金城真央選手のMIXプロレス vol.1! 4

しっかり足4の字固めを決めたい金城選手
よし、決まったぁ

mao145

だが男子レスラー、ひっくり返して、逆4の字固め
だがここが勝機とみたか
ロープに逃れず、やり返して意地の張り合いを魅せる、4の字、4の字~

mao158

mao161

ここで粘り切り、相手に主導権を与えないところが金城選手の強さではないでしょうか。


足4の字をほどいてから、キャメルクラッチ&カンパーナ風で、さっきのお返し
そして、逆エビ固めで決めるか~

mao177

しかし極めきれない金城選手
(相手のリングシューズで、腕が擦れてしまったのかな
リングシューズって見栄えはいいんですが、結構肌を刺激しちゃうんですよね )

女性同士とは異なる、身体の大きさや柔軟性の違いに手こずってしまっているのもあるのでしょうが。。

金城選手、逆エビ固めは諦め、ハイキックでトドメを狙いますが、かわされてしまい、ピンチ!

mao192

足4の字固めを今度は掛けられ、ココはなんとかロープエスケープ
しかしさらに、、、グラウンド卍固め

mao221

ですが、このピンチを凌げば、あとは金城選手のモノ

‘お約束’な大振りラリアットを交わすと、得意のハイキック

mao233

そして「アイドル列伝」とは違う形で入った、(飛びつき)腕ひしぎ十字固めで即タップを奪い勝利

mao240

mao242

mao250


運動能力・格闘センスの高さを十分に魅せてくれた金城選手でしたが、腕ひしぎのフィニッシュにはチョット微妙

プロレスは、瞬間で極めるよりは、「これで決まるのか? ひょっとして凌ぐのか?」 と見入る時間が欲しいと自分は思ってしまいます。。

そういう意味で、女子プロレス(正確にはプロスタイル・キャットファイト)でのフィニッシュの定番・逆エビ固めは、やはりイイんだな、と

金城選手も女子相手には、逆エビ固めをフィニッシュに持ってきていますが、やはり男子相手には難しいようですね。
しかし、これは高望みと考えなくては


実際に拝見した事がないので、モチロン映像を通してのみですが、金城選手の太もも。
肌がとてもキレイで、肉感が良さそうなので、闘っている男子レスラーは実は堪らないのではないでしょうか。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

感想ありがとうございます

DDDさん

金城選手は、FGでも人気が高いですから、また復活してくれると信じたいです。
(ファンを大事にしている方だからこそ、支持を集めるのでしょうし)

彼女のブログなどでは、‘太り過ぎ’などとご自分の事を仰っているようですが、今度はシェイプアップし、さらに強く、そして魅せるレスラーになって戻ってきて欲しいです♪

No title

キックをかわして何とか反撃する男子選手。
グランド卍固めで金城選手を追い込んだ。
金城選手の表情を見ると、この試合で男子選手が出した絞め技および関節技の中では一番威力があるようで、その後も技をつなげることができたら…。

やはり金城選手、プロレス云々に関わらず「強い!」。
ただ、shuujiさん同様、ラストの腕ひしぎにはイマイチの印象。
一度ロープにエスケープさせて、もう一度かけるとか。
それに今までも男子選手相手に腕ひしぎで勝利していますから、他の技でとか。
プロレスということであまりキックを使わない方針みたいだけど、このDVDで初めて金城選手のファイトを見た人もいると思うので、キックを使ってのKO勝利でも良かったかも。

他に、これだけ余裕を感じさせる強さだし、チャンピオン(DVD制作時点)なのだから、言葉責めも工夫していいかも。
「もう終りなの?」「FGの前座のコの方がずっと強いよ」。
あるいは男子選手に胸を貸すような展開でも良かったかも。

と、いろいろ考えやら感想を書きました。
カラダのライン(股間とか)もじっくり見せてもらえたけど、強い金城選手がやはり好きなのです。

リクエストありがとうございます

12345さん

コメントありがとうございます。
先日、金城選手の「プロスタイルミックス」購入しました♪

すぐは難しいですが、レビュー書きますね。

パンサー選手のレビュー終わったら
プロスタイルミックス1のレビュー
お願いします
プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR