エクストリーム・トーナメントはタレント揃い~伊東真緒vs原美織~5

個人的なツボを押さえた攻撃を繰り広げてくれている原美織選手に感謝していると、今度はバックドロップぅ

mioriito210

そしてここで、原選手には必殺技が (そうだ美織ロック

mioriito218

これは首4の字固めから、引っくり返して相手の右足を引き上げるという、難度の高い技

(‘みおりロック’といえば、みおり舞選手のフィニッシャーかと思う方もいるかもしれませんが、こちらも原‘みおり’。 
掛け方が逆になると武藤つぐみ選手の「つぐみロック」にもなり、コチラの方に近いような感じもしますが、いずれにせよ、より芸術点の高い技である事は間違いなし。
キャットファイトも、本当にレベルアップがスゴくなったなぁ~


これで、さすがの伊東選手もギブアップしてしまうのではないか
いったん敗戦⇒ドミネーションでボコボコにされ原選手が決勝へ進めず棄権⇒伊東選手決勝へ
というストーリーも有り得るのでは(なにせエクストリームトーナメントだし)

しかし何とかここを凌いだ伊東選手。

mioriito222

もう一度、バックドロップにいこうとする原選手を振り切って、新技・ペディグリー

mioriito228

僭越ながら、以前MIX戦の紹介をした記事で、伊東選手に似合いそうな技を勝手に書いたことがあったのですが、ひょっとしてリクエストに応えてくれたのかも ←そんなワケないか(でも嬉しい)

さらに威力十分のパワーボムを決め、ネックシザース&キャメルクラッチで攻め立てて、トドメは

mioriito242

サソリ固め  善戦していた原選手でしたが、ついにギブアップ

原美織選手が、ヒットマン伊東真緒選手を相手にどのくらいやれるのかなと思って観ていましたが、いや~、なかなかどうして。
素晴しいパフォーマンスで、何度も伊東選手を苦しめました
伊東選手が目指す、反バトル連盟の粛清も、簡単にはいかないという事で、次の決勝戦はどうなるのか、大いに楽しみです


この後、原選手が水着を脱がされ、キック攻撃などを浴びて、最後は空振り率の高かった(笑)ハイキックがとうとう決まり、失禁してしまうという演出もあるのですが、そのあたりはカットさせて頂きます(ご覧になりたい方は、是非ご購入を。)


よく善戦してくれました原美織選手。またバトルのリングに呼ばれたようですね。
実力・演技力が認められたのではないでしょうか。また応援したい選手です

mioriito196

伊東真緒選手、狙い通りに一気にトーナメント優勝⇒若月選手とのタイトルマッチ、となるのでしょうか
そう筋書きどおりにはいかないところが、エクストリームの面白さでもありますので、いろいろな波乱を期待したいところです

mioriito258




スポンサーサイト
プロフィール

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR