これぞ神試合!! エクストリームトーナメント2016(伊東真緒選手編 2)

あまりにもカッコいいソバットが決まり、これで伊東選手が優位に

パワーボムで叩きつけた後、プロレスに目の肥えたファンならば、「やるな」と唸るであろう関節技で攻めていきます。
相当、練習を重ねたのではないでしょうか。地味ながらイイ技 
試合を重ねるごとに、技のレパートリーが増えていっているだけに、またバトルのリングで観たいものです。

maoyui218

髪を掴んで、起き上がらせようとする伊東選手。
ヒットマンであったはずの伊東選手が、純粋に試合に向き合い、勝利を求めて必死な姿を見せてくれているようにも感じました。
(深読みしずぎ? 想いは人それぞれ、ということで。 個人的には何気にスゴク好きなシーンの一つ)

maoyui222

アドレナリンが出てきたのでしょうか? 細身の伊東選手ですが、美咲選手をシュミット流バックブリーカーに。

そして・・・

maoyui230

これが伊東選手のフィニッシュホールド! 善戦した原美織選手を仕留めたサソリ固め(スコーピオンデスロック)だ

これまでの展開で、何度も伊東選手の敗北が頭をよぎっていましたが、これで逆転勝利を確信したほどでした。
ですが、美咲選手が最後の執念の粘りをみせます。

maoyui236

なんとか耐えきった美咲選手に、ならばと2回目のパワーボムを敢行

普通ならば、この技で決着になるところだと思うんです。
そこが、「エキストリーム・トーナメント」の凄さ。女子レスラーの素晴しさだと感じます、ホントにアッパレ

maoyui239

フォールにはいかず、もう一発で息の根を止めに行こうとした伊東選手でしたが、これは厳しかった。
踏ん張って倒され、股間&椅子を使った反則攻撃。エロ攻撃から凶器攻撃へとスイッチ

maoyui258

フェチ的な観点から言うと、椅子を喉元に突き立てられた伊東選手が、ヒップをピクンッと反応していたところがツボでした

maoyui310

伊東選手も最後の力を振り絞って、顔騎ロックにいきますが、、返され・・・

美咲選手が、自らアンダーショーツを脱ぎ捨て、互いに全裸という条件の元での勝負を挑んだのがアキレス腱固め。

maoyui339

ん? これは「アキレス腱固め」? いや、「貝合わせ」? 「松葉崩し」?
美咲選手の怒涛のエロ攻めに、ついに伊東選手もイってしまい、ギブアップ



いや~、とにかくエロく、激しく、そして壮絶な試合でした

伊東選手が敗北するのでは?という予感の方が大きかったのは事実でしたが、それにしてもどのような展開で負けてしまうのだろう?と。

「エクストリームルールだから」、「反則攻撃に弱い伊東選手」というポイントで観ていましたが、想定をはるかに超える傑作であった事は間違いありません。


優勝した美咲結衣選手は、順当にいけば新王者・江上しほ選手とタイトルマッチを行うことになりますね。
そちらも非常に楽しみ



問題は敗れた伊東真緒選手です。
試合後のインタビューもなく、今後は不透明のまま。
(それがまた、読めないところがイイんです。 さすが名監督


自分なりに予想(妄想)してみると、ヒントは冒頭のシーンかもしれません。

試合前に、バトルの幹部から「お前もナカナカのものを持っているな。どうだお前もトップレスでやらないか」と言われ、
少し戸惑いつつも、「それが任務ならば」と回答。

maoyui4

トップレスを強要されると反バトル連盟へ、という流れがありましたが、伊東真緒選手は非常に組織に従順なところを見せてくれています。


ということは・・・

今度はトップレスマッチで復活を遂げる、という展開もあるかもしれませんね

いずれにせよ、トップレスであっても、ハイレグのリンコスであっても、なかなか出てこないスター選手だと思う伊東真緒選手。

今後もバトルのリングに上がって欲しいと痛切に思っています



次回は、その伊東真緒選手を破った美咲結衣選手の素晴しいパフォーマンスを





スポンサーサイト
プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR