのツイッターをみると、ほとんどが「雰囲気の良い現場」とコメントし、心からプロレスを楽しんでいるようにみえます。

大人のコメントという部分もあるとはいえ、やはり気持ちよく演技できるような撮影環境を作るのにスタッフさんもご努力されているのでしょうね。 お蔭様で自分の心は大いに満たして頂いてまして、大変感謝です




前置きはここまでにして、‘今年の’お気に入りレスラーの1人として、間違いなく推したいのが、伊東真緒選手

MIXプロレス作品は、もう何度観たことか・・・

キャットファイト作品に関しては、MIXプロレスに比べて購入頻度は少ないものの、やはりお気に入りレスラーの作品は例外
というわけで(?) 今年のエクストリーム・トーナメントも、楽しませて頂いています



今回ご紹介したいのは、
「BATTLE エクストリームトーナメント2016 準決勝第二試合」(バトル様)。




桜庭うれあ選手の奮闘ぶりの目立った第一試合も非常に良かったのですが、この準決勝での原美織選手。 
独特のワールドというか、なんというか、、、他の選手にはない、引き込まれるものがあり、今回は伊東真緒選手と共に紹介を。
(決して筆無精だから、というわけでは・・・エ~ト 今回は桜庭選手ゴメンなさい(泣) そのうち必ず

 
既に決勝戦も収録済みのようなので急がねばという気持ちはあったのですが、てっきりトーナメント優勝者が若月まりあ選手とタイトルマッチ と思い込んでいたら、江上しほ選手がトップレスで挑戦者に。

「えっ、じゃあトーナメント決勝はどうなるの」と大変気になっているので、まずこの一戦を。



今回も伊東選手のリンコスは、黒のハイレグであります
MIX戦の時と、素材など違いはありますが、黒のハイレグがこれだけ似合うレスラーも稀有ではないかと

mioriito1


伊東選手には、相変わらず‘うっとり’なのでしたが、予想以上に引き込まれてしまったのが、原美織選手。

mioriito15

「美人というより可愛い」タイプの女子選手と思いますが、まずハッとなったのは、FG15で好みだった美森すずか選手と同じリンコスだった事かな?
(このブログで紹介する女子レスラーは皆好みなので、「誰が一番イイんだ」と言われても答えられないのです←フッ、居直る

そして極めポーズ・言葉があって、それをいきなりかましてくるところに、「やるな~、お主
インタビューでも、試合前の緊張からか? 控えめでしたが、きっちり決めてきたところがさすが

mioriito25

mioriito26

ちなみに、「今日も! ときめきと、ドキドキを、ありがとう~♪」です。 お兄ちゃんたちは覚えましょう(笑)


そんな強敵・原選手との対戦。今回も反バトル連盟を成敗する役目のヒットマン・伊東真緒選手であります

mioriito31




「スターレスラー」横山夏希選手復活! vol.2 5

コーナーで、恰好よく決め台詞を決めた後は、リングに引きづり戻し、今度は嬉しい電気アンマ

semenatu139

「痛い?」と言いつつ、非常に嬉しそうな表情を浮かべる横山選手

お次は弓矢固めかと思わせ、変形のサーフボードに。
「フンッ」 気合を入れて痛めつけながら、「女にやられるのが好きなのかしら」と高笑い

semenatu146

(今更ながらですが、八頭身美人・・・ステキです


パロスペシャルも披露して、再び足4の字固めへ。
かなり苦しんでいる男子レスラー、またしてもギブアップか

semenatu162

あっとロープに逃げた男子レスラー、これは意外。 「何ロープなんか掴んでんのよ」と怒られてしまいました。。


そろそろフィニッシュでしょうか。
横山選手、笑顔で相手に近寄って、、、チョーク攻撃で、アア、またもや失神

semenatu164

「このまま終わるの? あんたも頑張りたくてここにきたんじゃないの? 女の私に負けるなんて無様以外のなにものでもないわ」
(これまた名セリフですね~

semenatu170

またまた落ちてしまった男子レスラー。
これで本当に終わったな(カン、カン、カ~ン)と思ったのですが・・・

横山選手が蹴りを入れて、迫力ある声を出すと、なんとか息を吹き返したではないですか

semenatu179

これはひょっとして、横山選手が披露したい技がまだ残されているのでは

スープレックスを小気味よく決めてから、首4の字固め。
そして、そこから三角締めに移行。 
これって・・・

semenatu196

ひょっとしたら、通野未帆戦で失神してしまった、あの悔しさをここで払しょくしようとしていたのかもと思い返してしまいました。
だとしたら
(さすがに、南瀬奈選手に喰らってしまった弓矢固めは、男性に極めるのは難しいですからね


ここでまた落ちてしまったところで、ようやく試合を終えることにした横山選手。
「こんな弱い男。私の相手じゃないわ。 もっと強い男はいないかねぇ・・・。また泣かしてやるわ」とつぶやいて終了。

semenatu200

※自分は、先に「ドミネーション空間2」を鑑賞したのですが、順番が逆だと、泣かしてやろうとしたら返り討ちに遭うというストーリーになりますね。(その方が収まりがいいのかな



「女子勝利」シリーズは初めて鑑賞したのですが、完全ドミネーション作品だとは思っておりませんでした
(先入観が、、失礼しました

少しは反撃を受けるシーンがあってもイイな、という気はしたのですが、真逆の「ドミネーション空間2」と合わせて、横山夏希選手の魅力をたっぷり堪能できたので、良かったかと思います

横山夏希選手のプロポーション抜群のリンコス姿を拝めただけでなく、
受けの時の悲痛な表情、攻めに回った時の‘どSキャラ’と、役を使い分けて演じることのできる凄さも楽しめました


もっと、もっと横山夏希選手を観たい
次はB-1トーナメントで




「スターレスラー」横山夏希選手復活! vol.2 4

卍固めで早くもギブした男子レスラーですが、こんな程度では満足しない横山選手がさらに攻めていきます
(もっと攻めちゃってください


首4の字固めを掛け、ひょっとしてまた落ちてしまうかもという相手に先手を打つように、
「楽しませてよ 本当に落とすのなんてするわけないじゃない」

semenatu70

でも、やはり落ちてしまうんですねぇ・・・
「もっと骨のある人いないのかしら?」

semenatu75

これではあまりに試合にならないので 横山選手が相手にビンタを食らわし、起こします。

そしてキャメルクラッチとみせかけ、逆エビの体勢に入ると、ようやく男子レスラー覚醒
「ほら、起きたんじゃないの~・・ まだ出来るんでしょ

semenata82

両足をガッツリ抱え込んで締め上げるわけでなく、お尻を落としてくれているだけなので、なんかイイな~
(「こんな逆エビなんて、、跳ね返してやる!」とか言い返して、じっくり掛けてもらいたいくらい。 ううむ、こんな事思ってたら代わって欲しくなってきた。 ハイッ


起き上がらせた横山選手、今度は、タメにためたタイミングでのフェイスバスターが炸裂

semenatu87

悶絶する男子レスラーに、「休んでるヒマなんか、与えないわよ」 

切れ味よいスープレックスで投げ飛ばし、ストンピングを打ち下ろすシーンでは、ケラケラ笑いながらも、突然「オラ~ッ」と気合も。 (おお~、なんかゾクゾクしますね

コーナーに逃げた相手を連れ戻し、コブラツイストを掛けてしまうと、またしてもギブ・・・ 
(これはライブ会場でならばブーイングか。。 「もっと(横山選手のイイところを)引き出してやれよ」みたいな)



これで終わらないことでホッとはしますが、相変わらず戦闘意欲のない男子レスラー

(確かに「女子勝利プロレス」なのですが、少しぐらいは反撃して欲しいと思うのは自分だけでしょうか
プロレスは‘受けの美学’といわれるものですし、このあたりで少し反撃させて、それを余裕で切り返して倍返しというシーンも観たくなってきてました)

semenatu106

そんな自分の心理を読み取ったかのように、STFで「さっさとやり返しなさいよ」と挑発する横山選手。
(背中に豊満なバストの感触を感じたら、甦れ

semenatu113


しかし蘇らない男子レスラーに業を煮やしたか

semenatu122

コーナーに頭を打ち付けて、倒れ込んだ相手を踏みつけ、「リングに上がった時点で、覚悟決まってんでしょ」と迫力のある声を出してくれます

semenatu131


この試合でのセリフ回しは、「B-1トーナメント FIFTH」の夏目レイコ戦でも随所に見られます。
どの程度、指導を受けているかは不明ですが、それにしても役者としてグレイト





「スターレスラー」横山夏希選手復活! vol.2 3

お次は、「女子勝利MIXプロレス2」(バトル様)より。

タイトルどおり、今度は横山夏希選手の攻めシーン、そして「ドS」を巧く演じているのをじっくりと観ることができます

「ドミネーション~」とは真逆の作品なのですが、あえてストーリーを(妄想で)繋げて、「ドミネーション~」で大ピンチを迎えた横山選手が、ついにキレて怒涛の反撃という設定で観ると、また違った興奮を得ることができて、個人的には好きですね



この作品では、まずイメージシーンから始まります。
BGMも良いのですが、ううむ、やはり横山選手、恰好イイな~

semenatu7

個人的には、ビキニなどでなく、競泳水着ないしはワンピースのリンコスが断然似合うと感じているshuujiです


「今回、男性と闘うっていうことなんですが、私もいろいろ闘ってきたんで、負ける気はしないですかね。」
(勝つのは分かってるけど、強いところを具体的に観たい! 頑張って~

「男性が痛めつけられるのって、楽しくないですか? すごくゾクゾク興奮するんです
笑みを浮かべながら、話す横山選手。
早くもドSの雰囲気を出してきています。こちらもゾクゾク(ワクワク)してきちゃいます。

semenatu13


試合前の挑発合戦は無しで、すぐに試合開始

力比べで、早くも優位に立ちながら、「負けて無様な姿を見せればいいわよ」 (オオ~っ

semenatu21

スリーパーに続いて、ナガタロックを掛けながら、「まだまだでしょ。さっさと終わらせたらつまらないから頑張ってよね」と激励(?)

今度はコブラツイスト
両足で踏ん張るのではなく、絡ませていない右足を引いているのが横山式。
これでも十分脇腹にダメージを与えられるのではないでしょうか。

semenatu30

そして足4の字固め。
ここでは、「ちょっとは攻め返しなさいよ。もっといい声で鳴いて、ホラ!」と素晴しい言葉攻め

semenatu42

早くもグロッキーになってしまった男子レスラーを起き上がらせて、得意の卍固め。
すると、予想外の「ギブアップ・・・」 (え、、、もう  いくらなんでも早過ぎでしょ )

semenatu51

試合開始から、わずか3分超でギブしてしまった男子レスラー。
これに、満足するわけのない横山選手。 もちろん試合続行です

ヘッドロックを掛けながら、「つまんないわね 簡単にギブアップとかするんじゃないわよ」と言いながら、「フンッ」と気合を入れて攻めていきます。

semenatu63

横山夏希選手が攻めている時の特徴の一つは、この気合を入れた声。
本当に締め上げてしまうと、「相手がツライだろう」という優しさで、この発声とか首を振ったりしながら、技の強弱を演じているように思えます

「健気に反撃する」事を演じるのであれば、これが喘ぎ声に変わるのかも。


エロい声で鳴きながら、エグイ技を掛けてもらうところを観たい部分もありますが、横山選手は‘か弱さ’をウリにしているキャラではないので、これでイイのではないかと





「スターレスラー」横山夏希選手復活! vol.2 2

そして、前半のファイトで一番の魅せ場かと思う、せり上がり式のドラゴンスリーパー

ukenatu84

すぐに強引に引っ張り上げるようなことはなく、両者で呼吸を合わせて、技を完成させようと協力し合っているのかも。
無言の時間があるのも、なんかドキドキしちゃうものが・・・


おおっ、、、無事にせり上がってきました

苦しむ表情と、お尻に食い込むリンコスとのギャップも
(横山選手は、ビキニでいろいろと撮影をこなしてきたのでしょうか? 日焼け跡も女性っぽさが出ていてイイですね ←何でも良く見えてしまう

ukenatu89

右手で、腕をさすられて「ああ、もうダメ」なんて耳元で囁かれたら、下半身が喜んじゃいそうな場面。

ですが、まだまだ容赦ない攻めが続きます
今度はロメロスペシャル

ukenatu104

さすがの横山選手も腰を押さえ、かなりグロッキーになってきました。

彼女は、通野未帆戦で腰を痛め、そしてFG16での南瀬奈戦でも、その腰を攻められて逆転負けを喫しているんですよね~

新垣ひとみ選手は、デビュー当時からヘルニアの持病をもっていたようですが、彼女の場合は、試合中のアクシデントだっただけに、その腰を徹底的に攻めるのは可哀そう・・

なのに、さらにカナディアンバックブリーカーも繰り出され、これでもかと攻め立てられてしまいます。


プロレスは、相手の弱点を攻める(攻められる)のが定石。 だからこそ、ここを凌いで頑張って欲しい
ハッキリいって横山夏希びいきのshuujiでありますが、とうとうダウ~ン

ukenatu131

ここでようやく腰攻めから解放される横山選手なのですが、ついに後半の目玉、、、

ああっ、ハリのある、たわわな胸が露わに

ukenatu138

男子レスラーは、この有難い乳房を自分で堪能することなく、あくまで視聴者に鑑賞させてくれています
(ここは偉い

フルネルソンも、これ以上ないくらい引き込まれてしまいました

ukenatu154

(過去のトップレスでのフルネルソンシーンでは、国見奈々選手がお気に入りでしたが、ここで横山選手が抜いてトップに

まだギリギリのところで踏ん張っている横山選手に、さらに首4の字、股裂きと攻め立て、おっとこれは

ukenatu186

再び腰攻め  南瀬奈選手にもフィニッシャーに使われた弓矢固めはキツイ・・・

もう限界でしたが、それでもまだ物足りないのか、男子レスラー
ボストンクラブで、さらに腰を破壊しようとしているところで、この作品紹介は終了です

ukenatu215

欲をいえば、ベアハッグとか、ネックハンギング(雨宮留菜選手が印象的)なんかも観たいところでしたが、それでは彼女の身がとても持ちません。。


今度は、横山夏希選手が攻めのシーンに移りたいと思います
作品は、「女子勝利MIXプロレス2」(バトル様)にて。




「スターレスラー」横山夏希選手復活! vol.2 

B-1トーナメントも順調に進み、撮影上は決勝進出の2人が出そろっているハズ。
そんな中、あまりにも乗り遅れたくない

そういう事もあり、自分が優勝候補と信じているこの選手を。


前回は、キャットファイターとしてのデビュー、「ライトニング桜」選手として紹介記事を書きましたが、今度は「バトルリング」に戻ってきてくれた正真正銘 横山夏希選手を紹介したいと思うのです。

(ちなみに、以前にも通野未帆選手とのイベント記念マッチでも堪能させてもらい、レビューを書かせてもらっておりまして、、息子共々誠にお世話になっております


本当は、男子レスラーとの互角な展開の試合を観たいという欲望があるのですが、ワガママばかりは言えない

んで、完全ドミネーションされてしまう、「ドミネーション空間2」(バトルマニアネットワーク様)、逆に攻めに特化している「女子勝利MIXプロレス2」(バトル様)と、この2作品を両方組み合わせれば、自分の欲望に近づくのではないか


ということで 日頃はドミネーション作品を購入しない自分ですが、「合わせ技」で、横山選手のファイトを楽しんでみました



自分にとって、横山夏希選手の(勝手な)イメージは、‘ミミ萩原’選手。
(だいぶ印象は変わってきてはいるのですが、第一印象がいまだに・・)

なので、まずひたすら相手の攻めを受ける「ドミネーション空間2」での横山選手から


「相手は男性ですが、技を受け切ってみせます」と気合が入っている横山選手。
とてもイイ表情をしています、う~ん、やはり

ukenatu9

少しは手四つで組み合って、お手並み拝見というシーンがあるかと思いましたが、有無を言わさず、いきなり襲い掛かられてしまいます

ukenatu15

この「ENDLESS」のリンコスは、よく使用されていますね。
通野未帆選手戦や、FG16での南瀬奈選手戦でのアシックス・ワンピース水着が今のところ、彼女に一番似合っていると思うのですが、コスチュームが違うだけで、いろいろな楽しみがありますので、今回はコチラで


いきなりコブラツイスト、そしてアゴを極められてから、倒れ込みながらのスリーパーホールド。
もうしっかり極まってしまって、これでは早くもタップ状態

しかし、まだまだ頑張ります

ukenatu33

(横山選手は着やせ?するタイプなのでしょうか。 この体勢だと豊満なバストが


また、股裂きに苦しむ表情もタマリマセン

こんな展開になると、「キャー、キャー」と必要以上な悲鳴や、過剰な喘ぎ声を上げたりしてもおかしくない中で、横山選手はギリギリまで、その声を抑えているように感じます。 (その事で、むしろエロさがアップ

これが彼女のファイティング・スピリット からきているのならば、これは大歓迎

ukenatu47

続いては足4の字固め。

男性レスラーが顔を背けているのは、カメラを意識しているからかもしれませんが、自分ならば撮影でなくても、横山選手とまともに顔を合わせて、足をガッチリ絡ませる事が照れくさいかも。。(下半身が正直に反応してしまいそうで

ukenatu59

これがリングであれば、下半身がオッキしても、動き回って気を紛らわせば収まりそうですが、ここではそうはいかないかもな~ 


まだ根を上げない横山選手に、さらにエグイ攻撃を仕掛けてくる男子レスラーだ

ukenatu78





南瀬奈選手の魅力と今後の展開~BATTLE生誕祭記念マッチより~4

金城選手にとっては優位な展開にしたいのに、南選手の迫力とど根性ではね返され、心が折れそうな状況になってきたのではないでしょうか。

豪快なバックドロップを決めても、見事なドロップキックを放っても・・・

maosena257

FG16で、白いん子選手をギブアップさせた、プロレスの「素晴しき古典技」足4の字固めで搾り上げられても、屈する雰囲気をみせません。

maosena264

意地を見せたい金城選手のキックをブロックして、ついに満を持してジャーマンの態勢に
だが、キックをブロックされたお返しで、素直にジャーマンに応じない金城選手に、さらに闘志を燃やす

必殺技・腕ひしぎで、再度勝負をかけにきた金城選手を丸め込み、フォールにいく南選手。
(な、なんと もう潰し合いとでも言えばいいのでしょうか、、、)


そろそろ決めにきた南選手、まずはパワーボムだ

maosena292

その後、一瞬のスキを見せて逆転か? と少しだけ思わせますが、やはり狙っていたアルゼンチン・バックブリーカー
(細身の身体のどこに、そんなパワーが・・・

maosena318

新垣ひとみ選手を仕留めた時と同じ料理法で、お待ちかねのジャーマン3連発でフィニッシュ
(さらっと書いてしまいましたが、3連発ですよ、もう凄過ぎ  ここまでくると、もう受け切った金城選手に拍手してしまう

maosena324

「とどめだ~」と雄叫びを上げる姿は、まさに女子プロレスラー(褒め言葉です

maosena336

強靭な足腰が、このジャーマン・スープレックスを可能にするんですね~。
いずれ、男子レスラーにも見事に決める時がくるか
(その時こそ、新垣ひとみ選手を超える瞬間かもしれません!)

maosena345

勝負が決した後も、アドレナリンが出っ放しの南選手。

カメラマンを呼びつけて、「FGなくなっちゃったけど、ライブでやれば私が一番強い。 観客の前で闘う機会があれば是非呼んで欲しい。 もっと私の名前を覚えて欲しい」と、強気でかつ‘切実な’訴えを。

maosena362

(この試合を鑑賞した後で、バトルさんで新団体「BWP」(バトル・ワールド・プロレスリング)の立ち上げと、12月に興行決定というニュースが。 バンザ~イ
さらに、この両者が参戦という、、素晴しい




南瀬奈選手には、‘本家’BWP勢相手にも存在感を見せつけて欲しいところですが、いくつか自分なりの勝手な感想というか想いを。


なんというか・・・、南選手があまりに迫力あり過ぎ、そして強すぎるので、対戦相手の方に、より人気がつくような感じがしてしまうんです。
(美森すずか選手然り、横山夏希選手然り)

キャットファイトという性格上、当然といえば当然な感じもするんですが、なんか損している印象が。。

だからといって、急に負けブックを組んでもらって、ファンに媚びるような事はして欲しくなかったりもします。



ということで例えば
顔にペイントを施して、「実力派ヒール」として売り出してみてはどうでしょう


本家女子プロレスでいえば、バイソン木村であったり、ブル中野のようなポジションに君臨するとか。
キャットファイターでいえば、金城愛菜選手(ベビーフェイスの彩月みほ選手よりお気に入りでした)というよりも、牧野絵里選手に近い感じで。


相当、勝手な事をほざいていてゴメンナサイなのですが、人気がさらに上がるのでは
(自分なりに、結構本気です)


ベビーフェイスヒールの構図は分かりやすいし、知名度も確実
なにより、今や「ヒール=不人気」の時代ではないし~、、、


今回はココまでということで
いずれにしても、ライブでもう一度観るチャンスができて良かったです





南瀬奈選手の魅力と今後の展開~BATTLE生誕祭記念マッチより~3

さあスイッチが入ってきたか、南選手

でもまだ2本目なので、これでも抑え目なのでしょうが、コブラ返しから、マットで手を叩いて効果の首4の字にギロチンドロップ

ここで、FG16から成長した部分も、きちんと魅せてきてくれます
まずは、ロープの反動を使った、倒立式ボディプレス

maosena168

同じくロープを利用しての目つぶし攻撃
(若月まりあ選手が始めてからでしょうか 最近はこの攻撃が多くみられますね

maosena177

さらに鎌固めから腕ひしぎ、STFと技のレパートリーが確実に増えていると感じます

maosena187

ロープが邪魔で、高く持ち上げる事ができないロメロかもですが、これだけの技を覚えるには、相当のセンスと努力が必要なハズ

maosena196

最後はカベルナリアで、金城選手からギブアップを奪った南選手
凄味を見せながらも、充実感を漂わせた表情が良い。

maosena205


このまま勢いに乗って、3本目をドミネーションに近い形で圧勝していまうのか?
それとも、もう一度ピンチに陥ってから、再度ギアを数段階アップして、不屈のど根性で勝利をもぎ取るのか?


3本目の序盤は、金城選手のキックをはね返す展開で、一瞬「はあ前者の方か・・」と思いましたが、相手が相手だけにさすがに一方的な展開にはならなかったですね。(良かった

maosena219

金城選手得意の逆エビ固め。 しかし、これで泣き叫ぶような南選手ではありません。

maosena228

鎌固めにも堪える、堪える
「なにくそ、こんなので負けてたまるか」という心の叫びが聞こえてきそうです。

maosena232

普通のキャットファイトだと、涙や涎を流しながら、今にも失神か
ギリギリまで技を受けながら(ハラハラさせてくれながら)逆転また逆転、という展開が多いような気がしますが、今回の南選手の場合は少し違う。

相手の得意技を受けながら粉砕していく、底力というか、凄味さえ感じます。





南瀬奈選手の魅力と今後の展開~BATTLE生誕祭記念マッチより~2

さあ、金城選手とはどのような闘いになったのか

金城選手といえば、デビュー当初はレガース姿でキックが売りという、かつてのドラゴン恭子選手を思い起こさせる選手ですが、FG16ではレガースを外し、‘プロレス’が数段巧くなってきた選手。

南瀬奈選手は、ジャーマン・スープレックスでキャットファイト界に衝撃を与えてくれましたが、ここいらで変化も欲しいところだなと思いながら鑑賞しておりました



ゴング直後、いきなり突進する南選手

普通は手四つの力比べで、まずは色っぽい喘ぎ声で魅せようというパターンが多い中で、やはり南選手は独特。
(まだ1本目ですが、ガッツみなぎるファイトが持ち味・南瀬奈

maosena43

しかしベテランの金城選手が巧く対処し、序盤はやや空回りで、ロープブレイクばかりのスタート。
先に金城選手が気合を入れた首投げを披露しますが、その程度でくじけることはない南選手。


攻めに転じると、まずは足4の字固め
金城選手の時にも書いたかと思いますが、ここで南選手、手でマットを叩いて、よりプロレスらしい演出をしてくれるのが嬉しい(グッジョブ

maosena64

また、意外に(失礼)受けも巧いのが南選手。
(特に喘ぎ声はナカナカのものが)  

maosena83

エロく苦しむ表情を作れるようになると、さらに魅力倍増になると思います

maosena95

髪を掻きむしるポーズはとても好きですが、足4の字固めとかだと、とてもマッチしますね。
膝十字&股裂きとかだと、金城選手の太ももを掴んで引き離そうとする演技の方が合うかも(ホント、勝手にコメントごめんなさい

maosena116

最後はパワーボムに沈み、1本目を落としてしまいますが、むしろここからが南選手の真骨頂
最初からドミネーション勝ちというのは似合わない、というのが自分の勝手な見立てです


どれだけ効果的な攻撃を加えられても、まるでゾンビのように立ち上がり、相手を根負けさせてしまう。
若月まりあ選手と違うアプローチで、相手にダメージを与えていくような印象です。

maosena138

このギロチンドロップでの両者の表情は、キャットファイトとして非常に素晴しいですね

maosena165





南瀬奈選手の魅力と今後の展開~BATTLE生誕祭記念マッチより~

 「BATTLE生誕祭 スペシャル2DAYS開催記念スペシャルマッチ 金城真央vs南瀬奈」(バトル様)より。
前回は金城真央選手について触れたので、今回は南瀬奈選手について、思うところを書いてみようと。。


おそらく、キャットファイター(かつAV女優)・南瀬奈(選手)を事前に知っていた方がどのくらいいらっしゃったのか不明ですが(大変失礼な事を。ゴメンナサイ マニアなので)、あのC.ロナ監督のツイッターで、「戦慄のジャーマン・スープレックス映像」を観て、

「あれは誰なんだ
「あんな芸術的なジャーマンを掛けられるなんて! とにもかくにも誰か知りたい、そしてまずは試合を観てみたい」と感じた方は相当いたと思います。
(自分も新垣ひとみ選手以外には、当分ジャーマンの使い手は出てこないであろうと信じ込んでいたので・・・)



その直後に開催されたFG15では、期待に応え、美森すずか選手相手に見事なジャーマン・スープレックスを決めて勝利
とてつもない新人選手が出てきたと(勝手に)どよめいた程でした。

試合のほんの一部をコチラ↓で (詳細はDVD作品でお楽しみを)

senasp3

ちなみに、対戦相手の美森選手がとてもチャーミング(試合中はSキャラを演じてましたが)で、試合中からファンに。
負け役が可哀そうに感じてしまったのと同時に、下半身も自分の気持ちを敏感に察していました


とどめのジャーマンに入る瞬間、思わず緊張でゴクッとなってしまいました。会場内もそうだったような・・

senasp6

本当に見事に決まって、カウント3 (受け切った美森選手もお見事)

senasp8



その後、新垣ひとみ選手との記念マッチ(自分の中では、事実上の「新垣ひとみ選手引退試合&南瀬奈選手への王道伝承試合)では、新垣ひとみ選手に後継者として認められ。


さらにFG16ファイナルでは、「スターレスラー」横山夏希選手を破る快進撃。

こちらもほんの一部を↓(詳細はコチラの作品でお楽しみを)

senasp29

FGは、ファンが満足する選手達を的確に選考し、ブッキングしてくれるんですよね。
美森すずか選手同様、この横山選手もお気に入りレスラーの1人です

senasp32

この試合では、弓矢固めでフィニッシュでした。

senasp34


この段階でベルトを狙えるポジションになった南選手。
いつ、FGのタイトルに挑戦するかを心待ちにしておりました。


ところが、台頭してきたタイミングが悪いとしか
(そうでもないか  12月にFGつながりで、BWP(バトル・ワールド・プロレスリング)興行に出場が決まったので



新生BWPメンバーと、旧FGメンバーの闘いになると予想されるだけに、最後にベルトを巻いたYUE選手とのマッチメイクは、恐らくないでしょう。
かといって、もうエントリー終了していまいましたが、B-1トーナメント等に今更出るのはどうか、という話にもなるでしょう。

そして、技のレパートリーは、新人選手らしさがあるものの、勝利への執念・闘志は、もう本職の女子プロレスラーそのもの。
このファイティングスタイルだと、スイングできる対戦相手が難しい。



生駒はるな選手となら、間違いなく 
(ただし、キャットファイトというジャンルを超越して、完全たる‘女子プロレス’として観ることになるかも

小泉まり(現・明海こう)選手とは、さすがにスイングしそうにないのでは。。

YUE選手とも実際はどうかな・・・というところで、その試金石ともいえる形で実現したのが、今回のvs金城真央戦かなと思ったりしたんですよね~。



相当前置きが長くなってしまいましたが、金城選手との試合での南選手を取り上げてみたいと思います。


試合前の南瀬奈選手。
スイッチが入る前は、とても気さくな感じ

maosena1

ところが、試合になると表情が一変してきます。そのギャップもまた魅力です。

maosena17





プロフィール

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR