本当に久しぶりの対戦~キャンディ麻由美選手との対戦 シーズン7~5

麻由美選手の奮闘に、ちょっと集中力が疎かになってしまったshuuji。

ここから麻由美選手が反撃



足をかけて、shuujiをダウンさせると、袈裟固め
なんとか跳ね返して立ち上がろうとしたところを捕まえて、サーフボードストレッチ

「フぅ~」  「ギブアップする?」   (なんのこれしき・・・)

麻由美選手の両手を振りほどいて、立ち上がろうとするも、今度は胴締めスリーパーを喰らってしまい、ピンチ

なんとか足をロープに伸ばして、「ぐ、ぐぐ、、ロープブレイク




さらに畳み掛けようとした麻由美選手。
首4の字固めに捕らえようとしたが、途中で手順を忘れてしまったか・・
アレ、こうだったよね? んん

(shuujiの掛けられ待ちで)なんとか決まったものの、shuujiが少し身体を横に倒したはずみで外れてしまった (ここは麻由美選手も残念だったみたい)



shuujiが巻き返しにいく  「さあ立って


麻由美選手の頭を掴んで立ち上がらせて、ベッドの近くまで連れて行き、shuujiだけがベッドに乗って、振り向きざまにフライング・クロスチョップを敢行

「ミル・マスカラス~」とアピールしてみたのですが、至近距離で、しかもノド元に軽くかする程度の不完全さだったので、麻由美選手のリアクションも??



・・・これはスベッてしまった
(このままではマズイぞ! なんとかしろshuuji




少しせわしなく麻由美選手の股間に右手を差込み、持ち上げたshuuji、シュミット流バックブりーカーで、腰を攻めていく。
(これは何度も掛けている技。 さすがの安定感

アッ! アッ、、ウウっ

麻由美選手が苦しそうな声をあげたところで、下に降ろしてフォール

「ワンっ! ツー~」   
ここは踏ん張って返した麻由美選手でしたが、少し疲れがみえてきたので。。



「よっしゃあ、これでトドメだぁ

両腕で、麻由美選手の両足を抱え込んで、ターンオーバー・・・、
ボストンクラブが決まった


徐々に、シャチホコ固めに近い高角度に傾いていくボストンクラブに、しばらく耐えていた麻由美選手でしたが、
んん~、、、やっぱダメぇ、 ギブアップ、ギブアップ




麻由美選手の技掛けの失敗を取り返そうとして、‘ミスカラス’をやってしまい、危うく空気を淀ませかねないところでしたが、なんとか帳尻を合わせた感じで、1-1のイーブンとなりました。



 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR