BWPのリーダー的存在、春川せせら選手に注目! 対YUE戦 2

さあ春川せせら選手が、YUE選手相手にどう立ち向かっていくのか

リング中央で、「チャンピオン、今日は胸を貸していただきます」と言う春川選手に、YUE選手は余裕の表情で握手を求めます。
握手を交わして始まる作品は、久しぶり。(武藤つぐみvsみおり舞選手以来?)

seyue70

普通の試合ですと、まずは手四つの力比べからじっくりいくのが圧倒的に多いのですが、すぐに腕の取り合いに
新垣ひとみ選手クラスの試合展開

この先の展開も非常に期待できる予感がしました。
互いに返しながらの攻防。 非常に地味で痛みなども分かりにくいですが、プロレスらしくて自分は好きです

seyue78

そしてヘッドロックにいきますが、巧くYUE選手に対応され、ロープに振って肘、さらにハイキックが飛んでくる

seyue85

YUE選手、序盤から好調  STFからアマレスのフォール技のような形で首を攻めていきます。
玄人好みする技のレパートリーも増え、YUE選手はますます進歩しているようです。
(でも、少なくとも男子コーチとの特訓ではないでしょう(笑) )

※実際のところは、MIX作品や、FGやBWPの興行で活躍する髭の覆面レスラーさんの技術指導が大きいのではないかと思います(たまには


ストンピングから足4の字固め。
足のロックは軽めですが、YUE選手の左足が春川選手の股間にグイっと入ってますね

seyue107

まだまだキャメルクラッチ&極楽固めで苦しい展開な春川選手でしたが、今や定番の首4の字固めをひっくり返しての攻守交代
(自分だったら、時間を掛けて堪能したいところです

seyue122

返してから、逆エビ固めへの動きがスピーディーで、スポーツライクなレスリングになっています

seyue125

この両者は、スタイルも抜群ですが、単にスリムとかスレンダーというよりも、(特に下半身が)筋肉で引き締まっているからか、観ていて自然に下半身が興奮し、ドキドキしてしまいます・・・

すごくイイ表情をしている春川選手

seyue131

ですがすぐに反撃に遭う。 腕ひしぎ逆十字固めから、コブラツイスト
これは自分も経験していますが、とっても脇腹に効いているのではないかと思います。

seyue147

しかし首4の字と同様、コブラツイストも返し技の王道なわけで、、、
再び春川選手が逆転します





スポンサーサイト

BWPのリーダー的存在、春川せせら選手に注目! 対YUE戦

前回、鶴田かな選手と神楽アイネ選手の試合を紹介させていただきましたが、やはり新生BWPのトップとして春川せせら選手は外せないでしょう

ただ、紹介記事をなんとなく迷っていたのは、どの作品でいくかだったデス、ハイ。。

BWPコンタクト記念の桜乃ゆいな戦か、初の公式戦となった安達かすみ戦か
いろいろ考えましたが、懐事情もあり、これらの作品を全て購入するのが難しい自分としては、総合的にこの作品をチョイスしよう と考えたのであります。



「12月17日 BWP旗揚げ興行開催記念スペシャルマッチ YUEvs春川せせら」(バトル様)




桜乃ゆいな、安達かすみ戦では、Sっ気も魅せつけるとともに、素晴しい身のこなし・バネのある身体から繰り出される技・テクニックを披露してくれ、BWPのエースとして説得力を十分にみせてくれています。

ただこれまでのFG勢、特に王座に君臨するYUE選手に、どの程度通用するのか
現在のトップに、どんなパフォーマンスを魅せてくれるのかを紹介した方が、彼女の良さを最大限見るには最適と思ったんです。

(既に終わっているのでアレですが、この作品ではYUE選手に敗れ、BWP興行では勝利
BWP勢を認めさせることに成功しています

もちろん、YUE選手の試合を観たいという事実もあり、まさに一石二鳥



春川せせら選手はバレーボールをやっていたようで、非常に引き締まったナイスバディ

自撮り着替えのシーンでも、体育会系らしく、ハキハキとした話し方は好感が持てますね
YUE選手の事はDVDなどで観て、「可愛い」と言いながら尊敬しているようです。

seyue1

(マイペースでのらりくらり話してくれる選手も、味があってイイと思います。それは皆さんお好みで

BWP興行の時は、座っていた位置の関係から、背中を観ている時間が多かった(?)こともあり、プリッとしたヒップが個人的に気に入ってます

seyue27


相手がYUE選手でしたので、当然着替えでは・・・と思い込んでいたら、エ、ウソ
という雰囲気も感じさせてくれて、この段階でなかなかの逸材と判断

seyue11

印象的だったのは、コメントの中で、自分だけでなくBWP全体を盛り上げていきたいという趣旨の発言をしていて、リーダーとしての心構えもしっかりしていて、感心してしまいました。


相手のYUE選手は、すっかり王者としてのオーラが出てきましたね。
今や彼女の実力について、否定的なファンの方は大幅に減っているというか、殆どいないのでは?

seyue37

FGのベルトを引っ提げて試合に臨みますが、ちなみにFGベルトって、今後どうなるのでしょうか
新たにBWPのベルトができてもおかしくありませんが・・・



まあ、細かい事は置いといて? 両者のハイレベルな試合、ゴングです

BWP興行の時と同じく、YUE選手は金のリングシューズ、春川選手は銀のシューズで挑みます

seyue43

seyue15





BWPスター選手のプロレス対決! 鶴田かなvs神楽アイネ 6

エロ有り、そして最後はプロレス勝負で貫録勝ちといったところでしょうか、鶴田かな選手。

神楽選手に跨って笑顔を見せています

turuai347

たとえば、自分が鶴田選手と試合して負けた時の、この笑顔はタマリマセンね
仮に握手を求めてくれたとしてもでしょうけど、そうじゃない方が・・・

顔を思い切り近づけ、優しくお仕置き
また胸を露わにして、オオっ近い、、、乳房が、、、

turuai358

圧迫されて苦しくなった神楽選手、抵抗しますがこれはムリというもの。

turuai369

先入観がなくて、「これはプロレスだ」と思って観ていると、片エビ固めでのフォールにいく鶴田選手を、神楽選手がブリッジして耐えているようにみえるでしょうか

乳房を押し付けられながらも、神楽選手が腰を浮かせているところに、妙に何というか、その

turuai383

そして神楽選手の瞳から涙が
お仕置きを済ませた鶴田選手、リンコスを直して去ります。

turuai400


他の作品では、胸を露わにしたままで相手を踏みつけて終了、という作品も多いと思いますが、このあたりはちゃんとしているのかな(んん、やっぱ分からない

最後は、神楽選手が悔し涙で濡れた顔を拭いながら終了になりますが、ガチ涙だったのかもしれません。
攻守の切り替えも多く、しっかりとしたプロレスも観ることもでき、、なおかつエロもしっかり魅せて頂きました
エロレスとは全く違う、ウレシイ作品構成であった事は間違いありません



新生BWPの中心選手である、鶴田かな選手と神楽アイネ選手。
団体は違う(鶴田選手はSSS所属)のですが、おそらく次回の4月興行までには、また成長して、さらに見事なパフォーマンスを魅せてくれる事でしょう。

今後に大いに期待したい両選手です





BWPスター選手のプロレス対決! 鶴田かなvs神楽アイネ 5

丸め込みで勝負アリかというところで、絶妙な反則攻撃を仕掛けた鶴田選手。

神楽選手の足を抱えながら股間攻撃が炸裂
すると、お次は、顔を股間に押し付けてくれる、逆首4の字固め逆片エビの合体技

turuai267

呼吸が厳しい(でも自分なら嬉しい)のと、腰にダメージを負う技で、これはキビシイ神楽選手!

しかしここもよく凌いだ神楽選手が、フルネルソンボディシザースでお返し。
これは最後の最後までもつれた好勝負になっています

turuai270

さあどうなるという時間帯で、アアアっっ、これはぁ~
(BWP興行を観戦した後で購入・鑑賞した作品だったので、実は期待大でした

turuai280

出ました~、、胸あてスリーパー
これは堪らない  横山夏希選手も受けた技を神楽選手も・・・

turuai286

これは「胸あてスリーパー」という技名では、あまりに勿体無いかもしれません。
‘バストスペシャル’とか、‘パイオツハッグ~’とか、何かエロさも伝わる技名を(勝手に)命名したくなってしまいます。

というよりも、女子レスラーから実際にこの技を受けてみたいぞ

BWPの会場で、横山夏希選手がこれを受けて喘ぎ声から痙攣する演技を観て、下半身を宥めるのに必死だった観客も多かったのではないでしょうか。
(こちらは、1人で鑑賞しているので心配なし。それにしてもなんという・・



やはりこの技で失神してしまった神楽選手。

「あれ、失神しちゃったのかな~」と、自分のリンコスを直すところまでは、横山戦と同じでしたが、顔騎でフォールにはいかず、なぜか神楽選手のはだけたリンコスを直してあげます

turuai295

最後はプロレスで勝負しようという事なのでしょうか。
無理やり覚醒され、起き上がらせられた神楽選手も、もう怯えた表情になっています。

そこへスープレックスを2連発

turuai312

まだ許してくれない鶴田選手。 今度はバックドロップへ。
抵抗したい神楽選手でしょうが、もう限界・・・(抵抗したくても、豊満な胸を押し付けられてしまうと、もう

turuai317

これも連発で決まった~っ

turuai322

両者とも、時間的に疲れてきているのと、投げ技での苦しい表情を巧く表現してくれて、すごく


そしてトドメは、神楽選手がBWPでフィニッシュに使った、逆首4の字逆エビ固め。
神楽選手は「勘弁して」という表情を見せながら掛けられてしまいますが、男性からすればカモーンですね。

これにはさすがに耐えきれず、神楽選手タップして、鶴田選手が勝利

turuai337


勝負がついて、ここまでで充分満足できたのですが、勝者・鶴田かな選手による神楽アイネ選手へのエロいお仕置きが待っています





BWPスター選手のプロレス対決! 鶴田かなvs神楽アイネ 4

サイドバスター連発の後は、足4の字固め。
神楽選手、しっかりと腰を上げてぐいぐいと攻めてます、これはナイス
悶絶する鶴田選手の表情もグッド!

turuai173

さらにはDDTを決める神楽選手、勝負師のような表情が

turuai181

ここからプロレスらしい佳境になっていくのかと思うと、今度はエロ合戦へ
今度も先に仕掛けたのは神楽選手から
積極的に攻めていくのは好感が持てますね(←プロレス実況だと、解説者がコメントしそう)


鶴田選手も負けられない、交互に上に乗っかり、一進一退
そして、神楽選手がボストンクラブにいこうとする際に、ついに鶴田選手の胸を

turuai196

こ~れはピンチ、ピンチ
すぐにひっくり返さなくていいよ、神楽選手。 この体勢で踏ん張って欲しいな、鶴田選手

turuai199

しかしひっくり返され、腰を半分落としながら逆エビ固めへ。 
マットに豊満な胸や乳首が押し付けられているのを見ちゃうと、何度かくじけそうになりながら、ロープに手を伸ばす演技もしてくれたら、もうタマリマセンね。


このピンチを凌いだ鶴田選手が今度は反撃。
うわ、うわわわ

turuai214

至近距離で、神楽選手に顔を近づけながら、お返しに両胸を露わにしてくれる鶴田選手

再びプロレス技のギロチンチョークから、アゴと片足を両方固める複合関節技。
これは効いていそうだ、神楽選手ピンチ

それにしても、神楽選手の太ももにはしっかりと筋肉がついていて、惚れ惚れしてしまう

turuai223

エロを交えながら進むこの試合は、攻守の入れ替えが激しくて、観ていてとても面白い

今度は、神楽選手が見事な技を披露
この体勢から・・・

turuai228

すんごい股裂き
いやはや、掛けられている鶴田選手は苦しいのでしょうけど、こちらとしましては
(神楽選手側からのカメラアングルもあるのですが、それも貼っているとエライことになってしまうので割愛

turuai242

これでギブアップしちゃっても、斬新なフィニッシュかと思いますが、これでは終わらない。

お次は、丸め込んでから両足をロック、これでトドメだ~っ!
というところで、鶴田選手の手が神楽選手の股間に伸びる
アアッ

turuai249

絶体絶命だったハズの鶴田選手のこの攻撃で、ようやく勝負の行方が見えてきます。





BWPスター選手のプロレス対決! 鶴田かなvs神楽アイネ 3

腕をきめた後は、しっかりと足を絡めてのコブラツイスト。

turuai114

お返しのコブラはありませんが、再び鶴田選手が軽く腹パンチ&ストンピングで形勢逆転して攻めていきます
そして、個人的にツボだったシーンの1つが、この攻防。

turuai125

アキレス腱固めにいく神楽選手。おおっと、、苦痛の表情がとてもイイ鶴田選手

turuai127

互いに譲らない攻防で、足も交錯・・
(顔の表情は見えなくても、互いの足の動きで魅せるのも

turuai130

おそらくアキレス腱固めで興奮できたのは、エクストリームでの美咲結衣選手以来かも。
(実際には貝合わせなのか、松葉崩しなのか?判定に苦しみますが
MIX戦だと、ここで電気アンマを入れてきてもですね


両足を抱えられての鶴田選手の「どうするつもり?」の表情もナカナカ。
当然、ここはひっくり返してボストンクラブ・・・

turuai137

いや違う! なんと神楽選手が先に反則の電気アンマ
さっきのアキレス腱固めの攻防から、やはり股間を意識してムラムラしてしまったのか・・
(自分が女子レスラーと対戦していると、よくこんな流れになりますね~

turuai142

この試合では、先日のBWPの試合も参考に、「プロレスで勝負する神楽選手、エロで翻弄しようとする鶴田選手」という構図かと思っていたので、想定と逆の攻防を魅せてもらえるのは嬉しい。

鶴田選手の下半身を持ち上げた状態での電気アンマは、キツイのではないでしょうか。
掛けている神楽選手の体幹の強さも分かるような気もします


スリーパーでさらに絞っていく神楽選手でしたが、この試合は攻守の交代が多く面白い。
ネックシザースからの卍固めがキタ!

turuai154

さらに畳み掛けたい鶴田選手でしたが、またしても神楽選手のローブローが
(格上の選手相手に、必死に勝利を掴みとりたいという執念

形勢逆転した神楽選手が、サイドバスターを連発

turuai163

このあたりから、鶴田選手の‘ポロリ’がいつ見れるかという、ドキドキ感が
フラフラになってきた鶴田選手に、もう一発

turuai169

両選手が大きく足を広げているシーンも好きなのです





BWPスター選手のプロレス対決! 鶴田かなvs神楽アイネ 2

まずは神楽アイネ選手の自撮り着替えシーン。
レスラー向きのナイスバディ(褒め言葉です)に、‘不思議ちゃん’的な天然の雰囲気を醸しているのがイイです

着替えしながら呟いているシーンを見て、何故かYUE選手と比較してしまったのですが、、、
なんかタイプ的に似ているような  (エ~っと思う方いらっしゃいますよね、自分の感覚的なモノでして


「こんにちは、神楽アイネです。エ~、プロレスの対決の第二弾というか・・」という朴訥とした口調で語ってくれる神楽選手。
それにしても、「戦闘服に着替えたいと思います」とは、あれGIGAさんとかの出演も多いのかな(笑)

turuai5

対戦相手の鶴田選手はベテランで、神楽選手にとっては憧れの存在のようです。
「黄色でちょっと透けてるのかな、、」とリンコス(もとい戦闘服)を見ながら感想を言ってますが、アレレ、先に脱いじゃって
(他の選手だと、リンコス紹介の後に脱ぐのが普通なのに面白い


「黄色は普段あまり着ないんですが、(BWPコンタクトの時と)同じ黄色だったけど、今回は可愛い系で、もう何かこのまま泳げそう」 ←
「リング上がちょっとバランスを保つのが、ちょっと大変なんで、「おっとっと」ってなっちゃいます」←

turuai13

その為に丸椅子があるんじゃない なんて思ったりするのですが、丸椅子はニーパットやシューズを穿く時に足を乗せるために使ってますね。
いや~、このシーンだけで神楽アイネ選手、自分のツボです



対する鶴田かな選手。
「撮れてますか~、鶴田かなです」と非常に撮影慣れしている感じで、さすがベテラン女優さん。慣れてますね。

turuai30

さっそくリンコスを手にとり、「見て下さい。これ黒いんですけど、(中略)横がアミアミになってま~す どうですか?」←非常にお似合いです、ハイ

turuai45

このリンコスもスキ。パンサー理沙子選手がMIX戦で着用していたものでは?

そして今回、両者ともショートブーツというのが、自分にとっては嬉しい



さあインタビューも終えて試合開始

まずは力比べで組みますが、鶴田選手がロープに詰められるとブレイク。
すると神楽選手、両手を高く上げてフェアプレイのアピール。 これはプロレスをかなり知っているとみました

turuai70

ヘッドロックを極めてからの、フェイスバスターを披露する鶴田選手。

turuai75

さらにキャメルクラッチをしながら、神楽選手に顔をうんと近づけ、なんかドキドキ

対する神楽選手は、なにくそ!とキリリとした表情が印象的です(着替えシーンの時とのギャップがイイです
そして、右手で鶴田選手を投げ捨てます (BWPでも魅せたシーンだったかな?)
レスリングスキルの高さを、この段階で感じました。


首4の字固めと、それを返す攻防から、再び鶴田選手のキャメルクラッチ。

turuai89

まだまだ鶴田選手攻める、逆エビ固め。

turuai98

今度は神楽選手の反撃!
くるりと丸め込むと、これが神楽選手の(将来的に)魅せ場の一つではないかと

turuai109

ただ腕をきめているように見えるのですが、動きがすごくスムーズ。
相手選手との兼ね合いもあるでしょうが、新垣ひとみ選手のような、‘チェーンレスリング’の攻防をできる貴重な選手になるんじゃないかと感じます。


まだまだ試合は序盤





BWPスター選手のプロレス対決! 鶴田かなvs神楽アイネ

前回、水城りの選手を取り上げて、一気にB-1トーナメントの記事を書き上げようか?とも思いましたが、おやっ、待てよ

バトルリングにおける、2016年の一番大きな話題といえば、FGという団体が消滅し、ファンの強い要望を受けて新たにBWP(バトル・ワールド・プロレスリング)とう団体ができた事ですよね


そ、そ、それなのに、BWPの作品について、まだちゃんと書いてなかったじゃないかぁ~
(まあ、落ち着こう。 これからでも遅くない



BWPのもと、新たな選手が出てきましたが、BIG3として注目されているのは、春川せせら・鶴田かな・神楽アイネ各選手。
11月のBWPコンタクトにも参加してくれたのが、何よりの証かと思います。


先日のBWP旗揚げ興行では、各選手とも素晴しいファイトを魅せてくれましたが、春川せせら選手はメインでYUE選手に勝利。
次はベルト挑戦も現実的になったエース的存在。

それに続くのが、鶴田かな選手と神楽アイネ選手という位置づけでしょうか?


その鶴田かな選手は、あの(お気に入りの)横山夏希選手から、乳房を露わにしながらの「胸当てスリーパー」で失神させ、顔騎でフォール勝ちという、、、、ヨダレと下半身のを堪えるのに大変な決着に。

fgbwp0103

(興行後のツイッターで、「あれはおっぱい固め?」と不躾に聞いた自分に対し、「‘胸あてスリーパー’のつもりでした」という嬉しいリプが   
こんな自分を許してくれた上に、技名をお教え頂き感謝


神楽アイネ選手は、水嶋アリス選手と対戦(本来は生駒はるな選手と対戦予定でしたが、負傷により急遽)

fgbwp0104

水嶋選手の老練なエロ攻撃に、「プロレスしようよ~」と大苦戦
しかしながら、最後はプロレススキルを存分に魅せてくれて、共に勝利を飾りました


そんな両者が直接対決したとあっては、購入して記事を書くしかないでしょ
ということで、春川せせら選手を差し置いてですが、まずは、この両選手の試合を紹介したいと思います。



「12月17日 BWP旗揚げ興行開催記念スペシャルマッチ 鶴田かなvs神楽アイネ」(バトル様)





これはBWPコンタクトの当日、本人同士に知らされたというサプライズのカードのようです。

おそらく、バトルさんでの仕事が入っている事までは知らされていても、相手までは分からなかったのでしょうね。

turuai1


例によって、自撮り着替えシーンから始まりますが、このお二人のキャラクターを今一つ掴み切れていなかった自分には、着替え同様に嬉しいものでした





健康的ボディ美女・水城りの選手のプロスタイルキャットファイト!仁美まどか戦 4

仁美選手の反撃の番ですが、プロレス技だけでは済まないのが、今年のB-1。

mizumado107

横向きのサーフボードを掛けながら、水城選手の股間に右足が・・
(レフェリー~! 触ってる、触ってるって

さらに仰向けになってからも、堂々と股間&乳房攻め
イキそうになってしまうピンチを打開しようと、手と足で仁美選手の股間を狙いますが、有効なダメージを与える事ができません

「なんだか楽しくなってきたわ」と仁美選手が優勢になったかというところで、これは決まった

mizumado132

前屈みになって苦しむ仁美選手に、水城選手のバックドロップ~っ

mizumado138

しっかりと腰を落として決めているので、かなりの衝撃だったのでは?

mizumado140

そしてサイドバスター (技名知らなかったのですが、ジャケットを見て)
素人的な考えですが、与えるダメージはバックドロップ級で、かつ掛ける側の表情をよく見れるので、すごくグッドな技です

mizumado146


ここでフィニッシュにいきたかったのでしょう
ロープの反動を使ってのボディプレス連発にいった水城選手でしたが、2発目はさすがに膝を立てられてブロック

苦しんでいる顔もそうですが、水城選手の肉付きが、、やっぱエロい。。

mizumado163


ここで水城選手の動きが止まり、エロ攻撃の餌食にされていってしまいます

卍固め→ドラゴンスリーパーまではフェアプレイでしたが、、、
アアッ

mizumado177

ハアッ、ハアッ・・ (自分の心の中の息遣い こうまでされちゃうともうダメ

mizumado190

「なんか濡れてきてんじゃないの?」
「どこ触ってんねん」

必死に抵抗をしようとする水城選手でしたが、もう目がトロンとしてしまい、立つのもままならない状態に。
(自分なら、もう〇〇〇は立っても、身体がいうことを聞かなくて、ドクターストップ、カン、カン、カン間違いなし)


仁美選手が、そんな水城選手を立ち上がらせて、フェイスクラッシャー。
そして、トドメは延髄切りでフォール勝ち。

mizumado209

ちゃんと片エビで抑え込んでいるところは、プロレス的ですね。ヒップを突き出すような姿勢も模範的な形

してやられてしまった感じの水城選手。これは返せないでしょう
(自分が同じ状況だったら、フォールで収めてくれて、ありがとうございますという心境)

mizumado212



とってもエロい試合でした。
でもちゃんとプロレスもしながら、チャンスを狙っては(いつの間にやら・・ではないか?) という感じでしょうか。

健康的でピチピチ若手レスラースレンダー美女レスラーの典型的な闘い。
女子プロレスではなく、これぞ「プロスタイル・キャットファイト」というものを魅せてもらったのかもしれません


仁美まどか選手は、相手を骨抜きにするのが非常に巧いな~
今回は水城選手中心の記事になりましたが、仁美選手にもスポットライトを当てて、いずれ書いてみたいと思います。


そして水城りの選手。 悩殺させて頂き、ありがとうございます
リンコスが非常に似合うボディで、運動能力も高く、理想的なキャットファイターだと感じます。

またバトル作品に出て欲しい選手ですね。

BWPにも参戦して欲しかったですが、スケジュールの都合がつかなかったのかもしれません。
関西が拠点のようなので、BWPコンタクトも難しいか・・・


いずれにせよ、プリーズ・カムバック! 水城りの選手【拡散希望】

 


健康的ボディ美女・水城りの選手のプロスタイルキャットファイト!仁美まどか戦 3

まだまだ水城選手が若さ?を最大限に、オトナの仁美選手を攻めていきます

一旦はキャメルクラッチを掛けられてしまいますが、コブラツイストで仕返し。
(これでは分からないと思いますが、技を掛けに行くところ。。こういう絵スキなんで  試合終盤で汗が光っていたりしたらさらに

mizumado57

お返しのキャメルクラッチを掛けながら口を広げて、「こんなの嬉しいんやろ

mizumado62

お次はフォールにいくのかという感じですが、股裂き

カウント3入らないのは承知でも、相手のスタミナを奪うためにフォールにいくのも一つの策。
(というか、自分がそんなシーンを多く観たいだけ

mizumado68

そして前半で一番の大技はコレではないかと
うおっとぉ~

mizumado73

え~と、プロレス技的に近いのは、「インディアンデスロック」でしょうか。。
(この技名を探るべく、名著・「プ女子百景」(広く。様)を読み直していたら、今まで自分が思っていた、うつ伏せ状態の相手に掛けるのは「リバース・インディアンデスロック」だったということを発見 勉強になります

mizumado76

昔の全女の試合でも観られた技だったかと記憶していますが、でも水城選手の技はちょっと違い・・・ますよね

仁美選手の苦悶の表情も秀逸でしたが、是非とも自分も掛けられてみたい

エレクトしてしまったかは不明ですが、そんな仁美選手に、水城選手が股間に手を入れてのスープレックス2連発
(これはお見事

mizumado81

さらに首4の字固めで、ガッチリと足を絡めてる水城選手。

「オ〇ンコに頭当たってめっちゃ気持ちいい。なに身体むずむずさせてんの? あんたもホンマモンの変態なんちゃう」

mizumado84

言葉責め、なかなかイイ

ゆっくりと技を堪能したいところですが、今ではこの首4の字はコブラツイストに次いで、形勢逆転の定番技なので~・・・

さあ今度は受けのシーンになってきました。

mizumado88

ムッチリ、ムチムチ

mizumado95





健康的ボディ美女・水城りの選手のプロスタイルキャットファイト!仁美まどか戦 2

ようやく水城りの選手を中心に書こうと思います
(この作品紹介をするうえで、どうしても仁美まどか選手に触れずにはいられなかったんですよね~


前回、「MIXプロレス」に出演してくれた水城選手は、元気印そのものでしたが、今回は少し大人びな雰囲気も魅せてくれています

恒例の自撮り着替えシーンでは、背中を向いて堂々と肢体を見せつけないところが、なんか新鮮
自分の着用するリンコスを確認して、「お、可愛い、メッチャ可愛いです」
(確か、自分のお気に入りだった内村りな選手(引退)がFGコンタクトの時に着用していたものかと。1人で穿くの苦手と少し手こずるところもまた初々しくて良し


インタビューでは、ハニカミながらも‘パワーでは負けない’と、「めっちゃ応援してくれたら」とコメント。
応援しちゃいますよ

mizumado8

一方、仁美まどか選手。
こちらは大人の色気で、男性を虜にしてくれるレスラーです
もちろん応援しちゃいます。

mizumado15

どっちの味方だと言われると非常に難しい。(みんな応援したいからしょうがない



さあ試合開始です。
どちらが決勝に進んでも、相手が横山夏希選手であれば、セクシー対決になる事間違いなし

序盤は、まず水城選手が仕掛けていきます。
コーナーに仁美選手を飛ばして、睨みを利かせながら、「よしなさいって言ってるけど、気持ち良さそうやん」

mizumado25

仁美選手のリアクションもイイですね。
ここで早くも、パワーを生かした攻撃・ネックハンギングを披露

mizumado30

自分の知っている限りで、女子レスラーのネックハンギングを見るのは、愛葉なお選手以来かもしれません。
ベアハッグは段々珍しくなくなってきましたが、貴重です。

ここで早くも、トドメを刺そうとコーナーに登りますが、時間が早すぎるので攻守交代のタイミング。

mizumado32

案の定、膝を痛めた水城選手に、仁美選手が足4の字固めで反撃を開始

mizumado38

苦しむ表情がとてもいい水城選手
逆片エビ固めも決められてしまいます。ロープ、ロープまで頑張れ~っ

mizumado44

キックで反撃し、再び盛り返した水城選手が、ここで序盤の魅せ場(その1)
仁美選手にまたがって、馬乗りフォール。

「やめて」と恥ずかしがる仁美選手に対し、「カウントされるで。ウレシイんやろ?」

mizumado51

ヒジョ~にゆっくりとカウント2が入ったところで、仁美選手なんとかエスケープ。


なんか映像を通して、両者のフェロモンがプンプン漂ってくるのは、自分だけでしょうか






健康的ボディ美女・水城りの選手のプロスタイルキャットファイト!仁美まどか戦

前回、水城りの選手の「MIXプロレス」を紹介させて頂いたのですが、この選手は、再びバトルに呼ばれるに違いない
とは思っていました。 ただどんなタイミングだろう・・・

と思っていたところで、B-1トーナメントに登場してくれたんですよね~ 
(いやぁ~ありがたや



それにしても、B-1トーナメントも、今回でもうFIFTH(第五回)になるんですね
記念大会だからというわけではないのでしょうが、今回は(も?)豪華なメンバーが顔を揃えています。 それが何よりウレシイ

そして、なにより一回戦に、どの選手が出場するかは非常に大事なポイントかと
(このようなトーナメントでは、徐々に大物選手が登場してくる傾向にあるので

その一回戦に、水城りの選手がキャスティングされた段階で、「今回は違う」と感じたのでした。



また今トーナメントでは、技が高度化されてきた最近の「女子プロレス」から、作風を「プロスタイル・キャットファイト」に戻してきたのかなという印象もありましたね。

試合中からこれだけ反則(エロ)攻撃が入る大会も、久しぶりかもしれません。

プロも驚きの、技のオンパレードで楽しませてくれるのも有難いですが、これがキャットファイトの原点だという感じで堪能。
(まあ、勝手に書いているので、「ハア???」という方はスルーしてください、スミマセン



注目選手揃いのB-1FIFTH。
水城りの選手は、準決勝で仁美まどか選手と激突
健康的なボディが魅力の水城選手に対して、仁美まどか選手は大人の色香が漂うテクニシャン。




早くも脱線してしまう形になりますが、仁美まどか選手について、これまで紹介していなかったのにも気づき、これまた面目ない話
というわけで、最初に仁美まどか選手に触れてみようと。



最初に作品で観たのは、バトル生誕祭での「店舗イベント開催記念スペシャルマッチ YUEvs仁美まどか」(バトル様)


もちろん結果はお分かりだと思いますが、この作品を観て、仁美まどか選手にも強く惹かれたんですよね

恒例となった「自撮り着替えシーン」は、インタビューと異なり、女優(レスラー)さんの性格が出ていて(着替えだけでなく)何気にスキなのですが、このシーンですごく感じのいい選手だなあと・・・

yuemado19

レスラーとしての経験値は圧倒的にYUE選手が上ということもあり、負け役を演じてくれてるのですが、とっても応援したくなる雰囲気を持っているんです。

yuemado62

彼女のMIXプロレス作品を観たい・・・

でも、もし男子レスラーが普通に対戦(互角対戦形式)したら、おそらく骨抜きにされ、実力を出せないまま負けてしまうだろう。
そんな「男子レスラーには強い」女子レスラーの筆頭格なのではないかと思っています。

※ちなみに、ドミネーションMIX作品にも出演されてましたが、自分は苦手な分野なもので鑑賞しておらず。。。


改めてこの試合を見直しましたが、YUE選手も、デビュー当初は‘なんちゃって’レスラーかと思ってましたが、いやはや根性ありますね。
今や誰もが認める、立派なエースになりました
(すみません、恐れ入りました

yuemado155

YUE選手に実力では敵わないとみるや 凶器攻撃を駆使するところも、ダーティイメージでなく、仁美選手の健気さとして観てしまいました

yuemado98

yuemado103



仁美まどか選手の魅力を少し紹介できたところで、いよいよB-1に参りましょう(笑)


仁美選手に挑む水城りの選手です

mizumado1



 


関西弁マシンガントーク美女・水城りの選手のMIXプロレス!3

さすがに試合中は(エロレスの時間になるまでは)耐えきった男子レスラーですが、もはや戦意喪失状態に。

お次はフェイスバスター

mizusiro96

「寝てばっかりやん、早く起きて」と、さらにフルネルソンへ。

mizusiro98

全然抵抗できない相手に、今度は両腕を抱え込んで攻める水城選手。
(これは背中越しに、胸の感触を味わうことが十分可能

声を出せず、(嬉しくとも表情には出せず)ただ首を振ってギブアップを拒否するしかない男子レスラーに、「試合中やで、もっと声出して」 
(イイですね、体育会系ぽくて  ※あまり男に声出されてもというのはありますが・・)

さらにはボディシザースを掛けて、メタボ体型の相手のウエストを気遣う優しい水城選手。


ネックシザースでさらに甚振り、次はどうする
おおっと、また足を絡みつけた技を

mizusiro110

‘膝十字固め的’な股裂き&股間攻撃
完全にドミネーションに(既に)なっていますが、これが「水城りのワールド」なのでしょうか。
次から次へと、身体も言葉も休まず攻め続け、反撃するスキを与えない

mizusiro113

どれもこれも、次回もし「BWPコンタクト」が開催され、水城りの選手が参戦してくれたら、掛けて欲しい技ばかり
(ただ会場がな~、、、、立ち技限定だと難しいので、なんとかならんかな

でも、こんなスキが出来ると、手が出そうになっちゃう

mizusiro116


もうそろそろ・・というところで
首4の字固めを掛けてから、「楽にしてあげるな」と自ら身体をひっくり返して、おっとこれは「(みおり舞式)みおりロック」

mizusiro128

最近の作品傾向的に説得力のある技が出たところで、男子レスラーはギブアップ

水城選手のエロい足を絡めてのフィニッシュであれば、首4の字固めでの失神KOで十分満足でしたが、キャットファイト能力が高いところを魅せてくれました



2回戦のエロレスはどんな展開をみせるのかと期待していると、

「強そうなの見た目だけやん」
「さっきからちょこちょこさわりやがって エロ有りの勝負ならお前に負けないぞ」  

「ホンマ? エロいことしか考えてないねんな、オッサン」 (←オっ、ハッキリ言ってくれました



水城選手を押し倒した男子レスラーが、股間をまさぐり始めてからゴング

足をクラッチさせてのおっぱい攻撃はお見事だったですが、、、

mizusiro144

しかし水城選手、このままイカされる筈がありません。 この‘したり顔’で逆転。

mizusiro154

男子レスラー、このイカせ合い試合の方は意外と頑張っていましたね(笑)

終盤ピンチを迎え、立つのがやっとの状態になった水城選手、再び「プロレス」で勝負に
DDT&羨ましいボディプレス

最後は、1試合目の終盤に繰り出したコブラツイスト&手コキでフィニッシュ

mizusiro182

「エッチなら強いっていってたやん。もうこんな小さくなって、もう1回できんの?」
「もっと時間ある時に遊んであげるな


これまでの「MIXプロレス」シリーズと、少し違った構成でしたが、なかなか良かったです
じっくりエロさを出していく作品も良いと思いますが、今作はスピード感がかなりあり、水城りの選手ならでは、という印象を持ちました。

健康的な色気もいいけど、もう少しセリフを減らして、大人の色気を醸し出す水城りの選手も観たいという方は、B-1トーナメントでの彼女の試合をおススメします。

自分も既に鑑賞してますので、次に記事を書こうかと思っています





関西弁マシンガントーク美女・水城りの選手のMIXプロレス!2

序盤は、水城りの選手がテンポの早い攻めで男子レスラーを圧倒

「やめろと言われてやめると思ってんのぉ? こうされるの好きじゃないの、足スキやろ」と、ネックシザースを極めながら、
相手の手で男の股間を触らせる水城選手。
(ハイッ、水城選手の足スキです

mizusiro45

ちょっと難易度の高い複合関節技も、器用にこなしています

mizusiro53


そして、ここでスター性を感じさせる場面が

「じゃあ、ちゃんと楽にしてあげるな。 さっきから(足を)バタバタしてるから」と言うと、カメラに目線をくれて

mizusiro59

倒れ込む~! 
(オオ~っ たぶん初プロレスだろうに、カメラを意識して演技できるなんて

この時点でバトル再登場は決定と思ったです、ハイ。

後は受けのシーンも・・・というところで、やっと来ました
ベアハッグ、そしてそのままマンハッタン・ドロップ

mizusiro64

これが、この試合での唯一の反撃を喰らうシーンでしたが、続くスリーパー&胴締めに苦しむ表情がマックス
もう、タップしてしまうのでは とさえ感じる喘ぎ声を出してくれます。

mizusiro74

健気にロープブレイクに逃れ、ピンチを凌いだ水城選手。
一息ついているところですが、いや~、ナイスお尻です

mizusiro76


ここから畳み掛けるように、ボストンクラブや足4の字固めなどで攻めていって欲しい男子レスラーでしたが、仕切り直しで力比べに。(もっと水城選手の苦痛の表情も観たいんだけどな~。。)



案の定 「さっきより力弱くなってんで」と再び水城選手が形勢逆転。

「すぐ倒れんなぁ~、気持ちいい?」  「さっきからずっと寝てるけど、何がしたいん?」 と関西弁での言葉攻めを、キャメルクラッチに添えて喰らう男子レスラー

「腕もやっとこか! なに、おっぱい触ってんの」 腕を極めながら、余裕の表情で警告を。
(ウン、ウン、気持ちは良く分かります )

mizusiro85

マシンガンのような言葉攻めと、間を開けない速攻でチャンスを全く掴めなくなってきた相手に、
ここで、コブラツイスト&手コキのダブル攻撃が来た
(いつもの「MIXプロレス」作品ですと、エロは勝負がついてからというパターンが多いかと思いますが、思い切った攻撃

mizusiro93

これは強烈すぎるっっ





関西弁マシンガントーク美女・水城りの選手のMIXプロレス!

いや~、B-1トーナメント終わりましたね!
タレント揃いの今大会は、非常に見どころ満載でした。

優勝した仁美まどか選手が金メダル、準優勝の横山夏希選手が銀メダルとして、個人的には胴メダルはこの女子レスラーに送りたい


実は以前から、「MIXプロレス」シリーズ(バトル様)を観ていて、ひそかに注目していた選手がいました。それが水城りの選手です


このブログで紹介するきっかけを探していた時に(というか、相変わらず遅筆なのでタイミングを逸しているだけだったのですが)、B-1トーナメントに登場してくれて、もうココで書くしかないでしょということで。

(それでも遅れてますが、諦めてご勘弁を 
りのさんになら虐められてもいいかな
「何、今頃書いてんねん!もっと早く書いてえや、頼むで」なんて



B-1での水城選手の記事も、追って書こうと思いますが、今回まずご紹介するのは、、、
最初に観た 「水城りののMIXプロレス 21」(バトル様)




関西出身の20歳のピチピチの美女。
無理に標準語を話そうとしないで、自然体で演技してくれているのが、新鮮でイイです。

mizusiro2

目がすごく魅力的 見詰め合ったら引き込まれてしまいそうで注意
さらにいうと、江上しほ選手のようなショートカットのリングシューズも

mizusiro5

そして、お尻から太もも、ふくらはぎの肉づきが自分的には大変好みであります

インタビューでは「今から闘うけど、相手の方大きいみたいやけど、私もいろいろやってきたので、そんなの関係なく頑張りたいと思います」とコメント。

緊張しているっぽいけど、正直可愛いです

mizusiro10


そんな水城選手ですが、試合が始めると、すぐに呼吸を荒げながら、関西弁のセリフをマシンガンのように浴びせ、完全に自分のペースに引き込んでいきます
(目を閉じて彼女の声を聴いていると、プロレスではないAVの世界が見えてくるかもしれません)

今回、相手の男子レスラーが覆面ではないので、紹介画像が限定的になってしまうのが、ちと残念ですが

 
「大きい身体してるのに弱いなあ」

mizusiro17

アマレスのような動きの中でも、水城選手の健康的な下半身を堪能できるのではないかと。

mizusiro22

(自分が男子レスラーなら、足を絡み付けてきてくれた段階で、早くも自分の〇〇〇のとの闘いかも。でも矢継早に言葉攻めもくるので、それで気が紛れるかもしれません)


腕ひしぎ逆十字固めの場面で、顔を挟んでしまうのはご愛嬌  「どこが苦しいの言ってみて」

「どこされたら興奮するのか、言ってくれたらやってあげるで
キャメルクラッチで攻めているシーンですが、お尻をしっかりと落としているところが

mizusiro26

「いつまで寝てんの、寝てばっかやん」と、相手を立たせて、ラリアットからのストンピングも繰り出す
男子レスラーは、水城選手のペースについていけないのか、まったく翻弄されっ放し
(これじゃあ、ワンサイドになるやん! もっと攻めえや(笑))


サーフボードに続いては、見事なグラウンド卍固めを披露。
これは、事前にかなり特訓を積んだのではないでしょうか。デビュー戦でこの技ができる事にセンスを感じます。
実に素晴しい

今にもイキそうな息遣いをしながら、「ここ触ってみよか  もっと声出してエエねんで」

mizusiro38


「寝るのが好きなの、フラフラして。 なに? 何いってるか分からへん」 と、顔を掴んで投げ飛ばしてみたり

いや~、すごい怒涛のような攻めを魅せてくれる水城選手。
本当は、攻められるシーンもじっくりと見たいところですが、果たしてそんなスキがあるのだろうかと心配?になるほどの展開。





これぞ神試合!! エクストリームトーナメント2016(美咲結衣選手編 4)

バトルの刺客として、反バトル連盟所属選手の粛清のヒットマンとして養成された伊東選手。
このままで終われない。意地を見せます。

パワーボムの後、ネックシザースに関節技。 さらには美咲選手を持ち上げてシュミット流バックブリーカー。
デビューして短期間で、これだけの技を習得するとは


それを耐える美咲選手

(いや~、キャットファイトって、本当にイイものですね ←分からない方も多いと思いますが映画評論家・故水野晴男氏が映画の事をこう語っていたのを思い出しました。 完全に関係ありませんが・・

maoyui226

美咲選手がもう限界と見たのでしょう。
ここで伊東選手が、原美織戦でフィニッシャーにつかったサソリ固めで勝負に出ます

自分は「これで決まった。伊東選手の貫録勝ちか」という想いと、逆に「これを受け切ったら、美咲選手の勝利、さあどうなるか」と見守っていました。
(本当に最後の最後まで分からないのが、Rカヴァ監督の作風だからな~、それがイイんだけど

maoyui233

今にもマットを叩いて「ギブアップ」と発しそうな場面を、乗り切った美咲選手。
これで勝負アリでした。

さらにパワーボムを喰らってしまいますが、トドメのもう一発を振り切って、股間にヘッドバッド
そして電気アンマと反則の股間攻め

maoyui250

お次は凶器攻撃  椅子を使って、ダメージを与えていきます。
これは過去のエクストリーム・トーナメントでも多用された攻撃ですね。

maoyui254

一番印象に残っているのは、武藤つぐみvsみおり舞戦でしょうか。
あれだけの密度の濃いベストバウトだったので、もうこれがなくても成立するのではと思いつつ、やはりこれがエクストリームだ、と

あとは、内村りな選手や若月まりあ選手も椅子攻撃が巧かったなあ、、と。
 


フェイスバスターで、椅子に伊東選手の頭を叩きつけた美咲選手、再び竹刀を持ち出して失神させ、先に伊東選手を全裸にしてしまいます

途中で覚醒し、胸を押さえて恥ずかしがるヒットマンに、容赦のない反則攻撃

maoyui285

あられのない姿の伊東選手をロープにもたれさせ、竹刀で腹を攻撃する美咲選手。
凄味がありますね(ゾクゾクっ

maoyui293

さらに伊東選手の乳首を吸って揉んで、精神的にダメージを与えていきます。
(こんな試合のレフェリー、やりたいな~

最後の力を振り絞り、顔騎ロックにいく伊東選手でしたが、これもエロ技で骨抜きにした美咲選手。
決着をつけるべく、自らアンダーショーツを脱ぎ、全裸勝負
(カッコいい


プロレス的にはアキレス腱固めを掛けつつ、股間に刺激を与え続け、ついにヒットマン伊東からギブアップを奪い、勝利

maoyui345

戦前は、おそらく伊東有利という予想をしていた方が多かったのではないかと思いますが、美咲選手が見事にエクストリーム・トーナメント王者に輝きました


過去の試合ですと、試合後のコス剥ぎが観られるのですが、もう両者とも全裸。

その代り、美咲選手が伊東選手の上に跨り、「私の仲間を虐めた罰として、あなたを粛清してあげる。あなたの得意のセリフよね」
と仲間思いの‘女気’を見せながら、さらにエロ攻撃で完全に伊東選手をイカセてしまって、完全決着。



試合後のインタビューでは、
「私が優勝しました! 次はタイトルマッチにも勝ってベルトを手にしたいです」と言ってから、おもむろに胸を手で隠し、「やっぱり恥ずかしいですね。でも勝つためには仕方がなかったので」と、可愛い確信犯(笑)

maoyui354

伊東真緒選手へのインタビューがなかったのが、やや心配?
バトルに抹殺されてしまうのではないかとも疑ってしまいます(笑)が、先日のブログに予想として書いたように、是非トップレスマッチで復活して欲しいものです。



そして美咲結衣選手。
いや~、すごい選手ですね
エロ技の凄さは大変なものですが、プロレス技もきちんとこなせますし、素晴しいセンスを持った、優勝するに相応しい選手といえると思います。

次は江上しほ選手とのタイトル戦になるようですが、、、
その前に、是非MIXプロレス作品にも出演して頂きたいものです


なにとぞ、どうかよろしくお願い申し上げます





プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR