女子レスラーとの思い出 (目黒ラビリンス(倶楽部)・T選手) 3

これまでの対戦でもそうでしたが、やはり1本目というのは、緊張します。

ましてや、初対戦の相手であれば尚更で、「大人げないんじゃないか?」とか「機嫌悪くさせてしまったんじゃないか?」etc・・・

しかし、T選手の場合は逆に闘志に火がついてくれたみたいで、安心しました。


続く2本目は、逆にボストンクラブを極められ、ぐいぐいと抱え上げられてしまい、あえなくギブアップ
(ボストンクラブって、腰もそうですが、急角度になると、ベッドにノドを押し付けるような形になるので、意外にノドにくる技ということを発見

「ギブ! 参ったぁ」 「よしよし、これでお返しね



同じ技でギブを奪い合い、イーブンとなった次の3本目は、どちらが優位に立つかで再びガチな展開、、、

仰向けにダウンしてしまったshuujiに対し、T選手の電気アンマ

「ふんっ」 という声と共に、軽く右足を乗せて、押し当てられる感覚がたまらない。。
「サクッ」(shuujiの生い茂ったものに右足が踏み入れる音

「あおぅ」  


この時点で、だいぶ水着にもシミがしっかりついており、既に大ピンチでしたが、まだT選手には繋ぎ技だったようで、さらに攻めの手を緩めず。
こちらも、〇〇〇をカチンカチンにしながら、必死の反撃


T選手がうつ伏せになったすきに、サーフボードストレッチに捉えると、
「ア~、アアア~っ」 苦しそうな喘ぎ声が、徐々に大きく・・・

途中、何度も「大丈夫?」 「痛くない^^;?」などと訊きながら、力を入れたり抜いたりしていたんですが、
その都度、「ノー~! 絶対ノーギブ」 

必死に粘っていたT選手でしたが、ついにギブアップ


ちょっとこちらも頑張っちゃったかな?と心配になり、「大丈夫だった? ゴメンね
近寄って声を掛けると、悔しそうに足をバタバタさせた後、こちらを向いてニヤリ・・


「今の声、気に入った? もちろん演技だけどね    
それにしても、負けて心配ばかりされちゃうと・・悔しいのよねぇ。。 何かムカついちゃうわ」 


抗議されているのかと思えば、空いている右手でshuujiの「チンポジ」をクイっと丁寧に修正してくれながら、ニヤリと挑発、笑顔を見せるT選手。
思わず身体をピクン とさせてしまいながら、(ホントに手強い、、ゾクリ



2-1でリードした4本目。

攻めてもらいながら、隙をみてはフォールを狙い始めるshuuji。
しかし、なかなか抑え込める体勢は作らせてはくれないT選手

少し膠着状態になったところで、コブラツイストを決める。
T選手はこれを強引に外さず、持久戦に持ち込もうとするも?? 耐えきれずにギブアップ。


これで圧倒的に優位・・と思いきや!



(つづく)




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

懐かしい!

KENさん

宇宙企画・・・、懐かしいですね~(^^ゞ
樹まりこさんや、西野美緒さんのプロレス企画ビデオはご覧になった事ありますか?
昔はあのような作品で、何度も下半身がお世話になってましたよ♪

No title

一体何が起こるのか続きが楽しみですね。(^O^)
「猫の穴」をご存知ですから
S30年代の私と同じ世代でしょうか
今のように、CFもMXも作品がない時代を
経験していると、現在はパラダイスです。
当時はせいぜい宇宙企画の「アタックビデオ」で
お茶を濁す程度でしたから。
プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR