横山夏希選手、「B-1トーナメントFIFTH」に登場!3

試合開始直後から、ずっと攻められ続けていた横山夏希選手。
首4の字固めをひっくり返して、ようやく反撃開始

横山選手は、得意技を「卍固め」としていて、現実にFGデビュー戦(範田紗々戦)でもグラウンド卍固めで勝利していますが、自分はこの足4の字固めこそ、と思っています。

yokoyama85

デビュー戦の1本目のフィニッシュを観たから、というのもありますが、技を掛けている時の横山選手の表情が堪らなくイイんですよね~(まともに正面から見つめることができません) 

yokoyama88

Sっ気全開でニヤリ・・とされるのもアリかもしれませんが、
泣きそうな表情で掛けながら、「これで決まりよ、どうっ? ギブ」 と真正面から挑まれたら、一瞬痛みを忘れてしまうかも。

(んでもって、「ノー」と反応すると、腰を上げて「これでも?」、、、あ、ギブアップ(笑) )


これでペースを取り戻した横山選手は、反則まがいのチョーク攻撃や腕ひしぎ逆十字固めで攻め、キャメルクラッチ。
(夏目選手のリアクションもグッド

yokoyama100

この後も、逆エビ固め&ナガタロックⅢで攻め立てて、夏目選手を愕然とさせる横山選手
(できたら、この合間にお尻の水着のズレを直して息を整えてくれてもイイなあ、などと期待していたのですが、今回は‘負けられない一戦’ですからやむ無し )


しかし、夏目選手も黙ってズルズルとはいきません。 いよいよ必死モードになってきました。
まだ早いかなという段階ですが、ローブロー

あれっ、もう (いやいや、「B-1 FIFTH」では珍しくない展開)

yokoyama117

そして起き上がらせると、ロープに叩きつけてからの・・・

yokoyama123

見事なバックドロップ連発~っ
(夏目選手の技は、相手を掴む部分が、正統派というか、いわゆる本職のプロレスラ仕様。それだけに与えた衝撃以上に、強いイメージが残りました)

yokoyama130

さらに、おそらく初めてキャットファイトで観たのではないかと思う、ペディグリー

yokoyama136

(次に観たのは伊東真緒選手かな? これは受け側のスキルが大事ですね。腹打ち注意


ここで、韓国の「Team Wizard」と比較するのも何なのですが、Team Wizard作品は撮影前の練習に非常に時間(日数)を費やしている印象があって、個々の技が非常にしっかり出来ています。
(興味がお有りの方は、コチラなど参考にいかがでしょうか。 なかでもエリ選手やルミ選手は素晴しいです)

特に、「ペディグリー」と「ツームストン・パイルドライバー」は素晴しいというか芸術品といっていい程


日本のメーカーさんの場合は、上の2つの技こそ軍配が上がらずとも、これだけのクオリティの試合を一日(たぶん?)でやってのけてるのですから、いかにスタッフさんの指導、なにより女優さんの能力が優れているかということなのかなと感じます。



話が脱線していまいましたが、横山夏希選手、このペディグリーでグロッキーになってしまいます


 


スポンサーサイト
プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR