MIXプロレスの新感覚? 神埼みこ選手のMIXプロレス!3

見事なボディプレスで、男子レスラーも手ごたえのある対戦相手に満足気

(自分でもこんなムーブができたら最高 ただし体力と運動神経がもっとあれば


新人なので、この段階で果敢にカウントを要求してもと思いましたが、すぐに切り替えて腕ひしぎ逆十字固めへ。

神埼選手の癖なのでしょうか
汗が目に入ったように目をつぶる仕草をよくみせます。
(必死さの表れ  最近の‘キャットファイト系’のMIXプロレスにではあまり見せない表情ですね)

kanmi93

これを丸め込んで形勢逆転されて、跨られてアームロックで攻められる神埼選手。
ここは踏ん張らないと、徐々にキャットファイト>プロレスになりそうだ・・

(「お前はどっちがイイんだ」と聞かれると困ってしまいますが、、今作に限っていえば純粋なプロレスを完遂して欲しいような。。

kanmi98

ここは冷静に両足でヘッドシザースで捕らえ、主導権を渡さない。
あとは69状態にならないように、グッと堪えている(ようにみえる)神埼選手。

kanmi108

この後、男子レスラーが倒立を企画しようとして、(おっと!これまた「ザ・プロレスリング」)と一瞬感じたシーンがありましたが、さすがにそこまではいかず、結局神埼選手の顔付近に尻もちをつき、必死に神埼選手ガード


お次は、男子レスラーが神埼選手に右足にエルボースタンプ

このあたりで絶叫風の喘ぎ声が出ると、自然なエロさが出るところでしたが、ここもグッと堪えています。
しかし、苦しむ表情、ここはなかなかグッド

kanmi117

以前触れたかどうか忘れましたが、このシーンとは逆転で、女子選手が男子相手に、このエルボースタンプ攻撃をしているとちょっとドキドキしちゃいます。
学生プロレスとかだと、ちょっと「的を外してしまった」風に、股間にエルボーを落とすのもアリ。(アリでしょう
なんかちょっとスケベ(イタズラ)心を起こす女子選手にお目に掛かってみたい


・・・そんな事を考えているスキに、再び腕ひしぎ逆十字を掛けにいった神埼選手。
これはかなり極まってしまったのか  たまらずロープブレイクで逃げる男子レスラー。


レフェリーが制止する事はありませんが、神埼選手、フェアプレイですぐに腕を離して、両者スタンディングで仕切り直し。



(パチパチパチ
素晴しく引き締まった試合序盤であります

やるな~神埼選手。
ここまで全くエロ要素を出さないながら、しっかりとしたレスリングで魅了してくれています



今度は手四つで力比べに挑みます
何気ない仕草ですが、力比べに応じる前に、左足をスッと前に出すあたりは、‘らしさ’が出ている印象です

ここからキックを腹に入れて、再びリストロックからのチェーンレスリングが始まっても

kanmi132

しかし、先にキックを入れてスリーパーを決めたのは男子レスラー
ここから身体を入れ替えて再びバックを奪っての攻めに期待するも・・でしたが、ロープブレイクに一直線

リアクションないしは返し技で一工夫欲しいところでしたが、序盤のチェーンレスリングの疲れで、少しクールダウンといったところでしょうかね


これにややエキサイトしてきた男子レスラーが、ラフプレイ&エルボー (さあ来い
やり返して、エルボーの乱打とか、逆水平チョップ。 はたまたドロップキックで反撃してくれたらパーフェクトな場面でしたが、、、

ちょっと神埼選手へのハードルが上がり過ぎているな~(反省


さらには、フルネルソンで締め上げられるも、途中で目を閉じて身を委ねてしまいそうという場面も。
「ハーン」なんて気怠い溜め息をついたら、それはそれで下半身がしそうですが、あくまでもプロレス

全女の前座試合でなら、観客席から「ほら、どうした神埼! 頑張れよ」と檄を飛ばしながらオッキしているファンもいそうです。。

kanmi155

倒れ込みながらのフルネルソン、胴締めスリーパーと、まだ攻撃の手を緩めない男子レスラーですが、パワーで締め上げてくる技には苦手なのかもしれない神埼選手

まだまだ! ヘッドシザースを極められてしまう神埼選手でしたが、ここは跳ね返して逆転のチャンス
(2回ぐらいはダメで、3回目に脱出成功!なんて

kanmi176

ですが、ここは男子レスラーが足を押さえつけてしまい、見どころを潰されてしまう。
(ブー~

まだ主導権を握る事ができない神埼選手、グラウンドコブラでも反撃のきっかけを掴めず、非常に苦しい展開

アアッ、右腕をロックされながら倒されて、、、おっと大丈夫か

kanmi195

跳ね返そうと頑張るも不発
レフェリー カウントを取るか、ブレイクさせないと 

kanmi199

エロい喘ぎ声が出ない分、逆に・・・ゴクッ
カウントが入る前になんとか脱出に成功した神埼選手、危ないというかジワジワきそうになったシーンでした

kanmi203






スポンサーサイト

MIXプロレスの新感覚? 神埼みこ選手のMIXプロレス!2

まずは力比べではなく、ロックアップから

ロックアップは簡単そうに感じますが、男子選手が組み合ってきたのに応じるという受け身型ではなく、(実際には発していませんが)互いに「オオ~っ」を気合を入れてガッチリという、‘ガチ’のロックアップ。

一度組んで、離れてからもう一回

kanmi28

これをキャットファイト作品で観れるのは珍しいのでは・・

kanmi30

自分(shuuji)がプロレスをする時も、「ロックアップ」はなかなかスムーズにこなせる格闘嬢がおらず、結局手四つの力比べになることがほとんど。
(相手が巧く受けてくれないと、頭突き・ヘッドバットになってしまうかもだし

過去にこんな感じで組めたのは、キャンディ麻由美選手(それでもシーズン3以降)、そして大阪カルマのKR選手(現役)ぐらいでしょうか。



続いて、チェーンレスリングと呼ばれる、互いの身体を離さない状態での、バック取り&ハンマー(リスト)ロック&ヘッドロックの攻防が見事に決まっていきます

バックを奪われますが、逆転 
リストロックを決められると、すぐさま前転して脱出すると、しっかりハンマーロックを極めた神埼選手

kanmi39

男子レスラーも本気を出してきたか やり返す!

kanmi44

このあたりが‘さすがレスラー’神埼選手の真骨頂
ハンマーロックをエルボーで脱出しようとしますが、神埼選手のエルボーは相手の脇腹でなく、顔付近を狙っています。

※初めてプロレスに挑戦する女優さんでは、教えてもなかなか難しいでしょ~

kanmi47

そしてヘッドロックと、非常に息詰まるワクワクするような攻防。
このシーンでは、相手の顔を胸に押し当てて、「どうなのよ~」とか、「弱いんじゃないの?」などのセリフは不要で、「ハァ、ハァ、、フゥ」という、荒い息遣いを聞かせてくれれば十分と思います。
 
kanmi51

根比べで再びハンマーロックを極めにきた男子レスラー、それをかわしてバックの奪い合い

kanmi58

まだ素早い攻守の切り替えは終わらない。
リストロックを極めた神埼選手に、真剣モード全開の男子レスラーも負けじと前転で、逆転のリストロック。

今度はヘッドロックをされた神埼選手が、ここで‘やや躊躇いがちに’腹パンチで逆転して、再びハンマーロックからのヘッドロック。

いや~~、、本当にすごい展開 
観衆を入れた会場であれば、きっと拍手が沸き起こるであろうムーブ

 
(過去に新垣ひとみvs安藤あいかでも観れましたが、そういえば・・・昔購入して視聴した「熟女MIXプロレス① 瞳れい」(アキバコム制作部様)でもこんな玄人好みのワンシーンがあったな~  鑑賞しっ放しでなく、いずれ棚卸しも考えよう



今度はロープワーク

ヘッドロックを掛けたまま、ロープ際まで詰められて、振られる神埼選手でしたが、、、

kanmi76

戻ってきて、相手との体当たりでダウンを奪うっ
これ、新垣選手のMIX戦でも観られたヤツですね、グレイト

逆にロープに飛ぶと、男子レスラーがうつ伏せでやり過ごし、再び戻ってきてフライング・ボディプレス~

kanmi86

よっしゃ~、なんという本格派なんだ~っ 

このシーンを観れただけで、購入して正解
この後の期待値が、さらにグーンと上がっていきました 





MIXプロレスの新感覚? 神埼みこ選手のMIXプロレス!

これまで多くのMIXプロレス作品を、バトル様制作のものを中心に鑑賞してきましたが、また新鮮な作品に出合うことができました。


「バトル フレッシュファイター Files.15 神埼みこ」 (バトル様)




これまで鑑賞してきた作品と、いろんな点でなんというか違っていて、イイんですね
賛否両論あるのかもしれませんが、新鮮で、新感覚のMIXプロレスなのではないかと感じました。


今作の事前リリース情報では、「大技・デスティーノを使える&超高角度のブレンバスターを受けれる」という、「他の新人選手とは別次元のレベル」と売り文句が・・・


確かにデスティーノは見事なまでに決めてくれましたし、男子選手のあのブレンバスターを受けられるのは、これまで自分の知っている限りでは新垣ひとみ選手以来かなと。
MIXシングル戦MIXタッグ戦(画像は貼っていませんがスゴイ)


また‘大技使い’で鮮烈なデビューを飾ったといえば、ジャーマン女子・南瀬奈選手
(あれから、多くの選手がジャーマンを使いこなすようになりました

デスティーノも、これまで使う選手がおらず、インパクトは十分
(AKBの「豆腐プロレス」後楽園大会でのメインでも話題になりましたね


この点から見ても、神埼みこ選手が、プロレススキルに秀でており、注目されるのは文句なし
(プロレス練習生だったのではという話も、TMさんのブログには出てきます)



ただ、自分が鑑賞していてイイな、、感じたのは、何か違う。 
大技以外の所で、ジワジワと良いんですよ




どこが良いのかを巧く言うのが難しいのですが、自分的に・・・
(もう完全にフェチの領域ですので、ご賛同頂けるかどうかは


キャットファイトの「ミックスもの」としては微妙でも、「MIXプロレス」として素晴しい。

キャットファイトとして観ると、やはり受けのシーンでは表情豊かなエロい表情、下半身が思わず反応してしまう喘ぎ声を求めてしまう。もちろんそれが楽しみで購入される方が圧倒的多数かと思います。(かく言う私もその1人です

でも例えば、全女全盛期の頃の新人選手同士の前座試合に興奮した経験はありませんか?
もし全女のデビューしたての選手が、先輩男子レスラー(現実にはいない)と試合したら、その映像は是非とも観たいと思いませんか?

キャットファイトではなく、「プロレス」として観ると大変興奮するんです。
地味ながら基本がしっかりしている技の応酬を、「男女」がしているという、改めての非日常的な興奮が。。
(全女の良い時代を知らない若い方、申し訳ないです


リング内にレフェリーのいないルールでは、セリフ(声)が出なくても興奮できる。

TMさんのブログにも、「神埼選手にはもっと声を出して欲しい」という趣旨のコメントがあったかと思いますし、キャットファイターとして定評のある選手と比べて、もっと頑張って欲しいという気持ちはあります。

ただ見方を変えると、観客がいない(現実にはカメラの先に我々視聴者がいるのですが)、レフェリーもリング外で控えているだけ、という環境では、たまには息を荒げるだけで、黙々と技を掛け合い、組み伏せあっている試合があってもイイかな、と。

これはレベルの高い技を繰り広げ合っているからこそだと感じます。


こんなプロレススキルをもった格闘嬢と、プロレスプレイしたいという願望で

これは自分のように、歳も考えずブーメラン水着を着て、競泳水着を着用している女性とプロレスするのを楽しむ人限定の感覚かもしれませんが、こんな動きをしてくれる格闘嬢なんぞ、当然ながらまずお目に掛かれません。

純粋にプロレスを楽しめるならば、エロ要素がなくても(露出の多いリンコスでなくても、脱がされるシーンがなくとも)十分楽しめちゃうのです

※ちなみに、自分がよくお世話になっている大阪カルマでは、「格闘コース」のほかに、エロ無しの「アスリートコース」というのがあり、過去に何度かプレイした事があるのですが、意外に?最後のヌキが無くても楽しめます
(その格闘嬢の能力や相性にもよりますが・・


これ以上、また自分の想いを並べていると、またいつまで経っても終わらないので




こちらが神埼みこ選手。

試合前、黙々とストレッチに励みます。 「私のチャームポイントはココ」というようなアピールは有りません。

kanmi4

腕のムチムチ感、いいですね。 体幹もしっかりしていそうです。
このリンコスでは、あまり強調されませんが、ヒップも十分鍛えられていると思います。
個人的には、waveの長浜浩江選手に、似ている雰囲気も。
(長浜選手、結構スキなんです、肉感的なボディも含め・・

kanmi7


「今日デビューになります、神埼みこです。いきなり男の人が相手なんですけど、いっぱい練習してきたので、全力で立ち向かって頑張りたいと思います。絶対負けません。応援よろしくお願いします。」

インタビューに、はにかんだような笑顔をみせる神埼選手。 なかなか可愛らしい

kanmi15


男子選手と相対する神埼選手のリンコスなのですが、全女のスターだった立野記代選手をイメージさせるような感じ(勘違いだったらスミマセン)で、早くもクラシックな全女的プロレスを観れる予感が


あと、キャットファイト的に重要なポイントだと思ったのは、同じ日に収録したであろう牧野れいな選手戦の時と同じリンコスなんですね~

これまで観てきた経験でいうと、だいたい女優さんはバトル様で撮影する時に、2~3本撮りをするのが普通のようなのですが、女優さんのアピールの為にもコスチュームチェンジするものだと思っていました。

そこをあえて同じリンコスにしたのも、リアルなプロレスラー役を演じさせる役作りだったのかもしれません。
しかも、肩紐の具合が昔風で


これまでの作品では、恒例ともいえる対戦相手の男子レスラーとの舌戦は、、、なし
「言葉はいらない、レスリングで語ればいい」(←なんか恰好良いな)



さあゴング





SSSタイトルマッチ! 王者・鶴田かなvs最高の挑戦者・明海こう 7

さあ、どんな決着が待ち受けているのか

両者KOで鶴田選手防衛の予想を本気でし始めた自分でしたが、ここは王者の意地、鶴田選手が明海選手を起き上がらせて、フェイスバスター

asuturu424

この勝利への執念の魅せ方は流石です
顔を強打して動けないでいる明海選手の腰を落として逆エビ固めにいく

しかし、明海選手同様、抱え込める余力がなく、失敗 (ガックリと肩を落とす乳房←ムム、意味不明

asuturu431

2度目のチャレンジにいきますが、この間に少しロープに近づいているなら、ロープブレイクで逃げられそう・・

asuturu435

再び体勢を崩してしまう鶴田選手。 
ところがもう近いと思っていたロープまでの距離が
アア~っ、これは   自分の予想が外れた事と、結末を確信する事になりました。。

asuturu440

顰蹙(ひんしゅく)を買うのを承知で、ここまで来たからには

(妄想
明海選手も、(鶴田選手同様)ロープブレイクに成功。 意地の張り合い、逆エビ合戦
再び明海選手が鶴田選手を逆エビ固めに捕らえるも、ギブアップを奪いきれずにタイムアップ、引き分け 

(妄想
明海選手が仁美選手に披露した、芸術的なエクスタシー・レインボウを最後に決めて勝負アリ、と思いきや、鶴田選手が明海選手の股間を舌で舐め攻撃⇒両者失神KO



いろんな決着(いずれも鶴田選手の引き分け防衛)を好き勝手に妄想してしまいましたが、これ以上はこの秀作に失礼なので、もう強制終了(笑)


asuturu450

ついに根負けしてしまった明海選手。
「みんなゴメンなさい。また負けちゃうかも・・」  アア、なんとも残念な

asuturu451

ロープにも、そして目前にあるベルトにも届かず、明海選手、無念のギブアップ負け
(ベルトを置いてある位置が、演出として実に素晴しい




この続編は、「裏SSSタイトル~」の方で楽しめるかと思いますが、さすが鶴田かな選手でした。

受けの時のキツそうな表情、悶絶する演技、いずれも
そして終盤のシャイニング・ウィザードなど、技のスキルも格段に上がっていると感じました。

これに反則技も使いこなせたら盤石。 不敗伝説をどこまで伸ばせるのか興味津々。
YUE選手は強いチャンピオンですが、鶴田選手には負けないチャンピオンになって欲しい。

特にタイトル防衛戦は「負けない=防衛」ですから、防衛記録ならばYUE選手に対抗できるはすと思ってました・・・・ウウッ

そんな彼女が年内で引退とは  


不敗のまま引退という事になれば、あの古条彩華選手でも為し得なかった偉業かもしれませんね。
それにしても、もう1~2試合は観たかったのが本音でした。

asuturu476


そして明海こう選手は、タイトル戦連敗。。
B-1で敗れた時に、「今度は勝つだろう」と思ったファンの方も多かったことでしょう。
(何を隠そう自分もです


でもこれで「引退」というのは、、、、まだまだ
FGベルトに挑戦した春川せせら選手も、なつめ愛莉選手に敗れ、まだ無冠ですし。。。

プロレスは、ベルトを奪取すれば良いというものではないことは、あの新垣ひとみ選手も立証しています。


この両者が合いまみえたら、どうなるのだろう・・、という期待もありますが、いずれにしても、まだまだ期待&応援していきたい選手です






SSSタイトルマッチ! 王者・鶴田かなvs最高の挑戦者・明海こう 6

執念の粘りでロープに逃れた鶴田選手でしたが、さらに明海選手にコーナーに張り付けられてピンチ

しかし、、残念ながらこれも‘お約束’に・・

やはり鶴田選手にかわされ、明海選手は右足を思い切りロープに跨ってしまい、逆転を許してしまいます
(ロープで股間を、オオッ )

asuturu384

(妄想
ここで鶴田選手がロープを揺らして、股間にダメージを与え、さらに鶴田選手が凶器などを持ちこんで、暴走して反則負けという決着も面白い。
(だが明海選手がフォール又はギブアップで2本取っていないので、ベルト移動なし

もっと膨らませて、もし鶴田選手の自慢の胸元から凶器がスッと出てきたら・・・



もう、激闘を観ながら、映像自分の脳内ストーリーとのぶつかり合い
レビューとは呼べなくなってきてしまいますが、こんなコトを考えれるだけの価値ある作品と思うのですよ
(クレームはご容赦を  感情移入しちゃってるだけなんです、何卒(笑) )



我に返って・・・  鶴田選手は息を吹き返して、首投げ。
そして見事なシャイニング・ウィザードを連続して決めます

asuturu391

これは素晴しい 疲労困憊の中、見事なクリーンヒットを2連発


ついに勝負がつくのか
いやいや、ここから両者が互いのリンコスを掴んで、執念の組み合い
これぞキャットファイト

asuturu406

これ以上、何を求めればいいのだろうとさえ思うほど (完全に興奮してます)

asuturu410

これまでの作品であれば、あっさりと両者トップレスになってしまうところでしょうが、そうでないところに逆にエロさを感じてしまいました。(着エロなんだな~、基本自分は


力尽きて、両者ともダウ~ン

asuturu403

(妄想
ここでダウンカウントが入って、共に起き上がれず=両者KO引き分けもまた良し
明海選手が、ギリギリのタイミングで立ち上がったように見えても、非情にもカウントアウト・・これもまた良し

(妄想
さらに組み合って、鶴田選手をなんとか押し倒した明海選手が、フォールにいこうとするも不完全な形で決まらず
ここでゴングが鳴らされて、「時間切れ引き分け」もまた良し

asuturu420

(妄想
しっかり抑え込んでフォール。だが、3カウントが入る寸前で、試合終了のゴングが鳴るのもまた良し

鶴田選手は大の字になって動けず。
その横でマットを叩いて、「ちゃんとスリー、入ってたでしょ! レフェリー」と泣いて悔しがる明海選手も観たいかも



いかん、どうした自分  今日は妄想のスイッチ入り過ぎ、、テンション高過ぎ、、。
もう寝よう(笑)





SSSタイトルマッチ! 王者・鶴田かなvs最高の挑戦者・明海こう 5

やはり3連発はダメでした・・・ う~んプロレスだぁ

剣山で腹にダメージを負ってしまった明海選手に、鶴田選手が反撃開始
明海選手の右足をロックしながら、左腕を締め上げる関節技。

asuturu295

さらに三角締め
必死に耐える明海選手、ベルトを掴み取りたいところでしょうが、その前に鶴田選手の胸に・・

(ホントはドキッとしてしまうシーンなのかもしれませんが、この勝負はとにかく真剣なプロレス。 エロ要素はおそらく「裏・SSSタイトル」に譲っているのかもしれません。 

観ていた自分としても、いいファイトを魅せている両者が、ここでトップレスになるのは望んでいませんでした

asuturu300

今度はキャメルクラッチとアナコンダ・バイスの複合技のような、難易度の高い技を見事に決めて、追い込んでいく鶴田選手。
巨乳がウリで、強いイメージがイマイチ無かった自分でしたが、これだけテクニシャンだったとは
(チャンピオンになんと失礼な。。申し訳ありません


そして弱点の股間を狙った鶴田選手の膝十字?
これまた見事な攻撃   明海選手、ギブアップか 
(すんごい拷問技なので、膝ではなく、‘股間的な’違う技名が欲しいかも

asuturu308

関節技で体力を消耗した明海選手でしたが、腹パンチで盛り返す
ロープを掴んでフラフラになりながら、強烈なフェイスバスター

asuturu314

そして決着を狙った、パワーボム~っ

asuturu324

丸め込んでフォールにいった明海選手。 カウントが入るが、、、これは惜しくもツー
(あと5~10分後に、もう一度掛けにいったら果たしてというシーン)


王座奪取になりふりかまわぬ明海選手、ここでベルトを持ち出し、、

(おっと、エキサイトはいいが、気を付けないと  
宮崎あや選手もベルトを使った反則攻撃で、トドメを刺そうとして逆転を許しましたし、何より明海選手が、B-1タイトル戦でベルトを手にして油断(演出)という苦い思い出もあるし)

asuturu340

お次はベルトをマットに置いて、その上にフェイスバスターで鶴田選手の顔を叩きつける
痛みに悶絶する鶴田選手が

これ以上ベルトを使うのは逆効果・・と思っていたところで、明海選手はベルトを使うのは止めて、逆エビ固めで勝負に出た

最後の力を振り絞って、いい顔をしている明海選手。 耐えれるか鶴田選手

asuturu354

しっかりとお尻を落として、両足を抱え込むことができれば勝負アリでしたが、疲労困憊な明海選手がバランスを崩してしまう
もう一度抱え込んで、ギブアップを迫りましたが、タイトル防衛への執念で鶴田選手がロープエスケープ

asuturu367


全くスゴイ試合になってきました 

両者とも、もうフラフラ。 果たして勝負はつくのでしょうか


いや この試合は引き分けにした方が、むしろドラマチックになるのではないかと考え始めた自分がいました。
そしてドラマチックな引き分けならば、どんな結末がベストなのだろう、、、。


ルール的に、引き分けって有りだったっけ というツッコミは当然あるのでしょうが、
「引き分け」又は「明海選手勝利でもベルト移動なし」の展開をいろいろ妄想しながら、ラストを見入ってしまいました。






SSSタイトルマッチ! 王者・鶴田かなvs最高の挑戦者・明海こう 4

この試合は、一進一退の攻防が素晴しく、タイトルマッチに相応しい良い試合になっています

明海選手をコーナーに追い詰め、鶴田選手が「苦しいの?」と腹パンチ 
さらにはサーフボード。

ここで決着はないだろうと思っていても、‘ひょっとして2-0のストレートもあり’と感じる程の鶴田選手の素晴しい攻め

asuturu214

ここで負けるわけにいかない 必死の反撃に転じる明海選手。
B-1タイトルマッチ 仁美まどか戦でも効果的だった変形の弓矢固め。

asuturu216

この技が効いたのか
一気に明海選手の怒涛のスープレックス連発

そしてみちのくドライバーⅡが豪快に決まったっ (オオ~

asuturu231

グロッキーになった鶴田選手に、関節技でフィニッシュと予想しましたが、おおっと、、

asuturu237

巧く丸め込んだ明海選手がカウント3を奪いました

カメラ目線で、応援してくれるファンに、「私は一生懸命強くなったの、次に勝つのは私よ!」とアピール。
(鶴田選手の受けの演技も素晴らしい

asuturu242

2本目が終わって、共にフォール勝ちなのは、非常に意外&新鮮
さらに、これまでの3本勝負では、長丁場ということもあり、2本目を失った選手が不利という印象があるのですが、明海選手もだいぶ疲労困憊状態。

果たしてどんなラストを迎えるのか (もしかして)という自分なりの予想も立てながら、とてもでした。



決着の3本目

背後に見えるベルトを防衛できるか王者・鶴田かな選手。 B-1の悔しさを挽回できるか明海こう選手
開始早々から、両者とも疲れがみえていて、何が起きるのか予想できませんでした。

asuturu251

先手を取ったのは明海選手。 膝を鶴田選手のボディに入れて、ストレッチマフラーに

asuturu258

さらにうつ伏せにしたままでアキレス腱固めからの、STF
鶴田選手の苦悶にあえぐ表情は秀逸です

(さすがに、もう少し手を伸ばして、明海選手のお尻を掴んでしまおうという余裕はありません。自分も観ていてそれを忘れていたぐらい

asuturu270

両者とも足腰がふらついている中で、明海選手が倒立式ボディプレス2連発
以前と比べ、高さも十分出てきています

asuturu283

ここでカバー、フォールでカウントを要求しても面白かったですね。
ギリギリカウント2で跳ね返されても、精神的に追い詰めていくことになったかも

しかし、3発目は危険という、‘プロレスあるある’に嵌ってしまう明海選手でした。





SSSタイトルマッチ! 王者・鶴田かなvs最高の挑戦者・明海こう 3

足4の字固めに極上のリアクションを見せてくれる鶴田選手。

これで1本目はどうか というところでしたが、アララ・・
4の字固めを外されて、ふらついてしまった明海選手をだき抱えてあげる 

いやいや・・・、、ここでキマした~っっ

asaturu130

鶴田選手の「胸あてスリーパー」
SSSのベルトを奪取した宮崎あや戦では、この技は封印(?)し、新たな必殺技「鶴田デスロック」を決めていただけに、もうこの技は見れないのかと思っていただけに、ありがたや

BWP旗揚げ(横山夏希戦)では、まさかのバスト・オープンスタイル
神楽アイネ戦でも披露されましたが、今回は‘あえて’コスチュームのまま、技を極めていたのが印象的

序盤からトップレスにはならない作戦なのでしょうが、窒息してしまうほどの密着感が
当然のように、やはり失神状態になってしまった明海選手。 


男子レスラーであれば、横山選手と同様にもうフォールされたい()でしょうが、ここから本格‘プロレス’を再開するのが鶴田選手の真骨頂



うずくまっているのを起き上がらせて、股間に手を突っ込んでスープレックス連発
(明海選手は酸欠で意識朦朧なのでしょうが、自分ならば別の意味で朦朧、、。受け身なんぞ取れず、完全に無防備になると思うのであります

asuturu138

トドメは、「後ろに回ればバックドロップ」(勝手に命名

asuturu141

ダウンした明海選手をエビ固めで丸め込んで、カウント3
1本目は鶴田選手が取りました。


1本目から、なかなかの大技が出ましたが、まだまだ鶴田選手には「鶴田デスロック」、神楽選手相手に決めた「エンジェル・トーチャーホールド」が残っています。

対する明海選手には、なんといっても「エクスタシー・レインボウ」 
そしてパワーボムからの「夏目ロックⅡ」(すみません、勝手に命名中

次をどんなフィニッシュで明海選手が奪い、3本目になだれ込むのか。。




続いて2本目

ダメージが残ったまま、コーナーでグロッキーになっている明海選手に、鶴田選手が襲い掛かります

首投げが決まり、レッグフルネルソンならぬ、‘アーム・フルネルソン’(「広く。」様の「プ女子百景」を時折参考にしながら、またしても勝手に)で、厳しい明海選手。

asuturu156

「あなたにベルトなんて取れるわけないでしょ
「ベルトは私のモノよ。 皆の為に取らなきゃならないんだから

さらに腕ひしぎ逆十字から、コブラツイストと攻められますが、ここで明海選手が逆転


コブラツイストで絞った後は、またしてもマニアックな技が登場

三角締めなのかと思いきや、腕4の字
(この画像だと分かりにくいですが、明海選手が鶴田選手の手を交差させてダメージを与えています。 もう限界です 技名の分かる方、教えてくださ~い(笑))

asuturu170

今度は、左腕を痛めた鶴田選手に、監獄固めが決まる

掛けた明海選手にあっぱれ (飛躍的に技のレパートリーが増えていっています)
そして鶴田選手の受けの演技の巧さに

asuturu182

鶴田選手の股関節をしっかり攻めてから、一気に畳み掛けるか という場面でしたが、明海選手らしい優しさストンピングが、鶴田選手の胸元に軽くヒット

情けは禁物、と心配する事なく、ナガタロックⅢを極めて、これでギブアップかと思いきや、かわされて反対に、鶴田選手に逆エビ固めを許してしまいます


そして、あ、これは「鶴田デスロック」への入りなのでは

ということは、鶴田選手はこの時点で持ち技をほぼ使い切ってしまう
⇒この場面を耐える⇒明海選手が王座奪取に近づくと思った瞬間でした

asuturu208

しかし、ここまでで既にハイレベルの関節技を存分に披露してもらっているので、そんな簡単な予想が的中するとは思えなくなっていました





SSSタイトルマッチ! 王者・鶴田かなvs最高の挑戦者・明海こう 2

記者会見、自撮り着替えシーンが終わり、イメージシーン。

改めて両選手のオーラを感じます

チャンピオンの鶴田かな選手。 
初防衛戦ですが、早くもベルトが似合ってきたような気がして、何度も防衛を続けて欲しい選手と直感的に感じました。

asuturu14

対する挑戦者の明海こう選手。
B-1から惜しくも陥落してしまった彼女、SSS王座にターゲットを変えようというのありましょうか
試合前のコメントでは違うようですが、それにしてもチャーミングな挑戦者であります

asuturu48


このタイトルマッチは3本勝負
どのような形で3本目に突入するのか? どんな結末を迎えるのか


試合前にアレですが、キャットファイターの選手寿命はプロレスラーのそれよりも格段に短く、決定的な敗北を喫してしまうと、即引退という危機と隣り合わせだと思うんです。

明海選手はこの試合にも敗れてしまうと・・、ですし、鶴田選手もここまで不敗伝説を築いてきましたので、敗北を受け入れてカムバックできるのか


そんな意味で、この両者のマッチマイクはグレートであると同時に、「観たいけど観たくないような」複雑な心持ちの試合でもありました。

あ、いやいや失礼しました。 もちろん観たいです 大歓迎です



調子に乗って、さらに贅沢をいえれば、SSSならでは。 リンコスにガウンを羽織っての選手コールも観たかったかも。。
国見奈々選手の時がベスト 他にも真弓ナナ選手など、SSS様の秀逸のアイデアだと思います)




さあ、まず1本目

手四つの力比べから始まりますが、気のせいか明海選手、腰を引き気味で組み合います。
そこを見逃さず、鶴田選手がキックを入れて、先手を取ります

明海選手の弱点である股間を狙っているのでしょうか、とてもイイ攻め

asuturu72

この作品では、大技が決まった時に限らず、見どころを思われるシーンをリプレイで何度も見せるという演出を採用しています。(最初はでしたが、慣れると互いの表情を見比べられて良いですね)


挑戦者らしく積極的に攻めていきたい明海選手、さっそくローブローを出して形勢逆転。
(オオ~、いきなりの反則攻撃 気合入っている証拠)
これは・・・、足を絡めあいながら、左肩にダメージを与えようとしているのでしょうか。

asuturu78

グラウンドコブラ(卍固め)ではなく、あまり腕を引っ張られなければ、自分なら時間を掛けてジックリ受けたい技かも
(アマレスの股裂きのような形で、フォールを狙ってくれてもヒジョーに


そして、早くも往年の名選手がフィニッシャーとして出した大技が

武藤つぐみ選手新垣ひとみ選手もこれで激闘を制した記憶が蘇ってきますが、これを序盤の1本目に持ってくるとは。
(モッタイナイというか、豪華というか

asuturu92

さすがにこの時間帯では決まりません。
鶴田選手も反撃に転じ、コブラツイスト&逆エビ気味のアキレス腱固め(?)でやり返します。

asuturu96

たまにベルトが映り込むアングルを見る度、タイトルマッチらしさも感じます

腰を下ろす鶴田選手を元気良く跳ね除けた明海選手、足4の字と思いきや、まず足首にダメージを与えて、、
今度は本家・足4の字固め

asuturu111

それにしても、、鶴田選手はいいリアクションをしてくれます、さすが抜群の演技力

asuturu114

レフェリーならば、「ギブアップか、チャンピオン」と近づいて、何度も確認したくなってしまう

1本目なので、そろそろ決まってもおかしくない時間帯になってきました





SSSタイトルマッチ! 王者・鶴田かなvs最高の挑戦者・明海こう

バトル作品では、現在様々な王座・トーナメントが創設・開催され、我々を楽しませてくれています

一番活発なのは、B-1及びエクストリーム王座、トーナメントでしょうか
次いで、ライブ王座であるBWP、それに対抗するFGI王座も。


それに比べて、SSS王座は、女帝・日高ゆりあ選手が活躍し、安藤あいか選手や国見奈々選手、中居ちはる選手が火花を散らした‘黄金期’を過ぎてからは、三冠王座に組み込まれてしまい、以後はトーナメントも控えめで、正直地味な王座になりつつあったような気がします。
(あくまで自分の主観です

※一番、動きが少ないな~と思うのはバトル・ヘビー級王座ですが、コレは権威あるベルトということで、そう簡単には開催できないのかも・・


途中で「SSS The Rookies Tournament(新人戦)」でさくらここる選手や、椎名ゆうき選手の台頭もあり、彼女達がスターダムにのし上がっていくのか  
しかし勢いは止まってしまいます



そんな中、BWPの旗揚げと同時に、鶴田かな選手という看板選手が突如として現れ、BWP興行でも戦慄なデビューを飾りました

bwp01d21sss

記念すべきBWP旗揚げ興行&レフェリーが生駒はるな選手という点も非常にレアでしたが、横山夏希選手相手に決めた、「胸あてスリーパー」からの顔騎フォールはあまりにも・・

(横山選手からパワーボムを受けた時に、アレっと思いましたが・・・、気になる方はDVDをどうぞ(笑))

bwp01d18sss


その後、鶴田選手は神楽アイネ選手を破るなど、不敗記録を更新(中?)して、ついに宮崎あや選手を下してSSS王座を奪取

パワーに勝る宮崎あや選手相手に苦戦はしましたが、やはりテクニックでは一枚上手でした

kanaaya319

これが‘胸あてスリーパー’に続く‘鶴田デスロック’だそうです。(今回この技が出るかも注目でした)

kanaaya448

チャンピオンベルトを敗北した宮崎選手に巻かせる鶴田選手。
(ちなみに自分にとっては、嬉しいだけで、全然屈辱ではないです

kanaaya464


「不敗」で有名だったキャットファイターでは、金城真央選手や、古条彩華選手といった名前が挙がりますが、両選手が‘強さ’をウリにしていたのに対し、鶴田選手はエロく、かつ老練なテクニックで、‘負けないファイト’が魅力な選手と感じます。




そんな鶴田かな選手のSSS王座、初防衛戦

最近のSSSの勢力図的に、B-1タイトルで仁美まどか選手に挑戦した卯水咲流(うすいさりゅう)選手や、小柄ながらB-1トーナメントにも参戦した小谷野まゆ選手をイメージしていましたが、なんと相手は、B-1王座から陥落してしまった明海こう選手

asuturu1

初防衛戦には、あまりにも強敵とも思える相手ですが、だからこそベルトの価値が上がるともいえるわけで、、、
鶴田選手の老獪なテクニックが勝るか

asuturu8

それとも改名後、FGIの中心選手となったアイドル的人気の明海選手が戴冠なるか

asuturu42


注目の防衛戦でしたが、「なんだかいつも(の作品と)違うな~」と思っていたら、それもそのはず。
スーパー・ソニック・サテライツ(SSS)様の作品でした(今更大変失礼しました


自撮り着替えシーンがコンパクトだったり、両者の「記者会見」が私服だったり、バトル様と違うのは新鮮でイイと思います
リングマットのシートが白になるだけで、いつものリングも雰囲気が変わってきますしね



い、いかんっ
また思いつくままに書きだすと、際限がなくなってしまいますので、このあたりで試合にいかねば





shuuji好みの男女エロレスの第一人者:神楽アイネ選手のMIXプロレス!5

神楽アイネ選手の見事な電気アンマが炸裂

これでギブアップしても良いところですが、さらにダウンしているところに、乳首&左足での股間攻め
非常に器用かつ的確な攻撃に、モ~タマリマセン


完全に骨抜きにされた男子レスラーをひっくり返して、強烈な逆エビ固め
これは抱え込むのも一苦労だと思いますが、見事な拷問技として決まっています

ainem269

「さわられたい放題じゃない
「やめてくださ~い」 情けない声で泣きを入れるしかない男子レスラー。

‘仮想3本勝負’だと、これで勝負あり


しかし、ここから神楽選手のサービスタイムが本格化します。
(なんだか、格闘プレイで決着がついた後の、ヌキサービスに近い感覚を覚えてしまいます

後ろから抱え込んでの乳首責め&股間攻撃

ainem281

「気持ちイイ」とピクピク・・・ (大いに納得

そこで、ついに神楽選手、「ホントはリング上でハメたいんでしょ かなえてあげる」 
小声でのセリフが、さらにエロさを増幅させてくれます

胸を露わにして、いよいよ

ainem289

「どうなの?」
半裸になった神楽選手、まず先に男子レスラーの水着を脱がせて・・・

腕を極めながら、「きなさい!」とアピール
(途中まで乳房を触らせてあげながら、フィニッシュ近くでは触らせないというジラセも

ainem307

もう抵抗できず、シアワセの絶頂になってしまった男子レスラー、ここでギブアップ

カン、カン、カン、カ~ーンっ


イってしまった男子レスラーが、「負けました」と敗北を認めると、 「素直で可愛いね
(⇒‘女に勝とうなんて甘いんだよ’というセリフでないところに、神楽選手の良さを感じてしまうのは自分だけでしょうか


さらに、なんと、な~んと

「最後のお仕置き」 

ainem335

「やめてくれ~、アア・・」 

ああ、いいな~、イイな~ お仕置きというより、絶対にご褒美だよな、、
最高 (どうしたら、神楽選手にこんな技?掛けてもらえるのだろう



見事なノックアウト勝利を収めた神楽選手

「どうだった、初めてのリング?  しゃべれないか・・?」  
すぐに合体した肉体同士を離さないところも、彼女の優しさを(勝手に)実感。


「今日は楽しかった、ありがとう。じゃあね

ainem350
 
照れ隠しなのでしょうか、ちょっとだけ怖い顔を見せてストンピング

その後は、‘ゲッツ’ダンディ坂野氏(もう知らない人も多いかも)よろしく、
「バイバイ」と手を振りながらフレームアウト。



それにしても今作は、神楽アイネ選手の‘プロレススキル’、に加えて‘エロレススキル’にホレボレしてしまいました
(どうしたら、このシチュエーションで、彼女とファイトできるのか、交渉してみたいと真剣に考えてしまう程でした

男女のエロレスでは、バトル様の「〇〇のMIXプロレス」シリーズが、これまで不動の№でしたが、この「プライベートマッチ」シリーズも今後は注目していこうと思います



また、神楽アイネ選手は、エロレスだけでなく、本格的なプロレスの撮影にも大いに対応できそうな気がするので、純粋にリングを躍動する彼女も見てみたいな~  と思っていたのですが残念


でも、様々な魅力をもつ、神楽アイネさん。
これから、どんなジャンルで活躍されるか分からないのですが、今後も応援していこうと思います






shuuji好みの男女エロレスの第一人者:神楽アイネ選手のMIXプロレス!4

首4の字固めで果てたと思わせておいて・・・

左手を伸ばして神楽選手の胸をモミモミ
さらには、股間をしっかりと攻めてきます (なんとも裏山しい

ainem156

「感じてなんかないっ アア~」 
男子レスラーの股間攻めに、今にもイってしまうのではないかと思うほどの迫真の演技

畳み掛けるようにSTFも掛けられ、「感じてるくせに」 「感じてない」というやり取りもありますが、なんというか、男女の‘大人の時間の会話’を何故か想像してしまうんですね 


仰向け状態にひっくり返されて、股間を重点的に弄られ、もう限界に近い神楽選手。
でも素晴しいと思うのは、そんな場面で、ブリッジをして耐え凌ごうとするファイティング・スピリット
神楽選手の「ピクン」という反応と同時に腰が上がるのを見て、コチラもついつい反応

鶴田かな選手戦でも、決着後にこれに近いシーンがありましたね

ainem167

「そんなの卑怯よ」 エロい声で抗議しますが、もちろん加減してくれるハズもなく・・・

ainem178

電気アンマも受けてしまい、‘仮想3本勝負’だと、2本目は神楽選手が取られてしまった

1本目は、神楽選手が卍固めを決めてたので、これで1-1のイーブン、、、ということで(笑)


そのままエロ攻めを続けても良いかとも思いましたが、ここで男子レスラーはダウンカウントを取り始めます

カウント4で、なんとか立ち上がった神楽選手、再び手四つで組み合い




こういう展開になると、立ち上がった選手の方が有利であるという「shuuji理論」から、神楽選手の猛攻を期待しちゃいます

これは何という技といえばいいか、分からないのですが、非常に「プライベートマッチならでは」というような複合技とでもいいましょうか

手四つから、足を絡めにいって、コブラツイストかと思いきや、フルネルソン系という・・艶めかしくてイイ攻め

ainem202

これでダウンした男子レスラー、またしても音を上げたように、手を上げてギブ??
しかし近寄った神楽選手に、ローブローをかまして、再度の反撃に出ます

ainem218

お尻の側から手を回し、股間をまたしてもイジクリまくる男子レスラー。
時折顔を寄せ合っての、小声での言葉責めもジワジワ

「あなた、勃起してるんじゃない?」 (←そのとおり、神楽選手、正解です


ピンチな男子レスラーが、股間に神楽選手の顔を押し付けての逆・首4の字固めで勝負を賭けます。
(エンジェル・トーチャーホールドの一歩手前的な技のようですが、これはアップ画像がなくて無問題

「窒息するんじゃないのか」と見得を張る相手に、「この勃起野郎
(頂きました~ 星3つですっ ←分かるかな? 分かんないだろうな~?



相手の股間から顔をヌクのに成功した神楽選手、得意の左足で見事な電気アンマを披露

股間への振動が、こちらにも伝わってくるのではと感じるほど  
最高・最強な攻撃

ainem247

「やめてくれ~」 ホントにイキそうな感じの男子レスラー。

すんごくその気持ち、分かるような気がします  
モ~、代わって欲しい! タッチ・プリーズ





shuuji好みの男女エロレスの第一人者:神楽アイネ選手のMIXプロレス!3

さあ、効果的だった電気アンマから、ガンガン攻めていく神楽選手。

今度は卍固めがガッチリと決まったぁ
「立ってられないでしょ。 足プルプルじゃない、ギブアップ?」

ainem87

グイッと右腕を引っ張られ、左手でバランスをとるしかない男子レスラー。
腕を抱え込むノーマルの卍固めよりも、エスケープしやすいかもしれませんが、痛む箇所が違うのかも。

‘仮想3本勝負’であれば、ここで1本でも良いシーンでした。

男子レスラーがグロッキーになり、優しさを出した神楽選手が、ちょっと手を休めたスキに・・・

ainem93

ベアハッグ 
喘ぎ声がセクシーな神楽選手。(何とも羨ましいぞ、男子レスラー

ainem100

神楽選手が両腕を首に回してくれたら完璧でしょうが、それでも腰とお尻をむんずっ! と掴んでのベアハッグ。 役得ですね~

攻勢に出た男子レスラー、お次は足4の字固めへ。
ギブアップを迫られるものの、「ギブアップじゃない」と懸命に堪えます。

ainem115

ここで神楽選手が、相手選手の顔をしっかりと見て(睨み付けて?)いるのが、個人的にはナイスでした
普通のキャットファイト作品ですと、掛けられた選手は仰向けになって寝た状態で、エロい喘ぎ声を出してくれるのですが、たまにはこのように身体を起こして、顔を見合って火花を散らしてもらうのもイイ


自分(shuuji)が女子レスラーと対戦した時に、にらめっこ状態になった事がありますが、アレは照れてしまいますね
緩めに技(足4の字)を掛けているのもありますが、余裕な感じの女子レスラーに、「まだ負けないもんね~」なんて表情でじっと見つめられると、下半身がググッ

闘志剥き出しの演出で、「ギブアップ?」と言うと、「ウウ・・、やるじゃない。でもまだまだっ! ノォ~」 
目の前で人差し指を動かして拒否しながら発する、そんなセリフの応酬だけでも、ムズムズ・・
(これまででは、大阪カルマのKR選手の演技が、イチバン巧かったな~


さあて、足4の字といえば形勢逆転技

ainem124

しっかり、そして相手の足にダメージを的確に与えられるような逆4の字固め
互いの足が解けて、左足を押さえている男子レスラー。
少しマッタリしながらの神楽選手の息遣いが

そして首4の字固めに。
2度目ですが、これが男子レスラーにとって弱点(ウレシイ技)とみた神楽選手が締め上げていく。

案の定・・・

「ギブアップする?」  もう限界か 手に力が無くなり、ポトリと落ちてしまいます。。。 
(レフェリーがチェックしていたら、ここで文句なくストップ

ainem141

「どうしたの、身体ピクピクしてるよ

しかし男子レスラー。 プロレスでは勝てないとみるや、反則エロ攻撃のチャンスを伺っていたのでした





プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR