スタイル抜群な美女レスラー同士の熱戦! 通野未帆vs横山夏希 6

両者とも疲労困憊。 
横山選手の芸術的なスープレックスに圧倒されながらも、まだ諦めない通野選手。
(両者に、この時点で拍手

さらに豪快なボディスラム&ブレーンバスターを決めて、横山選手がトドメを刺そうとコーナーに登る。
万事休すか

mihonatu341

しかしここで通野選手が、渾身の力で立ち上がり、横山選手が登ったコーナーへ。
‘プロレスラー’ならば、ここは雪崩式ブレーンバスターかというシーンですが、ここから豪快に投げ捨てるという大逆転技

mihonatu348

これは一瞬、ヒヤッとしました
やはり、横山選手は背中を強く打ち付けてしまったようで、試合後、手当をしている映像が流れます。
ヘタな選手だと首をやってしまってる可能性もありましたが、運動能力に優れた彼女だからこそ問題なかったのでしょうね。

そしてこの後も試合を続けた彼女のガッツに脱帽
(FG16にも出場してくれるので一安心。 やはりこれからのスター候補間違いなし



ちなみに自分(shuuji)だったら、と考えると、まず通野選手に股間を掴まれている時点で「オぅ、ノォ~
自分の〇〇〇の反応に気を取られ、受け身どころではないと思われます、ハイ




これで流れを取り戻した通野選手、またもや横山選手の股間にしっかりと手を回して
(あ、またしても! アハっ

mihonatu358

バックドロップぅ (男子レスラーなら、このバックドロップは是非受けてみたい

mihonatu360

‘股間ホールド式’バックドロップ2連発で、さすがの横山選手もグロッキー
(ナイスなヒップ
  
mihonatu370


最後は、クロスアーム式の鎌固め(技名不明ですが、通野選手の新必殺技

mihonatu378

コーナートップからの投げ技からよく耐えた横山選手でしたが、ついにギブアップ

mihonatu381


筋書きどおりの決着とはいえ、両選手とも素晴しいパフォーマンスを魅せてくれました

通野選手も、フラフラで絞り出すような声で「いい試合だった」と、よくある試合後の虐めは無く、終了。
(これはとても良かったと思います)

mionatu386



通野選手は、前作での「トップレス卒業」の設定が今後どうなるか注目ですが、いずれにせよ、今後もバトルのリングに登場して欲しい

一方、横山夏希選手は、高い運動能力を魅せて、「スターレスラー~」・FGを経て、さらにスキルアップしていると感じます。
彼女には、是非ベルトを目指して欲しいですね。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR