女子レスラーとの対戦 ~麻由美選手との対戦 シーズン5 (9)~

足4の字固めで、麻由美選手に大きなダメージを与えたはずが、shuujiも〇〇〇がという‘大人の’事情で、動けないでいると、麻由美選手が息を吹き返し、サソリ固めの体勢に入ったぁ


いくよ、ええっと・・ 
ちょっと考えながら? ぎこちない動き。 (アレっ
しかし、なんとかshuujiの身体をひっくり返すところまでいって、これで決まったか 

しかし、クロスしていたshuujiの両足を上手く抱えきれず、マットに落としてしまい、失敗


それでも諦めずに、再び両足を持ち上げてボストンクラブにいこうとしていた麻由美選手ですが、ここはshuujiが身体を起こして、エスケープ

がっかりしてしまった?麻由美選手が、こちらに背を向けて、ペタンと女の子座り。
あれ~、(さっきは)できたのにな~ 」   ここはチャンスだ



背後から、麻由美選手の両手首を掴んで、クロスアーム式スリーパー
「うらうらぁ・・・、これはどうだ?」   「ぐぐ、、うぅ 

自分の両腕でノドを締め付ける攻撃で、優位に立った事を確認したshuuji。

スリーパーを外すと、右腕を麻由美選手の首に回し、左腕を抱え込んで、万全のドラゴン・スリーパー~


「参ったか、ギブアップ?」   「ふ~、、、・・・
右手でshuujiの右腕を軽く叩きながら、耐える麻由美選手ですが、身体の力が抜けていく感じが。。

それでも粘りをみせ、今度は片足を上げて反動をつけよう、という雰囲気を見せるものの・・・

「麻由美選手、ギブ? どう?」  「ああ~、、やっぱギブアップ 





ピンチを何とか凌ぎ、1-1のイーブンに持ち込んだshuujiです


「いや~、惜しかったねえ」   「う~ん。あとでもう一回練習
試合後におさらいする事にして、だいぶ汗も掻いたので、少しまとまった休憩を取ってから、3本目開始



疲れが少し出てきた両者ですが、まだまだ闘志満々
ヘッドロックの掛け合いから、互いに相手の頭を抱え込んで、スタミナを奪おうという攻防。

膠着状態になりかけたところで麻由美選手。
両手でshuujiの両肩を押して、距離を取ってからエルボーを薄い胸板に叩きこむ

「うおっ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR