横山夏希選手、B-1トーナメントでの奮闘!(準決勝から)4

あれだけのアクロバチックな技を受けて、逆片エビ固めを決められた横山選手。
ここでギブアップしてもおかしくない場面

もうちょっとでロープ

yokoiti168

「うあああ~っ」と気合を入れて、ロープブレイクに逃れた横山選手

プロレスの流れからすると、ここで仕留められなかった鈴屋選手が厳しい展開になります。横山選手にとっては

起き上がらせられますが、鈴屋選手のリンコスを掴んで気合スイッチが完全に入ったぁ


最近、よく使われている逆首4の字固め・・・
横山選手の両足がしっかりとロックされてます 

鈴屋選手の苦悶の表情もイイですが、男性ならば

yokoiti178

ここで逆エビに捕らえると、一気に勝負がつくところですが、(散々やってくれたわね)とジワジワと攻める

yokoiti183

腕ひしぎ逆十字固めから足4の字へ。 この段階で鈴屋選手泣き出して戦意喪失状態になったしまいました。
こうなったら、もうドSな美人お姉さん全開・横山選手、電気アンマ

yokoiti193

BWP興行では、鶴田かな選手に逆に喰らってしまった、‘胸あてスリーパー’
(なんとも裏山、タッチプリーズ

yokoiti202

通野未帆戦以来、この技で仕留めたいと思っているのではないかと推測している三角締め。

yokoiti211

ここは耐えた鈴屋選手でしたが、もう限界でした。。


横山選手、仕上げに入ってきたか、スープレックス  そして豪快なパワーボム
このトーナメントの間に、トレーニングを受けて、スキルアップしてきたのでしょう、完成度も

yokoiti228

本職の女子レスラーではないのに、ここまで腕を上げてくるというのは、改めてホントに感服します。
監督さんやトレーナー(おそらく覆面髭レスラーさん)の指導もあるでしょうが、本人のプロ意識の高さに


そしてエグイ角度で逆エビ固めを決めたところで、鈴屋選手が意外に早めのギブアップ



ですが、横山選手すぐには許してくれません。
1回戦でも、リングの厳しさを教えようと、夏目選手にキックを見舞ってましたね

この鈴屋選手のアへ顔もナカナカ

yokoiti243

「ギブアップ認めたの早かったんじゃない? どこまで曲がんの?」と再び逆エビ固め。

yokoiti253

「あ~すごい。。 あなたのステキなとこを皆に観せてあげてるだけじゃないの。痛いのガマンしちゃって。ああ喋れないのか」
(横山選手の真骨頂ですね


この後も、 「許してほしいの 私悪いことしてないんだけど
腰をグリグリと押しながら、優しい声を出しながら、時に残忍な表情を魅せる横山選手にゾクゾクきます

「夏希さんに負けました」と言わせると、キス。 「可愛い
(イイな~、イイなあ~~


ついに失神してしまった鈴屋選手に跨って、顔騎しながら、最後にこんなコメントを視聴者にプレゼント

「ほら皆様みえます? この可愛い顔。 私と対戦した人はみんなこんな目に遭うけど。
皆さん楽しみにしてて下さいね。 ね、いちごちゃん?」

yokoiti280


横山夏希選手の貫録勝ちといったところでしょうか?
リンコスといい、技の攻防の合間にみせるエロさも十分に堪能できた良作でした


しかし
この顔騎でのパフォーマンスが、のちのBWPでの鶴田かな選手、そして決勝戦での仁美まどか選手との試合にマイナスに働くことになるとは・・・


「やったらやり返される」


う~む、そうだったのか、、、





スポンサーサイト
プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR