新垣ひとみ選手! ~さよならの向こう側?~2

試合前のインタビューから、「大きな区切りを・・」というコメントがあり、「やはり」という予想が確信に。
ラストマッチとして、自分の後継者として南瀬奈選手を指名した(実際に指名したのはCロナ監督)ということでしょうか。


それにしても、いつの間にかコメントに落ち着きが出てきました。 (これまでは緊張感そのままだったような印象でしたが、グッと大人の雰囲気というか色気も

aragakif15

この試合は3本勝負。
相手が南瀬奈選手ですから、当然ジャーマンスープレックスの打ち合いで、実力を認め合う展開になるのは必然でした。

自分の必殺技を見事にこなせる南選手。 
受け側としてはどうかとも思いましたが、今宮なな選手のパワーボムもしっかりと受けられるスキルがありますので心配は無用。


試合開始早々、腕を極められた新垣選手のアクロバチックな切り返しは健在。

aragakif24

aragakif25

これをさりげなくこなせるのは、古条彩華選手と、同じくピンクカフェの渡部アキ選手ぐらいでは。

この後、豪快な首投げからの首4の字に耐えてからの、腕ひしぎ逆十字固め。
ロープに逃れた南選手に、‘まだまだ! かかってこい

aragakif38

相手の技をしっかりと受けてこそのプロレスを実践。



このシーンでは、「プロスタイルバトル王道伝承」での早乙女さゆり戦を思い起こしました。 少しインサート


まだあどけなさがありましたね~

arasao14

迫力満点の柔道技・背負い投げをウリに、安藤あいか選手にも勝利した早乙女選手。
ただプロレス技、流れが(当然ですが)ぎこちない早乙女選手をリードしていました。

arasao26

今回の南瀬奈戦でも披露したバク転プレス(今回は自爆して2本目を失うことに)も魅せながら、最後は投げ技、そして最後は、崩れかけたジャーマンスープレックスを受け切り、早乙女選手を引き立てることに貢献しました

arasao144

(それにしても、早乙女さゆり選手・・・惜しい選手でしたね~。。 もっと活躍して欲しかった

arasao158



試合に戻って。

ロープに振られた新垣選手でしたが、ラリアットをかわしてドロップキック

aragakif43

しっかりと決めている逆エビ固め。

aragakif54

お尻をしっかりと落としての逆エビ固めも、彼女の得意技。
この技は安藤あいか戦や、MIXタッグでのザ・コブラ戦での逆エビが印象的でした。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR