本当に久しぶりの対戦~キャンディ麻由美選手との対戦 シーズン7~7

(このあたりで、フィニッシュ、いくぞ

麻由美選手を起こすと、ベッドの縁に両者が並ぶような立ち位置にしてから、右足を麻由美選手の左足に引っ掛けて、ベッドに向かって倒れ込む。


「いくよ、せ~の」  バター~ン   河津落としが炸裂
(昔はジャイアント馬場選手。 今だと女子レスラーのSantana Garrett選手の18番といった方がいいのかも。動きのキレは比較になりませんが



だがちょっと焦ってしまったか、shuuji。

倒れ込んだ位置がベッドの端に近かったため、すぐに押さえ込みにいけず。 麻由美選手の身体を動かして、ようやくフォールに

カウント1を入れたところで、(もう少しスムーズに決めたい)と思ったので、いったん自分から身体を離して、、、
「オッケー! もう一発



今度は注意深く、ベッドの真ん中に倒れるように立ち位置を修正。
「決めちゃうぞ、ウィ~  いくよ♪」   「んん、ああっ・・・
今度はうまく倒れ込んで成功

グロッキーな麻由美選手の右太ももの裏側を持って被さり、万全の片エビ固めでフォール


「ワンッ! ツ~~ッ! ・・・ス、」  しかし、麻由美選手が脅威の粘り腰をみせ、
ウゥンっ!」  なんとカウント2.5で肩を上げたっっ (オオ~





悔しがるshuuji  ここは居もしないレフェリーに八つ当たりするしかない
「カウント3だろ今の! 2? ホント?」 などと、(‘エア’レフェリーに向かって)抗議



そんなヘタな芝居をしていたshuujiのスキを見逃すはずはなく、、、
麻由美選手が背後から、「何ブツブツ言ってんの」と突き飛ばされ、ダウン

そしてshuujiをヘッドロックしながら、「じゃあ、今度は私の番
ベッドからshuujiを下ろし、さっき河津落としを掛けた場所に連行  「オー、ノぉ~



麻由美選手が足を掛けようとするも、往生際の粘りをみせるshuuji。
強引に麻由美選手の腕をふりほどいて、モンゴリアン・チョップ&アイアンクロー。

ア、うう~っ・・。  でも、なんの」 
掴まれている額を解こうと頑張った麻由美選手、再び河津落としにいこうとしたshuujiをカットして、逆転のスリーパーホールドでshuujiで締め上げる。  「ぐ、、うぐ~、、





ベッド際でこれだけ渡り合うとは

河津落としの技を掛ける、「権利」を得るためのせめぎ合いの場面に、大変興奮してしまったshuuji。 スリーパーに苦しみながら、不覚にも〇〇〇のを抑えきれなくなり、骨抜きに。。


ハアっハアっ、、、今度こそいくわよ~

抵抗不能になってしまったshuujiの右肩を掴むと、右足をshuujiの左足に引っかけて、ゆっくりとベッドに倒れ込み、、ドスーン

「うわぁ、やられた



大の字に伸びてしまったshuuji、覆いかぶさってきた麻由美選手を跳ね返すことができない

「ワ~ン! ツー! スリー」  「はあっ





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR