続き・Team Wizardのプロスタイル完結編(でも早くも続編祈願)

すみません。「Team Wizard」ファンの皆様、お待たせいたしました。

仕切り直しで、また「Korean Irongirl Match シーズン5 ファイナル‘アンセム’」の感想記事を再開します


過去に書いたかとうか、記憶が定かではないのですが、まず作品を初めて視聴した時は、もちろん大いに堪能
ブログで記事を書く前に、再度視聴して堪能

ただブログで記事を書いてしまった後は・・・


時折思い出したかのように、引き出しから引っ張り出して再度視聴する事はありますが、なかなか何度も視聴しようという感覚にはならないものでして。。

これは、今の恵まれたキャットファイト業界において、素晴しい作品が次から次へとリリースされているからです(とてもハッピーな悩み事です)



そんなこんなで、貴重な作品を咀嚼し直したくて
他の魅力的なキャットファイト作品の記事を書いている合間に、再びKohプロデューサー渾身作を視聴したので、また感想記事を続けたいと思います。



唐突に書き始めても、分からないよと思われる方は、すみませんがいったん「前半」にお戻り頂いて


今作のあらすじを少し書きますと、ルミ選手率いるWindという団体を、そのトップである団長が潰しにかかり、その手口には不服ながらも敵対関係にあるイェリ選手の団体(ATHENA)との対抗戦という図式。

Windの若手・ユンジ選手がまずは果敢に挑戦していきましたが敗退。
残りはルミ選手のみというところから、後半が始まりです。
(あ~、無事に回想が終わったかな(笑))




試合後もユンジ選手を甚振ろうとするヒール役のユミ選手、もう観念しろと迫るミンソ選手に対し、「恥ずかしい先輩となるのはごめんだわ」と立ち上がる、ルミ選手


まずはユミ選手との勝負

怒りに燃えているであろうルミ選手ですが、フェアプレイ精神は忘れていません。
握手を求めますが、当然ながらユミ選手は応じず、手を叩いて戦闘開始

tewi202

この試合では両者とも黒を基調としたリンコスでした。

※自分の我儘を唯一書くとすれば、相手のユミ選手も黒のコスでしたので、できれば日韓キャットファイトリーグでのサプライズ登場時のリンコスか、史上最初の日韓戦の時のリンコスがもっと良かったと感じましたが、贅沢を言えばキリがありません。


まずはユミ選手の技を「さあ来い」と受けとめていくルミ選手。

tewi206

tewi213

あ~、やはりプロレス分かってるな~。 イキイキとした表情 
(この表情にとにかく惹かれてしまうんです。はっきりいってルミ選手びいきです

tewi215

ユミ選手がドロップキックで勢いにのろうとしたところを、すかしてブレーンバスター

tewi221

さらには豪快なボディスラムを決めて、格の違いを早くも魅せつけています。

tewi225

このファイナル作品は、次のエピソード3まであり、エピソード1で勝利した裏切り物役のミンソ選手との対戦が収録されているので、この試合ではルミ選手が勝利するであろうことは予想できましたが、「古傷の左肩をさらに悪化させてしまう」というコメントがあったので、試合展開は注目でした。

ユミ選手が相手なので、また場外乱闘
金城愛菜選手との試合で経験はありますし、ユンジ選手との試合でも場外乱闘のシーンを作ったユミ選手ですから可能性大



いかん、また脱線しようとしている


まずはファースト・フォールにいくルミ選手。当然ながらユミ選手は返します。

tewi226


今度はあえて脱線してしまいますが、この試合でルミ選手は相手をフォールする時に、背中で押さえつける形を一貫しています。
これは現在の日本の女子プロレスのいわば定番な形であり、最近の傾向についても研究されているのか、と深くKohプロデューサーの研究熱心さには感心してしまいます。


ところで

フォールする形としては、この「背中押さえ込み」方式の方が、強く相手を押さえつけることができる、観客と一緒にカウントを数えることができて、より客席との一体感が得られる、という効果があるのではと思います。
(↑お前はなに様の評論家なんだ しかも何度かこのブログでも触れた気が

でも昔ながらの胸ないしお腹で押さえつける形が、個人的には大好きですね~
(これは対戦相手的な感情かもしれませんが・・・。 かつての全女の前座試合でのフォールが背中押さえ込み式だったら、あれだけ興奮しなかっただろうな、、、)


他の試合では背中押さえ込みは殆どないのですが、この試合では「今の日本の女子プロレスもオマージュ」して頂いているのではないでしょうか



もうこんな調子で、物思いにふけっているからブログの更新が遅いんだよ~、と自らに突っ込みを入れながら、次の展開へと続きます(苦笑)





スポンサーサイト
プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR