「スターレスラー」 横山夏希選手 復活記念!5

関節技に苦しむ横山選手ですが、クレイモア選手は最後はチェーン攻撃などではなく、イカセてやろう作戦のようです。

しかしこれは強烈!!

rnatuki198

たまらず横山選手、クレイモア選手の背中をタップして、ギブか
不謹慎でしょうが、昔のK-1とかならば、こんな体勢の関節技で勝負アリなのかもしれません。

でも、FG(今後はBWP)の会場で、このような光景を目の当たりにしたら、下半身が反応する事間違いなしです。


グロッキーになってしまった横山選手に、さらに膝十字固めで冷徹な追い討ちが。

rnatuki205

そして、1本目のお返しとばかり、足4の字固めで勝負にきたクレイモア選手。

横山選手の悶絶する演技に、十分満足してしまった自分は、
「もうギブアップしていいから。 ベビーフェイスなんだから負けてもいいんじゃない?」なんて事を、初めて視聴した時、心の中でつぶやいていた記憶が。(タイトルマッチでもないし)

rnatuki212

だが、ここで執念をみせて、引っくり返した横山選手。

2種類のナガタロックを掛けていきますが、クレイモア選手の魔?の手が伸びて、苦痛と快楽の根比べ

rnatuki216

ピクピクと痙攣したような動きを魅せる横山選手、演技が巧い

rnatuki223

この攻防を乗り切った横山選手、最後はハイキック、そしてバックドロップを連発

rnatuki229

2発目は、そのままブリッジして丸め込み、バックドロップホールドで、見事なカウント3

rnatuki237



視聴直後の感想でいうと、なかなか意表を突かれた一戦でした。

イメージ的には、もっと‘ライトニング’横山選手が甚振られ、最後の最後に回転エビ固め等で「劇的」大逆転勝ちか
(ミミ萩原的試合展開

そんでもって、クレイモア選手が「カウント3? そんなの認めない」と暴走し、ドミネーションされちゃうパターンかなと思ってました。


ところが、横山選手が最後に強さを見せつけ、完璧なバックドロップホールドですよ
「弱々しさを見せながら実は・・」ではなく、根性を見せて、しっかりとした技で勝ちを奪う。

ベビーフェイスヒール、という固定概念だけで観てはいけないと実感。
(恐れ入りました キャットファイトって奥が深い



プロレススキルの高い、強くて、スタイル抜群・美人レスラー 「スターレスラー」誕生

スター選手としてのポテンシャルの高さを魅せつけてくれた、横山夏希選手でした

rnatuki249


横山夏希選手は、今回のB-1トーナメントに参戦してくれているので、そちらの作品紹介なども、いずれしたいと思っています。
(そうはいっても更新が例の如く遅いもんで、決勝までに間に合うか心配





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shuuji

Author:shuuji
ミックスファイトをこよなく愛する中年・男子レスラーです。
ツイッターでも呟いてます↓
@shuuji486

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR