南瀬奈選手の魅力と今後の展開~BATTLE生誕祭記念マッチより~3

さあスイッチが入ってきたか、南選手

でもまだ2本目なので、これでも抑え目なのでしょうが、コブラ返しから、マットで手を叩いて効果の首4の字にギロチンドロップ

ここで、FG16から成長した部分も、きちんと魅せてきてくれます
まずは、ロープの反動を使った、倒立式ボディプレス

maosena168

同じくロープを利用しての目つぶし攻撃
(若月まりあ選手が始めてからでしょうか 最近はこの攻撃が多くみられますね

maosena177

さらに鎌固めから腕ひしぎ、STFと技のレパートリーが確実に増えていると感じます

maosena187

ロープが邪魔で、高く持ち上げる事ができないロメロかもですが、これだけの技を覚えるには、相当のセンスと努力が必要なハズ

maosena196

最後はカベルナリアで、金城選手からギブアップを奪った南選手
凄味を見せながらも、充実感を漂わせた表情が良い。

maosena205


このまま勢いに乗って、3本目をドミネーションに近い形で圧勝していまうのか?
それとも、もう一度ピンチに陥ってから、再度ギアを数段階アップして、不屈のど根性で勝利をもぎ取るのか?


3本目の序盤は、金城選手のキックをはね返す展開で、一瞬「はあ前者の方か・・」と思いましたが、相手が相手だけにさすがに一方的な展開にはならなかったですね。(良かった

maosena219

金城選手得意の逆エビ固め。 しかし、これで泣き叫ぶような南選手ではありません。

maosena228

鎌固めにも堪える、堪える
「なにくそ、こんなので負けてたまるか」という心の叫びが聞こえてきそうです。

maosena232

普通のキャットファイトだと、涙や涎を流しながら、今にも失神か
ギリギリまで技を受けながら(ハラハラさせてくれながら)逆転また逆転、という展開が多いような気がしますが、今回の南選手の場合は少し違う。

相手の得意技を受けながら粉砕していく、底力というか、凄味さえ感じます。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR