渡部アキ選手がスゴイ! vs古条彩華戦(リターンマッチ)4

なかなか立ち上がることができず、苦しい展開の古条選手でしたが、ここでようやく!

豪快なブレーンバスター

akiaya106

普通ならばここから暫く、古条選手が攻めるシーンを観れるのかな
と思われましたが、渡部選手の気迫がそれを上回る。  やられたらやり返す~

akiaya109

この後も、両者とも譲らず、ブレーンバスターの打ち合い

akiaya113

最近の作品はほとんどがそうですが、プロスタイル・キャットファイトの域を超えていて、もう限りなく「プロレス」
運動能力の高い女性を選んでいるのは間違いないでしょうが、レベルが確実に上がっている気がします。
いや、スゴイ

あとは、技の高度化と裏腹な怪我・事故が起きないことを願うばかり・・

akiaya118

ちなみに古条選手のリンコスは、スープレックスの投げ合いにおいては、腰回りが不安(期待)でしたが、そこは心配無用でした (あくまでプロレスを観ているので


この場面も渡部選手が優位を保ったままフォールに。 
もちろんまだ3カウントは入りませんが、古条選手がかなり苦戦すること必至という雰囲気になってきました。

akiaya127


また脱線してしまいますが、今更ながら、フォールというのは正統派の‘技’ですよね。 
「何言っちゃってんの」 と突っ込まれてしまいそうですが、あえて。。


昔の全女の前座試合なんか、まさにそう。 
あれはガチ勝負で、序盤から(すぐに3カウント奪えないのを承知で)何度も執拗にフォールしにいき、最後はスタミナ切れで返せなくなった方が敗け。 

当然、相手に自分の体重を載せて押さえ込むわけで、カウント2で跳ね返しているうちに、スタミナを消耗していく、、
若い女の子が競泳水着で必死で闘い、その過程を魅せてくれるのが、もう悩殺モノでした。



自分も女子レスラーとの対戦では、フォールをしたがる(してもらいたがる)タイプですが、何度もやっていると、本当に息が上がり、疲労困憊に・・

押さえ込まれたら、抵抗せず、そのままS〇Xに突入~、で良いハズなのに、
競泳水着で互いに武装していることで、そこをあえて抵抗する(される)。
それに興奮を覚えてしまうのは、自分で言うのも何ですが、やはり変態です 

でも、試合中とはいえ、フォールのいき過ぎには注意


ちなみに過去、SM店で「オンリー・ピンフォールマッチ」をした経験があるのです(関節技が全然出来ない、‘自称:格闘嬢’と組んでしまい仕方なく)が、
途中から、「もう疲れちゃいましたね~。 そろそろ(でのサービスに変えても)イイですか」と申し出をされた嬢の顔に疲労がみえて、やり過ぎちゃったと猛反省した苦い経験が・・・




・・・って、もう脱線しすぎ  
※決して渡部アキ古条彩華戦をリスペクトしてないことはありません


まだ手を緩めない渡部選手、今度はなんとロメロスペシャルを披露
完成度も非常に高いです

akiaya132

さらにはローリング・クラッチ!

akiaya136

どれでフィニッシュになってもおかしくない高難度の技を、惜しみなく掛けて、古条選手を追い込んでいく渡部選手です。
(少しは挽回できたかな? ←レビューとして






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR