大興奮のアメリカン女子プロレス!! シェリル・ルーサ vs リー 5

ここまでは、シェリル・ルーサ選手がやや優勢に試合を進めていますが、リー選手も負けてはいません。

リー選手のボストンクラブ!
(もっと腰を落として!!と声を掛けたいところ。 効き目もそうですが、お尻が密着し合うのが
しかし、これがアメリカンスタイル、、ですかね

leighs190

さらにヘッドロックにいくリー選手でしたが、アトミックドロップ&(ちょっとぎこちない、というか危なっかしい)ブレーンバスターをもらってしまい・・

leighs195

フォールされてしまう  腰を抑えていたりー選手、これを返せず、左手で弱々しくマットを叩きます。
「OK、Give up」 なんて声を漏らしてくれたら、それはまた興奮モノ

leighs197

本来ならばこれでフィニッシュでもおかしくないのでしょうが、この試合はカウントを取るレフェリーがいませんので、そのまま試合続行


これでシェリル選手が、完全に主導権を握ったか
インディアンデスロック。

leighs203

さらにはキャメルクラッチ。ギブアップを迫られますが、なんとか堪える。

その後、腕の極め合いがありますが、スタミナを消耗してきたためか、倒されてしまったリー選手
シェリル選手、りー選手の髪を踏んづけながら両腕をひっぱり上げる

leighs224

この反則攻撃、懐かしい~
髪の傷みで「アア~!」と叫びながら、けなげにブリッジしている姿が (昔の全女とかでも観られたような。。)

ブリッジせざるを得ないのですが、その景色がまた
「何度もやって」とお願いしちゃう気持ちになってしまいます
(いけね、リー選手の応援してるんですけどね


さらにリー選手を起き上がらせたシェリル選手が、パッケージホールドで固めにいきますが、これは返す!
ここで15分経過。 Fifteen minutes gone
 


ヒートアップしていたところでしたが、水着のズレを直しながら、仕切り直し

試合直後と同じ、シェリル選手のフルネルソンからになりますが、ダウンしたリー選手の太ももの付け根に両足を突っ込んで、クレイドルでフォールの体勢に。 

leighs342

両肩を上げるのに懸命になるシーンのはずですが、カウントを取られないと、股裂き攻撃に苦しむシーンに見えます。
これはモ~、、、タマりまへん~~

leighs345

これをなんとか外し、その後のトーホールドを堪えたリー選手、少し対抗を見せますが、身だしなみも忘れていませんね

leighs355

この場面で、ストンピングを連発して、何か効果的な技を仕掛けられれば違ったのでしょうが、もう技のネタ切れ
攻めきれないリー選手に、いよいよシェリル選手、怒り爆発か
(アンタ、いい加減にしなさいよ)的な事を言っているようですが。。

leighs358




いよいよ、「ファイティングガールズ14」の興行が、明日となりました
本当は、今日までにこの試合のレビューを書き上げたかったのですが、お盆明けで仕事が山積みでして
(言い訳ですが・・

試合の感想や、当日観客を魅了した選手達のMIXファイトなどもあれば、追々ご紹介していきたいと思います。

いずれにしても、明日はくれぐれも怪我なく、素晴しいファイトを見せて頂きたい
(赤木ゆう選手と対戦する、「ミスX」選手が気になるなぁ~

皆さんも、贔屓の選手が頑張ってくれるとイイですね





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR