B-1タイトルマッチ!明海こうvs仁美まどか

水城りの、横山夏希選手などを破って、B-1FIFTHトーナメントで優勝を飾った仁美まどか選手。

その仁美まどか選手が、暫定(だったっけ)チャンピオンの明海こう選手とタイトルマッチ


「B-1タイトルマッチ 03 明海こうvs仁美まどか」(バトル様)





何とも豪華な・・・
正直いって、この対戦が実現するとは思っていませんでした。



こういう形でのタイトル戦では、王者側の選手は約1年待たされる形になり、その間に選手である女優さんにはいろいろな環境の変化が当然にしてあります。

明海こう選手は、「小泉まり」時代にFGでも活躍しながら、トーナメントに優勝し‘暫定’王者に。
あれ、「暫定」だったっけという印象がしてましたが、それもやはり、このタイトルマッチ形式によるもので、やむを得ないかと。。



そして今回でいうと、明海選手が、事務所移籍・改名と様々な事情があっただけに、1年のブランク以前の問題で、バトルのリングに上がってもらえないのでは 
⇒これまでのケースを考えると期待する方がムリ

そうなると、明海選手フェードアウト→仁美まどか選手が、また別の選手と暫定王座戦を行う事になり、再び暫定王者となる事が濃厚だろうな、、、これまたしょうがない



と、想定内の落胆をしかけていただけに、明海こう選手のバトル復帰というのは、非常にウレシイ事であり、感謝、感謝


事務所の判断も大きいのだと思いますが、明海選手のファンへの誠実さ(自分の勝手な思い込みも含む)に対し、大いにリスペクトしたいと思います。


ホントにありがとうございます 明海こう選手 

madokou1


自撮り着替えシーンでは、仁美まどか選手と共に、フルヌードを拝ませてくれます。
(どちらかだけフルヌードというのはないようですね、ありがたや 
ここでは省略しますが、拝みたいファンの方は店頭又はウェブへ


「知ってくれている方も、初めての方も。 はじめまして。明海こうです。 (ロープにベルトを掛けてあるのを指さし)チャンピオン、、、です」
(この遠慮がちな、控えめなコメントも、またファンの心理をくすぐるような感じがします

初めて観たMIX戦でも、「頑張ったら勝てるんじゃないか」という言葉に、ググッときてしまったのを思い出しました。


しばらくご無沙汰していた間に、走ったり運動したりしてたようで、身体も引き締まっていますね。
もちろん可愛らしさも健在

madokou15


「4月のイベント(BWP02興行)では、試合的には、BWPが勝ってるみたいですが、うちのFGIのなつめ愛莉ちゃんが、YUEちゃんからベルト奪いましたよね。どんな形であれ(笑) 

(中略) BWPよりもFGIの方がレベルが上なのではないかと思ってます。皆さんはどう思ってますか?私がなかなかBWPの人たちと闘って、FGIに貢献する事ができなかったんですけど、なんと(この)タイトルマッチが決まりました。(パチパチ)」 
(↑こちらこそ


せっかくあいりん(なつめ愛莉選手)が頑張っているので、私も負けられません。FGIで頑張っている選手たちの為にも頑張るので、FGIのほうも、どうぞ応援してください」

madokou19

団体の為に闘うという姿勢は、さすがに体育会系という感じがして、感じがイイんですね~



試合結果については、うすうす推察できていましたが、そんなものは二の次。


「(毎試合)いちいちエロい」と感じる仁美まどか選手(←もちろん褒め言葉)とのマッチアップで、輝きを魅せてくれた明海選手に注目しながら視聴した、このタイトルマッチについて書いてみたいと思います

madokou60





スポンサーサイト
プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR