南瀬奈選手の魅力と今後の展開~BATTLE生誕祭記念マッチより~2

さあ、金城選手とはどのような闘いになったのか

金城選手といえば、デビュー当初はレガース姿でキックが売りという、かつてのドラゴン恭子選手を思い起こさせる選手ですが、FG16ではレガースを外し、‘プロレス’が数段巧くなってきた選手。

南瀬奈選手は、ジャーマン・スープレックスでキャットファイト界に衝撃を与えてくれましたが、ここいらで変化も欲しいところだなと思いながら鑑賞しておりました



ゴング直後、いきなり突進する南選手

普通は手四つの力比べで、まずは色っぽい喘ぎ声で魅せようというパターンが多い中で、やはり南選手は独特。
(まだ1本目ですが、ガッツみなぎるファイトが持ち味・南瀬奈

maosena43

しかしベテランの金城選手が巧く対処し、序盤はやや空回りで、ロープブレイクばかりのスタート。
先に金城選手が気合を入れた首投げを披露しますが、その程度でくじけることはない南選手。


攻めに転じると、まずは足4の字固め
金城選手の時にも書いたかと思いますが、ここで南選手、手でマットを叩いて、よりプロレスらしい演出をしてくれるのが嬉しい(グッジョブ

maosena64

また、意外に(失礼)受けも巧いのが南選手。
(特に喘ぎ声はナカナカのものが)  

maosena83

エロく苦しむ表情を作れるようになると、さらに魅力倍増になると思います

maosena95

髪を掻きむしるポーズはとても好きですが、足4の字固めとかだと、とてもマッチしますね。
膝十字&股裂きとかだと、金城選手の太ももを掴んで引き離そうとする演技の方が合うかも(ホント、勝手にコメントごめんなさい

maosena116

最後はパワーボムに沈み、1本目を落としてしまいますが、むしろここからが南選手の真骨頂
最初からドミネーション勝ちというのは似合わない、というのが自分の勝手な見立てです


どれだけ効果的な攻撃を加えられても、まるでゾンビのように立ち上がり、相手を根負けさせてしまう。
若月まりあ選手と違うアプローチで、相手にダメージを与えていくような印象です。

maosena138

このギロチンドロップでの両者の表情は、キャットファイトとして非常に素晴しいですね

maosena165





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは!

ふぁいたーさん

コメントありがとうございます。
足4の字は最大の魅力、自分もまさにそう思います!

4の字

南瀬奈は攻めも受けも表情がいいですね。
個人的には、足四の字固めの攻防がいいのですが、ミミ萩原やナンシー久美など古きよき時代の女子レスラーのように腰を上に突き上げてセクシーさを追求してほしい。

足四の字は、キャットファイトの最大の魅力の一つだと思います。
プロフィール

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR