女子レスラーとの思い出(大阪カルマ・H選手 3)

早くも実力の差が露呈してしまいましたが、そこは「プレイ
H選手も、「まだまだいきます」と言いながら、攻める隙も与えてくれました。


しかし、ボストンクラブや足4の字固めで攻めていっても、ナカナカしぶとい
(ホテルの部屋での、‘ロープブレイク’の使い方もテクニシャン

そうしているうちに、反撃をもらってしまったり、また逆襲という展開が続き。。


H選手が何度目かのダウンをした時に、ダメもとで最初のフォールにいくと、

「ワ~ン! ツー~ ・・あれ」    跳ね返される気配がない・・
(H選手は必死の表情を浮かべているけど)

、これはH選手に体重を掛け過ぎてしまったのでは

あわてて身体を浮かせ、軽くH選手の胸に触れる感じの上四方固めに切り替え、再度フォールに。
カウント2を数えたところで、ようやくH選手、軽くブリッジをみせるも、すぐに崩れてしまい、今度は返せずカウント3!


やり過ぎちゃってたら詫びようとしたところ、
「実は、私、抑え込みに弱いんですよ~  体重とかは全然平気なんですけど、なんかうまく返せなくて・・」
「じゃあ、これは次から無しでいこうか?」
「いえいえ、プロレスですから、フォールは有りで。 次はなんとか返すように頑張ります


ニッコリ笑顔を見せてくれたところで、試合再開
関節技ではshuujiが、抑え込みではH選手がピンチという展開が続きました。


試合中盤で、アキレス腱固めにチャレンジしたところ、うまく極まらず、、
(現在も不得意技№1です )
「あれっ、これじゃあダメかな^^;」 と言ってると、H選手「ここは、こうしないと極まらないですよ」と、試合中にも関わらず即席レクチャー

しかし・・
「あ、なるほど。分かったかも、、」と改めて掛け直そうとしたところで、
「じゃあ私も反撃」  

「ううっ、あ~ うはっ・・・
振動も的確な、ステキな電気アンマを喰らってしまいました

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

強い女性大好きさん

ご覧いただいてありがとうございます(^.^)
BO-TEの経験があるというのは、ホントに羨ましいです。。

素敵なブログ、ありがとうございます!

いつも楽しく読んでいます。本当にありがとうございます。自分のミックスファイト経験は、1回だけで『BO-TE』のL選手が相手でした。身長も体重もはるかに自分より低く一見華奢に見えましたが、メチャクチャ強く、プロレスで完全に子供扱いされました。世の中には本当に強い女性がいるのだなぁ~と痛感させられるとともに、1箇月ほど体の節々に痛みが残って、男のプライドがズタズタにされたのが、忘れられない思い出です。
プロフィール

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR