新垣ひとみ選手! ~さよならの向こう側?~

「ファイティングガールズ16・ファイナル」興行の前に、「ファイティングガールズ16 THE FINAL 開催記念スペシャルマッチ 新垣ひとみvs南瀬奈」(バトル様)を観ました。


かねてよりCロナ監督のツイッターなどでも、‘神試合’と評価されていただけに、この作品も購入しない選択肢は、自分にはありませんでした。



もう既に発売されており、ご覧になっている方も多いことでしょう。
その前から、2ちゃんねる等でも、ネタバレに近い事を書き込みされていたので、結末はおおよそ見当がついていました。

新垣ひとみ選手が負けるということ。

ただ、プロレスというエンターテインメントで考える際、敗北は大きな意味を持ちません。
なので、試合結果は想定内でしたが、それだけではないだろうことも、薄々察してしまいました。



偉大なキャリアを経てきた選手の、「引退」。。。

aragakif683




これまでもデビュー戦の日高ゆりあ選手戦(たぶん)をはじめ、戦績だけを調べれば、勝率がある程度高いというだけの選手かもしれません。
ですが、プロレスは「いかに相手の魅力を引き出すか」、「いかに視聴者・観客を満足させるか」であるというのが自分の持論(世間的にも恐らくそうでしょう)。


その意味では、金城真央選手を一躍表舞台に出すキッカケとなったFG大阪大会、大器の予感がしていた早乙女さゆり選手戦(残念ながら安藤あいか選手との対戦以降、日の当たる舞台に出ることなく引退)。 
また、FGでのタイトル戦後の繋ぎの問題で、国見奈々選手とのフルタイムドロー。


いろいろ思い出してしまいますが、新垣ひとみという名レスラーだからこそ、様々な伝説を作っていったのでしょう。



「無冠の女王」という響きも秀逸でした。

gakisan4


そんな彼女でしたが、遥めぐみ選手から3冠タイトルを奪い、またYUE選手からFGタイトルも奪取。
しかし、ともにすぐに返上。

強い相手と闘いたいという立場がブレることなく、それがまた根強い人気を誇っていたのだと思います。



どんどんと魅力的な選手が出てきて、世代交代は必至でしょうし、あまり露出が過ぎてしまうと飽きられてしまうという点はあるでしょう。
さらに本人の体力の衰えなども当然あると思います。


ですが、彼女はバトルのリングにおいて、大きな貢献を果たしてきました。
しかし、彼女のレスリングスキル、視聴者・FGの観客を魅了するパフォーマンス。


その名選手の試合を最後に観れるのは・・・。 
ライブではFG16ファイナル。

YUE選手がいつの間にか、ジャーマンスープレックスを習得していたのには驚きましたが、それも含め王道伝承。

fg16f-8

fg16f-9


そして今作で南瀬奈選手を後継者として認めることで、これで見納めとなる・・・

と感慨にふけっていたら、ふと山口百恵さんの「さよならの向こう側」という曲を思い出してしまいました。



「何億光年 輝く星にも 寿命があると 教えてくれたのは あなたでした
(中略)
約束なしの お別れです
(中略)
今度は いつと言えません
(中略)
きっと私忘れません 後姿みないでください

Thank you for your kindness
Thank you for your tenderness
Thank you for your smile
Thank you for your love
Thank you for your everything さよならのかわりに  」



ちょっと何言ってんだか分からない
という方もいらっしゃると思います。
頭の中を急によぎっただけです、スミマセン




自分としては、この試合は、「新垣ひとみ引退試合」と思って鑑賞しました。

ですので、あらかじめお詫びも。

新垣ひとみ選手中心になり、南瀬奈選手のレビューを十分に書けないかとは思いますが、お付き合い頂ければ光栄です。

aragakif10





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR